Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/05
Update

『アイネクライネナハトムジーク』キャストの織田美緒役は恒松祐里【演技力の評価とプロフィール】

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー!

『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎

伊坂にとって「初」にして「唯一」の恋愛小説集となる『アイネクライネナハトムジーク』

絶大な支持を誇るシンガーソングライターの斉藤和義との交流から生まれた、伊坂幸太郎書き下ろしの短編2作。これらに新たな4編を加えて、『アイネクライネナハトムジーク』は出版されました。

伊坂からのラブコールにより、監督を務めることになったのは、『パンとバスと2度目のハツコイ』『愛がなんだ』で知られる恋愛群像劇の名手・今泉力哉

映画『アイネクライネナハトムジーク』は2019年9月20日(金)に公開されます。

主演の佐藤役には、正統派俳優ながらも、佐藤らしいナチュラルな人の好さも感じさせる三浦春馬。

相手役には、キュートな魅力にあふれる実力派・多部未華子。

共演には、原田泰造、貫地谷しほりというベテラン演技派に加え、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里らフレッシュな顔ぶれが揃っています。

オール仙台・宮城ロケで撮影され、仙台出身のサンドウィッチマンも特別出演。宮城県では9月13日(金)より先行公開されます。

この記事では、織田美緒役を演じる若手女優・恒松祐里について詳しくお伝えしていきます。

映画『アイネクライネナハトムジーク』の作品情報


(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』(幻冬舎文庫)

【監督】
今泉力哉

【キャスト】

三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、成田瑛基、八木優希、こだまたいち、MEGUMI、濱田マリ、貫地谷しほり、原田泰造

【作品概要】

『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』『ゴールデンスランバー』など数々の著作が映画化されてきたベストセラー作家・伊坂幸太郎の小説『アイネクライネナハトムジーク』を原作に、『パンとバスと2度目のハツコイ』『愛がなんだ』の今泉力哉監督が映画化。

主演の三浦春馬、多部未華子に加え、原田泰造、貫地谷しほり、矢本悠馬、森絵梨佳ら豪華キャストが集結しています。

映画『アイネクライネナハトムジーク』のあらすじ


(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

仙台駅前。

大型ビジョンを望むデストリアンデッキでは、日本人初の世界ヘビー級王座をかけたタイトルマッチに、人々が沸いていました。

そんな中、街頭アンケートに立つ会社員・佐藤。ギターの弾き語りに聴き入る本間紗季と目が合い、思い切って声をかけます。

快くアンケートに応える紗季の手には手書きで「シャンプー」の文字。思わず「シャンプー」と声に出した佐藤に、紗季は微笑みます。

劇的な<出会い>を待つだけだった佐藤は、友人の織田から<出会い>の極意を説かれます。織田は美しい由美と結婚し、2人の子どもたちと幸せな家庭を築いています。

一方、佐藤の上司の藤間は、妻と娘に出て行かれたばかりで途方に暮れていました。

<出会い>のない生活を送っていた由美の友人の美奈子は、美容室の常連客の香澄から紹介された、声しか知らない男に恋心を抱き始めています。

そして10年後。織田家の長女は高校生になり、佐藤は、紗季と付き合い始めて10年になっていました。

佐藤は紗季に、意を決してプロポーズをしますが…。

思いがけない絆で佐藤とつながっていく人々が、愛と勇気と幸福感に満ちた奇跡を呼び起こす物語です。

映画『アイネクライネナハトムジーク』織田美緒役は恒松祐里

参考映像:『凪待ち』(2019)

映画『アイネクライネナハトムジーク』で織田美緒役を演じる恒松祐里は今注目の若手女優です。

東京都出身。1998年10月9日生まれ。アミューズ所属。

幼稚園時代、照れ屋な性格を心配した両親が、アミューズとパルコのオーディションを受けさせ合格しました。

2005年のドラマ『瑠璃の島』で子役としてデビュー。

オーディションは7歳の頃から10年間で240回受けた経験を持つそうです。

2015年NHK連続テレビ小説『まれ』で、ヒロインの祖父母の孫・麻美役を演じました。

同年『5→9~私に恋したお坊さん~』に出演。もともと「女装男子」里中由希役のオーディションに挑みましたが、ヒロインの妹の寧々役で合格しました。

2018年ドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』『トーキョーエイリアンブラザーズ』でヒロイン役を務めます。

そのほか、映画『散歩する侵略者』『虹色デイズ』『3D彼女 リアルガール』、NHK大河ドラマ『真田丸』、ドラマ『もみけして冬』など数多くの作品に出演する若手のホープ。

2019年には、本作のほか映画『いちごの唄』『凪待ち』『殺さない彼と死なない彼女』『酔うと化け物になる父がつらい』など多数の映画に出演する売れっ子女優です。

映画『アイネクライネナハトムジーク』織田美緒はどんな役?


(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

恒松祐里演じる織田美緒は、主人公の親友・一真と由美の生意気な娘。思春期真っただ中の女子高生。

マドンナだった美人の母が、なぜ変わり者の父と結婚したのか理解できず、父に冷たく当たります。

恒松祐里の演技力の評価は

参考映像:『散歩する侵略者』(2017)

子役時代から実力を培い、若手ながら演技力の高さが評価されている期待のホープ・恒松祐里

映画『散歩する侵略者』では、長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己など豪華な出演者陣の中で、侵略者に体を乗っ取られる女子高生役を堂々と演じました。

黒澤清監督からは「この若さでここまで芝居ができることに驚いた。矛盾したものが一人の人間の中に当然のようにあるという芝居を簡単にやっていて、本当に天才だな、と」と大絶賛を受けました。

普段は、役作りの際に、役に似ている人をみつけて仕草などを参考にするそうですが、地球ではないところから来た子の役なのでまったく想像がつかなかったそうです。

そこで、いつもとは違う視点で人間観察し、初めて人間を見るような感じで見て役柄を作り出したとのこと。

2019年には、憧れていた舞台『ドン・ジュアン』への初挑戦が決まっています。進化し続ける若手女優です。

本作『アイネクライネナハトムジーク』では、思春期真っ最中の生意気盛りの女子高生役

美人でしっかりものの母が、どうして変わり者の父と結婚したのか理解できずに、父に冷たい態度をとってしまいます。

幼い頃から付き合いがある佐藤に、本作のテーマ「出会い」について美緒が問いかける場面は重要なシーンです。

同級生の和人との「出会い」が、さらに多くの人の「出会い」に結びついていきます。

高校生役のイメージが強い矢本悠馬との親子シーンにも注目です。

恒松祐里の公式SNSの紹介

恒松祐里の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

時を越えて気づく、<出会い>よりも大切なこと。思いがけない絆が巡りめぐって、奇跡のような瞬間を呼び起こす、10年越しのラブストーリー『アイネクライネナハトムジーク』。

大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎の初にして唯一の恋愛小説を、『愛がなんだ』の今泉力哉監督が映画化しました。

音楽を担当するのは、本作を生み出すきっかけとなったシンガーソングライターの斉藤和義。

実力派俳優の三浦春馬と多部未華子が主演し、演技力ある貫地谷しほり、原田泰造らが共演しています。

主人公の親友・一真と由美の思春期の娘役を演じるのは、若手女優の実力派筆頭の恒松祐里。物語の重要なキーとなる大切な役を演じます。

映画『アイネクライネナハトムジーク』は2019年9月20日(金)よりロードショーです。






関連記事

新作映画ニュース

【4DX映画『天気の子』劇場情報】上映は9月27日より公開!体感する気象現象の内容はオリジナル効果⁈

劇場に、雨、雪、そして太陽の光が降り注ぐ⁉︎ 気象現象の表現に最適な4DXが果たす最高のコラボレーション。 2019年7月19日に公開され、早くも興行収入120億円を突破し、第92回アカ …

新作映画ニュース

【2020年2月7日〜2月8日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

< あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 photo by 田中舘裕介 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche( ...

新作映画ニュース

ガス・ヴァン・サント監督の来日決定!映画『ドント・ウォーリー』コメントも【ヒューマントラストシネマ渋谷】

ガス・ヴァン・サント監督3年ぶりの新作映画、ホアキン・フェニックス主演『ドント・ウォーリー』が2019年5月にヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷・新宿武蔵野館他にて全国順次公 …

新作映画ニュース

『不倫ウイルス』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。長谷川徹の映画監督デビュー作に豪華出演者が出揃う!

アフターコロナの新しい《性》活様式ラブコメディ! バラエティ番組の放送作家から脚本家に転向し、テレビドラマ「世にも奇妙な物語」「ひぐらしのなく頃に」など数々の脚本を手がけてきた長谷川徹の長編映画監督デ …

新作映画ニュース

イーサンホークおすすめ映画『ストックホルム・ケース』予告動画/上映館。ボブディランの名曲がストーリーを加速させる!

世界が驚愕した銀行強盗事件の結末とは? ボブ・ディランの名曲と共にスリリングに描きだす予告編解禁。 イーサン・ホーク×『ブルーに生まれついて』ロバート・バドロー監督との再タッグで話題となっている『スト …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学