Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/11/09
Update

韓国映画『プロミス ~氷上の女神たち~』あらすじとキャスト。上映館情報も【のむコレ2018】

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『プロミス~氷上の女神たち~』の日本公開日が決まりました。

2018年11月3日(土)より映画館シネマート新宿・シネマート心斎橋にて開催中の特集上映『のむコレ2018』内にて決定です!

あわせてポスタービジュアルおよび予告映像が到着しました。

2009年に公開され、本国で観客動員数800万人の大ヒットを記録した映画『国家代表!?』の第2弾となる本作。

前作のスキージャンプに続き、冬季五輪誘致のために急設された韓国初の女子アイスホッケー国家代表チームの活躍を描いています。

スポンサーリンク

映画『プロミス~氷上の女神たち~』とは


©2016, MEGABOX PLUS M , ALL RIGHTS RESERVED

韓国で2009年に公開され大ヒットを記録したスポーツドラマ『国家代表!?』の第2弾で、スキージャンプを題材にした前作にかわり、今回は韓国初の女子アイスホッケー国家代表チームの奮闘を描いた本作『プロミス~氷上の女神たち~』。

撮影に利用するホッケーリンクを借りられるのが午後10時から午前10時までの限られた時間だったため、俳優たちは完全に昼夜が逆転しながらの撮影をこなし肩の脱臼や膝の怪我などの負傷者が発生するなかで撮影が続けられました。

そして、今年2月に開催された韓国・平昌オリンピックの象徴として歴史に刻まれた、韓国と北朝鮮の南北合同チーム『コリア』のニュースも記憶に新しい韓国女子アイスホッケー。

その発足から、寄せ集めチームが孤軍奮闘する様子を実在する選手をモデルに、南北に引き裂かれた姉妹やチームメイトとの絆を織り交ぜて描いた感動作が遂に日本に上陸いたします

映画『プロミス~氷上の女神たち~』の作品情報


©2016, MEGABOX PLUS M , ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2018年(韓国映画)

【監督】
キム・ジョンヒョン

【脚本】
ユ・ヨンア

【キャスト】
スエ、オ・ダルス、パク・ソダム、オ・ヨンソ、キム・スルギ、ハ・ジェスク、キム・イェウォン、チン・ジヒ

【作品概要】
TVドラマ『野王~愛と欲望の果て~』『仮面』など、“涙の女王”として知られるスエが北朝鮮女子アイスホッケー元代表選手で韓国へ脱北したエース選手ジウォン役を体当たりで熱演。

共演にドラマ版『猟奇的な彼女』『映画チーズ・イン・ザ・トラップ』のオ・ヨンソが物議を醸してチームを追放されたショートトラックの元代表選手チェギョン役、韓国映画界を代表するバイプレイヤーであるオ・ダルスが国家代表チームの監督デウン役を務め、豪華キャスト陣がしっかりと脇を固めています。

さらには北朝鮮に残されたジウォンの妹ジヘ役に『シンデレラと4人の騎士<ナイト>』などに出演し、“第2のキム・ゴウン”と呼ばれるパク・ソダムが特別出演しています。

韓国初の女子アイスホッケー国家代表チームの活躍を描き、南北に引き裂かれた姉妹の絆がもたらす、心揺さぶる感動と歓喜のサクセス・ストーリーです。

スポンサーリンク

映画『プロミス~氷上の女神たち~』のあらすじ


©2016, MEGABOX PLUS M , ALL RIGHTS RESERVED

脱北者出身となるアイスホッケーの元エース選手ジウォンは、北朝鮮に残した離れ離れとなっている妹のことがずっと気になっていました。

そんな中、アジア冬季競技大会への出場を懸けて急きょ、国家代表チームが結成されることになります。


©2016, MEGABOX PLUS M , ALL RIGHTS RESERVED

国体出身の監督デウンから熱烈なアプローチを受け、再び代表選手に復帰するジウォンでしたが、そこに集まったメンバーはショートトラック界から追放されたチェギョンや暇をもて遊ぶ主婦、時間外手当が目的のアイスホッケー協会経理出身ミランと性格も実力もバラバラで、集まればケンカの日々。

それでもぶつかり合いながら絆を深めチームとして成長していく中、大会で最大のライバル・北朝鮮代表チームと戦うことになり…。


©2016, MEGABOX PLUS M , ALL RIGHTS RESERVED

まとめ


©2016, MEGABOX PLUS M , ALL RIGHTS RESERVED

2018年11月3日(土)より映画館シネマート新宿・シネマート心斎橋にて開催中の特集上映『のむコレ2018』内にて上映が決定した映画『プロミス~氷上の女神たち~』。

韓国で2009年に公開され大ヒットを記録したスポーツドラマ『国家代表!?』の第2弾で、スキージャンプを題材にした前作にかわり、今作では韓国初の女子アイスホッケー国家代表チームの奮闘を描き出します。

実在する選手をモデルに韓国初の女子アイスホッケー国家代表チームの活躍を描き、南北に引き裂かれた姉妹の絆がもたらす、心揺さぶる感動と歓喜のサクセス・ストーリーです。

昼夜が逆転した撮影の苦労や、キャストたちの怪我にも負けない熱意を、どうぞスクリーンから感じ取って下さい。


©2016, MEGABOX PLUS M , ALL RIGHTS RESERVED

映画『プロミス~氷上の女神たち~』の上映劇場情報

【シネマート新宿(東京)上映スケジュール】
11月17日(土) /11月19日(月)/11月28日(水)/12月4日(火) /12月6日(木)

【シネマート心斎橋(大阪)上映スケジュール】
11月26日(月) /12月1日(土) /12月8日(土) /12月14日(金) /12月15日(土)

※上記に記載した情報は11月9日現在のものです。ご鑑賞の際には、必ず『のむコレ2018』公式サイトをご覧ください。

関連記事

新作映画ニュース

ホアキン・フェニックスの新作映画『ドント・ウォーリー』の日本版ポスタービジュアルと予告編解禁!

ガス・ヴァン・サント監督の3年ぶりの待望の新作映画『ドント・ウォーリー』は、2019年5月ヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷・新宿武蔵野感ほか全国順次公開! © 2018 A …

新作映画ニュース

映画ブリグズビー・ベアのグッズが売り切れ続出で増産・再販決定!上半期ベスト作品の声も

映画『ブリグズビー・ベア』は、6月23日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか公開されていますが、興行成績が前週10位から3位アップ! また、かわいいベアグッズも売り切れが続出 …

新作映画ニュース

映画『色の街』あらすじ。現役大学生のキャスト黒澤優介と監督森平周が紡ぐ青春ショートムービー

学生のエネルギーが映画界に新風を起こす! 2019年11月に公開予定の映画『色の街』は、早大劇団『てあとろ50′』出身の黒澤優介主演、森平周初監督作品。 早大演劇倶楽部出身の俳優・小手伸也が、物語のカ …

新作映画ニュース

【2020年1月31日〜2月1日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

新作映画ニュース

映画あらすじ動画解説『キラーソファ』の感想紹介。おすすめホラーの見どころをシネマダイバー増田健が考察!

「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】」厳選チョ椅子! 埋もれかねない佳作から迷作・怪作まで、世界の様々な映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】の中から、トンデモ設定で注目を集め …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP