Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/11/12
Update

公開日が2020年1月31日に決定した映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』の海外版予告第2弾と場面写真が解禁!

  • Writer :
  • 石井夏子

殺したのは誰だ?
この《騙し合い》に世界が熱狂。

ロングライド配給作品『KNIVES OUT』(原題)の邦題が、『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』に決定しました。

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』は、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督が、アガサ・クリスティーに捧げて脚本を執筆したオリジナル作品。

映画でしか味わえない、謎解きの常識を超えた空前絶後のハイテンション・ノンストップ・ミステリー『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』が2020年1月31日(金)より日本公開の運びとなりました。

初日決定に合わせて、海外版予告第二弾と場面写真が解禁となりましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』海外版予告第二弾

今回解禁された海外版予告編第二弾は、ニューヨーク郊外の大豪邸で起こった殺人事件の捜査シーンから始まります。

世界的ミステリー作家ハーラン・スロンビー(クリストファー・プラマー)が、85歳の誕生日パーティーの翌朝、遺体で発見されました。

刑事と、匿名の依頼を受けた名探偵ブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)の登場に、「家族を疑っているんだろう」「ツイッターの有名人ね!」「自殺なのに、なせここに?」とすかさず噛み付く家族たち。

人は焦ると…“ナイフ”を突きつけてくる」と殺しの匂いを察したブランは捜査を開始。


Photo Credit: Claire Folger

キャプテン・アメリカ役で世界的な人気を誇るクリス・エヴァンスが演じるのは、家族の中で“ろくでなし”扱いされている問題児

彼が発した「クソが!」というひと言をきっかけに、堰を切ったかのように家族入り乱れての罵声が飛び交います。

それもそのはず、第一容疑者は、屋敷にいた秘密だらけのワケあり家族だったんです。


Photo Credit: Claire Folger

ジェームズ・ボンドことダニエル・クレイグが名探偵、キャプテン・アメリカがろくでなし野郎を演じるという、胸おどるキャスティング

ミステリー作家の謎の死をめぐりノンストップで繰り広げられる空前絶後の騙し合いを凝縮した本映像で、公開への期待が高まります。

映画『Knives Out(ナイブズ・アウト)』の作品情報


Photo Credit: Claire Folger

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
Knives Out(ナイブズ・アウト)

【監督・脚本】
ライアン・ジョンソン

【キャスト】
ダニエル・クレイグ、クリス・エヴァンス、アナ・デ・アルマス、ジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレット、ドン・ジョンソン、マイケル・シャノン、キース・スタンフィールド、キャサリン・ラングフォード、ジェイデン・マーテル、クリストファー・プラマー

【作品概要】
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督が、アガサ・クリスティに捧げて脚本を執筆したオリジナル作品。

脚本に惚れ込んだ「007」シリーズのダニエル・クレイグ、「アベンジャーズ」シリーズのクリス・エヴァンスを筆頭に、オスカー俳優クリストファー・プラマー、アナ・デ・アルマス、ジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレット、ドン・ジョンソン、マイケル・シャノンら豪華キャストが結集した話題作です。

スポンサーリンク

映画『Knives Out(ナイブズ・アウト)』のあらすじ


Photo Credit: Claire Folger

NYの豪邸で世界的ミステリー作家の85歳の誕生日パーティーが開かれた翌朝、彼が遺体で発見されます。

名探偵ブノワ・ブランは、匿名の人物からこの事件の調査依頼を受けることになりました。

パーティーに参加していた資産家の家族や看護師、家政婦ら屋敷にいた全員が第一容疑者。

調査が進むうちに名探偵が家族のもつれた謎を解き明かし、事件の真相に迫っていき…。

まとめ


Photo Credit: Claire Folger

2019年9月にトロント国際映画祭で初披露されるや、米レビューサイト、ロッテントマトで驚異の満足度99%を記録(10/29時点)、「楽しすぎて、脳みそが、痛い。」(The Huffington Post)、「今年No.1、抜群に面白い」(Mashable)、「アガサ・クリスティーの現代版、超最高!」(Rolling Stone)、「本当にハラハラ!」(Guardian)、「大爆笑!」(Games Radar)などメディアから激賞レビューが続々と寄せられている話題作『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』。

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』は、11月27日に全米公開、日本では2020年1月31日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開です。


関連記事

新作映画ニュース

予告ナレーションは遠藤憲一!ドキュメンタリー映画『マックイーン:モードの反逆児』シーン写真も解禁

『マックイーン:モードの反逆児』は4月5日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開! 前衛的なデザインと独自の美学、ずば抜けた想像力から生み出される数々のショーで世界を魅了しながらも、その成功の影 …

新作映画ニュース

インド映画『マッキー』が11月に再上映決定!バーフバリのSSラージャマウリ監督作品の予告も解禁

『バーフバリ』で見せたダイナミックなVFXの源はコレ! 爆笑必至のアクションコメディ『マッキー』奇跡の再上映決定。 2013年に日本公開しスマッシュヒットを飛ばしたインド発のアクションコメディ映画『マ …

新作映画ニュース

4DX上映劇場情報『ボヘミアン・ラプソディ』と『刀剣乱舞 ~結びの響、始まりの音~』

伝説のバンド『クイーン』その意気様が世界を変えた感動の物語を描く映画『ボヘミアン・ラプソディ』4DX。 そして全世界初となる2.5次元ミュージカルの4DX化という、圧巻の新次元コラボが実現したミュージ …

新作映画ニュース

菅田将暉ら登場キャラクターたちを一挙紹介!映画『タロウのバカ』追加キャスト発表

大森監督が15年温めてきた脚本が映画化 (c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会 大森立嗣監督のオリジナル脚本による映画『タロウのバカ』が2019年秋、テアトル新宿ほかにて公開となります。 本作 …

新作映画ニュース

映画『花と雨』あらすじ。キャストの笠松将がSEEDAの分身を演じる【東京国際映画祭スプラッシュ部門出品】

笠松将主演で日本のHip Hop界の寵児・SEEDAの歴史的名盤を映像化。 日本のHip Hop界で歴史的名盤と言われるSEEDAのアルバム「花と雨」を原案とし、新進俳優、笠松将が主演を務める映画『花 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学