Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/04/26
Update

映画『Dinerダイナー』キャストの無礼図役は真矢ミキ。演技力の評価とプロフィール

  • Writer :
  • 谷川裕美子

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。

原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教会大賞及び第13回大藪春彦生を受賞した作品です。

監督を務めるのは、世界的写真家である蜷川実花。『さくらん』、社会現象にもなった作品『ヘルタースケルター』に続く、待望の第3作目となります

主演は演劇界きっての実力派俳優、『デスノート』『22年目の告白-私が犯人です-』の藤原竜也。

故・名演出家の蜷川幸雄のまな弟子として活躍してきた藤原竜也と、娘の蜷川実花がどんなコラボレーションみせるのかに、大きな期待が寄せられています。

共演者には、窪田正孝、斎藤工、佐藤江梨子、小栗旬、土屋アンナなど豪華俳優たち。

この記事では、殺し屋#09の無礼図役を演じる真矢ミキについて詳しくお伝えしていきます。

映画『Diner ダイナー』の作品情報


(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
平山夢明『DINER ダイナー』(ポプラ社)

【監督】
蜷川実花

【キャスト】
藤原竜也、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二、玉城ティナ

【作品概要】

一人ぼっちで人生どん底に陥った女性が、ほんの出来心から怪しいバイトに手を出してしまい、とあるダイナーにウェイトレスとして売られる物語。

要塞のような鉄扉の奥にある、強烈な色彩美を放つ店の店主は、元殺し屋で天才シェフ。

そこは殺し屋専用のダイナーで、皿の置き方ひとつで消されることもあるような場所でした。

次々と凶悪な殺し屋たちが現れ、緊張感あふれるサスペンス劇が繰り広げられます。

出演者に名を連ねるのは、藤原竜也、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら豪華実力派俳優陣。

女性から絶大な人気を誇る、『さくらん』『ヘルタースケルター』を生み出した蜷川実花の監督作品です。

映画『Diner ダイナー』のあらすじ


(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

一人ぼっちで人生のどん底にいたオオバカナコは、ほんの出来心から怪しいバイトに手を出していしまいます。

一瞬で普通の生活から転落してしまった彼女は、とあるダイナーのウェイトレスとして売られることに。

そこは要塞のような分厚い鉄の扉の奥にある、強烈にカラフルな店でした。

店主の名はボンベロ。元殺し屋の天才シェフです。

「ここは、殺し屋専用のダイナー<食堂>だ。皿の置き方一つで消されることもある」

次々に訪れるのは、凶悪な殺し屋たち。毎日が極限状態の世界に、カナコは放り込まれたのでした。

一瞬たりとも目が離せない展開へと物語は加速していき…

映画『Diner ダイナー』無礼図役は真矢ミキ

参考映像:『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(2003)

映画『Diner ダイナー』で無礼図役を演じる真矢ミキは1964年1月31日生まれ。元宝塚歌劇団花組のトップスター。広島県生まれの大阪育ち。オスカープロモーション所属。

大地真央に憧れ宝塚音楽学校に入学。1981年に宝塚歌劇団に入団。男役を務め1995年より花組のトップスターに就任。

長髪にナチュラルメイク、ソロコンサート開催など、宝塚に新風を吹き込み「ヅカの革命児」とまで呼ばれました。

退団後、事務所から戦力外通告を受けたものの、『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』のオーディションで這い上がり見事芸能界復活。

映画『舞妓Haaaan!!!』『ウタヒメ~彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター~』、ドラマ『下町ロケット』『黒革の手帖』『さくらの親子丼』など、人気作に数多く出演。

朝の情報番組『白熱ライブ ビビット』の司会を務め、率直なコメントが視聴者から支持されています。「理想の上司」にも何度もランクイン。

ジュエリーベストドレッサー賞、ベストジーニスト賞などを受賞するファッション通。

2017年に、「高等学校卒業程度認定試験」に合格し、話題となりました。

映画『Diner ダイナー』無礼図はどんな役?

無礼図(ブレイズ)は#09の殺し屋。殺し屋専門のダイナーの客の一人。

常に男性スーツを着ている男装の麗人。部下も全員統一した黒スーツ姿。

美は正しいという信念を持っており、目的のためには手段を選ばないという一面も。

真矢ミキの演技力の評価は

参考映像:『ウタヒメ~彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター~』(2012)

元・宝塚歌劇団男役トップスターを務めた真矢ミキ。

華もあり、演技もうまい女優として認められています。

特に有能なキャリアウーマン役ではひっぱりだこ。「理想の上司ランキング」ではいつも上位に入賞しています。

2017年放送の主演ドラマ『さくらの親子丼』では、ガラリ変わって、行き場のない人たちに無償で親子丼を振舞う古本屋書店店主役。

視聴者の心を癒す人気作となり、シーズン2も放送されました。

実は宝塚入学時は、39人中37番の成績だったそうです。その状況を乗り越えてトップスターにまで上り詰めたのは、努力と根性あってのこと。

また、退団後も一度は「戦力外通告」を受けどん底に落ちながら、映画『踊る大捜査線』のオーディションを受けて這い上がった経験があります。

筋金入りの女優魂を持つ真矢ミキが、誰にも負けない美しい男装姿で殺し屋・無礼図役に挑みます。

美しい立ち振る舞いと声、そして演技で、観客を魅了すること間違いありません。

真矢ミキの公式SNSの紹介

残念ながら真矢ミキの公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ


(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

映像化は不能と言われていた衝撃的な小説を実写化した、未体験サスペンス映画『Diner ダイナー』。

キャストには、藤原竜也、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二といった、若手からベテランまで、実力ある人気俳優たちが集結。

世界的フォトグラファーで独特の美的センスを持つ蜷川実花監督が、その才能を大きく更に開花させた本作。公開を前に期待が大きく高まっています。

元・宝塚男役トップスターの真矢ミキが、唯一無二の麗しい男装姿を披露。美意識高い殺し屋・無礼図を演じます。

ノンストップ極彩色サスペンス作品『Diner ダイナー』は2019年7月5日より全国ロードショーです。




関連記事

新作映画ニュース

オゾン最新作『2重螺旋の恋人』web限定で映像解禁!監督が仕掛けた7つの罠とは

フランソワ・オゾン監督の『2重螺旋(らせん)の恋人』は、8月4日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。 本作は、アメリカの女性作家ジョイス・キャロル・オーツの短編小説を大胆に翻案、4年 …

新作映画ニュース

映画『99.9 刑事専門弁護士』キャストの杉咲花は河野穂乃果役!演技力の評価とプロフィール

映画『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』は2021年12月30日(木)ロードショー 大ヒットドラマを映画化した『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』が、2021年12月30日(木 …

新作映画ニュース

映画『鉄道運転士の花束』あらすじとキャスト。アカデミー賞セルビア代表作が8月に公開!

滑稽でささやかな、愛すべき人生の傑作! モスクワ国際映画祭他での4つの観客賞、マンハイム‐ハイデルベルグ国際映画祭における映画館主賞を含む13の国際映画祭で受賞し、アカデミー賞外国語映画部門セルビア代 …

新作映画ニュース

【MOOSIC LAB2019受賞結果】映画監督の金子由里奈『眠る⾍』で長編部門グランプリの快挙!

MOOSIC LAB2019の受賞作品紹介 2019年11月23日~12月21日にK’s cinemaとアップリンク吉祥寺で開催され、大盛況のうちに終わった音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB201 …

新作映画ニュース

【TAAF2019】東京アニメアワードフェスティバルの受賞結果。グランプリはポーランドのアニメ作品『アナザー デイ オブ ライフ』

TAAF2019受賞作品紹介 2019年3月8日(金)から3月11日(月)まで開催された、国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2019(TAAF2019)」。 ©TAAFEC. …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学