Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

Entry 2019/07/15
Update

【ネタバレ秘話】ダイナー映画の隠されたキャストは誰?撮影裏話のトリビアを紹介

  • Writer :
  • 石井夏子

2019年7月5日に公開された映画『Diner ダイナー』。

平山夢明の小説『ダイナー』を原作としながら、蜷川実花監督がその色彩感覚で新たな世界を描いた映画『Diner ダイナー』。

(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

本作には、小さなものから大きなものまで沢山の仕掛けがあります。

知ればなお本作を楽しめるその“小ネタ”たちをネタバレ込みでご紹介して行きます。

スポンサーリンク

映画『Diner ダイナー』の作品情報


(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
平山夢明『ダイナー』(ポプラ社刊)

【監督】
蜷川実花

【脚本】
後藤ひろひと、杉山嘉一、蜷川実花

【キャスト】
藤原竜也、玉城ティナ、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二、川栄李奈、コムアイ、板野友美、木村佳乃、角替和枝、品川徹、内田健司、前田公輝、吉村界人、真琴つばさ、沙央くらま、木村佳乃、宮脇咲良、AMI、AYA、エリイ、中村里砂、マドモアゼル・ユリア、MEGUMI、SHIHO、井出らっきょ

【作品概要】
平山夢明の小説『ダイナー』(ポプラ社刊)を実写映画化。

『人間失格 太宰治と3人の女たち』(2019)公開を控える蜷川実花監督が、極彩色に輝く独特の世界観を作り上げました。

多くの個性的なキャラクターを体現し、「デスノート」「カイジ」シリーズをヒットに導いてきた藤原竜也が、元殺し屋の天才シェフ・ボンベロ役で主演を務めます。

物語の鍵を握る少女オオバカナコ役を玉城ティナが演じるほか、窪田正孝、斎藤工、小栗旬、土屋アンナ、奥田瑛二ら豪華キャスト陣が殺し屋役で出演。

“全員殺し屋”という設定から生まれる予測不能な物語を紡ぎます。

映画『Diner ダイナー』のあらすじ

(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会
元殺し屋の天才シェフ、ボンベロ(藤原竜也)が店主をつとめる殺し屋専用の食堂「ダイナー」。

日給30万円の怪しいアルバイトに手を出したばかりに闇の組織に身売りされてしまった少女オオバカナコ(玉城ティナ)は、ボンベロに買われウェイトレスとして働くことに。

ボンベロが「王」として君臨するダイナーには、全身傷だらけの孤高の殺し屋スキン(窪田正孝)や、子どものような姿をしたサイコキラーのキッド(本郷奏多)、不気味なスペイン語を操る筋肉自慢の荒くれ者のブロ(武田真治)ら、ひと癖もふた癖もある殺し屋たちが次々とやって来て…。

ディーディーのガム

カナコがダイナーに送りこまれるきっかけとなった、殺し屋カップルのカウボーイ(斎藤工)とディーディー(佐藤江梨子)。

原作でもカウボーイは棒付きキャンディを舐めていますが、映画ではそれに加えてディーディーはチューイングガムを噛んでいます。

そして膨らませたガムを貪るように、濃厚なキスを交わすふたり。

実はこのチューイングガムのアイデアは佐藤江梨子が出したアイデア

その奇抜で、キャラクターの関係性や異常さを表したキスシーンは蜷川監督と斎藤工を脱帽させました。

スポンサーリンク

スキンの完璧なスフレは自由演技


(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

母の味と同じ、ボンベロの作るスフレを楽しみに生きているスキン(窪田正孝)。

しかし、いつも異物混入している“スキンのスフレ”は、彼を現実へと引き戻します。

同情したカナコが異物を取り除いた“完璧なスフレ”を提供したことから、スキンの様子がおかしくなって行くんですが、その後は蜷川監督の指示のもと、なんと窪田正孝の自由演技だったんです。

マシンガンを味方に付け、美しく哀しく壊れて行く窪田正孝=スキンの姿を堪能して下さい。

スフレが載っている金継ぎの皿は、彼の心と顔の傷を、白くて柔らかなスフレは母の乳房を表しているそうです。

現場でも筋肉体操

筋肉体操でお馴染みのブロ役、武田真治。本作の撮影は2018年の5月で、筋肉体操放映よりも前。

撮影していた頃は、ロス・チカーノスと呼ばれる4人組のリーダーというキャラクター紹介だったブロですが、筋肉体操が始まってからは“筋肉自慢の暴れん坊”というようなキャラ付けで紹介されるようにかわっていたとのこと。

そんなブロの顔の傷は、殺し屋としての説得力を増すために武田真治が出したアイデア

KAT-TUNのライブで、メンバーの上田竜也が傷メイクをしていたのに興味を抱いた武田。その後バックステージで上田の写真を撮影し、それを蜷川監督に見せて説得したそうです。

また、武田真治は撮影現場にダンベルを持ち込み、休憩時間も筋トレを欠かさなかったという逸話もあります。

スポンサーリンク

華麗なるタカラジェンヌたち

参考:蜷川実花監督のインスタグラム


街を牛耳る組織の北のトップ「北の無礼図」と、その腹心である荒裂屈巣、雄澄華瑠は男装の麗人。

宝塚出身の真矢ミキ、真琴つばさ、沙央くらまが華麗に優美に演じています。

終盤の立ち回りの稽古には本番の何十倍と言う時間をかけて、3人で息を合わせて行ったという、その団結力にも注目。

美しい所作、色気たっぷりな佇まいに魅了されること請け合いです。

無礼図(ブレイズ)役・真矢ミキ

真矢ミキ扮する無礼図(ブレイズ)は、原作小説では40代後半の筋肉質な男性として書かれています。

映画化するにあたり、蜷川監督は無礼図を男装の麗人として描きたいと切望

宝塚時代から大ファンだった真矢ミキに演じて欲しくオファーをしたんです。

また、ヘアメイクデザインのShin Yaは、真矢ミキをいじれる機会はもう無いだろうと無礼図のヘアメイクをこだわり抜き、カラーコンタクトを使ってオッドアイに仕上げたそうです。

荒裂屈巣(アレックス)役・真琴つばさ

無礼図の右腕、荒裂屈巣(アレックス)を演じるのは、こちらも宝塚出身の真琴つばさ。

彼女の役名が荒裂屈巣(アレックス)なのには、蜷川監督の遊び心が秘められています。

宝塚時代、SFファンタジーの舞台『LUNA−月の伝言』(2000年・月組)にて、真琴つばさはロック界のスーパースター・アレックスと、伝説の月の王子月読(つくよみ)の2役を演じていており、そこから荒裂屈巣の名前が付けられました。

宝塚好きな監督ならではの仕掛けですね。

雄澄華瑠(オスカル)役・沙央くらま

無礼図に仕える、もう一人の男装の麗人・雄澄華瑠(オスカル)は沙央くらまが演じています。

こちらは役名ですぐお分かりでしょうが、『ベルサイユのばら』の男装の麗人・オスカルから名づけられています。

2006年、宝塚雪組の『ベルサイユのばら-オスカル編-』にて、オスカル役で新人公演初主演を飾った沙央くらま

役名ひとつにも蜷川監督の愛情が込められています。

前ボス・デルモニコを演じたのは?

ボンベロが忠誠を誓う、亡き前ボス・デルモニコ。

その肖像画は、蜷川実花監督の実父である、2016年にこの世を去った演出家・蜷川幸雄です。

蜷川幸雄に見出され芝居の道を歩み始めた藤原竜也が、デルモニコの肖像の前で、ある決意を口にする場面は、メタ的でありながら心震えます。

デルモニコの生前の姿が写される回想シーンもあるんですが、ここで彼を演じているのはたけし軍団でご存知、井出らっきょです。

参考:蜷川実花監督のツイッター

あちこちに隠れて映る実花監督

本作にて、実父・蜷川幸雄だけでなく、自分自身をもネタにして遊びつくした蜷川実花監督

冒頭でカナコ(玉城ティナ)が訪れる旅行代理店。そこで対応するのは感じの悪い店員(川栄李奈)。

川栄李奈の奥の方を良く見てみると…、そこには旅行代理店の制服に身を包んだ実花監督が。

その後、カナコが時間つぶしのために寄ったゲームセンターのUFOキャッチャーには、実花監督に似せた景品があります。

ぜひ“隠れ実花”を探してみて下さい。

まとめ


(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

平山夢明による狂気の世界を、蜷川実花監督の遊び心で料理しつくした本作。

その遊び心とは、キャストへの信頼や、観客へ込めた温かい想いが形になったものばかりです。

画面の端までぬかりない、不思議な魅力溢れるこの店に、どうぞご来店ください。

映画『Diner ダイナー』は2019年7月5日より公開です。





関連記事

まとめ記事

ゴールデンウィーク2019映画【子供連れおすすめランキング5選】アニメ作品は大人も楽しめるエンタメ花盛り!

映画館は身近な芸術体験の場 2019年のゴールデンウィークは4月27日(土)から5月6日(月)まで、なんと10連休! 「ねーねー、ゴールデンウィークどこいく?」「どっかいこーよ」「○○ちゃんは●●行く …

まとめ記事

キーラ・ナイトレイ映画おすすめ5選!美しすぎる顔と演技力で魅了!

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE E …

まとめ記事

中谷美紀映画おすすめ5選!年齢によって異なる魅力が光る演技力

(C)2015 池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会 多くの映画に出演し素晴らしい演技を見せてきた演技派女優、中谷美紀。 凛とした雰囲気と年を重ねても変わらない美しさで、幅広い役柄を演じている日本 …

まとめ記事

今週公開おすすめ映画『羊の木』『アバウト・レイ 16歳の決断』邦画洋画そろえてご紹介

今週2月3日(土)公開のおすすめ映画を、邦画洋画家から1作品ずつまとめてご紹介します。 邦画は吉田大八監督の待望の『羊の木』。すでに前売券のクリアファイルはゲットしましたか。 またこちらも待ち望んでい …

まとめ記事

【2018年に亡くなった俳優・監督】故人を偲び活躍した映画人の代表作を振り返るレクイエム5選

2018年も残すところわずかとなりましたが、本年も著名な俳優や監督といった映画関係者が亡くなりました。 映画『マン・オン・ザ・ムーン』 ここでは、そんな鬼籍入りしたフィルムメーカーたちの中から、5名を …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP