Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

Entry 2017/05/08
Update

2017トニー賞発表!ケイト・ブランシェット主演女優賞ノミネート

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

2017年5月2日(火)日本時間の夜9時30分過ぎに、アメリカ演劇界で最も権威のある、第71回トニー賞のノミネーションが、クリストファー・ジャクソンとジェーン・クラコウスキーにより発表されました。

今回の注目は演劇主演女優賞にノミネートされたケイト・ブランシェット


「ザ・プレゼント」(C)アフロ

ケイト・ブランシェットが主演女優賞にノミネートされた舞台は、チェーホフの『プラトーノフ』を基に、劇作家で夫のアンドリュー・アプトンが脚色した『ザ・プレゼント』。

1997年12月29日にケイト・ブランシェットと、劇作家のアンドリュー・アプトンとロンドンで結婚したそうです。

そんなケイトにとって、ブロードウェイの舞台はこれがデビューだっただけに、影ながら支えた夫との二人三脚で掴んだ作品だとも言えます。

でも、ケイトは米アカデミー賞を2度受賞している実力派女優。舞台に立つ時は女優魂は誰の手も触れられない迫力もありそうですね。

そのように考えると、力を発揮させられたのは劇作家の夫だけではなく、プライベートな時を3人の息子と過ごす家族背景が大きいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

1.ケイト・ブランシェットのプロフィール


(C)アフロ

ケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)は、 本名をキャサリン・エリーズ・ブランシェットと名乗り、1969年5月14日 にオーストラリアのビクトリア州メルボルンで生まれた国際女優。

父ロバート・ブランシェットは広告会社の重役で、残念ながら、ケイトが10歳の時に心臓発作で亡くなっています。

母ジューン・ブランシェットはオーストラリア人の元教師で現在は会社員。兄のロバートはコンピュータープログラマー、妹のジェネヴィーヴはクイーンランド・シアター・カンパニー所属するセットデザイナーです。

また、ケイトはメルボルン大学メソジスト女子カレッジで美術史と経済学を学美ますが中退、オーストラリア国立演劇学院で演劇を学び、1992年に卒業して、舞台女優としてキャリアを始めました。

1993年に『Kafka Dances』にて、シドニー劇場批評家協会賞の新人賞を受賞。ジェフリー・ラッシュと共演した『オレアナ』で最優秀女優賞を受賞。

1994年に『Police Rescue』で映画デビューし、1996年公開の『Paradise Road』でハリウッドデビューします。

ケイトが数々の賞を受賞した『エリザベス』(1998)

1998年公開の『エリザベス』にて、エリザベス1世を演じゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞。米アカデミー主演女優賞にもノミネートされて一躍トップ・スターとなります。

2001年からの『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズではガラドリエルを演じ、人気と実力派女優としての地位を確立。

2004年公開の『アビエイター』にて、大女優キャサリン・ヘプバーンを演じ、アカデミー助演女優賞を受賞

2007年公開の『アイム・ノット・ゼア』にて、でボブ・ディランを演じ、ゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞。

ケイトの俳優のキャリアで最高演技と評される『ブルージャスミン』(2013)

2013年公開のウディ・アレン監督の作品『ブルージャスミン』にて、ジャスミンを演じてゴールデングローブ賞主演女優賞 、アカデミー主演女優賞を獲得しました。

人気、演技、実力と余すところない女優として現在も活躍中です。

2.第71回トニー賞の結果をいち早く知るには⁉︎

トニー賞発表をWOWOWプライムのテレビで生中継を見る方法があります。

ぜひ、ケイト・ブランシェットのブロードウェイデビューにして、トニー賞の初主演女優受賞の栄冠を勝ち取るのか。

その瞬間を彼女と一緒に緊張のひと時をご覧いただくのも良いかもしれませんよ。

【視聴方法】

[WOWOWプライム]
2017年6月12日(月)午前8:00「生中継!第71回トニー賞授賞式」(同時通訳)
案内役:宮本亜門、八嶋智人/スペシャル・サポーター:井上芳雄

2017年6月17日(土)午後7:00 「第71回トニー賞授賞式」(字幕版)
詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。

(http://www.wowow.co.jp/stage/tony/)

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

まとめ記事

水原希子ドラマ映画ベスト5選!髪型とメイクが可愛い新作『あのこは貴族』ほかランキング作品を紹介

モデル出身の水原希子のおすすめ映画をピックアップ! 女優、モデル、デザイナーと多彩な才能を持つ水原希子。『ノルウェイの森』で主人公の恋人役として映画デビューを果たし、マレーシアと日本の合作映画『Mal …

まとめ記事

サンドラ・ブロック映画おすすめ5選!最新作を見る前にチェック!

(C)2007 Premonition Pictures, Inc All Rights Reserved. 『スピード』で一躍有名になり、その後『デンジャラス・ビューティー』や『イルマーレ』、『クラ …

まとめ記事

ユアン・マクレガー映画おすすめ5選!スターウォーズだけじゃない!

(C)Sigma Films Limited/Zentropa Entertainments5 ApS/Subotica Ltd/BBC 2010 スコットランド出身のユアン・マクレガー。『スター・ウ …

まとめ記事

アクション映画を見ながらゴールデンウィークは家で過ごす!動画視聴で“平成の名作”を振り返る【糸魚川悟セレクション】

アクション映画でゴールデンウィークを家で過ごす!動画配信の視聴で革命的作品となった名作を振り返る 2019年5月1日より新元号「令和」が施行され、31年間続いた「平成」の時代が終わりを迎えます。 「平 …

まとめ記事

山田孝之映画おすすめ5選!カンヌ映画祭目指す俳優⁉︎

コメディから時代劇、シリアスな物語まで、様々なジャンルの映画で活躍中の山田孝之。 日本映画界に欠かすことのできない実力派俳優です! (C)2016 真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学