Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

アクション&SF映画(2020)おすすめ洋画最新作。トップガンや007からデューンまで厳選5選!

  • Writer :
  • 奈香じゅん

アクション&SF映画(洋画)の2020年おすすめ最新作をピックアップ!

2019年はインディペンデントも含め良質な映画が多く公開されました。

2020年は、『ワンダーウーマン』(2017)や『ヴェノム』(2018)の続編等たくさんのブロックバスター映画が続々と劇場公開されます。

今回はアメコミ以外で、2020年注目必死の「アクション&SFホラー映画」を5選ピックアップしてご紹介します。

スポンサーリンク

アクション映画おすすめ①『トップガン マーヴェリック』


(C)Paramount Pictures

【原題】
Top Gun:Maveric

【公開】
2020年6月世界同時公開

【監督】
ジョセフ・コシンスキー

映画『トップガン マーヴェリック』の作品概要

老若男女問わず全世代が劇場へ足を運ぶと予想される『トップガン』(1986)の続編が今年公開。ジェリー・ブラッカイマーに見いだされ前作に主演後スターダムに駆け上がったトム・クルーズが今回も主人公。

全てのスタントをこなすことで知られているクルーズですが、本作でも戦闘機を操縦しており、「CGを使えば観客に直ぐ分かってしまう」とブラッカイマーを説得。ライバル役アイスマンを演じたバル・キルマー、エド・ハリスやジョン・ハムも出演します。クルーズが運転するオートバイの後ろに乗るのは、ジェニファー・コネリー。

「トムの恋人役ですか?」の質問に、コネリーは「言えません」と答え、ストーリーは極秘扱い。日本の劇場公開は7月。

アクション映画おすすめ②『007ノー・タイム・トゥ・ダイ』


(C)2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

【原題】
No Time to Die

【公開】
2020年4月世界同時公開

【監督】
キャリー・フクナガ

映画『007ノー・タイム・トゥ・ダイ』の作品概要

ダニエル・クレイグ扮するジェームズ・ボンドのスパイアクション。レイフ・ファインズ、ベン・ウィショー、ナオミ・ワッツは続投し、レミ・マレックがキャストされています。

テレビドラマ『TRUE DETECTIVE』シーズン1(2014)全話の監督を務め、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)の脚本を共同執筆したキャリー・フクナガが監督を担当。4月に日本で劇場公開。

スポンサーリンク

SF映画おすすめ①『デューン』

【原題】
Dune

【公開】
2020年北米、欧州

【監督】
ドゥニ・ヴィルヌーヴ

映画『デューン』の作品概要

1965年に発表されたフランク・ハーバートの同名SF小説をデヴィッド・リンチが映画化した『デューン』(1984)のリブート。

アンサンブルキャストとなる俳優陣の顔ぶれが大変豪華。主演のティモシー・シャラメ他、レベッカ・ファーガソン、デイブ・バティスタ、ステラン・スカルスガルド、オスカー・アイザック、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ジェイソン・モモア等です。

『ボーダーライン』(2015)や『ブレードランナー 2049』(2017)のドゥニ・ヴィルヌーヴが監督を務め、2年以上前に脚本の執筆を開始。原作にかなり忠実な物語だと語るヴィルヌーブは、製作も兼務します。ハンガリーやヨルダン等をロケ地に撮影。12月劇場公開。

SF映画おすすめ②『ゴジラvsコング』

【原題】
Godzilla vs Kong

【公開】
2020年北米、欧州

【監督】
アダム・ウィンガード

映画『ゴジラvsコング』の作品概要

世界中で愛されている日本生まれのゴジラとアメリカ生まれのキングコングが闘うモンスター・バース映画。監督は『ザ・ゲスト』(2014)や『デス・ノート』(2017)のアダム・ウィンガードです。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019)でマディセン・ラッセル役のミリー・ボビー・ブラウンやその父親マークを演じたカイル・チャンドラーも同じ役柄で出演。

また、地質学者に扮するアレクサンダー・スカルスガルドは「めちゃくちゃ楽しい!」とハワイやオーストラリアで行われた撮影の感想を述べています。アメリカの怪獣ファンは待ちきれず、どちらが勝利するかを予想し分析する等既に話題を集めています。11月劇場公開。

スポンサーリンク

アクション映画おすすめ③『インフィニット』

【原題】
Infinite

【公開】
2020年北米

【監督】
アントワーン・フークワ

映画『インフィニット』の作品概要

D・エリック・マイクランツの小説『The Reincarnationist Papers』を映画化。監督は、『トレーニング デイ』(2001)、『エンド・オブ・ホワイトハウス』(2013)、そして『イコライザー』(2014)等ヒット作を手掛けたアントワーン・フークワです。

当初主演はクリス・エヴァンスに決まっていましたが、スケジュールが合わず降板し、マーク・ウォールバーグへ交代。他にルパート・フレンド、キウェテル・イジョホー、ディラン・オブライエン、トビー・ジョーンズ、ソフィ・クックソンが出演。

『しあわせの隠れ場所』(2009)の監督・脚本を務めたジョン・リーハンコックと『ダスク・オブ・ザ・デッド』(2008)を書いたイアン・ショアが脚本を共同執筆し、前世の記憶を持つ男性と暗躍する秘密組織を描いた物語です。8月劇場公開。

まとめ

今回はブロックバスター映画を中心にご紹介しましたが、実は昨今インディペンデントで製作される映画数が大手スタジオより多くなっています。

そのムーブメントを生み出したサンダンス映画祭は今年も1月から開催。昨年、上映直後から大反響となった『フェアウェル』(2020年4月10日劇場公開決定)は、主演したオークワフィナがアジア人女性初のゴールデングローブ賞主演女優賞に輝くなど、インディーズ映画の高いクオリティが話題になりました。

令和2年も映画ファンにとって豊作の年となりますように!


関連記事

まとめ記事

岩井俊二監督映画おすすめ5選!最新作を見る前に是非チェックを

岩井俊二監督と言えば、美しい映像、そして音楽ですよね。 青春や恋愛を描いた作品が多いですが、残酷さや優美さが融合し、その独特の世界観に衝撃を受けた方も多いはずです。 岩井俊二監督は、91年TVドラマ「 …

まとめ記事

エディ・レッドメイン映画おすすめ5選!ファンタビ以前から光る演技力

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED イギリス出身のエディ・レッドメイン。数々の映画賞を受賞した経験のあるイケメン演技 …

まとめ記事

ハロウィン映画おすすめ5選!ガチ怖いホラーを動画配信U-NEXTから厳選紹介【糸魚川悟セレクション】

ハロウィンの夜は映画を観て過ごそう! 動画配信で視聴できるハロウィンにオススメ映画5選! 2019年もやってきました、ハロウィンの季節。 近年では日本でも街は仮装で賑わい、イベントの1つとして盛り上が …

まとめ記事

映画『ラストコップ』あらすじ!横浜ロケ地マップ入手方法も

現在テレビドラマシリーズで人気を博した2人が豪快かつ、破天荒な捜査で事件を解決する映画版『ラストコップ THE MOVIE』が全国の劇場にて公開中。 その公開に合わせて舞台となった神奈川県横浜では、「 …

まとめ記事

ウィル・スミスおすすめ映画5選!幸せのちから以外も名作揃い!

(C)2015 Columbia Pictures Industries, Inc., LSC Film Corporation and Village Roadshow Films Global I …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学