Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

Entry 2020/01/31
Update

スリラー/サスペンス映画(2020)おすすめ最新作。テネットやリズムセッションなど洋画ならではの厳選5選!

  • Writer :
  • 奈香じゅん

スリラー&サスペンス映画(洋画)の2020年おすすめ最新作をピックアップ!

2019年はインディペンデントも含め良質な映画が多く公開されました。

2020年は、『ワンダーウーマン』(2017)や『ヴェノム』(2018)の続編等たくさんのブロックバスター映画が続々と劇場公開されます。

今回はアメコミ以外で、2020年注目必至の「スリラー/サスペンス映画」を5選ピックアップしてご紹介します。

スリラー/サスペンス映画おすすめ①『TENET』

【原題】
TENET

【公開】
2020年7月世界同時公開

【監督】
クリストファー・ノーラン。

映画『TENET』の作品概要

クリストファー・ノーランが監督・脚本・製作を兼務。主役を務めるジョン・デヴィッド・ワシントンの他、ロバート・パティンソン、マイケル・ケイン、ケネス・ブラナー、エリザベス・デビッキ等が出演します。

プロットの詳細は製作会社が極秘扱いにしていますが、2億ドル以上の製作費をかけた新感覚のアクション・スリラー作品で、第三次世界大戦勃発を阻止する為捜査官がタイムトラベルで奔走する物語です。9月に日本で劇場公開。

スリラー/サスペンス映画おすすめ②『ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ』

【原題】
The Woman in the Window

【公開】
2020年4月世界同時公開

【監督】
ジョー・ライト

映画『ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ』の作品概要

アルフレッド・ヒッチコックの『裏窓』(1955)やブライアン・デ・パルマの『ボディ・ダブル』(1985)でもプロットになった、隣家で起きた事件をたまたま目撃してしまうストーリー。

しかし、本作は親しい隣人だと思っていた人が全く別人というヒネリが加わっており、公開された予告編が怖くて興味をそそります。

出演は、エイミー・アダムス、ジュリアン・ムーア、ジェニファー・ジェイソン・リー、トレイシー・レッツ、ゲイリー・オールドマン、ブライアン・タイリー・ヘンリー等豪華キャスト。5月劇場公開。

スリラー/サスペンス映画おすすめ③『ナイル殺人事件』

【原題】
Death on the Nile

【公開】
2020年10月世界同時公開

【監督】
ケネス・ブラナー

映画『ナイル殺人事件』の作品概要

ミステリーの女王と呼ばれるアガサ・クリスティー原作『ナイルに死す』を映画化。ケネス・ブラナーが監督・製作・主演を兼務し、リドリー・スコットも製作に名前を連ねます。

『LOGAN/ ローガン』(2017)や『ブレードランナー 2049』(2017)を書いたマイケル・グリーンが『オリエント急行殺人事件』(2017)に続き脚本を執筆。

出演は、ガル・ガドット、アーミー・ハマー、アネット・ベニング、『ブラック・パンサー』や『アベンジャーズ』シリーズのシュリ役でお馴染みのレティーシャ・ライトもキャストされています。日本でも年内に劇場公開予定。

スリラー/サスペンス映画おすすめ④『リズム・セクション』

【原題】
The Rhythm Section

【公開】
2020年北米、欧州

【監督】
リード・モラーノ

映画『リズム・セクション』の作品概要

小説『堕天使の報復』を映画化し、著者のマーク・バーネルが脚本を執筆。本作の監督を務めたのは、リード・モラーノ。撮影監督としてキャリアを築き、テレビドラマ『ビリオンズ』や『ハンドメイズ・テイル /侍女の物語』では監督を担当。

主演はブレイク・ライブリーで、他にジュード・ロウ、スターリング・K・ブラウン、リチャード・グレイクも出演します。

飛行機事故で家族を失ったステファニーは事故が偶然ではなかったことを知り、復讐の為に暗殺者となるアクション・スリラー。1月劇場公開。

スリラー/サスペンス映画おすすめ⑤『ロスト・ガールズ』

【原題】
Lost Girls

【公開】
2020年3月インターネット配信

【監督】
リズ・ガルバス

映画『ロスト・ガールズ』の作品概要

ロバート・コルカー著ニューヨーク・タイムズのベストセラー『Lost Girls』を基に映画化。ドキュメンタリー映画を長く手掛けたリズ・ガルバスが監督です。

日本では劇場未公開でしたが、北米では絶賛された重厚ドラマ『足跡はかき消して』(2018)のトーマサイン・マッケンジー、エイミー・アダムス、そしてガブリエル・バーンも出演します。失踪した娘を探す母親が未解決の連続殺人事件に巻き込まれていく実話を基にしたクライム・スリラー。Netflixで3月に配信。

まとめ


2019 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

今回はブロックバスター映画を中心にご紹介しましたが、実は昨今インディペンデントで製作される映画数が大手スタジオより多くなっています。

そのムーブメントを生み出したサンダンス映画祭は今年も1月から開催。昨年、上映直後から大反響となった『フェアウェル』(2020年4月10日劇場公開決定)は、主演したオークワフィナがアジア人女性初のゴールデングローブ賞主演女優賞に輝くなど、インディーズ映画の高いクオリティが話題になりました。

令和2年も映画ファンにとって豊作の年となりますように!



関連記事

まとめ記事

エマ・ストーン映画おすすめ5選!どの出演作品もかわいい!

最新作ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』のミア・ドーラン役では、アカデミー賞ノミネート間違いなしと評判のエマ・ストーン。 すでにヴェネツィア国際映画祭女優賞受賞と、ゴールデングローブ賞主演女優賞 (ミ …

まとめ記事

海外イケメン俳優のおすすめ映画ランキング厳選5選!ハリウッドの耽美な男性たち特集

“耽美で退廃的な作品”、美を最高の価値としその世界に陶酔、非社会的で唯美的な芸術たち。 (C)1984 EASTERN COUNTIES NEWSPAPER GROUP. ALL RIGHTS RES …

まとめ記事

ルトガー・ハウアー映画おすすめ5選。かっこいいのは『ブレードランナー』のレプリカントだけではない

アクション、スリラー、ラブロマンスetc…ルトガー・ハウアーの主演作5本を振り返り オランダ出身で、ハリウッドでも活動していた俳優ルトガー・ハウアーが、2019年7月19日に75歳で亡くな …

まとめ記事

My週末映画館!北千住の穴場でランチもあるシネマブルースタジオ 

My週末映画館(009) 【鑑賞した映画】 「ロイ・アンダーソン監督特集『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』(1969) (*現在は上映終了しています) Photo taken byなほさん Ph …

まとめ記事

どんでん返しホラー映画おすすめ厳選5選!異常心理やスプラッターの怖い話【糸魚川悟セレクション】

「ハラハラドキドキしたい」。 そんな映画をお探しのあなたへ、オチまでしっかり楽しめる「ホラー」映画をご紹介します。 (C)2011 SNOOT ENTERTAINMENT, LLC Cinemarch …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学