Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

篠崎こころが映画『Noise』で最優秀主演俳優賞受賞!富士湖畔の映画祭にて

  • Writer :
  • かりごめあき

2019年にテアトル新宿にて公開が決定している松本優作の初監督作品『Noise』。

7月末に開催された第4回富士湖畔の映画祭2018にて本作が上映され、篠崎こころが最優秀主演俳優賞を受賞!

受賞を受けて、篠崎こころと松本監督の喜びの声は…。

スポンサーリンク

映画『Noise』の作品情報

【公開】
2019年(日本映画)

【企画・監督・脚本・編集】
松本優作

【キャスト】
篠崎こころ、安城うらら、鈴木宏侑、岸建太朗、仁科貴、小橋賢児、布施博

【作品概要】
松本優作監督が15歳のときに経験した親友の自死と、テレビに映し出された秋葉原無差別殺傷事件とがリンクし、すぐさま脚本を書きはじめ、8年かけて完成させた初長編監督作品。

狂気と混乱がのたうつ現代に生きる若者による若者と若者の親たちのための同時代映画。

第41回モントリオール世界映画祭、第25回レインダンス映画祭などでの上映によって日本映画ベスト1・アジア映画ベスト4を獲得。

映画『Noise』のあらすじ

舞台はポップカルチャーの聖地・秋葉原。

10年前の6月8日に起こったショッキングな事件をモチーフに、絶望の中に生きる若者たちと大人たちが見たものとは…。

スポンサーリンク

篠崎こころが「富士 湖畔の映画祭」最優秀主演俳優賞を受賞


©「Noise」製作委員会

7月28日(土)に「第4回 富士 湖畔の映画祭 2018」(7月27~29日開催)で上映された松本優作初監督作品『Noise』(監督:松本優作/配給:マコトヤ)の、主人公・美沙役を演じた篠崎こころが最優秀主演俳優賞を受賞しました。

2015年に本栖湖で始まった野外上映&ライブ「富士 湖畔の映画祭」は、わずか4年の間に、とくに若い映画人が注目せざるを得ない映画祭です。

本年より新たに映画のコンペティション部門がスタート。

来年の劇場公開に向けて再編集中の映画『Noise』124分版の最終上映となりました。

台風真っ只中での上映にもかかわらず多くの観客が詰めかけ、上映終了後には「人物描写が素晴らしい」「よかった」などの声が、同映画祭に参加していた監督・松本優作にかけられたといいます。

今回の受賞を受け、主演の篠崎こころと松本優作監督は次のようにコメントしています。

篠崎こころ「約3年前、演技経験が殆どなかった私を主演に選んでいただき、「秋葉原無差別殺傷事件」という難しく大きなテーマに自分なりに真っ直ぐに挑戦しました。

その結果をこのような素晴らしい形で評価していただいてとても光栄です。

「現代を必死に生きている」多くの方に見てほしいと思っています。

この映画に関わってくださった方、くださる方、すべての方々に感謝します」

松本優作監督「ありがとうございます。台風の真っ只中での上映でした。

楽しく勢いあると言われる富士湖畔映画祭で、映画『Noise』の篠崎こころさんに主演俳優賞受賞のニュースにとても感激しています。

本作は僕自身の思いを描いた映画です、これまで僕が味わってきた“痛み”を彼女が自身の身体を通してスクリーンに再現してくれました。

みなさん、来年公開時には是非ともご覧ください」

主演・篠崎こころのプロフィール


©「Noise」製作委員会

1993年生まれ。

2013年よりアイドルやDJとして活動、Zipper専属モデル(パチパチズ)を経てファッションモデルとしても活動。

講談社主催ミスiD2015で、ミスiD賞・うしじまいい肉賞をW受賞。

ファッションブランド「showtty」プロデュース、アプリゲーム「Shadowverse」や「UNITIA」の公式コスプレイヤーなど活動の幅も拡大中。

本作『Noise』で映画初出演・初主演。

スポンサーリンク

松本優作監督のプロフィール


©「Noise」製作委員会

1992年10月9日、兵庫県神戸市生まれ。

ビジュアルアーツ専門学校大阪に入学し映画制作をはじめます。

2008年、映画『Noise』脚本執筆開始、2017年完成124分版で世界各地の映画祭で正式上映、初監督作品となる本作を劇場公開に向けて再編集中。

監督二作目となるエベレストを舞台とした長編ドキュメンタリー映画を制作中。

まとめ

松本優作の初監督作品『Noise』は、第41回モントリオール世界映画祭1stワールドコンペ部門、第25回レインダンス映画祭コンペ部門、第19回ハンブルグ日本映画祭、第18回ニッポンコネクション、CAMERA JAPAN Film festival、第14回SKIPシティ国際Dシネマ映画祭など多くの映画祭で好評を得ました。

今回、富士湖畔の映画祭にて、主人公の美沙を演じた篠崎こころが最優秀主演俳優賞を受賞したことで、今後さらに期待と注目が集まる作品になること間違いなしです。

現代の若者たちに贈る松本優作監督の映画『Noise』は、2019年に新宿テアトルにて公開です!

関連記事

新作映画ニュース

串田壮史監督の映画『写真の女』がSKIPシティアワード受賞!阪本順治・内田英治らのおすすめコメントも紹介

世界の映画祭で続々と受賞! SKIPシティ国際Dシネマ映画祭でも「SKIP シティアワード」を見事受賞。 2021年1月初春に渋谷ユーロスペース他全国で順次公開が決まっている長編映画『写真の女』。 こ …

新作映画ニュース

佐野勇斗映画『小さな恋のうた』あらすじ。若手キャストがバンドMONGOL800の名曲を歌い奏でる

佐野勇斗があの名曲を歌う MONGOL800が2001年にリリースした楽曲「小さな恋のうた」。 平成で最も歌われたカラオケランキング男性曲1位に輝き、世代や性別を問わず今なお歌い継がれるこの名曲から、 …

新作映画ニュース

『マウス ある殺人者の系譜』あらすじ/キャスト/配信とDVD情報。韓国ドラマのクライムサスペンスでスンギとヒジュンが初共演!

『マウス~ある殺人者の系譜~』が2022年5月11日(水)DVDリリース&U-NEXT独占先行配信開始 韓国2大トップ俳優が豪華W主演する過激で残酷な禁断のクライムサスペンス『マウス~ある殺人者の系譜 …

新作映画ニュース

映画『誰かの花』あらすじ/キャスト【ミニシアター・ジャック&ベティの30周年記念】奥田裕介監督が等身大の横浜を描きだす!

横浜のミニシアター ジャック&ベティ30周年企画映画『誰かの花』が始動! 抜擢されたのは、横浜出身の映画監督、奥田裕介。 2021年に30周年を迎える横浜のミニシアター、ジャック&ベティの30周年記念 …

新作映画ニュース

映画『プラネティスト』キャスト/公開日/上映館。窪塚洋介が息子の愛流と訪れた小笠原諸島のドキュメンタリーとは?

最後の楽園・小笠原諸島を撮影した豊田利晃監督の1372日の奇跡。 6500万年前に誕生した原始の地球の風景が残る、“世界自然遺産“最後の楽園・小笠原諸島。 (C)プラネティスト製作委員会 世界でも類い …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学