Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/03/02
Update

【映画(2020)の予告動画】最新ゾンビ感染洋画『CURED キュアード』をデヴィド・フレイン監督が描く!

  • Writer :
  • 大塚まき

ゾンビパニック終焉後の世界。
元感染者たちの苦悩と、再び人間として生き抜くための戦いがはじまる

人間を凶暴化させる新種の病原体、メイズ・ウイルスのパンデミックによって大混乱に陥ったアイルランドを舞台にゾンビパニック終焉後の世界を描き出します。


(c)Tilted Pictures Limited 2017

近未来スリラー『CURED キュアード』(原題:THE CURED)が、2020年3月20日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次公開されます。

このたび本作の予告編と新たに場面写真が解禁されましたので、ご紹介します。

映画『CURED キュアード』について


(c)Tilted Pictures Limited 2017

人間をゾンビ化させる新種メイズ・ウイルスのパンデミックが収束し、治療法が発見され治癒した75%は“回復者”として社会復帰することになった世界を描き出しました。

アイルランドの新人監督デヴィッド・フレインが脚本から務めた本作は、ホラー映画の枠をこえて不寛容な社会で行き場を失っていく登場人物たちの苦悩に満ちたサバイバル・ドラマをセンセーショナルに描き出します。

ゾンビに夫を噛み殺された失意のどん底の中で幼い息子を養うシングルマザーのアビー役に『JUNO/ジュノ』『インセプション』のエレン・ペイジ

義姉アビーのもとに身をよせる回復者のひとりである若者セナン役を『ハイドリヒを撃て! 「ナチの野獣」暗殺作戦』のサム・キーリーが演じました。

また、過激化した回復者グループのひとりとして『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のトム・ヴォーン=ローラーが参戦。

ゾンビパニック終焉後の世界。元感染者たちの怒りと憎しみの連鎖はセナンやアビー親子を巻き込み、新たな恐怖のパンデミックを招き寄せる展開に目が離せません。

映画『CURED キュアード』の予告編


このたび解禁となった予告編では、人間をゾンビ化させる新型メイズ・ウイルスが感染拡大し、数年後に治療法が発見され、75%の人が回復し社会復帰を果たしたことから始まります。

ゾンビパニック終焉後の世界で「奴らはもう人間じゃない」と元感染者への差別や「悪夢は見るか?」「人を噛み殺してたんだ 当然だな」と元感染者たちが抱える苦痛が切り取られいます。

回復者のひとりである若者セナン(サム・キーリー)はシングルマザーの義姉アビー(エレン・ペイジ)のもとに身を寄せるも「人殺しを引き取るなんて」と言われたり、回復者を恐れる市民の抗議デモは激しさを増すばかり。

やがて理不尽な差別に不満を募らせ、過激化した回復者のグループは「回復者に権利を与えろ!」デモ繰り広げ、回復者のひとり(トム・ヴォーン=ローラー)が「人間として生き抜くために戦うしかない」と立ち上がる様子が映し出されています。

ゾンビ化させるウイルスが感染、終焉、治療、回復、蘇生した末の世界とは…?

得体の知れない“恐怖心”が漂う近未来スリラーに期待が膨らむ映像となっています。

監督・脚本:デヴィド・フレインのコメント


(c)Tilted Pictures Limited 2017

本作製作の経緯についてデヴィド・フレイン監督は以下のようにコメント寄せています

映画製作者としての私の情熱は、常に気の利いたジャンル映画を作ることにあった。ゾンビものに病的なくらい魅せられていた。現代の社会問題を見事に反映することのできるジャンルだからだ。そんなゾンビ感染に治療法があったらと考え始めたら、止まらなくなった。治るという状況は、元ゾンビにとってどんなものになるだろう?
治癒しても感染していた頃の行いの記憶に悩まされるという概念は、恐ろしく、とりわけ悲痛なものだった。その思いは私の心の中で渦巻き続けた。家族は元ゾンビを受け入れるだろうか? 本当にまた人間になれるのか? 登場人物を造形し、それを基盤にして『CURED キュアード』の世界を作った。
私はヨーロッパ中に救済措置と抗議が広がっていた頃、この脚本を書き始めた。当時も存在し、今でも残る激しい怒りの空気が私の執筆を焚きつけた。あれは自分には手に負えないことによって苦しめられ、責任を取らされるということに他ならず、それは本作の元ゾンビたちとまったく同じだった。彼らの行動に対する責任と罪はどこにあるのか。そして、記憶に取り憑かれている本人にとって、そんなことは本当に重要なのだろうか?
また、私はメディアや政治家が自らの目的のため、いかに人々の恐怖心を煽るかにも興味を抱いた。その恐怖の対象が移民、宗教、ジカ熱など、いずれであっても。そうした行為は怒りと分裂の雰囲気を作り出し、どんな病気よりもはるかに有害だ。このように恐怖を誇張する行為が『CURED キュアード』の世界の基礎を築いている。
要するに『CURED キュアード』は恐怖についての話だ。感染した者の恐怖や感染する恐怖だけではない。自分の中にある恐怖、すなわちそれは恐怖に苛まれる中での自分たちの無力さによる恐怖なのだ。

デヴィド・フレイン監督のコメントから、『CURED キュアード』の着想、構想に至るまでの経緯が明らかになりました。

ゾンビ感染という題材からシリアスでリアルな肉付けをしたゾンビ映画の世界を構築した本作にますます期待が高まります。

映画『CURED キュアード』の作品情報


(c)Tilted Pictures Limited 2017

【日本公開】
2020年(アイルランド・フランス合作映画)

【原題】
THE CURED

【監督・脚本】
デイヴィッド・フレイン

【キャスト】
エレン・ペイジ、サム・キーリー、トム・ヴォーン=ローラー

映画『CURED キュアード』のあらすじ


(c)Tilted Pictures Limited 2017

人間を凶暴化させる新種の病原体、メイズ・ウイルスのパンデミックによって大混乱に陥ったアイルランド。

6年後、治療法が発見されたことで秩序を取り戻し、治療効果が見られない25%の感染者は隔離施設に監禁され、治癒した75%は“回復者”として社会復帰することになりました。

回復者のひとりである若者セナンは、シングルマザーの義姉アビーのもとに身を寄せますが、回復者を恐れる市民の抗議デモは激しさを増すばかり。

やがて理不尽な差別に不満を募らせ、過激化した回復者のグループは社会への復讐テロを計画します。

その怒りと憎しみの連鎖はセナンやアビー親子を巻き込み、新たな恐怖のパンデミックを招き寄せるのでした…。

まとめ


(c)Tilted Pictures Limited 2017

ゾンビ映画でありながら、元感染者への差別や不寛容な社会を描き、新型コロナウィルスが感染拡大している、まさに現在の社会にも通じる社会派な一面も垣間見れます。

新たなゾンビ映画の設定を切り拓く、異色の近未来スリラーにご期待ください。

映画『CURED キュアード』は、2020年3月20日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次ロードショーです。


関連記事

新作映画ニュース

映画『孤狼の血LEVEL2』キャストの近田幸太役は村上虹郎。演技評価とプロフィール!

映画『孤狼の血LEVEL2』は2021年8月20日より全国ロードショー 白石和彌監督による『孤狼の血』の続編、松岡桃李主演の『孤狼の血LEVEL2』が2021年8月20日より全国公開されます。 『凶悪 …

新作映画ニュース

『ボクたちはみんな大人になれなかった』あらすじ/キャスト/公開日はいつから。NETFLIX全世界配信開始決定の森山未來主演作

話題沸騰のベストセラー小説がついに映画化!! 世界最大級のオンラインエンターテインメントサービスを提供するNetflixが送る、Netflix映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』。 (C)202 …

新作映画ニュース

『宇宙の彼方より』映画監督フアン・ヴのインタビュー解禁。PLASTIC主演・小川あんをはじめ第2弾応援コメントも到着!

映画『宇宙の彼方より』は2023年6月3日(土)より下北沢トリウッドで封切り後、6月10日(土)より大阪シアターセブン、6月17日(土)より横浜シネマノヴェチェント、7月1日(土)よりシネマ神戸で上映 …

新作映画ニュース

映画『東京不穏詩』あらすじとキャスト。公開日は2020年1月18日と決定しポスタービジュアルも解禁!

世界の映画祭で喝采! リアルと幻想が相成る未だ嘗てない青春の詩が待望の劇場公開 インド出身の新鋭アンシュル・チョウハン監督と最優秀女優賞3冠を獲得した飯島珠奈が抉り出す人の心にうごめく〝堪えきれない衝 …

新作映画ニュース

映画『異物』あらすじ。キャスト田中俊介×小出薫を宇賀那健一がエロティック不条理コメディで撮る!

『黒い暴動♥︎』『サラバ静寂』『転がるビー玉』の宇賀那健一監督の新作短編映画。 映画『黒い暴動♥︎』『サラバ静寂』『転がるビー玉』の宇賀那健一監督が手掛けた新作短編映画『異 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学