Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/04/19
Update

菅田将暉ら登場キャラクターたちを一挙紹介!映画『タロウのバカ』追加キャスト発表

  • Writer :
  • 石井夏子

大森監督が15年温めてきた脚本が映画化


(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

大森立嗣監督のオリジナル脚本による映画『タロウのバカ』が2019年秋、テアトル新宿ほかにて公開となります。

本作の主演YOSHI、共演の菅田将暉、太賀に加えて、新たに奥野瑛太、植田紗々、豊田エリー、國村隼も出演していることが明かされました。

合わせて、菅田将暉と太賀のキャラクター写真も解禁されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『タロウのバカ』の登場キャラクターたち

(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

本作は、タロウ、エージ、スギオという3人の刹那的に生きる少年たちを描く、純粋で過激な問題作です。

生まれてから一度も学校に通ったことがない主人公タロウを演じるのは、大森立嗣監督に抜擢され、本作が俳優デビュー作となる16歳の異端児YOSHI

そして、発表されていなかった菅田将暉と太賀の役柄は、タロウと行動を共にする高校生のエージとスギオ役ということがキャラクター写真とともに明らかとなりました。

少年エージ役・菅田将暉


(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

菅田将暉はやるせない悩みを抱え暴力に走ってしまう少年エージ役。

『溺れるナイフ』『ディストラクション・ベイビーズ』(2016)、『あゝ、荒野』(2017)、『アルキメデスの大戦』(2019)など野心的な作品から超大作まで、ずば抜けた感性で幅広い役柄をこなし、2019年秋には舞台『カリギュラ』でタイトルロールの暴君カリギュラを演じる菅田将暉。

彼のその伸びやかな演技力は、暴力に至った理由を納得させることでしょう。

少年スギオ役・太賀


(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

エージの親友で、理性的で臆病な少年スギオを演じるのは、『南瓜とマヨネーズ』(2017)、『来る』(2018)、『町田くんの世界』(2019)など話題作への出演が相次ぐ太賀

オムニバス映画映画『十年Ten Years Japan』(2018)の一編『美しい国』で主演を飾った彼は、どこにでもいる若者が徴兵される恐ろしさを自然な演技で体現しました。

太賀演じるスギオが、どのように巻き込まれ、タロウたちと関わって行くのか、目が離せませんね。

映画『タロウのバカ』の追加キャスト


(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

そして、新たに4名の追加キャストが発表となりました。

タロウたちと対峙する半グレ集団のリーダー吉岡役には、『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』(2012)、『友罪』(2018)などでちょいワル演技に定評のある奥野瑛太

エージ、スギオと同じ高校に通う、援助交際を繰り返す洋子役には、『日日是好日』(2018)、『ママレード・ボーイ』(2018)の植田紗々がオーディションにて選ばれました。


(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

タロウを育児放棄している母親、恵子を演じるのは、テレビ、映画、舞台と幅広く活躍する豊田エリー

そして、元ヤクザで吉岡と共に裏ビジネスを生業とする小田役には、『萌の朱雀』(1997)『地獄でなぜ悪い』(2013)などの日本映画に数多く出演し、韓国映画『哭声/コクソン』(2017)の怪演で世界中を震え上がらせた國村隼が扮しています。

(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

スポンサーリンク

映画『タロウのバカ』の作品情報


(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【監督・脚本・編集】
大森立嗣

【キャスト】
YOSHI、菅田将暉、太賀、奥野瑛太、植田紗々、豊田エリー、國村隼

【作品概要】
『日日是好日』(2018)で報知映画賞監督賞を受賞した大森立嗣監督のオリジナル脚本作品です。

主演を務めるのは300人の候補者から大抜擢されたYOSHI。演技経験が全くないく、本作がはじめての映像作品出演となります。

タロウに慕われるエージ役には菅田将暉。『セトウツミ』(2016)以来2度目の大森組参加。

エージとともにタロウに慕われるスギオ役には映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』で主人公のタイジを演じて脚光を浴びた太賀です。

映画『タロウのバカ』のあらすじ

主人公は少年タロウ。

彼は生まれてから一度も学校に行ったことがありません。自分の年齢すら知りません。

母親、家族、社会。誰からも振り向かれないタロウでしたが、それでも自由に生きています。

そんな彼は年上の少年エージ、スギオと出会い、初めて「世界」を知ることになり…。

スポンサーリンク

まとめ

新人YOSHIを主人公に抜擢したことでも話題の大森立嗣監督の映画『タロウのバカ』。

YOSHIを支える菅田将暉、太賀の役柄が明かされ、さらにキャラクターの場面写真も解禁

そして、映画界に無くてはならない存在の國村隼や、奥野瑛太、植田紗々、豊田エリーといった追加キャストも発表されました。

世界を壊し常識を覆す映画『タロウのバカ』は2019年秋、テアトル新宿ほかにて公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』あらすじとキャスト。日本公開が2019年3月に決定

映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』は、2019年3月TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー! (c)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERV …

新作映画ニュース

映画『凪待ち』生中継舞台挨拶付き上映決定。劇場公開後も全国各地のファンに応えるイベントを!

映画『凪待ち』は2019年6月28日より、TOHOシネマズ日比谷を皮切りに全国ロードショー公開! 監督・白石和彌。そして、俳優・香取慎吾。両雄が初のタッグを組んだ映画にして、震災後の宮城県石巻市を舞台 …

新作映画ニュース

大林宣彦新作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』が東京国際映画祭2019にて上映!代表的作品の特集イベントも

第32回東京国際映画祭の特集企画第1弾が決定!! 映像の魔術師、日本を代表する映画監督の偉大な軌跡。 ©PSC 2019年10月28日(月)~11月5日(火)の9日間にて開催される第32回東京国際映画 …

新作映画ニュース

金子大地×石川瑠華W主演ラブストーリー映画『猿楽町で会いましょう』劇場公開日は6月5日に決定!

第2回「未完成映画予告編大賞MI-CAN」グランプリ受賞作を映画化。 業界大注目の俳優・金子大地と、ネクストブレイク必至の石川瑠華がW主演した衝撃のラブストーリー『猿楽町で会いましょう』。 映画『猿楽 …

新作映画ニュース

シルヴェスター・スタローン映画『大脱出2』あらすじとキャスト。2019年公開決定!

シルヴェスター・スタローン主演作!『大脱出2』は、2019年3月新宿バルト9ほか全国ロードショー。 あの脱獄のプロが帰ってきた!全世界待望のプリズン・ブレイク・アクション第2弾。 © 2018 GEO …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学