Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

オムニバス映画『おかざき恋愛四鏡』感想レビューと評価。市原博文監督の「セイブ・ザ・ガール」は不器用な青年の一途な想いを描く

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『おかざき恋愛四鏡』は2020年1月24日(金)イオンシネマ名古屋茶屋ほか全国順次公開
若手の監督とキャストによる、4つの恋愛ストーリーを描いた、映画『おかざき恋愛四鏡』。

それぞれ違う作風を持つ個性豊かな4つの物語の中から、今回は最初の物語となる『セイブ・ザ・ガール』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『おかざき恋愛四鏡』とは


(C)おかざき恋愛四鏡
4人の若手監督が、全てのロケを愛知県岡崎市で敢行した、テーマも作風も違う4つの恋愛ストーリー。出演者には、オーディションで選ばれた7名の女優や、ファッションモデル、アイドル、ベテラン俳優など、さまざまな才能が集結。

また、不思議な鏡で4つの物語を映し出し、それぞれの物語を繋ぐ役割のブリッジドラマに、名古屋・栄を拠点とするアイドルグループ「SKE48」の熊崎晴香と松本慈子が出演しています。失恋した女の子と、それを励ます友人という役柄で、双子ユニット「HANA&MOMO」の大崎ハナと大崎モモと、コミカルな演技を披露しています。

映画『おかざき恋愛四鏡』作品情報

【公開】
2020年 (日本映画)

【エグゼクティブプロデューサー】
渡辺未生

第1話『セイブ・ザ・ガール』

【監督・脚本】
市原博文

【キャスト】
櫻井保幸、吉岡志峰、佐野あやか、照井健仁、茜結、織田唯愛、手塚けだま

【作品概要】
不器用でモテない青年の優也が、マルチ商法に取り組む美玲に、恋した事から始まる騒動を描いた物語。主人公の優也を演じるのは、映画を中心に活躍し、監督としても才能を見せる若手俳優の櫻井保幸。ヒロインの美玲を、お弁当系アイドルユニット「突撃☆ランチボックス」のメンバーで、本作の出演者を決めるオーディションで準グランプリに輝いた、吉岡志峰が演じています。

監督は、これまで『ユートピア』『左様なら』など、さまざまな作品に参加し、本作が監督デビュー作となる市原博文。

スポンサーリンク

映画『セイブ・ザ・ガール』の主な登場人物


(C)おかざき恋愛四鏡

優也

スマホゲーム好きで、これまで彼女ができた事が無い不器用な性格。

派遣バイトとして働いており、その日暮らしの生活を送っています。

一目ぼれした美玲の為に、さまざまな行動を起こすようになります。

美玲

専門学校を卒業後、栄養士として仕事をしていましたが、1年で辞めてしまい、現在は派遣バイトとして働きながら求職中。

何事も熱心に頑張ってしまう純粋な性格で、マルチ商法で上のランクを目指し周囲を勧誘しています。

自分の為に必死になっている、優也の気持ちにも気付いていません。

晴香

優也の幼馴染で、面倒見の良い性格。

美玲を救おうとする優也に協力しますが、スパイ映画や探偵が好きな事から、さらに事態をややこしくする事になります。

大輔

優也の幼馴染で、晴香と一緒に優也の相談相手になっています。

商社で働いており、見た目も良い大輔自身は、モテない事はなくもないようです。

カオリ

美玲の所属するセミナーの幹部。

熱心な美玲を、更に上に引き上げようとします。

マナミ

マルチ商法の創始者で、会員には「マナミ様」と呼ばれているカリスマ。

美玲にある提案をした事で、大変な事になっていきます。

映画『セイブ・ザ・ガール』のあらすじ


(C)おかざき恋愛四鏡
定職にも就かずに派遣バイトとして、その日暮らしの生活を送る優也は、スマホゲームをキッカケに、同じ派遣バイト先で働く美玲と知り合います。

いつも、カップ麺だけで食事を終わらせる優也に、美玲は心配した様子を見せ、優也に自分のお弁当を分けます。

元栄養士の美玲が作ったお弁当は美味しく、外見に一目ぼれしてしまった優也にとって、美玲は気になる存在となります。

ある日、優也は美玲にデートに誘われます。

喜んで出かけた優也ですが、美玲に連れて行かれた先は、マルチ商法のセミナー会場でした。

講師であるカオリのセミナーを、美玲は熱心に聞いてノートにまとめていますが、その異様な空気に耐えられなくなった優也は、腹痛を装い会場から逃げ出します。

友人の晴香と大輔に、美玲とマルチ商法のセミナーについて相談した優也は、晴香のアドバイスを受け、美玲をマルチ商法から救い出す事を決意します。

ですが、純粋で熱心な性格の美玲の目を覚まさせる事は困難なうえ、面白がってきた晴香が加わった事で、更に事態はややこしくなり…。

スポンサーリンク

『セイブ・ザ・ガール』感想と評価


(C)おかざき恋愛四鏡
好きになった女性を、マルチ商法から救おうと奮闘する不器用な青年を描いた、4つの物語の中で一番コメディ色の強い作品です。

人付き合いが苦手な性格の男性が、積極的な性格の女性に、マルチ商法やデート商法など、危険な世界に勧誘される事は結構よく聞く話で、監督と脚本を担当した市原博文は、実体験を元にしている事を語っています。

本作のヒロイン美玲は、純粋すぎる性格の為、目指しているのは「輝く理想の自分」です。

その為、自身が関わっている事がマルチ商法で、周囲を勧誘している事で、迷惑がられている事すらも分かっていません。

作中でも晴香が言っていますが、悪意が無い分、余計にたちが悪いタイプです。

ですが優也は、バイト先で美玲の評判が悪くなる事にも耐えられず、本当に純粋で一途な気持ちで、美鈴を救い出そうとします。

ですが、その気持ちは全く届きません。

お互いが純粋な優也と美玲だからこそ、すれ違ってしまい、分かり合えない展開となり、このすれ違いにより、優也が頑張るほど、美玲に勘違いされ嫌われていくという、悪循環に陥ります。

さらに幼馴染の晴香が、スパイ映画や探偵のノリで関わってきた事で、事態がややこしくなるという、中盤はコメディタッチで物語が進行し、必死な優也には申し訳ないですが、鑑賞していて楽しい展開が続きます。

やがて、美鈴はマルチ商法で認められるようになりますが、ここに大きな落とし穴が待ち構えており、これまでとは一転してシリアスな展開を迎えます。

この落とし穴が回避できるか?は、優也に託される形となりますが、ここで優也はどのような決断を下すのか?そして2人が迎える結末は?

優也の純粋な想いは、美鈴の考えを変える事ができるでしょうか?

まとめ


(C)おかざき恋愛四鏡
4つの物語の最初を飾る作品『セイブ・ザ・ガール』。

優也の純粋さと、美玲の熱心さがすれ違ってしまう本作で、主役の櫻井保幸が、不器用でモテない優也を見事に演じています。

特にバイト先で、美鈴の悪口を言っていた先輩に割って入る場面での間の取り方が絶妙です。

また、美鈴を演じた吉岡志峰が、演技に純粋に取り組んでいる様子が映像からも伝わり、マルチ商法に熱心になってしまった美鈴と重なり、役柄に非常にハマっています。

また、『おかざき恋愛四鏡』では出演者オーディションでグランプリに輝いた、茜結が4つの物語全てに出演しており、『セイブ・ザ・ガール』では、マルチ商法の創設者であるマナミ様を演じています。

他の作品の役柄と比べて強烈なキャラクターで、その点でも楽しい作品です。

自分の声が届かず、誤解されて嫌われてしまっても、美鈴への一途な想いを貫く優也の姿勢は感動的ですらあります。

そして迎える結末は、これまでの流れを考えると、非常に綺麗な「オチ」と言えますので、その点も注目して下さい。

映画『おかざき恋愛四鏡』は2020年1月24日(金)から、イオンシネマ名古屋茶屋ほかで、全国順次公開です。

関連記事

ラブストーリー映画

映画『宮本から君へ』あらすじネタバレと感想。ドラマの最終回後を池松壮亮×蒼井優共演で「男・宮本の生き様」をふたたび

映画『宮本から君へ』は2019年9月27日(金)より全国ロードショー公開! 2018年にテレビドラマ化され、多くの反響を呼んだ新井英樹の漫画『宮本から君へ』(1990〜1994)。 この度公開される映 …

ラブストーリー映画

溝口健二の映画代表作『近松物語』ネタバレ感想。結末までのあらすじ紹介も

身分が違う男女の、道ならぬ恋を描いた映画『近松物語』。 監督は、女性映画の巨匠と呼ばれた、溝口健二監督です。運命に身を焦がす男女の姿が、厳しくも美しく描かれています。 京都の大店を営む大経師の若妻と、 …

ラブストーリー映画

となりの怪物くん映画撮影ロケ地とエキストラ情報!キャスト評価も

『青空エール』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『orange -オレンジ-』など、大ヒット青春映画を公開してきた東宝が、新たな青春映画を作ることに! 主演は若手人気の菅田将暉と土屋太鳳のダブル主 …

ラブストーリー映画

ジエン・マンシュー映画ママダメ主演の女優のプロフィールは?

映画『ママダメ』のヒロイン役を演じた台湾の女優の簡嫚書(ジエン・マンシュー)が、ネットで可愛いと大注目。 ジエン・マンシューは、どのような女の子なのでしょう? スポンサーリンク CONTENTS1.映 …

ラブストーリー映画

映画『今宵、212号室で』内容解説とストーリー。夫婦生活とふたりの夜の関係、喧嘩を交えた円満はいつまで続くかを問う

映画『今宵、212号室で』は2020年6月19日(金)より、Bunkamuraル・シネマ、シネマカリテほか全国にて順次公開 クリストフ・オノレ監督が手掛ける大人のためのマジカルなラブストーリー『今宵、 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP