Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2017/04/25
Update

兄に愛されすぎて困ってます試写会と舞台挨拶情報!キャストあらすじも

  • Writer :
  • リョータ

兄系イケメンズ・フェスティバル開幕!!!

夜神里奈さんの同名少女漫画を実写化した映画『兄に愛されすぎて困ってます』をご紹介します。

映画『兄に愛されすぎて困ってます』の作品情報

【公開】
2017年(日本)

【監督】
河合勇人

【キャスト】
土屋太鳳、片寄涼太、千葉雄大、草川拓弥、杉野遥亮、大野いと、YOU、神尾楓珠、森高愛、川津明日香、越智ゆらの、近江谷太朗

【作品概要】
夜神里奈さんの同名少女漫画を基にしたラブコメディを、『俺物語!!』、『チア☆ダン』で知られる河合勇人さんがメガホンを取った作品。

ヒロインのせとか役を土屋太鳳さんが演じ、兄のはるか役を“GENERATIONS from EXILE TRIBE”の片寄涼太さん、その他にも千葉雄大さんや“超特急”の草川拓弥さん、杉野遥亮さんらイケメンたちが大集結。

映画『兄に愛されすぎて困ってます』のキャスト一覧

橘 せとか / 土屋太鳳

今やテレビドラマに映画にCMに引っ張りだことなっている土屋太鳳さんが芸能界入りを果たしたのは、2005年のスーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスにて審査員特別賞を受賞したことがきっかけでした。

その後、黒沢清監督の映画『トウキョウソナタ』(2008)の出演をきっかけに女優として活動することとなった土屋太鳳さんの大きな転機となったのはNHK連続テレビ小説『まれ』(2015)のヒロイン津村希に抜擢されたことでしょう。

それから一気に主役級の役を連発することとなり、『orange』(2014)、『青空エール』(2015)、日本テレビドラマ『お迎えデス。』(2016)、TBS日曜劇場『IQ246〜華麗なる事件簿〜』(2016)など、様々な話題作に立て続けに出演。

2017年には本作の他にも『トリガール!』『8年越しの花嫁』と公開予定の映画がすでに決定しているなど、凄まじいほどの人気を博していますね。

今回土屋太鳳さんが演じることになるのは、告白12連敗中の恋に恋するモテない女子高生・せとか。

そんなせとかに突然大モテキが訪れるのですが、血の繋がっていない兄・はるかとの関係も変化し始め…一体どうなっていしまうのでしょうか?!土屋太鳳さんのキュンとした表情に注目です!

橘 はるか / 片寄涼太

大阪府出身の片寄涼太(かたよせ りょうた)さんは、1994年8月29日生まれで現在22歳。

2010年に行われたEXILE Presentsのオーディション企画「VOCAL BATTLE AUDITION 2 〜夢を持った若者達へ〜」に参加し、ファイナリストまで残るも惜しくも落選。(合格者は三代目J Soul Brothersの今市隆二さんと登坂広臣さんだった)

しかし、このオーディションでファイナリストに選ばれたことで、2011年にはEXILE HIROさんプロデュースによるGENERATIONSのメンバー候補に選出。

2012年に正式メンバーに決定し、同年11月にシングル『BRAVE IT OUT』で見事メジャーデビューを果たします。(2013年にGENERATIONSからGENERATIONS from EXILE TRIBEへ改称)

俳優としてデビューしたのは、2014年のカンテレドラマ『GTO』で本作『兄に愛されすぎて困ってます』が2作目となるようですね。

そんな片寄さんが演じているのは、せとかの兄・はるか。ツンデレのヤンキー系お兄というキャラクターのようですが、まだまだ初々しさが残る片寄さんが本作ではどんな演技を見せてくれるのか、非常に楽しみです!

芹川 高嶺 / 千葉雄大

メンズファッション誌『CHOKi CHOKi』の専属モデルとして活躍していた千葉雄大さんが俳優デビューを飾ったのは『天装戦隊ゴセイジャー』(2010~11)。

この作品を機に一躍脚光を浴びることになった千葉さんは、TBSテレビドラマ『桜蘭高校ホスト部』(2011)や日本テレビドラマ『今日は会社休みます』(2014)、映画『アオハライド』(2014)、『黒崎くんの言いなりになんてならない』(2016)など、様々な話題作に出演することに。

2017年には本作の他にも、公開中の『暗黒女子』、『ReLIFE リライフ』、公開を控えている『帝一の國』(4月29日公開予定)、『亜人』(9月30日公開予定)など、数多くの作品に出演しており、今や押しも押されぬ人気俳優として日本中から注目を浴びています。

そんな千葉雄大さんが『兄に愛されすぎて困ってます』で演じているのは、セレブ系ののしり王子・芹川高嶺。

せとかにグイグイと言い寄っていくようですが、最近はこういったグイッと攻める役柄も増えてきており、ますます役者としての幅に広がりが見えつつありますね!

美丘 千秋 / 草川拓弥

2008年の日本テレビドラマ『ボンビーメン』で俳優としてのデビューを果たした草川拓弥さんは、2009年以降ティーン向けファッション誌『nicola』のメンズモデルとしても活躍しています。

2010年には中島哲也監督の『告白』で映画デビュー。同年、フジテレビの昼ドラ『花嫁のれん』シリーズに出演。

翌2011年には日本テレビドラマ『高校生レストラン』、2012年にはNHK大河ドラマ『平清盛』と少しずつステップアップを重ねていきます。

2012年には所属事務所のスターダストプロモーションの演劇集団・EBiDANの選抜ユニット「超特急」のメンバーとして加入。筋肉担当のメインダンサーとして現在でも活躍しています。

さらに2013年には『ウルトラマンギンガ』にレギュラー出演し、その後の劇場版などの関連作品に負出演し、一気に注目を集めることになりました。

そんな草川拓弥さんが本作で演じているのは、ホスト系スウィートBOY・美丘千秋。彼の甘い言葉に女の子たちはきっとイチコロでしょう!

芹川 国光 / 杉野遥亮

第12回FINEBOYS専属モデルオーディションでグランプリを獲得したことで、芸能界入りを果たした杉野遥亮(すぎの ようすけ)さん。(現在も「FINEBOYS」専属モデルとして活躍中)

俳優としては、2016年秋の日本テレビドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』がデビューとなったようですね。

2017年にはGReeeeNの自伝的映画『キセキ -あの日のソビト-』にメインキャストとして出演を果たしたほか、フジテレビ系ドラマ『嘘の戦争』にも出演するなど、デビューして間もない俳優としては異例のスピード出世となっていますね。

そんな杉野遥亮さんが本作で演じるのは、ヘタレ系塩顔男子・芹川国光。ヘタレ系とはすごい言われようですが、果たしてどんな演技を披露してくれるのか、要注目です!

映画『兄に愛されすぎて困ってます』のあらすじ

ただいま告白12連敗中の恋に恋するモテない女子高生・せとか。

そんな妹を優しくもクールに見守って来たツンデレヤンキー系の兄・はるか。

幼い頃から兄妹として共に過ごしてきた2人でしたが、ある日ふとした出来事で、はるかは妹と血のつながりがないことが分かってしまいます。

そして時を同じくして、せとかは同級生の国光の兄・高嶺と再会することに。高嶺はせとかの初恋の相手でした。

すると今度はホスト系の先輩・千秋や、高嶺の弟・国光から猛アプローチをかけられ、これまでのモテない人生が嘘のように人生初のモテキが到来したせとか。

さらに今度は兄・はるかからも急接近してきたことに戸惑いを隠せないせとかは、何とか彼のアタックを避けようとします。

実の兄と妹ではないということを知っているのははるかだけ。せとかにとっては兄との恋愛など考えられませんでしたが…。

果たして、せとかが本当に好きな人は一体…?

はるかとの兄妹の関係は一体どうなってしまうのでしょうか?!

映画『兄に愛されすぎて困ってます』公開はいつから?

映画『兄に愛されすぎて困ってます』の劇場公開は、2017年6月30日(金)より開始することがすでに決定しています。

前売券の発売はすでに始まっており、各劇場窓口の他にも「major」(https://www.major-j.com/cinema_group.php?id=M20170325008)でもオンライン購入が可能です。

ムビチケカードをお買い求めの場合、抽選で完成披露試写会や初日舞台挨拶バックステージツアーなどのプレミアムイベントが当たるようですので、気になる方は早めのご購入をおススメします。(※ムビチケオンライン券は対象外となりますので、ご注意ください)

公開劇場数については、全国的にかなりの規模となっていますので、詳細は映画公式HPの劇場情報(http://anikoma-movie.jp/theaters/)をご確認ください。

最近は『ひるなかの流星』や公開中の『PとJK』、『ReLIFE リライフ』などのキュンキュンするようなラブストーリーが非常に多く、供給過多気味感は否めない所ではありますが、若い女性を中心にこの流れが好まれている証拠でもあるんですよね。

本作『兄に愛されすぎて困ってます』は、夜神里奈さんの同名マンガを原作としており、こちらも人気がある上、4月13日からはドラマ版(日本テレビ)も開始され、プロモーションはバッチリといった感じですので、それが興行収入にも反映されそうです。

ドラマと一体どう連動するのかまでは不明ですが、そのことで公開期間に関してもある程度の伸びが期待出来るかもしれませんので、割と長期間の公開が予想されますね!

映画『兄に愛されすぎて困ってます』試写会はある?

映画『兄に愛されすぎて困ってます』の完成披露試写会(舞台挨拶あり)は、2017年5月24日(水)に新宿ピカデリーで予定されております。

試写会情報

開演日時:5月24日(水)夕刻
上映場所:新宿ピカデリー(舞台挨拶あり)

① J Movie Magazine vol.22
  招待者数:5組10名様
  応募方法:メール
  締め切り:4月25日

② シネマスクエア vol.91
  招待者数:5組10名様
  応募方法:綴じ込みハガキ
  締め切り:5月10日

③ プラスアクト 5月号
  招待者数:5組10名様
  応募方法:綴じ込みハガキ
  締め切り:5月11日

④ SODA 5月号
  招待者数:5組10名様
  応募方法:官製ハガキ(※応募券の貼付必要)
  締め切り:5月12日

⑤ シネマ☆シネマ スペシャル 2017年春号
  招待者数:10組20名様
  応募方法:官製ハガキ(※応募券の貼付必要)
  締め切り:5月15日

この他には、上述したムビチケカードを購入された方の中から抽選で50組100名様に完成披露試写会への招待券が当たります。

このキャンペーンは第1弾と第2弾で特典の内容が変わっており、概要は以下の通りです。

第1弾

特典:プレミア完成披露試写会に抽選で50組100名様をご招待
応募期間:3月25日(土)~5月1日(月)まで

第2弾

特典:メインキャスト5名と会える!初日舞台挨拶バックステージツアーに5組10名様をご招待!
※メインキャスト(予定):土屋太鳳、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、千葉雄大、草川拓弥(超特急)、杉野遥亮(予告なく変更の可能性あり)
応募期間:3月25日(土)~6月20日(火)まで

その他詳細に関しましては、映画『兄に愛されすぎて困ってます』の最新情報(http://anikoma-movie.jp/news/2017/03/24/movieticket/)をご確認ください。

まとめ

すでに大人気を誇っている夜神里奈さんの原作マンガに加え、裏エピソードを描いたドラマ版(日本テレビ)の放送も開始された『兄に愛されすぎて困ってます』。

ここからあとの2か月間をどう映画へのプロモーションに力を注いでいくかがカギになりそうなので、土屋太鳳さんらメインキャストもバラエティ番組などに(番宣で)見れる日も増えてくることは間違いないでしょう。

注目の劇場公開は、2017年6月30日(金)よりスタートです!ぜひ劇場でキュンキュンする乙女のラブコメディをご堪能ください!

関連記事

ラブストーリー映画

映画『愛がなんだ』あらすじネタバレと感想。ラブストーリーの旗手・今泉力哉監督を知っていますか?

一途なアラサー女子の片思いを描いた映画『愛がなんだ』。 2019年4月19日(金)より、テアトル新宿ほかにて全国公開! 角田光代の同題小説の映画化。平凡なOLの究極の片想いを描いた小説を恋愛映画の若き …

ラブストーリー映画

『きみに読む物語』あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価解説。恋愛映画おすすめの感動作をライアン・ゴズリングで描く

ニコラス・スパークスのベストセラーを映画化した恋愛映画『きみに読む物語』 映画『きみに読む物語』は、1940年代に出会った男女と現代で年老いた二人の過去と現代を交差するように描いた恋愛物語です。 舞台 …

ラブストーリー映画

映画『パーム・スプリングス』あらすじ感想と評価レビュー解説。タイムループで“同じ時間を繰り返す”恋人たちを描いたラブコメディ

映画『パーム・スプリングス』は2021年4月9日(金)より新宿ピカデリー他全国公開。 カリフォルニア州にある砂漠のリゾート地パーム・スプリングスを舞台に、同じ日を繰り返すことになってしまった男女をコミ …

ラブストーリー映画

映画『ライアー×ライアー』ネタバレあらすじと感想評価。結末ラストで漫画タイトルの意味が判明する禁断のラブストーリー

映画『ライアー×ライアー』は2021年2月19日より公開。 ウソから始まる不思議なラブストーリーとして、多くの女性読者の心を掴んだ、金田一蓮十郎によるコミック『ライアー×ライアー』。 クールでイケメン …

ラブストーリー映画

映画『花束みたいな恋をした』ネタバレあらすじと結末の内容解説。最後までキャスト菅田将暉×有村架純が共感させるラブストーリー

映画『花束みたいな恋をした』は、2021年1月29日(金)よりロードショー。 『東京ラブストーリー』『最高の離婚』『カルテット』など数々のヒットドラマを手がけてきた脚本家、坂元裕二。 坂元裕二のオリジ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学