Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2021/10/12
Update

映画『ラ・ブーム』ネタバレあらすじ感想とラスト内容の考察。13歳のソフィー・マルソー代表作はボンドガールとなる以前の愛らしさが光る

  • Writer :
  • からさわゆみこ

恋に恋する13歳の危うい恋愛事情“ラ・ブーム”とは?

1980年代のパリが舞台の青春ラブストーリー『ラ・ブーム』をご紹介します。

長い夏休みが終わり、9月のパリでは新学期を迎えます。13歳のヴィックはパリに越して来たばかりの新入生。期待と不安に胸をふくらませていました。

ヴィックは初めてのサプライズパーティ(ブーム)で、マチューと出会い恋に落ちますが、父親の浮気が原因で両親が別居し、家族の絆にも大きな変化が起きます……。

クロード・ピノトー監督の『ラ・ブーム』は、本国フランスで動員450万人の大ヒットとなり、ヨーロッパ各国や日本をはじめとする、アジアでもヒットします。

1982年には続編『ラ・ブーム2』も制作された、80年代を代表するティーンエイジャー向け恋愛映画です。

スポンサーリンク

映画『ラ・ブーム』の作品情報

(C) 1980 Gaumont – Dassault Multimedia

【公開】
1980年(フランス映画)

【監督】
クロード・ピノトー

【脚本】
クロード・ピノトー、ダニエル・トンプソン

【原題】
La Boum

【キャスト】
クロード・ブラッスール、ブリジット・フォッセー、ソフィー・マルソー、ドゥニーズ・グレイ、アレクサンドル・スターリング、ベルナール・ジラルドー、シェイラ・オコナー

【作品概要】
リチャード・サンダーソンが歌う主題歌「愛のファンタジー」は、空前の大ヒットとなり若いラブストーリーに彩を添えました。

恋に恋する主人公のヴィック役には、オーディションで1700人の中から抜擢された、当時13歳のソフィー・マルソーです。

その愛らしさはフランスのみならず、日本のティーンエイジャーからも大人気となり、「007」シリーズ「ワールド・イズ・ノット・イナフ」(2000)では、ボンドガールも演じフランスを代表する女優となります。

父フランソワを演じるのは『はなればなれに』(1964)、『ムッシュ・アンリと私の秘密』(2018)のクロード・ブラッスール、母フランソワーズには『禁じられた遊び』(1953)のブリジット・フォッセーが務めます。

映画『ラ・ブーム』のあらすじとネタバレ

(C) 1980 Gaumont – Dassault Multimedia

9月の新学期、13歳のヴィックはパリに引越す途中、遅刻ギリギリで新しい学校に到着します。

学校では同じく越して来たばかりのペネロプと同じクラスになり、新入生同士すぐに仲良くなりました。

ペネロプは低学年の妹がいて、両親は離婚しています。ヴィックに「デート(ファーストキス)の経験は?」と聞き、自分はイギリス人の男の子経験済みだと、おませな一面があります。

引越しの荷解きをするヴィックの父フランソワは歯科医で、母フランソワーズは漫画家です。かたずけをフランソワーズに押し付けて、フランソワは仕事に出てしまいます。

授業が終わったヴィックのところに、曾祖母のプペットが迎えに来ました。プペットは現役のハープ奏者で、スタジオに連れて行ってくれます。そして、夕食は彼女の行きつけ“ラ・クーポール”で、ひ孫との再会を喜びます。

プペットはおしゃれでアクティブなおばあちゃんです。著名人との交流が広く、付き合う相手の血統をとても気にします。

ヴィックは仲の良い両親の元でバレエを習い、優しい曾祖母に見守られ、恵まれた環境で学校生活を送っていました。

学校の友達の間では“ブーム”と呼ばれる、子供主催のホームパーティーが流行していて、ダンスを踊ったりする社交場として、出会いのチャンスになっていました。

そして、終末に開催されるブームに男の子から誘われるのが、一種のステータスでもありました。ヴィックとペネロプはクラスの気になる男子から、ブームに誘われ有頂天になります。

ブームに行くためには、親の承諾が必要で着て行く服にも悩みます。ヴィックはフランソワーズに相談をしたいのですが、彼女は漫画の売り込みで忙しく構ってもらえません。

一方、歯科医のフランソワも開業したばかりで忙しくしていました。そんなある日、かつて彼が付き合っていた愛人のヴァネッサが治療に来ます。

フランソワは引越しを機に、黙って手を切るつもりでいましたが、プライドの高いヴァネッサはあらゆる手段で居場所をつきとめ、彼女から“ふる”きっかけを作るよう要求します。

ヴィックはブームのことで友達と長電話をします。そこに帰宅したフランソワとフランソワーズに、ヴィックはブームに行ってもよいか交渉します。

友達の名前や連絡先、前もって親に電話しなくてもいいのか・・・・・・と、ヴィックを質問攻めにすると、子供扱いしないでと反論します。

そして、仕事にかこつけて食事や勉強の面倒も見てくれず、無視するようなことばかりして、娘の幸せには無関心だと抗議しました。

そんなヴィックの良き相談相手はプペットです。プペットはヴィックに負けを認めず、バレるような嘘はつかずに“口からでまかせ”を使いながら、タイミングをみて話すことが肝心で、静かでくつろいでいる時がチャンスだとアドバイスします。

ヴィックは母が漫画を描いている時に、くつろぎタイムを作ろうと、あれこれ気を回しますが、察したフランソワーズは着ていく服は貸してあげると、ブームの参加を許してあげました。

当日の晩、両親が車でブーム会場の家に連れて行きますが、“親づれ”が知れると恥ずかしいと、友達に見られないよう離れた場所で降りたりしながら、ヴィック念願の初ブームは叶いました。

以下、『ラ・ブーム』ネタバレ・結末の記載がございます。『ラ・ブーム』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C) 1980 Gaumont – Dassault Multimedia

ペネロプのお目当ては主催者のラウルですが、彼は彼女が好みではありません。ヴィックはラウルの親友ジャン=ピエールに気がありますが、彼はヘッドフォンでロックを聴きながらダンスに夢中です。

念願のブームでしたが、ヴィックにとっては期待はずれで、帰りたくなってしまい、迎えに来てほしいと電話をします。

ところがヴィックを見たマチューという男子が、彼女にに一目惚れし、背後からヴィックの耳にヘッドフォンを付けます。

そこから流れるロマンティックなメロディーは、マチューに気のなかったヴィックの心に火を点け、またたくまに恋に落ちます。

そして、2人は恋人同士のようにチークダンスを踊り、ヴィックは時間のたつのも忘れブームを楽しみました。

休暇に家族で祖父の誕生祝いへ行く日、フランソワはヴァネッサと密会する日と重なってしまいます。彼は部下にアリバイの協力者にし、時間をづらして合流しようとします。

しかし、性悪なヴァネッサはフランソワを帰らせないよう、フランソワーズのいる祖父の家にまで電話をし、自動車事故で足を骨折したと嘘をつきます。

すっかり恋に落ちているヴィックは、マチューの時間割を調べ待ち伏せしたり、すっかり夢中になっています。2人とも気のないふりをしますが、やっとマチューはヴィックをデートに誘います。

ヴィックはプペットにマチューと水曜日に、SF映画を観ることになったと話します。プペットが興味津々で聞くと、ヴィックは彼をハンサムで勉強もでき、将来は“ホテルマン”志望だと教えます。

しかし、ヴィックはマチューに夢中になりすぎて、勉強がおろそかになっていました。ドイツ語の授業も面談が近いから、ちょっとだけ勉強したようだと、教師のレマンから指摘されます。

その日はヴィック達の女子グループと、マチュー達の男子グループで映画を観るデートの日です。ついにヴィックはマチューとファーストキスをしました。

ある日、マチューのバイクで送ってもらったヴィックは、フランソワーズの乗ったタクシーと事故を起こしそうになり、マチューの印象は悪くなります。

そして、ドイツ語のレマンとの面談で、教科書やノートの忘れ物が多く、仮病を使ったり母親が病気と言ったり・・・・・・可愛らしく陽気だが、勉強はやる気がないと指導されます。

また、彼女はフランソワの骨折が嘘と知らず献身的に尽くします。彼はだんだん妻を騙し続けることに嫌気がさし、全てを彼女に話してしまいました。

夫に裏切られたフランソワーズは、ヴァネッサの店をめちゃくちゃに壊し、フランソワには別居すると言い渡します。

ヴィックは両親の危機も知らず、スキーのツアーへ参加していました。ヴィックが帰るとフランソワーズはさっそく別居のことを話します。

ところがヴィックはあまり深刻にとらえていません。それよりもマチューのことで頭がいっぱいでした。

(C) 1980 Gaumont – Dassault Multimedia

ある日、フランソワーズは街で偶然レマンと会い、誘われると帰宅が遅くなります。すると家にはヴィックがおらず、心配しフランソワに連絡します。

留守番をしていたヴィックはペネロプから、ローラーディスコでマチューと別の女の子がイイ感じになっていると電話をもらい、浮気を心配した彼女はローラーディスコに行ってしまったからです。

フランソワはペネロプの家に電話をして、居場所をつかむとローラーディスコまで押しかけます。ヴィックは父が来たことを隠しながら、とっさにキスするふりをして、マチューにやきもちを焼かせようとします。

その晩、ヴィックは悔しさと悲しさで泣きますが、フランソワはこの件を理由にフランソワーズと寄りを戻そうとします。ところが彼女の気持ちは頑なでした。

別の日、フランソワは夕食に誘い行きますが、フランソワーズは留守でした。彼はヴィックを思い出のレストランに連れて行き、そこでヴィックが授かったことを知らされたと話します。

父と娘は思い人のことで、辛い気持ちを抱えていると語り合い帰宅しますが、フランソワーズはヴィックが寝ても帰ってきません。

フランソワは諦めて帰ろうとしますが、フランソワーズがレマンに送られて帰宅し、彼といい雰囲気でいるのを見てしまいました。

フランソワはレマンの車を追っていると、レマンは暴漢者に襲われます。フランソワは彼を助けますが、レマンを殴って「女房に手を出すな」と言い捨てます。

更に学校の前でヴィックを待つフランソワをみつけたマチューが、ローラーディスコでのできごとを罵倒し、殴り合いになります。そこに止めに入ったレマンが、学校の教師だったことも知ってしまいます。

プペットと休暇旅行いくヴィックは、マチューからもらった笛への気持ちを熱く語ります。そして、ホテルマンの研修を兼ねた休暇で、カブールに行っていると話します。

プペットは休暇先をカブールに変更し、連れて行ってくれました。プペットはヴィックに恋の手ほどきをしますが、彼女は無視をして“過剰なウソ”をつきマチューの気持ちを試そうとします。

2人はカブールでデートをしますが、マチューの都合を無視し、強引に予定を変えさせようとするヴィックと喧嘩になり、彼女を1人にしてしまいます。

翌朝、マチューは不安を抱えながらも、ルームサービスをプペットの部屋に運んだところで、ヴィックと対面し微妙な雰囲気になってしまいます。

フランソワーズはフランソワの子供を妊娠し、それを漫画にして知らせますが、レマンとの仲を疑っているフランソワは、“3人で食事”をしようとメッセージを残します。

フランソワはラマンと3人で話し合うつもりで、食事に誘い“赤ん坊にパパが2人いてもいい”と言ってしまい、フランソワーズは傷ついてしまいます。

そして、その夜フランソワーズはレマンと一線を越えてしまい、彼とスペイン旅行に行くと約束をしてしまいました。

しかも、フランソワはヴィックの誕生日を祝うブームを企画していることも忘れ、自宅に診察器具を自宅に持ち込んでしまいます。

そこへ胎児のエコー写真を持ったプペットが現れ、フランソワにこの子がフランソワーズを呼び戻す、最後のチャンスだと助言し、彼は仲直りするための旅行を企画します。

ヴィックの14歳の誕生日ブームは、プペットの自宅で開催することになり、ヴィックは旅行に出かける母に、赤ちゃんが生まれるまではいろいろ我慢すると告げて見送ります。

フランソワはフランソワーズを待ち伏せして、旅行に行くついでに空港まで送ると言い、彼女を見送ります。彼女は搭乗口までくると突然、行くことをやめて帰る決心をします。

その途中、ヴィックの妊娠を知らせたレストランで、1人寂しく食事をするフランソワをみつけ、彼女は店に入り2人はなんとか仲を繋ぎとめることができました。

一方、微妙な感じになってからマチューと会っていないヴィックは、彼が来てくれるのを待っていました。マチューは少し遅れて来てくれました。

ヴィックは夢見心地でマチューとダンスをはじめますが、そこに青い目をしたイケメン男子が現れ、ヴィックの目は彼に釘づけになってしまいます。

マチューが他の友人と離れた隙に、青い目の男の子はヴィックをダンスに誘います。ヴィックの心はすっかり新しい恋にときめいてしまいます。

スポンサーリンク

映画『ラ・ブーム』の感想と評価

(C) 1980 Gaumont – Dassault Multimedia

日本のことわざに「男心(女心)と秋の空」というのがありますが、映画『ラ・ブーム』は移ろいやすい恋のときめきを、思春期の少年少女の恋愛だけではなく、大人達の恋愛事情もシニカルに描いた映画でした。

フランスの婚姻事情や恋愛に関する価値観には、“自由”というイメージがあり、考え方も早熟なのかと思いましたが、本作の公開から40年を経た日本の恋愛観も欧米に近づいたように感じます。

例えば当時、10代だった人がこの映画を観ていたら、10代の子供が主催するダンスパーティーに、親が協力的なんて考えられないです。

また、両親が離婚していて、母子(父子)家庭であることをオープンにできる感覚に驚いた人も多いでしょう。

それが今の日本でも珍しいことではなくなっていますし、子供のイベントを親が一緒に盛り上げ、楽しむのも普通になってきたからです。

また、日本のことわざに「子は鎹(かすがい)」とありますが、本作のフランソワとフランソワーズの夫婦も子供への愛情から、壊れかけた夫婦仲もつなぎとめることができました。

そして、フランスは“個人の人生を重んじる”国でもあります。しかし、子供をほったらかしにして、仕事を優先するフランソワーズに、不満をぶつけるヴィックの気持ちはよく理解できます。

娘に過干渉になってしまう理由は、フランスで女の子は“プリンセス”扱いで育てられるともいわれ、劇中の女の子達は男の子にちやほやされればされるほど、女の子であることへの価値を高めます

恋に恋し思い通りにならない恋愛よりも、より自分にふさわしい相手へと気持ちを移していく……。そんな“恋愛大国フランス”ならではの恋愛観が、ティーンエイジャーの頃から具わっているのだと感じさせました。

曾祖母のプペットがヴィックに伝授した恋愛の極意、3カ条が印象的でした。①負けを認めないこと。告白もしない。②バレるような嘘はつかない。③新たな試みとして「口から出まかせ」をいう

フランソワの浮気相手もフランソワーズ、ヴィックそして、プペットも負けを認めない女性で、告白もしないプリンセスとしての気高さがありました。

そして、わざわざバレるような嘘をついてしまう激情もあり、出まかせを言う愛嬌で許されるのが、“フランス女性”というイメージが湧いてきます。

今、日本人の13歳が『ラ・ブーム』を観たらどんな感想を抱くだろうか? 純粋に知りたい気持ちになります。案外、欧米の“プラム”や“ブーム”のような、子供主催のダンスパーティーに憧れを持つ子は少ないかもしれません。

なぜなら日本が発祥の“カラオケ”で親の了承の下、パーティーを子供たちが主催しており、親もそれを見守っているからです。

その親は当時のティーンエイジャーです。影響だけが思考に生き続け、無意識に子供に対してお友達感覚であったり、寛容な気持ちが芽生えたのだと思えてなりません。

まとめ

(C) 1980 Gaumont – Dassault Multimedia

1980年に主人公と同世代だった日本人にとって、ソフィー・マルソーの大人びた感覚や可愛らしさは、男の子だけにとどまらず女の子のファンも多く生みだしました。

また、13~14歳といえば中学生ですから、フランスのティーンエイジャーのライフスタイルは、日本の大人からは容認されにくく、少年少女の憧れは大きかったでしょう。

しかし、日本でもライフスタイルや恋愛観など、だいぶ欧米化されてはいるので、今は別段カルチャーショックをうけることもないですね。

逆に価値観が進化しすぎて、恋愛の必要性が求められていないような、寂しさすら感じることもあります。

『ラ・ブーム』の“面倒くさい恋愛”が、現代の若者に新鮮味を与えてくれるのでは……と期待させます。そして、当時同世代だったオーバー50の男女には、忘れかけたときめきを思い出させてくれる作品でしょう。

関連記事

ラブストーリー映画

『エンジェル、見えない恋人』あらすじ感想とレビュー解説。恋愛映画が挑んだ斬新な作風とは

映画『エンジェル、見えない恋人』は、10月13日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。 『神様メール』や『トト・ザ・ヒーロー』で知られるジャコ・ヴァン・ドルマル。 本 …

ラブストーリー映画

映画『ジオラマボーイ・パノラマガール』ネタバレあらすじと感想評価。山田杏奈と鈴木仁で青春漫画実写化を瀬田なつき監督が描く

『ジオラマボーイ・パノラマガール』は2020年11月06日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国公開! 1980~90年代に若者たちのリアルな恋や友情を描くマンガを数多く生み出し、今でも熱狂的な指示を受 …

ラブストーリー映画

樹木希林映画『命みじかし、恋せよ乙女』あらすじネタバレと感想。名女優最後の出演作となった男女と幽玄の物語

映画『命みじかし、恋せよ乙女』は2019年8月16日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国順次公開! 2019年秋に惜しまれつつもこの世を去った名女優・樹木希林最後の出演作。 それが、映画『命 …

ラブストーリー映画

映画『エマ、愛の罠』ネタバレ感想と考察評価。マリアーナ・ディ・ジローラモ(チリ女優)が演じる美しく情熱的な愛情

美しく情熱的なエマに誰もが魅了されてしまう。そんなエマが仕掛ける“愛の罠” 一人の奔放な女性の愛を描く『エマ、愛の罠』は10月2日から新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、ヒューマントラスト …

ラブストーリー映画

映画『パドマーワト女神の誕生』ネタバレ感想と評価解説。インド史上最大規模で伝説の王妃が描かれる

インドで敬愛され続ける伝説の王妃パドマーワティの物語が完全映画化! インド映画史上最大の規模で描かれる圧巻の映像絵巻。 演技、演出、美術、音楽、すべてが美しく気高い一大叙事詩が完成しました。 映画『パ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学