Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2020/06/14
Update

映画『15年後のラブソング』ネタバレ考察と評価感想。人生のパートナー選びを間違った“男女が見つけた時間”

  • Writer :
  • 西川ちょり

20年を失い、15年を無駄にすごした。

映画『15年後のラブソング』が2020年6月12日(金)より、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国公開されています。

『ハイ・フィデリティ』(2000)や『アバウト・ア・ボーイ』(2002)の原作、『17歳の肖像』(2009)の脚本などで知られるイギリスの人気作家ニック・ホーンビィの同名小説を映画化。

主演にローズ・バーン、イーサン・ホークを迎え、『我が家のおバカで愛しいアニキ』(2011)のジェシー・ブレッツが監督を務めました。

新しい人生に一歩を踏み出す、悩める大人たちへのラブソングです。

スポンサーリンク

映画『15年後のラブソング』の作品情報


(C)2018 LAMF JN, Ltd. All rights reserved.

【日本公開】
2020年(アメリカ・イギリス合作映画)

【原題】
Juliet, Naked

【原作】
ニック・ホーンビィ

【監督】
ジェシー・ペレッツ

【キャスト】
ローズ・バーン、イーサン・ホーク、クリス・オダウド、アジー・ロバートソン、アユーラ・スマート、リリー・ブレイジャー、フィル・ディヴィス、デニーズ・ゴフ、リリー・ニューマーク

【作品概要】
イギリスを代表する人気作家ニック・ホーンビィの同名小説を実写映画化。

イギリスの港町サンドクリフに住む女性アニーには伝説のロックアーティスト、タッカー・クロウの熱烈なファンであるダンカンというパートナーがいます。何事にもタッカー・クロウを優先させるダンカンに愛想をつかしたアニーのもとに、タッカー・クロウからメールが届き…。

製作者にはジャド・アパトーが名を連ね、ジェシー・ペレッツが監督に指名されました。

映画『15年後のラブソング』あらすじとネタバレ


(C)2018 LAMF JN, Ltd. All rights reserved.

イギリスの港町サンドクリフ。亡くなった父のあとを継ぎ、博物館で働く30代後半の女性アニーには、長年一緒に暮らす恋人ダンカンがいます。

地元の大学で客員教授をしているダンカンは、90年代に一枚のアルバムだけを残し表舞台からこつ然と姿を消した伝説のロックスター、タッカー・クロウに夢中です。のめり込むあまり、アニーのことは二の次。アニーは子どもが欲しいと思っていますが、ダンカンは子供のいない気ままな暮しを望んでいました。

タッカー・クロウが残したアルバム「ジュリエット」は、人気モデル・ジュリーとの破局から生まれたアルバムなのだそうです。ダンカンはファンサイトを立ち上げ、世界中にちらばるタッカー・クロウファンと語らう毎日。

ある日、そのファンの一人からダンカンあてに送られてきた封筒をアニーは開けてしまいます。入っていたのは、「ジュリエット」のデモテープでした。アニーはふとした気まぐれでそのデモテープを聞き始めますが、そこにダンカンが帰ってきます。

自分よりも先にデモテープを聴いたことに腹をたてたダンカンは、さらにアニーが曲を評価していないと知り、激怒。「これを理解しない君とは一緒にいたくない」と自室にこもります。

ところが翌朝はそんなことを忘れたようにけろっと起きてきて、サイトに上げたデモテープにたくさんのコメントが寄せられているとアニーに嬉しそうに報告します。

アニーはスマホからサイトに酷評コメントを入れ、それを知ったダンカンはまた怒り出します。

そんなアニーのもとに一通のメールが届きました。「君の評価が正しい。ファンサイトの連中はイカれている。」メールを送ってきたのはタッカー・クロウ自身でした。アニーが返信したことで、奇妙なメールのやり取りが始まりました。

タッカーはアメリカ・ニュージャージー州の田舎町で5歳の息子、ジャクソンと2人で、元妻(ジャクソンの母親)の家の敷地のガレージを間借りし、暮らしているそうです。

何度も離婚を繰り返し、母親の違う子どもが5人いて、そのうちのひとりでロンドンに住む娘リジーが近々出産を予定しているといいます。

「20年を無駄にした」というタッカーの言葉に、アニーも「15年を無駄にしてきた」と返信しました。

ダンカンの態度は益々悪くなり、ついには新しく赴任してきた同僚の女性・ジーナのほうがタッカー・クロウの曲に理解があると浮気し始めました。堪忍袋の緒が切れたアニーはタッカーを家から追い出します。

そんな矢先、タッカーから連絡が入りました。リジーの出産に立ち会うためにロンドンに行くからロンドンで会わないかというものです。

「テートモダンで5時に会いましょう」と約束していそいそと出かけて行ったアニーですが、待てども待てども彼は現れません。

実は彼は娘が入院する病院に着いた途端、心臓発作で倒れて即入院していたのです。電話を受けて見舞いにやってきたアニーでしたが、病室は、無事に出産を終えたリジーから連絡を受けてやってきた彼の元妻や子どもたちでいっぱいでした。

「グレイスにも連絡しようか?」というリジーをとめるタッカー。複雑な彼の家族関係を目の当たりにしたアニーはそっと病院を後にしました。

しばらくして退院したタッカーから電話がかかって来ました。「明日会わないか?」彼はアニーに会いにジャクソンを連れてサンドクリフまでやって来ました。

海岸でジャクソンを遊ばせるタッカーとアニー。そこへダンカンがやって来ました。アニーがタッカー・クロウだと紹介してもダンカンは信じず、バカにされたと怒って帰っていきました。

その夜、アニーはタッカーと食事をとりながら、グレイスと何があったのかと尋ねました。最後になったピットクラブでのライブで、第一セットが終わった時、トイレに行ったんだとタッカーは話し出しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『15年後のラブソング』ネタバレ・結末の記載がございます。『15年後のラブソング』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

「その時、別れたワイフが入ってきた。ジュリーだ。妊娠していたことを知らなかった。彼女は女の子を見せて、見たくないの?と聞いた」

赤ん坊を押し付けるとジュリーは消えていたそうです。その赤ん坊がグレイスでした。「グレイスを置いて外に出た。それからはどの曲も歌えなくなった」

その後、タッカーはグレイスに電話を入れました。リジーが君をみつけたと。でもグレイスは「成功を祈るわ。巻き込まないで」と応えただけでした。

博物館の特別展「1964年の夏」がスタートしました。はりきった市長がタッカーをステージに呼び、タッカーはピアノを弾きながらザ・キンクスの「Waterloo Sunset」を歌いました。

その夜、アニーとタッカーは結ばれますが、ジャクソンが家に帰りたがったので、アニーは車でロンドンのリジーの家まで2人を送りました。

リジーは赤ん坊を抱いて出てきましたが、夫が家を出ていってしまったようです。「ミュージシャンはみんないい加減なやつばっかり」とリジーは怒りを顕にしました。

サンドクリフに戻ったアニーは、ダンカンから復縁を申し込まれ、子どもも作ろうとも言われますが、きっぱりと断りました。

一年後。アニーは子どもを産もうと決心していました。その時が来たらと準備も万端です。

タッカーとはメールのやり取りが続いていました。

タッカーは25年ぶりに新作を出し、業界の話題となっていました。ダンカンは新作を酷評し、「愛をみつけた」だなんて、タッカーには合わないとサイトに辛口の批評を書き込んでいました。

スポンサーリンク

映画『15年後のラブソング』の感想と評価


(C)2018 LAMF JN, Ltd. All rights reserved.

ニック・ホーンビィの小説の映画化作品です。ニック・ホーンビィといえば、『ぼくのプレミアライフ フィーバーピッチ』(1997)や、『ハイ・フィデリティ』(2000)のように、サッカーや音楽といった好きなものにどっぷりとはまったオタク気質の男性を描いた作品や『アバウト・ア・ボーイ』(2002)のように大人になりきれない男性を描いた作品がすぐに思い出されます。

本作もまた、伝説のロッカーにはまり、ファン活動を続けているダンカンという男性が登場します。

ダンカンを演じているのは、クリス・オダウド。『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』(2011)の警察官や『天下無敵のジェシカ・ジェームズ』(2017)のバツイチのアプリ開発業の男など、心優しい男を演じてきた彼が、今回はなんとも嫌な奴を演じています。好きなものがあって、それに夢中になるのは幸せなことですが、あまりにものめり込み過ぎて、パートナーをないがしろにしているのはいがかなものでしょうか。

同じ様に共鳴してくれないからと怒り出すような男をジェシー・ペレッツ監督はいささか誇張を加えながらユーモラスに描いています。

ですが、本作の主人公は彼ではなく、その長年のパートナーであるアニーの方です。

アニーを演じているローズ・バーンは『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』では、「花嫁の親友」という立場をかけて主人公と激しいバトルを繰り返していましたが、本作では、感情をあまり表に出さず、どちらかといえば「やれやれ」と静かにため息をついているような女性を演じています。

ニック・ホーンビィは、ロネ・シェルフィグ監督の『17歳の肖像』(2009)や、ジャン=マルク・ヴァレ監督の『わたしに会うまでの1600キロ』(2014)、ジョン・クローリー監督の『ブルックリン』(2015)の脚本でも知られており、それらは全て困難な中で成長していく女性を主人公にしています。

本作はニック・ホーンビィの作品を特徴づける、駄目男系の要素と人生に立ち向かう女性系の要素を同時に味わうことができる作品といっても良いでしょうか。

そんな彼女が、自身のパートナーの崇拝者である元ミュージシャンと知り合い、なんとなくメールによる文通が始まっていきます。ミュージシャンを演じているのはイーサン・ホークです。

2人の関係がどうなっていくのかというラブロマンス的な面白さもさることながら、興味深いのは2人を結びつけるのが、「ある一定の期間を無駄に過ごしてしまった」という共通の想いであることです。

ある程度年齢を重ねてきた人なら、多かれ少なかれ、そういう気持ちがあるものではないでしょうか。「20年を無駄にした」、「15年を無駄にした」というと、若い方は、そんなに何年も?と驚かれるかもしれませんが、人生なんてある程度年齢を重ねると長い間同じ調子であっという間に通り過ぎていってしまうものなのです。

20年間、音楽活動を行わなかった後悔間違ったパートナーと15年も過ごしてしまった後悔を持ちながら、それでもまだここから始めてもいいのではないかと不器用ながらも踏み出す2人のそれぞれの姿は、心地よい余韻を残します。

まとめ


(C)2018 LAMF JN, Ltd. All rights reserved.

若かりし頃のイーサン・ホークは眉間に鋭いシワの入った神経質そうな人物を演じていたものですが、最近は軽いコメディタッチの作品から重々しい作品まで幅広い活躍をみせています。俳優としての充実ぶりが感じられます

2015年の作品『ブルーに生まれついて』では、トランペットを半年間猛特訓し、ジャズトランペット奏者・チェット・ベイカーを演じました。「マイ・ファニー・バレンタイン」など、歌声も披露しています。

『15年後のラブソング』では、劇中にかかるいくつかの楽曲でロックアーティスト、タッカー・クロウとして歌声を披露している他、ピアノを弾きながら、ザ・キンクスの楽曲を歌うシーンもあり、多才ぶりを遺憾なく発揮しています。

監督は、ポール・ラッド主演の『我が家のおバカで愛しいアニキ』(2011)のジェシー・ブレッツが務め、人生につまずいた不器用な大人たちをユーモラスに綴っています

関連記事

ラブストーリー映画

実写映画『覆面系ノイズ』あらすじとキャスト!中条あやみ演技評価も

福山リョウコ原作の累計100万部突破の人気気No.1恋愛コミックを実写映画化! 『覆面系ノイズ』は主演のニノ役を中条あやみが演じ、三木康一郎監督の演出で制作され、11月25日(土)より、全国公開がロー …

ラブストーリー映画

映画『真っ赤な星』あらすじネタバレと感想。キャストの小松未来(陽役)が見せた強いまなざし

誰がこの心の空白を埋めてくれるの。 映画『溶ける』で高い評価を受け、史上最年少でカンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門に正式出品されるなど、国内外で注目を集める井樫彩監督の初長編作品です。 悲しみを抱 …

ラブストーリー映画

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』ネタバレ考察と内容評価。コミック実写版で描いた大倉忠義×成田凌共演の“男性同士の恋愛”

追い詰められて行き場を失ったネズミ君。 さぁ、本気の恋をしよう。 セクシャリティを超え、恋愛の喜びと切なさを描き出した、水城せとなの人気漫画『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』を、行定勲 …

ラブストーリー映画

(500)日のサマー|動画フルを無料視聴!字幕も吹き替え版も見られる

映画『(500)日のサマー』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます! ↓今すぐ『(500)日のサマー』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓ なお、当記事でご紹介している映画 …

ラブストーリー映画

映画『クラッシュ』感想評価と考察解説。クローネンバーグ監督の1996年問題作が4K無修正版で2021年にリバイバル公開

デヴィッド・クローネンバーグ監督の問題作が4K無修正版で2021年公開! 『ザ・フライ』(1986)、『裸のランチ』(1991)の鬼才、デヴィッド・クローネンバーグ監督が1996年に発表した『クラッシ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学