Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

浅野忠信映画『壊れた心』ネタバレ感想と評価解説レビュー。宗教的要素が散りばめられた贖罪と救いの物語

  • Writer :
  • 河合のび

ようこそ、愛と破滅の世界へ。

フィリピンのスラム街を舞台に、『岸辺の旅』『淵に立つ』の浅野忠信が扮する冷酷な殺し屋と、『闇のあとの光』のメキシコ人女優ナタリア・アセベドが演じる娼婦の逃避行を描いたクライム・ラブストーリー。

暴力に生きる罪人と、堕落に生きる娼婦。愛と破滅の先にあったのは救いのない結末と、あるはずの無いほんの僅か救いでした。

ノワール色に満ちた異色の恋愛映画『壊れた心』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『壊れた心』の作品情報


(C)Kamias Overground/Rapid Eye Movies

【日本公開】
2017年(フィリピン・ドイツ合作映画)

【原題】
PUSONG WAZAK:Isa Na Namang Kwento Ng Pag-ibig Sa Pagitan Ng Puta At Kriminal

【脚本・監督】
ケヴィン・デ・ラ・クルス

【撮影】
クリストファー・ドイル

【キャスト】
浅野忠信、ナタリア・アセベド、エレナ・カザン、アンドレ・プエルトラノ、ケヴィン・デ・ラ・クルス、ヴィム・ナデラ

【作品概要】
マフィアが宗教と暴力によって支配するフィリピン・マニラのスラム街を舞台に、冷酷な殺し屋と組織に飼われていた娼婦の逃避行を描く、ベルリン国際映画祭で上映され注目されたクルス監督の短編作品を原案に制作された作品。

監督と脚本には、“フィリピンのデジタル映画の父”にして、第3期黄金時代に突入したと言われるフィリピン映画界を先導する鬼才ケヴィン・デ・ラ・クルス監督。

撮影には香港映画の名匠ウォン・カーウァイ監督の『恋する惑星』(1994)『ブエノスアイレス』(1997)などの撮影を担当したことで知られ、“生ける伝説”と称されるオーストラリア出身のクリストファー・ドイル。

主演にはハリウッドから日本のインディペンデントまで幅広く活躍し、国内外でその名演が高く評価されている浅野忠信。

映画『壊れた心』のあらすじとネタバレ


(C)Kamias Overground/Rapid Eye Movies

マフィアのボスであり新興宗教の教祖でもあるゴッドファーザーが支配する、フィリピン・マニラのとあるスラム街。

殺し屋は愛人や友人、そして暴力とともに日常を過ごしていました。

しかし殺し屋の「仕事現場」に偶然出くわしたのを機に、愛人は彼を突き放してしまいました。

やがて、殺し屋は一人の娼婦と知り合います。彼女が喉にバロット(孵化直前のアヒルの有精卵を茹でたもの。フィリピンの名物料理)を詰まらせた客を助けたにも関わらず八つ当たりされ、その手当てを殺し屋がしてあげたのがきっかけでした。

パレードの日。呑んだくれていた殺し屋は、愛人と娼婦が二人で踊る姿を見つめていました。

その後、情事に耽る殺し屋と愛人。しかし愛人の顔は娼婦へと変わり、果てる殺し屋。彼の心は娼婦へと移りつつありました。

以下、『壊れた心』ネタバレ・結末の記載がございます。『壊れた心』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Kamias Overground/Rapid Eye Movies

ある日、聖女の衣を纏った娼婦はマフィア主催のパーティーで白人の客をとります。

ゴッドファーザーは新興宗教、そして娼婦たち女を利用してより強力な支配体制を作り出そうとしていました。

そして、殺し屋は娼婦がゴッドファーザーの「女」でもあることを知りました。

それでも惹かれ合う殺し屋と娼婦。やがて、二人はゴッドファーザーの元からの逃亡を決行しました。

すぐに追手は駆けつけ、二人を匿おうとした愛人は怒り狂うゴッドファーザーの手によって撃ち殺されてしまいました。

友人は彼女の死を嘆き悲しみます。

ジープニーに乗り、とうとう街から抜け出した殺し屋と娼婦はひと時の休息を味わいます。

教会へと赴いた二人は、各々に未来への希望を膨らませていきます。しかし殺し屋が目を離していた隙に、娼婦は始末されていました。

銃を片手に孤独な逃亡を再開する殺し屋。その中でも、殺し屋は娼婦のために小さな墓を作り、その死を悲しみました。

追手である友人との殺し合いの末、終に殺し屋は始末されます。

幻想的な風景の中、殺し屋と娼婦はともに歩んでゆきました。

スポンサーリンク

映画『壊れた心』の感想と評価


(C)Kamias Overground/Rapid Eye Movies

本作は具体的な台詞をはじめ、台本がほぼ存在しない中での役者たちの名演

そして名撮影監督クリストファー・ドイルによるスタイリッシュな映像。それだけでも驚きなのですが、この作品の魅力は決してそれだけではありません。

ストーリーの内容を端的に言ってしまえば、「罪を犯し続けてきた男が運命の女と出会ったことで自らの生活を省みて、そこからの脱却を試みようとするも悲劇的な結末を迎える物語」。

「ノワール物では」「ラブストーリーでは」という前書きをつけなくとも、非常にありふれた内容の物語だと勘違いしてしまいそうになりますが、映像の随所に散りばめられた宗教的イメージによって、そのありふれた物語の様相は変化してゆきます

フィリピンはキリスト教徒、特にローマ・カトリック教会の信徒が多い国で知られています。

国民の90%近くがキリスト教徒であり、これは東南アジアの国々の中では珍しいのだそうです。

その理由はかつてフィリピンがスペインの植民地であったことに由来します。

フィリピン出身であるクルス監督が制作した本作にも、キリスト教にまつわる宗教的イメージが見られます。

聖母子像の絵画、ローマ教皇のような装いをした白人の客、燃え盛る十字架とそれに括りつけられた人形と、挙げればキリがありません。

特に、冒頭のオープニング・クレジットで提示される登場人物名は注目する必要があります。

殺し屋は「CRIMINAL」。「罪人」を意味します。

娼婦は「WHORE」。そのまま「娼婦」を意味しますが、マグダラのマリアをはじめ聖書には度々娼婦が登場します。また「邪教に迷う」と訳されることも。

そして極めつけは「ゴッドファーザー(GOD FATHER)」。キリスト教の伝統的な教派において、洗礼式に立会い、神に対する契約の証人となる人間のことを意味し、日本語では「代父」とも訳されます。

フランシス・フォード・コッポラ監督の「ゴッドファーザー」シリーズでご存知の方もいらっしゃるのでしょう。

そう、一見ノワール色のラブストーリーのように見えますが、実際は宗教叙事詩めいた物語でもあるのです。

さらに、劇中で描かれる幻想の風景。殺し屋は馬のマスクを被っており、娼婦は悪魔のような翼を生やしています。

馬の頭を持つ人間は、馬小屋で生まれた逸話で知られる「神の子」イエス・キリストそのものであり、悪魔のような翼はそのまま人々に堕落をもたらす悪魔を表しています。

しかし、たとえ悪魔の翼を生やしていたとしても、殺し屋にとって娼婦は自らの生活を省みる機会を与えてくれた救いの聖母に変わりありません

聖女の衣を纏った娼婦の姿、そしてそれを脱いで淫らに客を誘惑する姿を敢えて映し出したのがその証明でしょう。

殺人を生業とするイエス・キリスト。悪魔の翼を生やし、男を堕落させる聖母

エンディングで映し出される数々の新聞記事にもある通り、フィリピン国内の決して「良い」とは言えない治安や犯罪事情を絡めながら、クルス監督は「キリスト教へのアンチテーゼ」という形で「贖罪にして救いの物語」を提示したのです。

それは「壊れた心」、本作のエンディング曲の歌詞になぞらえるなら「壊れた魂」のための物語なのです。

まとめ


(C)Kamias Overground/Rapid Eye Movies

この感想レビューでは、特にキリスト教を通しての宗教的イメージを重視して作品解説をしましたが、本作にはキリスト教の他にも様々な宗教に基づくイメージが描写されています

それらに気づき、新たな解釈へと辿り着いた時、『壊れた心』は新たな姿、もしかしたら貴方だけの姿を見せてくれるでしょう。

『壊れた心』、ぜひご鑑賞ください。

関連記事

ラブストーリー映画

覆面系ノイズ中条あやみ歌とギターは本人?実写映画ニノ役演技評価も

待望の映画化『覆面系ノイズ』は2017年11月25日(土)より全国公開がされます。 福山リョウコ原作の累計100万部突破の人気気No.1恋愛コミックを、主演のニノ役に中条あやみが演じ、三木康一郎監督の …

ラブストーリー映画

映画『タイタニック』ネタバレ感想。実話結末までのあらすじ【レオナルド・ディカプリオ代表作】

映画『タイタニック』は、1997年に公開されたジェームズ・キャメロン監督による作品で、現在も多くの方々から支持されている作品です。 1912年、英国のサウサンプトン港を出航したタイタニック号沈没事件を …

ラブストーリー映画

映画『ひるなかの流星』あらすじとキャスト一覧。【永野芽郁出演】

“はじめて人を好きになった瞬間、はじめての告白、はじめての失恋、そしてはじめての…” 究極の三角関係を描いた胸キュン度200%のラブストーリー『ひるなかの流星』をご紹介します。 スポンサーリンク CO …

ラブストーリー映画

ピーチガール試写会と舞台挨拶情報!キャストや主題歌紹介も

大ヒット少女漫画『ピーチガール』は累計発行部数1300万部を超え、2017年5月20日に全国公開される実写化の映画。 漫画家の上田美和の代表作で別冊フレンドに連載された漫画を女優の山本美月と「Hey! …

ラブストーリー映画

映画ワンデイ23年のラブストーリー | 動画をフル無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

映画『ワン・デイ 23年のラブ・ストーリー』は、デヴィッド・ニコルズ原作の小説「ワン・デイ」を、デヴィッド本人が脚本を手がけた作品です。 真面目な主人公エマと、プレイボーイで自由人のデクスターの23年 …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP