Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2021/11/08
Update

映画『日の名残り』ネタバレあらすじ考察と結末の感想評価。カズオ・イシグロ原作の“大人のラブストーリー”をジェームズ・アイボリー監督が描く

  • Writer :
  • 星野しげみ

カズオ・イシグロ原作の老執事の半生を映画化した『日の名残り』

イギリスの貴族に人生を捧げてきた老執事が自らの過去を回想するカズオ・イシグロのベストセラー小説『日の名残り』。

『眺めのいい部屋』(1985)『ハワーズエンド』(1992)のジェームズ・アイボリー監督が手掛け、『ハワーズ・エンド』に続いてアンソニー・ホプキンスとエマ・トンプソンが共演しています。

本作は、過去と現在との往復で、貴族の執事として仕事に没頭していた主人公と彼の元でスタッフとして働いていた女性との淡い恋心を描き出します。

お互いに惹かれあいながらも、口にできない恋愛を、みごとに表現した大人のラブストーリーをご紹介します。

スポンサーリンク

映画『日の名残り』の作品情報


(C)1993 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved

【公開】
1993年(アメリカ映画)

【原題】
The Remains of the Day

【原作】
カズオ・イシグロ

【脚本】
ルース・プラバー・ジャブバーラ

【監督】
ジェームズ・アイボリー

【製作】
マイク・ニコルズ ジョン・コーリー イスマイル・マーチャント

【キャスト】
アンソニー・ホプキンス、エマ・トンプソン、ジェームズ・フォックス、クリストファー・リーブ、ピーター・ボーン、ヒュー・グラント、マイケル・ロンズデール、ティム・ピゴット=スミス、パトリック・ゴッドフリー

【作品概要】
ブッカー賞を受賞したカズオ・イシグロの同名ベストセラーを、『サバイビング・ピカソ』(1997)『ハワーズエンド』(1992)ジェームズ・アイボリー監督が映画化。第66回アカデミー賞で作品賞を含む8部門にノミネートされた作品です。

勤務に忠実な執事と共に働いていた女性との恋愛模様が重厚なタッチで描かれた大人のラブストーリー。

感情を押し殺して仕事に従事する執事にアンソニー・ホプキンス、彼を憎からず思っているのに口に出来ない女性をエマ・トンプソンが演じています。

映画『日の名残り』あらすじとネタバレ


(C)1993 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved

第二次世界大戦が終わって数年が経った1956年。

イギリスの名門貴族ダーリントン卿の死後、親族の誰も彼の屋敷ダーリントンホールを受け継ごうとしなかったのを、アメリカ人の富豪ファラディ氏が買い取りました。

ダーリントン卿に仕えていた執事スティーブンスは、新しいご主人のもとでまたダーリントンホールで働けるようになりました。

しかし、ダーリントン卿亡き後、屋敷がファラディ氏に売り渡される際に熟練のスタッフたちが辞めていったので、深刻なスタッフ不足という問題がありました。

人手不足に悩むスティーブンスのもとに、かつてダーリントンホールでともに働いていたベン夫人から手紙が届きました。

ベン夫人からの手紙には、ファラディ氏のおかげでスティーブンスがまた働けることを喜でいることをはじめ、昔を懐かしむような言葉が書かれています。

ベン夫人は夫との離婚もまじかで現在は下宿住まいの状況。娘が結婚して空虚な日々だとも。最後には、この先の長い年月、自分を何かに役立てたいと思うこの頃ですと綴られていました。

ベン夫人に職場復帰してもらうことができれば、人手不足も解決できる……。そう考えたスティーブンスは、彼女に会って再就職をすすめようと、思い立ちました。

ファラディ氏にも相談し休暇をとって、イギリス西岸のクリーヴトンへと出発。あらかじめ、ベン夫人には手紙を出しました。

結婚退職した彼女に、もう一度スタッフとして戻って来て欲しいというお願いを知らせておいたのです。

手紙には、お屋敷で一緒に働いていた頃のことも綴りました。それは、彼女が結婚後のベン夫人ではなく、ミス・ケントンと呼ばれていた頃のことです。

初めて彼女がお屋敷に来た日のことは特に鮮烈だったと書き出しました。

旅の道すがら、スティーブンスは、ダーリントン卿がまだ健在で、ミス・ケントンとともに屋敷を切り盛りしていた頃を思い出します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『日の名残り』ネタバレ・結末の記載がございます。『日の名残り』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

1920年代から1930年代のこと。

常に人手不足に悩むダーリントンホールでは、その頃、優秀なスタッフであるミス・ケントンとスティーブンスの父を副執事として雇い入れました。

二人が働き出してすぐ、スティーブンスはケントンが副執事をウィリアムと呼んでいるのを聞いて、「スティーブンスさん」または、「スティーブンス・シニア」と呼ぶようにと注意しました。

「なぜですか?」と問うケントンに、堅実なスティーブンスは「あなたのような方が私の父を呼び捨てにするのは失礼だ」と言います。

年下の者が目上の者を、しかも学ぶことの多い年配者をクリスチャンネームで呼ぶのは失礼だというわけです。

「お父様は学ぶべきことの多い方でしょうが、私も自分の仕事は心得ています。」

毅然とした態度で言い切ったケントン。仕事熱心なゆえに意見が対立する2人の火花が散るような毎日が始まりました。

スティーブンスが心から敬愛する主人・ダーリントン卿は、ヨーロッパが再び第一次世界大戦のような惨禍に見舞われることを心配していました。

そのため、戦後ヴェルサイユ条約の過酷な条件で経済的に混乱したドイツを救おうとし、ドイツ政府とフランス政府・イギリス政府を宥和させるべく奔走します。

やがて、ダーリントンホールでは、秘密裡に国際的な会合が繰り返されるようになり、次第にダーリントン卿は、ナチス・ドイツによる対イギリス工作に巻き込まれていきました。

そんなバタバタした毎日の中で、ケントンは知り合った男性からプロポーズされます。

ケントンは上司でもあるスティーブンスにまず一報を入れます。

「彼と結婚するので辞めさせてください」というケントンの言葉に、思わず手にしたワインボトルを落としてしまったスティーブンス。

「考えましょう。ではこれで」と行きかけるスティーブンスを引き留めるケントン。

「一緒に働いて来て、それだけの言葉ですか?」。問いかけるケントンに、スティーブンスは「だからおめでとうと言いました」。

「彼、ベンさんと私にとってあなたは重要な人なのよ」。

「なぜです?」と多少不審がるスティーブンスに、「いろいろあなたの話題を彼に話しますの。彼は大笑いしましたわ」とケントンは言います。

少しくすぐったいような顔をして、スティーブンスは「そうですか。では失礼します」と告げました。

そして、ケントンは2週間後にこの地を去る彼の元へ嫁いだのです。

再び、1956年。

ベン夫人と再会を済ませたスティーブンス。ベン夫人は彼との再会をとても喜んでいました。ベンと結婚したのも、スティーブンスを困らせたかったからとも言います。

けれども、娘が出産したため孫と娘の側にいたいので、今住んでいる町を離れるわけにはいかないと言います。

2人が闘うようにして過ごした懐かしい日々は戻りません。ケイトンの帰路のバスを待つ2人に冷たい雨が降り続きます。

時間通りに来たバスにケイトンを押し込むように乗せたスティーブンス。2人は固く握手をします。

「お目にかかれて本当によかった」「お会いできてよかった。さようなら、お元気で」

別れの言葉を残して、バスは去って行きました。

ケイトンとの再会の旅から戻ったスティーブンス。不遇のうちに世を去ったかつての主人や失われつつある伝統に思いを馳せます。

しかし、彼はまだ現役。立ち止まってはいられません。前向きに現在の主人・アメリカ人であるファラディ氏に仕えるべく決意を新たにしました。

村の女性をメイドに雇い、屋敷内の仕事を支えるスタッフを揃えるのです。

屋敷の窓をしめて空を見上げるスティーブンスに、優しい日差しが降り注ぎます。

スポンサーリンク

映画『日の名残り』感想と評価


(C)1993 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved

ブッカー賞を受賞したカズオ・イシグロのベストセラー小説『日の名残り』を映画化した本作。

物語は1956年の「現在」と1920年代から1930年代にかけて、スティーブンスの回想シーンを往復しつつ進められます。

イギリス名門貴族のお屋敷で働く執事という、堅い仕事をするスティーブンス。ご主人であるダーリントン卿に仕えることを何よりの喜びとしています。

ゆえに、同じ屋敷内で働く若いスタッフの恋愛騒動やゴシップ、逃亡などは心よく思わず、日々の規律を乱す出来事からおこる人手不足にいつも悩んでいました。

新しく雇い入れたケントンは優秀ですが、その若さと眩しいぐらいに自由な考えを、スティーブンスは危惧します。

一方のケントンは、仕事の一つ一つに口うるさいスティーブンスと何かと対立を繰り返しながらも、彼のことが気になり出します。

スティーブンスの方も憎からず思っているのですが、彼の頭の中はオシゴト第一! 職場恋愛はご法度なのです。

結果、意地っ張りのケントンは、その頃求愛してきたベンという男性と結婚します。

ケントンにとって、スティーブンスの存在は何だったのでしょう。なくてはならない喧嘩相手とでも呼べるじれったい関係です。

そんな間柄にある自分でも気がつかないうちに大きくなっていた2人の相手への想いは、失ってみて初めて知るもの。

それは、決して口に出せないだけにいつまでも心の奥に残る、タチの悪いものでもありました

仕事一筋に生きる男性に魅かれながらも、言葉にしないでそっと秘めておく女性の恋ごころ……。遠い昔のこんな恋愛は、少し前の日本でもあり得ますので共感できるものでした。

『日の名残り』で大人の恋愛事情を描いたイシグロ・カズオの世界観を、ジェームズ・アイボリー監督が見事に切り取って映像化しています。

主役の2人を演じるのは、アンソニー・ホプキンスとエマ・トンプソン。

部屋ののぞき窓から廊下を見て在りし日のケントンの姿を想い浮かべるスティーブンスの思慕を、アンソニー・ホプキンスが、コミカルに表現しています。

もどかしい関係に苛立ちながら、時には奔放に時にはお茶目に、自分をアピールするケントンには、エマ・トンプソン。

過去を振り返るだけの思い出映画となりがちな本作が、2人の名優によって、人の生き方を問う重いテーマをも匂わす作品となっています。

まとめ

屋敷に住み込むで働く執事を主人公にした映画『日の名残り』。

主人公のスティーブンスは、世界情勢などは気にもかけずにひたすら仕事に励み、自分の幸せを考える暇もありません。

スタッフとして働くケントンは、そんな彼を好ましく思いながらも、気持ちを打ち明けられません。

そんな毎日に踏ん切りをつけるように、ケントンは結婚という形で職場であるダーリントンホールを去りました。

あれから20年以上経過し、過去と現在を行きつ戻りつしながら描かれているのは、正直すぎる男女の結ばれない愛の行方と出会えたことへの喜びでした。

過ぎ去りし日の大切な出会いと別れ、そして残されたわずかな心の痛みと安らぎ

それが現在でもお互いの心の支えになっているというのは、やはり大人の2人、だからなのでしょう。




関連記事

ラブストーリー映画

映画『ういらぶ。』あらすじネタバレと感想。平野紫耀で人気コミック実写化

好きすぎて、イジメちゃう。 幼なじみの凛と優羽はお互い好き同士なのに、素直に「好き」と言えない関係。好きすぎて優しくできない凛は、優羽と幼なじみの関係を超えることができるのか? ライバルの登場で、幼な …

ラブストーリー映画

映画『心と体と』ネタバレ考察と感想評価。鹿の夢というキーワードを解説

心と体に生き難さを抱える歳の差のある男女を結び付けたのは同じ“鹿の夢”。 デビュー作『私の20世紀』が、第42回カンヌ国際映画祭でカメラ・ドールを受賞した、ハンガリーの映画監督イルディコー・エニェディ …

ラブストーリー映画

四月物語あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【岩井俊二映画】

現在公開中のアニメ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は岩井俊二のドラマが原作となっています。 原作というポジションにもかかわらず、大きく名前が上がる人物でありますが、それは岩井俊二監督の常 …

ラブストーリー映画

映画『ディナー イン アメリカ』ネタバレ結末あらすじと感想考察。ラブストーリーを孤独な少女とパンクなバンドマンで“純愛とは何か”を描く

超過保護な過程で育った孤独な少女が出会ったのは、好きなバンドのボーカルだった!? 俳優としても活躍するベン・スティラーがプロデュースを務め、アダム・レーマイヤーが監督を務めた異色のラブストーリー。 過 …

ラブストーリー映画

韓国映画『ただ君だけ』ネタバレ感想とラスト結末。日本リメイク“きみのめ”原作の感動ラブストーリー

孤独な元ボクサーと目の不自由な女性のラブストーリー。 吉高由里子と横浜流星のW主演で、2020年10月23日(金)より全国ロードショーされる恋愛映画『きみの瞳が問いかけている』。 その原作となったのが …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学