Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2018/12/22
Update

映画『アリー/スター誕生』ネタバレ感想と評価。結末までのあらすじも【レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー作品】

  • Writer :
  • 西川ちょり

世界的な歌姫として名高いレディー・ガガが体当たりの演技を見せ、観るものを感動の渦に巻き込む『アリー/スター誕生』をご紹介します。

ブラッドリー・クーパーが主演と監督を務め、余すところのない才能を見せつけています。

スポンサーリンク

映画『アリー/スター誕生』の作品情報


(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
A Star Is Born

【監督】
ブラッドリー・クーパー

【キャスト】
レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー、アンドリュー・ダイス・クレイ、デイブ・チャペル、サム・エリオット、アンソニー・ラモス、ラフィ・ガブロン、ルーカス・ネルソン、グレッグ・グランバーグ、ロン・リフキン、バリー・シャバカ・ヘンリー、マイケル・D・ロバーツ、マイケル・ハーネイ

【作品概要】

1937年のウィリアム・A・ウェルマン監督作品『スタァ誕生』を皮切りに過去3回も映画化されている物語を、レディー・ガガ主演で描く。

ガガは映画初主演で体当たりの演技を見せ、ブラッドリー・クーパーは、当初監督をする予定だったクリント・イーストウッドからバトンを受け、主演と監督の二役をこなした。

ゴールデングローブ賞主要5部門、全米俳優組合賞でも最多4部門にノミネートされるなど旋風を巻き起こしている。

映画『アリー/スター誕生』のあらすじとネタバレ


(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

ライブを終えたロックスターのジャクソン・メインは、酒を目当てに一軒のバーに入りました。

そこで、彼は、一人の女性が「ラヴィアンローズ(La Vie en rose)」を歌うのを目の当たりにします。

彼女の名はアリー。ドラァグクイーン・バーの仲間のはからいで、毎週金曜日に、ここで唄わせてもらっているのでした。

ジャクソンは彼女を別のバーに誘いました。二人で飲んでいると、男がジャクソンと写真を撮らせてくれと近づいてきました。

アリーが写真を撮るわと申し出ると男は突然「娼婦は黙っていろ!」と怒声を浴びせてきました。アリーは彼にパンチをお見舞いします。

ジャクソンは彼女を深夜営業のスーパーにつれていき、冷凍豆の袋とテープを買って、彼女のこぶしを冷やしてやりました。

ジャクソンがアリゾナの故郷の話をすると、アリーは即興で歌を作りました。ジャクソンは彼女には才能があると確信します。

しかし、アリーは、自分に自信がないのだと告白します。これまで何度も売り込みをしたけれど、おえらいさんたちは皆、私の鼻が大きすぎるだとか、曲はいいけど、顔がね、って言うのよ、と。

彼女は、夢が叶うことはないのだ、と諦めている様子でした。

「この前、書き始めた曲よ」とアリーが歌いだした歌にジャクソンは耳を傾けました。。

彼はコンサートに来るように誘いますが、飲食店のアルバイトに行かないといけないからと断られてしまいます。

ところが、翌日、彼女が仕事にでかけようとしていた時、ジャクソンからの迎えがやってきます。

仕事があるからと一旦はバイト先にやってきたアリーですが、いつものように店長が頭ごなしに怒鳴りつけてきたので、即座にバイトをやめ、ジャクソンの元へと飛びました。

ステージの後ろからジャクソンのパフォーマンスを感激の面持ちで観ていたアリーでしたが、ジャクソンがやってきて、一緒に歌おうと彼女を誘います。

とても無理だわと首を振るアリーにかまわず、ジャクソンは演奏を始め、歌いだしました。意を決してステージに向かうアリー。

二人で歌った「shallow」に大きな拍手と声援が送られました。

二人はホテルに戻り、同じ部屋に入りますが、ジャクソンはすぐに眠りこんでしまいました。

彼の兄のボビーが彼をベッドに運んでいました。ボビーは「女性をステージに上げたのは君がはじめてだ」と言うのでした。

明け方、起き出したジャクソンは、眠っているアリーの元へ近寄るとキスをし、こうして二人は恋人同士になりました。

二人の歌う姿は動画サイトにあげられて、大きな反響を呼びます。

ジャクソンは、ツアーにアリーを帯同させ、アンコールに応えて彼女をステージに上げました。

彼女が歌い終わると、会場から怒涛のような“アリーコール”が起きました。

ステージを降りたアリーのもとに、レズ・カヴランというレコード会社の男が近づいてきました。

君は才能がある、今のままで終わってはいけない。必ず売れる、と彼はアリーに告げました。

インタースコープ社との契約が決まったアリーの顔に、ジャクソンはケーキを塗りたくって祝福すると、「何故とか、いつまでなどと考えずに君は歌い続ければいい」と励ますのでした。

アレック・ボールドウィンが司会の「SNL」の出演が決まり、ダンサブルなステージを見せたかと思えば、シングルも好成績を残し、ついにはアルバムの制作も決まり、アリーはまたたく間にスターダムを駆け上がっていきます。

一方で、ジャクソンは酒の量が増えていき、ステージに上がっても消耗しきっていることが増えていきました。

もともと片耳が難聴だった上に、もう片方の耳も次第に聴力を失ってきており、補聴器をつけるようにという医師のアドバイスも、自分の声以外が聞こえなくなると彼は拒否していました。

ある日、友人宅でくつろいでいた時、ジャクソンはギターの弦を切って作った指輪をアリーにプレゼントします。

友人たちは、彼らに結婚式を挙げることをすすめ、教会に案内してくれました。誓いの言葉を交わした二人は夫婦となりました。

犬を飼い、幸せな結婚生活が始まりましたが、ジャクソンの耳はほとんど聞こえなくなっており、酒量は増え続け、ついには大麻にも手を出すようになります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『アリー/スター誕生』ネタバレ・結末の記載がございます。『アリー/スター誕生』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

そんな矢先、レズ・カヴランは、アリーがグラミー賞の三部門にノミネートされたことを報告します。

そんな嬉しい報せが入っても、ジャクソンは朝から酒を飲み、アリーにからみました。

「君は美しいと言われたいだけだ。俺以外にも。あげくに君は醜い」

彼の言葉はアリーを深く傷つけました。

グラミー賞の本番、ジャクソンはステージ上で歌わせてもらえず、演奏に回されます。オープニング曲の「プリティ・ウーマン」の演奏はなんだかあぶなかしく、アリーはハラハラして見守るのでした。

最優秀新人賞に選ばれたアリーは、ステージに上がり、喜びのスピーチを始めますが、一緒にステージまでついてきたジャクソンは酔っ払っていて、意識を失って倒れ、せっかくの晴れ舞台を台無しにしてしまいます。

ジャクソンはアル中を克服するため、施設へと入り、数ヶ月を過ごしました。アリーは彼を見舞いますが、二人は互いを思いやるあまり、どこかぎくしゃくしていました。

やがてジャクソンは彼女を傷つけたことに対して、涙を流しながら謝罪し、アリーはそんな彼を慰めるのでした。

アリーは「最善の解決策を見つけたわ。彼をツアーに参加させるの」とレズ・カヴランに提案しますが、カヴランは絶対にダメだ!と激しく拒否します。

ジャクソンが退院し、家に戻ってきました。アリーのヨーロッパツアーが決まったと聞き、彼は素直に喜びます。

しかし、レズ・カヴランは「アリーが言わないから僕が言うが、グラミー賞の後始末で僕らがどれほど苦労したか。君は彼女の将来を狂わせた。今飲んでいる水もそのうち酒に変わるだろう。そうなったらきっぱり別れてくれ」と言い放つのでした。

その夜、仕事から戻ってきたアリーは、ジャクソンに告げました。「いい報せよ。ヨーロッパツアーをキャンセルしてここにいるわ。ずっと一緒に過ごせるのよ」

国内ツアーの最終日、アリーは、ジャクソンに会場に来て、と頼み、彼は「会場で会おう」と答えました。

しかし、彼はやって来ませんでした。彼はガレージの中で首を吊って自殺したのです。

悲しみにくれるアリーのもとにボビーがやってきました。

「どの曲も12音の繰り返しだ。12音をどう見るか。あいつは君の見方に惚れ込んでいた」

ジャクソンの追悼公演が開催され、アリーはステージに立っていました。「今夜は彼のために歌います」

彼女が歌い上げた曲は、ジャクソンがかつて、アリーにだけ聞かせてくれたあの歌でした。

スポンサーリンク

映画『アリー/スター誕生』の感想と評価


(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

なんとエモーショナルな映画なのでしょうか。

ブラッドリー・クーパー扮するジャクソンが “Black Eyes”を歌う、冒頭のコンサートシーンからずっと心を掴まれっぱなしでした。

レディー・ガガのアリーとふたりで歌う“Shallow”を始め全ての楽曲が心に響いてきます

レディー・ガガといえば、ミュージックシーンの頂点を極めた、誰もが認める世界的歌姫です。

そんな彼女がチャンスを掴んでスターダムを駆け上がる新人歌手を演じているのが新鮮で、また、過去にドラァグクイーン・バーで歌っていたという実際の彼女自身のキャリアが重ねられているストーリーも興味深いものがあります。

一方、ブラッドリー・クーパーってミュージシャンだったの?と問うてみたくなるほどの素晴らしい演奏と歌声にも驚かされます。

そうした楽曲の強さ、彼、彼女の歌声が、まず観客を否応なく物語に引っ張り込みます。

さらに、ブラッドリー・クーパーとレディー・ガガが、もう誰かを演じている役者ではなく、ジャクソンとアリーにしか見えなくなっていくのです。

ブラッドリー・クーパーとレディー・ガガの間に生まれただろう信頼関係が、そのまま、ジャクソンとアリーに継承され、確かな現実味と説得力が画面に漲ります。

異常ともいえる父への崇拝、兄との確執、故郷への愛憎を背負ったジャクソン。

娘の才能を信じながら世の不条理を嘆いてきた父と暮らしてきたアリー。二人のバックボーンも丁寧に描かれていて深みがあり、物語を豊潤なものにしています。

アリーは、ブラッドリーと運命的な出逢いをしたことで、スターダムに駆け上がっていきますが、一方のブラッドリーは、静かに滅びへと向かっていきます。

振り返れば、ジャクソンは、冒頭で、“Black Eyes”を歌っていたときから、もう既にゆっくりと滅び始めていたのです。

途中で、彼はアリーと出逢い、ほんの少しの間、輝きを取り戻すかに見えましたが、下降する人生をもう止めることはできません。

一方、諦めていた夢を掴んだアリーはどんどん駆け上がっていき、二人の人生はかけがえのない愛情として交わりつつ、上へ、下へと逆方向に曲線を描いてすれ違っていきます。

本作はスターが誕生する物語であると同時に、人間がぼろぼろになって堕ちていく物語でもあるのです。

美しい想い出と恋の歓びが、苦しみと哀しみと絶望が、毅然一体となって、まさにエモーショナルに人間の人生を浮かび上がらせます

まとめ


(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

1937年のウィリアム・A・ウェルマン監督作品『スタア誕生』を皮切りに、過去に三度、映画化されている「スター誕生」

アリーが「オーバー・ザ・レインボー」を口ずさみ、1954年のジュディー・ガーランド主演版『スタア誕生』(ジョージ・キューカー監督)に、敬意を表していますが、2018年版も、過去の名作に負けない大変熱量のある作品に仕上がっています

もともとは、クリント・イーストウッドが監督をする予定だったとのことですが、イーストウッドから監督を譲り受けて、ブラッドリー・クーパーが初の監督に挑戦

この方、どれだけ、才能あるの!?と、初めてとは思えない、その確かな力量にすっかり驚かされます。

音楽面では、カントリー歌手のウイリー・ネルソンの息子、ルーカス・ネルソンが加わり、レディー・ガガとネルソンは意気投合して数々の素晴らしい楽曲を生み出しました。

人を熱狂させる”歌”というものの魅力が全面に溢れ出し恋愛映画としても音楽映画としても、大変力強い作品となっています。

関連記事

ラブストーリー映画

映画『ポルト』あらすじネタバレと感想【アントン・イェルチン出演】

ジム・ジャームッシュが製作総指揮を務め、ポルトガル第2の都市ポルトを舞台に、異国の地で巡り合った男女を描いたゲイブ・クリンガー監督の『ポルト』をご紹介します! スポンサーリンク CONTENTS1.映 …

ラブストーリー映画

映画『君の名前で僕を呼んで』あらすじとキャスト。公開日と上映館は

“誰もが胸の中にある柔らかな場所を思い出す…。” 1980年代のイタリアを舞台に、17歳と24歳の青年が織りなすひと夏の恋の行方を描いたラブストーリー。 映画『君の名前で僕を呼んで』がいよいよ4月27 …

ラブストーリー映画

映画『ビール・ストリートの恋人たち』感想と評価解説。バリー・ジェンキンス監督がジェイムズ・ボールドウィンの原作に挑む

映画『ビール・ストリートの恋人たち』は、2019年2月22日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開。 『ムーンライト』で2017年のアカデミー賞作品賞に輝いたバリー・ジェンキンス監督がジェ …

ラブストーリー映画

映画『好きにならずにいられない』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

今回ご紹介する映画は、43歳の愛らしいおデブのフーシが初めて恋をした⁉︎、 2015年に北欧映画でナンバーワンに輝いた、アイスランドの大人のラブストーリー。 映画『好きにならずにはいられない』、ちょっ …

ラブストーリー映画

『アデライン、100年目の恋』動画無料視聴はHulu!感想レビューと考察も

近年、ラブストーリー映画は飽和状態になりつつあります。学園モノとOLが主人公といった観客の生活に限りなく寄せたものや、奇想天外な設定で奇抜なストーリーのものまで幅広くなっています。 ラブストーリーの事 …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占・宇治茶監督インタビュー】映画『バイオレンス・ボイジャー』制作秘話と創作の原点を語る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP