Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

映画『月極オトコトモダチ』感想と評価解説。徳永えりが挑んだ「男女の友情」という永遠のテーマ

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『月極オトコトモダチ』は、2019年6月8日から「新宿武蔵野館」ほか全国で順次公開!

「男女の間に友情は存在するのか?」というテーマを、「レンタルフレンド」などの現代の要素を踏まえながら描くラブコメディ映画『月極オトコトモダチ』

6月8日から「新宿武蔵野館」ほか全国で順次公開される、本作をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『月極オトコトモダチ』の作品情報


(C)2019「月極オトコトモダチ」製作委員会

【公開】
2019年公開

【監督・脚本】
穐山茉由

【キャスト】
徳永えり、橋本淳、芦那すみれ、野崎智子、師岡広明、三森麻美、安保優一、市川昂一郎、山田佳奈

【作品概要】
ファッション業界で働きながら、映画制作も行う新鋭、穐山茉由の長編デビュー作。

数々の名作を世に送り出している事で知られる映画祭「MOOSIC LAB」2018年度の長編部門で「グランプリ」「最優秀男優賞」「女優賞」「ミュージシャン賞」の4冠に輝き「第31回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門」に正式出品された注目作。

主役の望月那沙を、ドラマ『恋のツキ』で主演を務めるなど、大注目の女優、徳永えりが演じ、レンタルフレンドを仕事にしている青年、柳瀬草太を、NHK連続テレビ小説『ちりとてちん』などで知られる、橋本淳が好演。

映画『月極オトコトモダチ』あらすじ


(C)2019「月極オトコトモダチ」製作委員会

WEBマガジンのライターとして働く望月那沙は、後輩のユリと、あるイベントに参加します。

イベントで、那沙達に話しかけてきた男性、柳瀬草太と知り合った那沙は、会話の中で「男女関係にならないスイッチ」があるという話を聞きます。

「男女関係にならないスイッチ」という言葉が気になった那沙は、帰ろうとする柳瀬を引き止め、LINEを交換します。

次の日、柳瀬はLINEから退出しており、連絡が取れない状態となっていました。

また、ユリから「草太がレンタルフレンドをしている」という話を那沙は聞きます。

「男女関係にならないスイッチ」という言葉から、那沙は次のWEB記事のテーマを「男女の間に友情は成立するか?」に決めます。

自身を小説家志望と偽り、柳瀬をレンタルフレンドとして指名した那沙は「月極コース」を選択します。

レンタルフレンドの契約時間は2時間で、2時間が経過すればスタンプを押して終了、柳瀬は「また、連絡して」と言って去っていきます。

那沙は柳瀬と過ごした時間を元に、「男女の間に友情は成立するか?」という記事を作成し、アクセス数トップを記録します。

ある日、那沙は体調を崩し、レンタルフレンドとして呼んだ柳瀬に、自宅で看病をしてもらいます。

そこへ、那沙と同居生活をしている小野珠希が、帰宅します。

音楽活動をしている珠希は、楽曲制作をしている柳瀬と意気投合し、エレクトーンで合奏を始め、一緒に曲を作る約束をします。

那沙は、その様子を、布団の中から眺めていました。

男女の友情をテーマにした、那沙の記事は好評で、那沙は柳瀬とレンタルフレンドの関係を続け、記事にしていきます。

ですが、次第に那沙と柳瀬は、お互いの秘密を話すようになるなど、距離を縮めていくようになります。

ある日、WEBマガジンの編集長から「レンタルフレンドと、一晩を共にしても、男女の仲にならないか?」を検証して記事にするように提案されます。

那沙は戸惑いながらも、柳瀬の部屋に泊まる事になります。

そして、柳瀬の部屋で起きた「ある出来事」と、柳瀬と珠希の「関係の変化」に、那沙の心境は変化していくようになります。

柳瀬と那沙、そして珠希の「男女の友情」の行き着く先は果たして…。

スポンサーリンク

永遠のテーマとも言える「男女の友情」


(C)2019「月極オトコトモダチ」製作委員会

『月極オトコトモダチ』のテーマは「男と女の間に友情は成立するか?」という、過去にさまざまな人が何度も議論したであろう、永遠とも言えるテーマを描いています。

そもそも男性と女性では、価値観が違う為、友情に関しても成立しないという話をよく耳にします。

例えばですが、男性が好きな「少年漫画」の王道の展開として、友情の力で協力して敵を倒すというのがありますが、これは女性からみると「恋愛関係」と捉える人もいるようです。

しかし、WEBサイトなどで「男女の友情は成立する?」というアンケートを取ると、結果として「成立する」と思う人が半数以上のようです。

「成立する」理由として、「異性として見れないが、一緒にいて居心地が良い人がいる」などの意見があります。

おそらく、誰もが納得する答えが出ないであろう「男女の友情」というテーマ

このテーマに、真っ向から挑んだ作品が『月極オトコトモダチ』です。

友達とは何なのか?


(C)2019「月極オトコトモダチ」製作委員会

そもそもですが、友達とは、どういう存在で、何を持って友達と呼ぶのでしょうか?

本作の監督、穐山茉由は「人はいつから、どうやって友達になるんだろう」という疑問から、本作を制作しました。

本作では、2種類の「男女の友情」の形を描いています。

1つは「レンタルフレンド」というビジネスを通した、那沙と柳瀬の関係。

ビジネスである以上、那沙が柳瀬と過ごす時間は決まっています。

ですが、次第に人間同士として向き合い、少しづつお互いの事を知るようになります。

そして、もう1つは、音楽制作を通した柳瀬と珠希の関係。

音楽という共通のツールを通して、柳瀬と珠希はお互いの事を知っていきます。

一見すると、ビジネスではない、柳瀬と珠希に純粋な友情を感じます。

ですが、柳瀬目線で見ると、実はどちらも、柳瀬という人間を構築するのに大切な関係なのです。

一言で友達と言っても「あいつとは、どんな悩みも相談できる」「あいつとは、一緒にいるだけで楽しい」など、接し方や過ごし方が違ったりしませんか?

友達によって、求める事も違うはずです。

では、那沙と珠希、柳瀬の友情が交わる事は無いのでしょうか?

その答えは、本作の後半で描かれています。

スポンサーリンク

受け取り方が観た人によって変わる作品


(C)2019「月極オトコトモダチ」製作委員会

「男女の友情」を描いた本作は、どのようなラストを迎えるのでしょうか?

前述したように、男性と女性では価値観が違い、また、これまで歩んできた人生とか、その人の性格などで、本作の受け取り方は違ってくるでしょう。

ラストの那沙と柳瀬のやりとりが、男女の友情と捉えるかどうかは、人によって変わると思います。

個人的には「純粋な友情は、やっぱり難しいのかな?」という感想です。

こういった、意見の分かれる映画を観賞し議論できる存在が、自分にとっての友達なのかと思います。

まとめ


(C)2019「月極オトコトモダチ」製作委員会

本作は「男女の友情」という、難しいテーマを扱っていますが、全体的に明るい印象を受ける作風となっています。

主演の徳永えりが、明るい性格ながらも、仕事や柳瀬との関係に悩む那沙を等身大で演じており、作品を引っ張っています。

また、後半はシリアスに、男女関係のややこしさを描いており、「友達関係」について、考えさせられる展開となっています。

ラストは、男女の間に友情が成立するなら、おそらくこういう事だろうと、1つの着地を見せますが、前述したように、人によって受け取り方が変わる作品です。

「男と女の間に友情は成立するか?」という、恐らく答えが出ないであろうテーマを、コメディタッチに、でもラストはシリアスに描いた作品『月極オトコトモダチ』。

「レンタルフレンド」という要素も、現代の空気を感じる作品です。

皆さんも、あらためて「友達とは?」「男女の友情とは?」という、永遠のテーマに向き合ってみてはいかがでしょうか?

関連記事

ラブストーリー映画

深川麻衣映画『パンとバスと2度目のハツコイ』ネタバレ感想。ラスト結末も

「どうしてそんなに深く愛せるんだろう?」 結婚に踏ん切りがつかず彼氏のプロポーズを断ったふみと、別れた奥さんのことを想い続けているたもつが織りなす、モヤモヤしながらキュンとする“モヤキュン”ラブストー …

ラブストーリー映画

映画『先生!』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【広瀬×生田共演】

河原和音の同題ベストセラーコミックを生田斗真と広瀬すずで映画化。 『先生!、、、好きになってもいいですか?』は10月28日より、全国一斉ロードショー! 生まれて初めての恋に戸惑いながらも思いを募らせる …

ラブストーリー映画

『フィフティ・シェイズ・フリード』続編のあらすじとキャスト【ダコタ・ジョンソン主演】

「フィフテイ・シェイズ」シリーズついに完結 映画『フィフティ・シェイズ・フリード』は、2018年10月5日(金)より全国ロードショー。 少女とヴァンパイアの恋を描いた「トワイライト」シリーズが好きにな …

ラブストーリー映画

映画『タイタニック』ネタバレ感想。実話結末までのあらすじ【レオナルド・ディカプリオ代表作】

映画『タイタニック』は、1997年に公開されたジェームズ・キャメロン監督による作品で、現在も多くの方々から支持されている作品です。 1912年、英国のサウサンプトン港を出航したタイタニック号沈没事件を …

ラブストーリー映画

カンヌ映画祭2017『光』永瀬正敏の演技と河瀬直美監督への評価

永瀬正敏は河瀬直美監督の前作『あん』に引き続き『光』でも主演を果たして、2017年のカンヌ国際映画祭のレッドカーペットを踏みました。 彼は日本人初の3年連続のカンヌ入りをした俳優。また、俳優人生では4 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP