Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/01/14
Update

映画『ストーンウォール』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • 西川ちょり

映画『ストーンウォール』のあらすじネタバレと感想や評価をまとめました!

以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『ストーンウォール』映画作品情報をどうぞ!

スポンサーリンク

映画『ストーンウォール』作品情報

【公開】
2016年(アメリカ)

【原題】
STONEWALL

【監督】
ローランド・エメリッヒ

【キャスト】
ジェレミー・アーバイン、ジョナサン・リース=マイヤーズ、ジョニー・ボーシャン、カール・グルスマン、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、ジョーイ・キング、ロン・パールマン

【作品概要】
『インデペンデンス・デイ』や『GODZILLA ゴジラ』などの大作で知られるローランド・エメリッヒ監督が、1969年にニューヨークで起こった暴動事件「ストーンウォールの反乱」をとりあげ、セクシャルマイノリティの若者たちを描いた人間ドラマ。

映画『ストーンウォール』あらすじとネタバレ

1960年代当時、アメリカでは同性愛は精神疾患とみなされていました。同性愛者は非常に厳しい状況におかれ、雇用禁止をはじめ、店で酒を飲むことも禁止されていました。

1969年。ダニーという若者が、長距離バスに乗って、ニューヨークにやって来ます。彼が訪れたのはグリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリート。自由な雰囲気のあるこの場所は同性愛者のコミュニティがあり、アメリカ全土から自由を求めた人々が集まっていました。
ダニーは、体を売って暮しているゲイの若者たちと知り合います。リーダー格のレイは、女優のジュディ・ガーランドを敬愛していました。なんのつてもないダニーは、彼に頼り、彼らの部屋で眠らせてもらいます。大勢が狭いアパートの一室に雑魚寝です。文字通り、身を寄せ合って生きているのです。

ダニーはイリノイ州出身。高校時代はアメリカンフットボールの選手でした。彼は同級生のジョニーに恋していました。ある日、二人で車に一緒にいるところをみられてしまい、ゲイであることが発覚。学校中から冷たい視線を受けてしまいます。父親から見放され、ジョニーにも裏切られ、いたたまれず家を出てきたのでした。コロンビア大学に入学が決まっていましたが、高校を卒業していないので卒業資格をとるため夜学に通い始めます。

同性愛者たちが通うバーでダニーは少し年上のトレバーと出逢います。彼はゲイの権利向上のため、非暴力を訴え活動していました。二人は恋に落ち、一緒に住み始めます。ダニーのコロンビア大学入学も認められました。

しかし、このニューヨークにおいてすら、ゲイの暮しは過酷なものでした。バーにはたびたび警察の捜査がはいり、何かと理由をつけては逮捕され、レイたちは客から暴力を受ける日々。ダニーも警官から理不尽な暴力を受け、身も心もずたずたになってしまいます。そんな時、トレバーが別の男性とキスしているのを見てしまい、家を飛び出したダニー。再び、レイたちに助けられます。

ゲイたちが集まるバー「ストーンウォール・イン」の支配人、エドはマフィアとつながり、少年を騙しては、政府の要人に紹介するなど暗躍していました。ダニーもその餌食になりかけますが、ガサ入れにあい事なきを得ます。

ある日、ストーンウォール・インに警察がやってきました。先日も踏み込みがあったばかりではないかと皆いぶかりますが、今回はいつもの6分署ではなく別の部署の警官たちでした。彼らの狙いはエドです。エドは6分署を買収し、まんまと逮捕を逃れていたのです。警察はエドに手錠をかけ護送車に乗せますが、もたもたしているうちに逃げられてしまいます。

罪のないゲイは捕えるくせに、犯罪人は簡単に逃してしまう。これまで耐え忍んできたゲイの怒りが爆発します。ダニーが煉瓦を窓ガラスに投げつけ、それをきっかけに暴動が起こります。歴史に名高い「ストーンウォールの反乱」です。

ダニーたちは武装した警官たちに果敢に挑み、闘いました。沈静化したあとの周囲は台風のあとのような惨状でした。ダニーは晴れ晴れとした顔つきでレイに「君は僕の大切な姉さんだ」と言い、レイも「あなたは可愛い妹よ」と応えます。

ダニーは地元に戻り、ジョニーと再会します。結婚して子どももいるジョニーは戸惑いますが、二人は堅くハグして別れます。家族の中で唯一ダニーの理解者だった妹のジョーイは、彼の帰還を大変喜び、「パパとママの態度は神の教えに反するわ」と憤慨するのでした。

ダニーがニューヨーク行きのバスに間に合うよう、田舎道を歩いていると、父親の車が通りかかり停車します。ダニーはかけよりますが、車はそのまま動き出し、遠ざかっていきました。

1970年には暴動一周年を記念してニューヨークで大規模なゲイパレードが行われ、以降、毎年行われるようになります。ダニーがパレードに参加していると、沿道に笑顔の妹と母の姿が見えました。

スポンサーリンク

『ストーンウォール』の感想と評価

オバマ大統領は就任第二回目の演説で、最初の女性の権利獲得のための会議である「セネカ・フォールズ」と公民権運動の舞台となる「セルマ」とともに、「ストーンウォール」に言及しました。「ストーンウォール」の反乱は、セクシュアル・マイノリティの社会運動の原点と言われています。

本作がアメリカで封切られた際には、史実と違うとの声もあったようです。映画の終わりに実在した人物たちのその後が字幕で出るのですが、主要人物のダニーやレイについては触れられません。彼らは実在した人物ではなく創作されたキャラクターなのです。まるで彼らが中心に動いたように歴史を改ざんし、実際に運動に尽力した人々を軽視しているという批判です。

しかし、ローランド・エメリッヒ監督の狙いは別にあったのだと思います。歴史的な重要人物の功績に敬意を表しつつも、彼が描きたかったのは、恐らく、耐えに耐え忍んで生きてきた多くの名も無きセクシュアル・マイノリティの心の叫びだったのではないでしょうか。歴史の裏には、そうした表には現れない人々、一人一人の魂の爆発があったのだと。

まだキャリアの浅い若手俳優がその期待に応えています。ダニーを演じたのは、スティーブン・スピルバーグ監督の『戦火の馬』の少年役でデビューしたジェレミー・アイヴァイン。田舎の朴訥な少年が都会で必死に生き成長していく様を熱演しています。

そしてレイ役のジョニー・ボーシャン。本作が長編映画デビュー作だそうですが、抜群の存在感を持った恐るべき新人です。今後の活躍が非常に楽しみです。

まとめ

冒頭、ダニーがバスから眺めるマンハッタンの景色や、グリニッジ・ビレッジの風景など、本作は60年代のニューヨークを魅力的に再現しています。また、ショッキング・ブルーの「ヴィーナス」、プロコル・ハルムの「青い影」、バート・バカラックの「小さい願い」などのヒットソングも効果的に挿入されています。

今もなお、世界の77の国でゲイは犯罪とされているなど、根深い差別意識が残っています。アメリカ人ですらストーンウォールの反乱を知らない世代が増えている中、この映画の果たす役割は大きいのです。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『億男』ネタバレ感想。映画と原作の違いを徹底解説。お金の意味と運用の金言書の紹介も

あなたは、お金とどう付き合っていますか? お金で買えるもの。お金じゃ買えないもの。分かっているようで分かっていないお金のこと。 『億男』の原作は、2014年に雑誌『BRUTUS』で連載された後、刊行さ …

ヒューマンドラマ映画

『パパはわるものチャンピオン』ネタバレ感想。プロレスラー棚橋弘至ファン目線で解説

怪我のため、トップから転落し悪役に転身したレスラーと、その家族の物語を描いた映画『パパはわるものチャンピオン』。 家族をテーマにした作品ですが、1人のレスラーの生き様を描いた映画として、非常に見応えの …

ヒューマンドラマ映画

朝倉あき映画『四月の永い夢』あらすじとキャスト。上映館公開情報も

朝倉あき主演の映画『四月の永い夢』は、5月12日より新宿武蔵野館ほか全国で順次ロードショー。最年少 第39回モスクワ国際映画祭にてダブル受賞を果たした本作の演出を務めたのは、東京国際映画祭2年連続入選 …

ヒューマンドラマ映画

映画『僕の好きな女の子』あらすじネタバレと感想考察。渡辺大知と奈緒が演じた又吉直樹エッセイの切ない片思い

今突然、「好きだ」と伝えたらキミは何て言うだろう。 映画『僕の好きな女の子』は、又吉直樹が2017年「別冊カドカワ 総力特集『又吉直樹』」に書き下ろした同名恋愛小説を玉田真也が脚本・監督し、映画化した …

ヒューマンドラマ映画

映画『マイ・プレシャス・リスト』ネタバレ感想レビュー。恋に不器用な女の子が幸せになるには

人生は一度きり、幸せになってもいいはず。 天才だけどコミュニケーション能力のない屈折女子キャリー。 そんな彼女にセラピストは「幸せになるためのリスト」を渡します。 1つずつ項目を実行していく事で、キャ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP