Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/03/24
Update

映画『こどもしょくどう』あらすじネタバレと感想。吉岡秀隆&常盤貴子共演で貧困やネグレクト問題を子供たちの視点で描く

  • Writer :
  • 河合のび

2019年3月23日より公開の映画『こどもしょくどう』。

俳優の吉岡秀隆、女優の常盤貴子らが出演している映画『こどもしょくどう』

とある食堂が「子ども食堂」を開くまでの経緯を子どもたちの視点から描いたヒューマンドラマです。

2019年の3月23日に神保町の岩波ホールで行われた公開初日舞台挨拶は、2回ともに満席という大盛況。

日向寺太郎監督や主演の藤本哉汰、鈴木梨央をはじめ、子役の浅川蓮、古川凛、田中千空、そして藤本哉汰が演じるユウトの両親役を務めた常盤貴子(1回目のみ)、吉岡秀隆が壇上に上がりました。

大人たちと子どもたちが互いに笑わせ合うという壇上の様子に、場内も和やかな雰囲気に包まれました。しかし、それは劇中で描かれている過酷な現実とは、あまりにも大きなギャップを感じさせる光景でした。

映画『こどもしょくどう』をご紹介します。

映画『こどもしょくどう』の作品情報


(C)2018「こどもしょくどう」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
足立紳

【監督】
日向寺太郎

【脚本】
足立紳、山口智之

【キャスト】
藤本哉汰、鈴木梨央、浅川蓮、古川凛、田中千空、降谷建志、石田ひかり、常盤貴子、吉岡秀隆

【作品概要】
とある食堂の主人の息子・ユウトが車中生活をしている姉妹と出会い交流する中で、現代社会における貧困の問題、そして「子ども食堂」の誕生を描いたヒューマンドラマ映画です。

監督には『誰がために』『火垂るの墓』『爆心 長崎の空』の日向寺太郎。原作・脚本には『百円の恋』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した足立紳。

実家が食堂の小学生・ユウト役の藤本哉汰、貧困に喘ぐ姉妹の姉・ミチル役の鈴木梨央は本作が映画初主演です。

またユウトの友達・タカシ役の浅川蓮、ミチルの妹・ヒカル役の古川凛、ユウトの妹・ミサ役の田中千空と、第一線で活躍する子役が並びます。

そしてユウトの父・作郎と母・佳子を演じるのは、『隠し剣 鬼の爪』『小さいおうち』の吉岡秀隆、『赤い月』『CUT』の常盤貴子。

姉妹の父・次郎と母・朋美を演じるのは、「Dragon Ash」のボーカル・ギターで俳優としても活動している降谷建志、『ふたり』『竜二Forever』の石田ひかりです。

映画『こどもしょくどう』のあらすじとネタバレ


(C)2018「こどもしょくどう」製作委員会

両親が自宅で食堂を営んでいる小学生の男の子・ユウト。彼の友達・タカシは同級生の数人からイジメられていましたが、止めようとはせず、いつも見て見ぬ振りをしていました。

一緒に所属している少年野球チームの練習を終え、二人はユウトの家へと行きます。

帰宅したユウトは彼の妹・ミサ、そしてタカシとともに夕食を食べます。

タカシの家は育児放棄状態の母子家庭で、ユウトの父・作郎と母・佳子は彼のことを心配し頻繁に夕食を振舞っていました。

ある日、近所の橋の下に一台の車がやって来ました。そこでミチル・ヒカルの姉妹とその父・次郎が車中生活をするようになったのを、ユウトは見かけるようになります。

別の日、ユウトは菓子類を買いにある店に入ると、ミチルが万引きをする瞬間、そして店員に見つかって店の奥へと連れて行かれる光景を目撃してしまいます。

その後も姉妹のことが気になり、タカシや妹と一緒に橋の下へ行くようになるユウト。

やがて、夕食に出された食べ物の余りを、両親に隠れて姉妹の元へ運ぶようになります。ですが、姉妹に直接食べ物を渡すことはどうしてもできませんでした。

また別の日の昼間、姉妹と次郎が暮らす車は、高校生たちの遊び場兼オモチャと化していました。

その光景を見つめる姉妹、タカシ、ユウト。そして同じくそれを見た次郎は、そのままどこかへと消え、失踪してしまいました。

ユウトは姉妹に声をかけ、食堂へ来いと誘います。姉妹は久々にまともな食事をとります。

ですが、姉妹の身元を訝しんでいたユウトの両親に親や学校のことなどを尋ねられてしまい、ミチルは何も答えられませんでした。

その日の晩、ミチルは車中にヒカルを置き去りにして、雨の中を走り、「お母さん」と言いながら号泣します。

ミチルは、ヒカルに心中を提案するほどに、心が追い詰められてました。

姉妹と再会したユウトは、再び食堂に誘います。けれども、ミチルは「父が帰ってくるかもしれないから」と強引に食堂を立ち去りました。

以下、『こどもしょくどう』ネタバレ・結末の記載がございます。『こどもしょくどう』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2018「こどもしょくどう」製作委員会

やがて、ユウトは姉妹への対応について揉める両親の姿を目撃します。

作郎は様子を見るべきだと主張する一方で、佳子は行動に移るべきだと主張するのです。

翌朝、ユウトは橋の下の車へと向かいます。そこには姉妹と、真夜中に彼女らの様子を見に来たままその場で眠ってしまったタカシがいました。

ヒカルはミチルに「虹の雲」を探しに行こうとねだり始めます。

「虹の雲」とは、かつて姉妹が次郎、そして母の朋美と幸せに暮らしていた頃、海辺のホテルに行った際に家族全員で見た綺麗な雲のことです。

それを見ればまた両親とともに暮らせるのだと、ヒカルは信じていたのです。

ミチルは会えないと言い聞かせますが、タカシが探しに行こうと提案したことで、4人はそれを探しに行きます。

しかしながら、町中を探しても「虹の雲」は見つかりませんでした。

橋の下へ戻ると、そこでは例の高校生たちが車を破壊している真っ最中でした。

呆然と立ち尽くすミチルと、泣く始めるヒカル。ユウトは姉妹を引っ張って、タカシとともに食堂へと走ります。

4人が食堂に着くと、両親が待っていました。小学校を無断欠席したユウトを佳子は叱ります。

やがて両親は、姉妹に家族や頼れる人間はいないのかと尋ねますが、ユウトは両親の姉妹への態度に怒ります。

頼れる人間は誰もいないと言っているのに、二人は見ているだけ。だからこそ、自分も「見て見ぬ振り」をする人間になったのだと訴えたのです。

夜、ユウトとミサ、タカシ、そして姉妹の5人は同じ部屋で床に就きました。

ベッドの中で、両親が再び姉妹について揉めている声をユウトは耳にします。

しばらくすると、目を覚ましてしまったヒカルがまた「虹の雲」を探したいとねだり始めました。

困ってしまうミチルに、ユウトは探しに行こうと言います。

そして食堂の売上金を盗んで、姉妹やタカシとともに「虹の雲」が現れた海辺のホテルへと向かいました。

到着した4人でしたが、そこには「虹の雲」も姉妹の両親の姿もありませんでした。

砂浜に立つ4人。ミチルはかつて母親が聞かせてくれた歌を口ずさみながら涙を流します。

再び橋の下へ戻ると、そこには警察官が来ていました。事情を話した4人はそのまま警察署へと連れて行かれ、姉妹は施設に保護されることになりました。

車に乗り施設へと運ばれてゆく姉妹の姿を、佳子とともに見つめるユウト。しかし、ユウトは姉妹の乗る車を追いかけて走り出しました。

走るユウトを見つける姉妹。すると、ヒカルは空を見て叫びました。

そこには、あの「虹の空」がはっきりと浮かんでいました。

それを見たミチルは、ヒカルとともに母親の名を叫び続けました。

姉妹が去った後、食堂では「子ども食堂」を始めました。

姉妹のように十分な食事にありつけない小さな子どもたちに、ユウトの両親は無料で食事を振る舞います。

映画『こどもしょくどう』の感想と評価


(C)2018「こどもしょくどう」製作委員会

日本国内に、貧しい子どもたちに無料或いは少額で食事を提供してくれる「子ども食堂」は2000ヶ所あると言われています。

それは、現代の日本社会において多くの子どもたちが貧困問題に直面させられていることを意味しています。

ユウトはイジメられているタカシに対し、“普通”にすればイジメられないと助言します。

しかしながら、劇中の通り、その“普通(広く一般的に)”の中で生活することができない子どもが存在するのが現実なのです。

“普通”でない現実。それは“普通”を信じ続ける限りは、非常にイメージしにくいものですが、確かに存在するものなのです。


(C)2018「こどもしょくどう」製作委員会

舞台挨拶にて、吉岡秀隆さんは撮影をする中で「純な目線に責められ、たじろいでしまった」と語りました。

それはユウトを演じた子役の藤本哉汰くんの名演によるものであると同時に、子どもの目線というのが大人にとって非常に強力なものであることを意味しています

そして、吉岡さんは「子どもは親だけでなく大人全員で育てなくてはならない」と、「ユウト、ミチルの芝居を見て思った」とも語りました。

大人には、苦しんでいる子どもを助けられるだけの力が多かれ少なかれあります。

けれども、「その力を用いて子どもを助ける」という行動に移れる大人は、非常に限られています。

自分にできることを見つけ、行動に移す。それは当たり前のことかもしれませんが、だからこそ躊躇ってしまうことなのです。

劇中、ユウトは両親に向けてその怒りをぶつけますが、その言葉と目線はスクリーンを通して、行動に移すことができず「見て見ぬ振り」をするかもしれない大人たち、すなわち本作『こどもしょくどう』を観る大人たちへと突き刺さります

「突き刺さる」。それほどの威力があるからこそ、俳優であり役を演じていたはずの吉岡さんにも、映画『こどもしょくどう』が伝えようとするメッセージが届いたのです。

まとめ


(C)2018「こどもしょくどう」製作委員会

ミチルを演じた子役の鈴木梨央ちゃんは、舞台挨拶にて「可哀想で終わるのではなく、何かできることを見つけてほしい」と来場者の方々に呼びかけました。

自分にできることを見つけ、行動に移す。そんな当たり前のことを伝えてくれるのが子どもの言葉と目線であり、それらによって形作られたのが映画『こどもしょくどう』なのです。

映画『こどもしょくどう』、ぜひご鑑賞ください。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『明日の食卓』ネタバレ感想と結末解説。あすみと怖い子役は文庫本とは違う最後を迎える

映画『明日の食卓』は、2021年5月28日(金)より全国ロードショー。 椰月美智子による小説『明日の食卓』が、瀬々敬久監督によって映画化されました。 「どこにでもいる」母親が起こしてしまった、「だれで …

ヒューマンドラマ映画

実写映画『舟を編む』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。キャスト松田龍平と宮崎あおいが最高のドラマで“言葉を愛する人”全てにロマンを贈る

日本語への愛に満ち溢れた物語 2012年本屋大賞第1位を獲得した三浦しをんのベストセラーを石井裕也監督が実写化しました。 第37回日本アカデミー賞では最優秀作品賞、最優秀監督賞ほか6冠を受賞した名作で …

ヒューマンドラマ映画

映画『顔のないヒトラーたち』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

戦後70年を過ぎ、外国映画の中には、アドルフ・ヒトラーやアウシュヴィッツを題材にした作品が多く製作され、次々に日本でも公開されています。 その中でも、『顔のないヒトラー』は、ちょっと物々しい邦題からは …

ヒューマンドラマ映画

映画『サンダーロード』あらすじと感想レビュー。ジムカミングス監督が主演を務めた短編(サンダンス映画祭グランプリ)を長編作品へと昇華!

映画『サンダーロード』は2020年6月19日(金)から新宿武蔵野館ほか全国ロードショー予定。 家庭も崩壊し、仕事ではトラブル続きの警察官ジム・アルノーが、母親の葬式で踊りを披露した事で、新たなトラブル …

ヒューマンドラマ映画

映画『私の20世紀』あらすじネタバレと感想。4K版で蘇るエニェディ監督の長編デビュー作

映画『私の20世紀』は2019年3月30日より公開 『心と体と』の監督で知られる、ハンガリーの鬼才イルディコー・エニェディの長編デビュー作『私の20世紀』。 日本では1990年に劇場公開された本作が、 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学