Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『ワンステップ~君と僕のメロディ~』あらすじとキャスト!

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

事故にあったことで音が色で見えるという色聴を患い、心に傷を抱える少女シヒョン。

彼女の愛と再生を描いた爽やかな感動作『ワンステップ~君と僕のメロディ~』10月29日(日)より、10月29日(日)よりシネマート新宿、11月5日(日)よりシネマート心斎橋にて劇場公開となります。

1.映画『ワンステップ~君と僕のメロディ~』の作品情報


(c) 2016 MCC ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

【公開】
2017年(韓国映画)

【原題】
원스텝(英題:ONE STEP)

【脚本・監督】
チョン・ジェホン

【キャスト】
DARA(パク・サンダラ) 、ハン・ジェソク、チョ・ドンイン、ホン・アルム、チョ・ダルファン

【作品概要】
事故にあったことで記憶を失い、音が色で見えるという色聴を患いた少女の愛と再生を描く感動作品。

K-POPガールズグループ2NE1に所属していたDARAがスクリーンデビューとなり、共演に『魔女の恋愛』のハン・ジェソク、『殺されたミンジュ』のチョ・ドンイン、『鳴かない鳥』のホン・アルムなどが脇を固めて演じます。

2.映画『ワンステップ~君と僕のメロディ~』のあらすじ


(c) 2016 MCC ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

事故ですべての記憶を失ってしまい、そのうえ音が色になって見える色聴を患った少女シヒョン。

彼女は病院で出会った親友ジウォンと同居します。

シヒョンは外出する時には、町中の音楽が耳に入らないよう、大きなヘッドホンを装着することで自身を守っていました。

ある日、ジウォンの弟ウヒョクは、眠っているシヒョンが寝言でメロディを口ずさんでいるのを聴きながら書き留めます。

その書き留めたメロディがシヒョンの失われた記憶を思い出すきっかけになるのではないかという望みとともに彼女に託します。

一方、スランプに陥り、自分の人生の全てともいえる作曲が思うように出来なくなったジイルは偶然、シヒョンのメロディを発見。

2人はメロディを完成させるため、一緒に協力することになるのですが…。

3.映画『ワンステップ~君と僕のメロディ~』の見どころは


(c) 2016 MCC ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

今作が映画初主演となるDARA(パク・サンダラ)が演じたのは、事故で記憶を失ったうえに音が色で見える色聴という症状を抱える少女ジウォン。

彼女は2016年にファンに惜しまれつつも解散した、K-POPガールズグループ2NE1のメンバーです。

そんなDARAによる、予告編の映像にも収録された「記憶の歌」などの楽曲が透明感あふれる美しいメロディで映画を彩ります。

そして、かつては天才と呼ばれていたが、今ではスランプに陥った作曲家にベテラン俳優ハン・ジェソク


(c) 2016 MCC ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

ヒロインに片思いを抱く年下のギタリストに次世代俳優チョ・ドンインが脇を固めて、まさに音楽のような美しいアンサンブルを披露しているところは作品の見どころです。

4.映画『ワンステップ~君と僕のメロディ~』のチョン・ジェホン監督は

日本でも公開された『プンサンケ』(2013年)

チョン・ジェホン監督は、1977生まれで韓国美術界の巨匠キム・フンスの孫として、幼い頃から絵画や声楽を学んでいた芸術家です。

韓国映画界で孤高で独自のスタイルを貫くキム・ギドク監督の作品に衝撃を受けたことで、ギドク監督に会うためアポイントを取らず単独でカンヌまで会いに行きました。

その行動が縁となってその後、2006年のギドク作品『絶対の愛』、2007年「ブレス」の助監督を務めます。

2007年に短編映画『Mul-Go-Gi』が映画批評家の関心を集めたことで「第64回ベネチア国際映画祭」に招請されました。

2008年に長編デビュー作となった『ビューティフル』が「第58回ベルリン国際映画祭」のパノラマ部門に正式出品に選ばれます。

また同作は「第22回福岡アジア映画祭」では最優秀作品賞を獲得しました。今後、韓国映画界を背負って立つ新進気鋭の若手監督のひとりです。

今作『ワンステップ~君と僕のメロディ~』では、高校で声楽専攻していたチョン・ジェホン監督ならではの音楽愛が隅々まで溢れる映画となっています。

記憶を失った少女とスランプに陥った作曲家のふたりがお互いを支えあうように、音楽を通して未来を切り開いていく姿は必見です。

まとめ


この作品は韓国での公開当時は、韓国版『はじまりのうた』や『タイヨウのうた』として、観客に大きな共感を与えたようです。

映画『ワンステップ~君と僕のメロディ~』の公開は、映画館シネマート新宿、シネマート心斎橋の番組編成担当が贈る「特集上映<のむコレ>」にて上映いたします。

【シネマート新宿(東京)上映スケジュールの上映スケジュール】
10月29日(日)16:45/10月31日(火)19:00/11月21日(火)16:45/11月23日(木)16:45

【シネマート心斎橋(大阪)の上映スケジュール】
11月5日(日)20:35/11月9日(木)20:35/11月13日(月)16:20

10月29日(日)よりシネマート新宿、11月5日(日)よりシネマート心斎橋にて公開です。

ぜひお見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『PLAY 25年分のラストシーン』感想評価と解説レビュー。POVという主観ショットで表現する大きな時代の変革を生きる人々

映画『PLAY 25年分のラストシーン』は2020年11月6日(金)に新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA、kino cinéma立川髙島屋S.C.館ほかで全国ロードショーほかで全国 …

ヒューマンドラマ映画

Netflix海外ドラマ『コブラ会』ネタバレあらすじと感想考察。シーズン1として“ベストキッドの34年後”に描かれたストーリーとは

Netflix海外ドラマ『コブラ会』シーズン1 1984年に公開された映画『ベスト・キッド』は、いじめられっ子の少年ダニエルが、空手の達人であるミヤギさんに出会い、空手を通じて成長していくストーリー。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『花筐HANAGATAMI』あらすじネタバレと感想。大林宣彦考

大林宣彦監督の監督生活40周年記念作品『花筐HANAGATAMI』。 監督は癌を患い余命宣告を受けながらも撮影に臨んだ映画で、原作は檀一雄の同名短編小説「花筐」。 『この空の花』『野のなななのか』に次 …

ヒューマンドラマ映画

映画『東京クルド』内容/公開日/上映館。日本で難民申請を続ける青年を5年以上取材したドキュメンタリー

夢みてしまった。絶望の国で——— 日本で生きるふたりのクルド人青年を5年以上取材した、日向史有監督のドキュメンタリー映画『東京クルド』。 (C)2021 DOCUMENTARY JAPAN INC. …

ヒューマンドラマ映画

映画『さざなみ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2016年4月公開されて、前期公開作品の中では、断トツの話題をさらっていった、『さざなみ』に注目します! 当初の予想を超えた観客からの話題ぶりに、映画を配給された彩プロの関係者も笑顔。また、彩プロの担 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学