Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/05/25
Update

【旅セカ】黒沢清映画『旅のおわり世界のはじまり』あらすじと感想。前田敦子に魅せられるロードムービー

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『旅の終わり世界のはじまり』は、6月14日(金)より全国ロードショー。

ホラーからサスペンス、家族のドラマまで様々なジャンルで新境地を開拓し続け、国内外で高い評価を受け続ける黒澤清監督の2019年最新作。

主演はこれで黒澤清監督の三作目となる前田敦子。共演に加瀬亮、染谷将太、柄本時生。

映画は全編にわたってウズベキスタンでのロケを敢行。ウズベキスタンの人気俳俳優アディズ・ラジャボフが現地コーディネーター役で出演しています。

スポンサーリンク

映画『旅のおわり世界のはじまり』の作品情報


(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

【公開】
2019年(日本・ウズベキスタン・カタール合作映画)

【脚本・監督】
黒沢清
 
【挿入歌】
「愛の讃歌」前田敦子

【キャスト】
前田敦子、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフ、加瀬亮

【作品概要】
第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で監督賞を受賞した『岸辺の旅』など、国内外で評価をされる黒沢清監督のロード・ムービー。主人公の葉子役は『散歩する侵略者』『Seventh Code』でタッグを組んだ前田敦子を主演に、葉子と行動をともにする番組クルーたちに、加瀬亮、染谷将太、柄本時生と実力派俳優が集結。

映画『旅の終わり世界のはじまり』のキャラクターとキャスト


(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

葉子(前田敦子)
旅行番組のレポーター。本来はミュージカル女優志望

岩尾(加瀬亮)
ロケに帯同するベテランカメラマン

吉岡(染谷将太)
ディレクター。思い通りにいかないロケにストレスを感じる

佐々木(柄本時生)
ロケに帯同するAD

テムル(アディス・ラジャボフ)
通訳兼ロケコーディネーター

スポンサーリンク

映画『旅のおわり世界のはじまり』のあらすじとネタバレ


(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

ウズベキスタンに幻の怪魚を探すという旅バラエティのレポーター葉子。思い通りにいかない収録も仕事だと割り切ってレポーター業に徹しています。

一行はディレクターの吉岡とカメラマンの岩尾、そしてアシスタントディレクターの佐々木の3人に葉子の4人。

慣れない土地や人々に交渉事がいちいち止まり、重い空気が流れています。

それでも、現地のコーディネーター兼通訳のテムルのとりなしで何とか撮影が進みます。

収録後、一人バザールへと出かけた葉子は迷ってしまい、旧市街地にたどり着きます。

そこにあった家の裏には、一匹のヤギが囚われていました。

なんとか、ホテルに帰ってきた葉子。元々用心深く、異国の文化を楽しむ余裕がない葉子にとっては、緊張の連続。

唯一の慰めはホテルでの恋人とのスマホを介したメッセージのやり取りだけです。

首都のタシケントにたどり着いた一行、葉子は街に出る中でナボイ劇場にたどり着きます。

後からテムルが語った歴史によると、この劇場は第二次世界大戦後に捕虜として抑留されていた日本兵が建築に携わった建物でした。

ここで、オーケーストラと、それに合わせて歌唱する女性の姿を見た葉子。

翌朝、朝食の席で葉子は岩尾にミュージカル志望であることを打ち明けます。

ここで、ガラッとロケ撮影の空気を変えるために、葉子にハンディカメラを持たせて、バザールに潜入取材を試みます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『旅の終わり世界のはじまり』ネタバレ・結末の記載がございます。『旅の終わり世界のはじまり』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

自由気ままに歩き回る葉子は、いつの間にか一行とはぐれてしまい、立ち入り禁止エリアに入り込んでしまい、警察に追われてしまいます。

結果、警察に保護された葉子をテムルが迎えにきます。

現地の人々は親切に接しようとしている者も多い中で、葉子たちは壁を作っていると困惑の表情を浮かべます。

何とか解放された葉子。ロビーのテレビでは東京で大規模な海上火災が起きていることが伝えられます。

葉子の恋人は消防士でした。何とか恋人の無事を知った葉子は、やっと一息つくことができました。

一時帰国する吉岡たちと離れて、ロケ撮影を続ける葉子。

とある山の山頂にたどり着いた葉子は、高らかなに『愛の讃歌』を歌い上げるのでした。

映画『旅の終わり世界のはじまり』の感想と評価

SeventhCodeを思い出す


(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

映画『旅のおわり世界のはじまり』を見て、思いだしたのが黒澤清×前田敦子の第1作『SeventhCode』

元々は同タイトルの前田敦子の楽曲PV撮影から端を発した企画でしたが、女優・前田敦子に惚れ込んでいた黒澤清監督が長編映画として制作をすることが決定

『西郷どん』鈴木亮平を共演に迎えて、2014年に発表され海外の映画賞を受賞するなど華々しい結果を残しました

『SeventhCode』は後半になるとアッと驚く展開になって、『旅の終わり世界のはじまり』とは、全く別のジャンルの映画になっていくのですが、『SeventhCode』がウラジオストック、本作がウズベキスタンという舞台設定もあるかもしれませんが、似たような雰囲気を纏います

もしかしたら、黒沢監督は知らない土地に立つ前田敦子の姿を『SeventhCode』を経て、もう一度、見てみたかったのかもしれません。

この前に計画の段階で頓挫してしまいましたが日中合作映画『一九〇五』を黒澤清監督が前田敦子主演で撮るという話もありました。

黒沢清監督は、いろいろな前田敦子という女優を見たいのでしょう。今後もこの二人の共作に期待です。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

2015年の深津絵里主演の映画『岸辺の旅』で、第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門にて、監督賞で受賞を果たした黒沢清監督。

国内外で高い評価を受ける黒沢監督が『散歩する侵略者』や『Seventh Code』でも、タッグを組んだ女優・前田敦子を主演に迎えた作品が、『旅の終わり世界のはじまり』です。

シルクロードを舞台に日本とウズベキスタンの合作で製作したロードムービーを、前田敦子ほか、加瀬亮、染谷将太、柄本時生といった実力派が集結した作品です。

映画『旅の終わり世界のはじまり』は、6月14日(金)より全国ロードショー

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『土を喰らう十二ヵ月』映画原作ネタバレとあらすじ感想。水上勉の精進レシピは“食することの奥深さ”

水上勉の『土を喰らう日々-わが精進十二ヵ月-』を原案とする 映画『土を喰らう十二ヵ月』が2022年11月11日(金)から新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国公開! 昭和36年(1961)に『雁の寺 …

ヒューマンドラマ映画

映画『凪待ち』感想。被災地「石巻」を撮影ロケ地にした理由を母・亜弓が望んだ「新たな家族つくり」から読み解く

映画『凪待ち』は、2019年6月28日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー! 『彼女がその名を知らない鳥たち』や『虎狼の血』で知られる白石和彌監督と、俳優にしてアーティストの香取慎吾が …

ヒューマンドラマ映画

映画『結婚演出家』あらすじと感想レビュー。マルコ・ベロッキオ監督とは

日本未公開作品や「イタリア映画祭」で上映された人気作品を紹介する特集上映「Viva! イタリア」。 その第4弾が、6月23日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかで始まります。 本稿では傑作三 …

ヒューマンドラマ映画

映画『アメリカの夢』あらすじと感想考察。横須賀綺譚との比較解説と大塚信一監督の“未公開作品の鍵となる3つのポイント”

インディーズ映画『アメリカの夢』は、名古屋シネマスコーレで限定上映。 大塚信一監督の初劇場公開作品『横須賀綺譚』と一緒にネット配信も決定!   尾関伸嗣が演じる主人公の駿一は、ボクサーと製麺所の仕事を …

ヒューマンドラマ映画

映画『放課後ソーダ日和 特別版』ネタバレ感想。枝優花監督が描く“17歳が愛おしいもの”を巡る冒険譚

2019年3月22日より公開の映画『放課後ソーダ日和 特別版』 ソーダの泡みたいに一瞬。だけど、ずっと消えない。 森田想、田中芽衣、蒼波純が演じる三人の女子高生の、美味しいクリームソーダを探す放課後の …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学