Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】グッバイ・クルエル・ワールド|あらすじ結末感想と評価解説。西島秀俊らが贈る‟社会のはみ出し者たちの戦い”

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

現金強奪計画から始まる、クセの強い脱落者たちが繰り広げる争いの行く末は?

お互いの素性も知らない5人組が、裏社会の現金を強奪したことから始まる、血みどろの戦いを描いた『グッバイ・クルエル・ワールド』

登場人物全員がクセ者揃いの本作は、クライム・エンターテインメントでありながら、それぞれが「行き場の無い自分」に苦しむ群像劇で、ヒューマンドラマでもあります。

社会から外れてしまった者たちの、生き残りを賭けた戦いをエキサイティングに描く、本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『グッバイ・クルエル・ワールド』の作品情報

(C)2022「グッバイ・クルエル・ワールド」製作委員会

【公開】
2022年公開(日本映画)

【監督】
大森立嗣

【脚本】
高田亮

【キャスト】
西島秀俊、斎藤工、宮沢氷魚、玉城ティナ、宮川大輔、大森南朋、三浦友和、奥野瑛太、片岡礼子、螢雪次朗、モロ師岡、前田旺志郎、若林時英、青木柚、奥田瑛二、鶴見辰吾

【作品概要】
一晩の現金強奪計画から始まる、クセ者たちの血みどろの戦いを描いたクライムエンタテインメント。

主役の安西を『ドライブ・マイ・カー』(2021)の西島秀俊が演じる他、危険なヤクザの萩原を『シン・ウルトラマン』(2022)の斎藤工、現金強奪計画に巻き込まれる美流を『Dinerダイナー』(2019)『地獄少女』(2019)など話題作に多く出演している玉城ティナ。

悪徳刑事を大森南朋、美流と行動を共にする、元ラブホテルの店員を宮沢氷魚、強盗に加わる浜田を三浦友和が演じるなど、豪華キャストが集結。

まともじゃないのは君も一緒』(2021)『死刑にいたる病』(2022)などの高田亮によるオリジナル脚本を『さよなら渓谷』(2013)『MOTHER マザー』(2020)など、社会派作品の評価が高い監督、大森立嗣が映像化。

映画『グッバイ・クルエル・ワールド』のあらすじとネタバレ


(C)2022「グッバイ・クルエル・ワールド」製作委員会

水色のアメ車「フォード・サンダーバード」に乗り込み、夜の街を走る、年齢も性別も違う5人組。

運転を担当する武藤は、後部座席に座るヤクザの萩原に、恋人の美流を人質に取られています。

助手席の安西は、武藤が目立つ車を選んだことに不満を抱ていますが、後部座席に座る浜田になだめられます。

5人が向かったのは、古いラブホテルで、そこではヤクザが裏に流す為の現金を回収する「資金洗浄現場」となっていました。

覆面を被った安西、萩原、美流、浜田は、資金洗浄現場に乗り込み、1億円近い現金を強奪することに成功します。

「フォード・サンダーバード」を乗り捨てた後、萩原は、武藤と美流に「さっさと消えろ」と現金を投げつけ立ち去りますが、美流は分け前の少なさに不満を感じていました。

数日後、武藤と美流は再び萩原の前に現れ、別の仕事を紹介してもらえるように頼みます。

萩原は、武藤と美流と共に深夜の宝石店を襲いますが、その場で美流に暴行を加え「お前は最初から数に入っていない」と言い放ちます。

武藤は、萩原の指示で美流を置いて車で逃走します。

次の日の朝、萩原に首を切られ死亡している、武藤の死体が見つかります。

一方、5人組に現金を奪われたヤクザ組織「杉山興行」は、刑事の蜂谷を呼び出します。

蜂谷は「杉山興行」の幹部、オガタと繋がりを持っており、オガタの命令を受けて5人組の所在を探り始めます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『グッバイ・クルエル・ワールド』ネタバレ・結末の記載がございます。『グッバイ・クルエル・ワールド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2022「グッバイ・クルエル・ワールド」製作委員会

現金の強奪に成功した安西は、別居している妻のみどりと娘の所へ戻ります。

安西は、みどりの実家のホテルである「正田屋」を継ぎ、強奪した現金を元手に、ホテルの経営を立て直そうと奔走を始めます。

地元の商店街の住人にも、人柄の良さが受け入れられた安西ですが、安西の前に飯島という男が現れます。

安西には元ヤクザという過去があり、飯島は舎弟でした。

飯島も安西同様、ヤクザを抜け真面目に働こうとしていましたが上手くいかず、ホテルの経営を継いだ、安西を頼って来たのです。

商店街の住人に、元ヤクザであることを隠している安西ですが、飯島に「元ヤクザだったことを話す」と脅され、仕方なく「正田屋」の従業員として雇うことになります。

現金強奪犯5人の行方を追う蜂谷は、資金洗浄現場のラブホテルで、受付を担当していた矢野が、情報を流したことを突き止めます。

蜂谷に事情を聞かれ、矢野は情報を流すまでの経緯を語ります。

ラブホテルで受付のアルバイトをしていた矢野は、デリヘルの仕事をしていた美流と出会いました。

美流の体が限界に来ていたことを知った矢野は、2人で「大金があったら何をするか?」という話をし、意気投合します。

そして、矢野から「杉山興行」の裏金が、ラブホテルの1室で回収されている情報を得た美流は、そのことを武藤に相談しました。

武藤が借金をしていた萩原に「杉山興行」の裏金の件を話し、萩原と関係のある安西と浜田も関わって来た形で、今回の現金強奪計画は決行されました。

ですが結果的に、美流は萩原達に全てを奪われる形となりました。

裏金の情報を流した、責任を取らされる形で、矢野は「杉山興行」の構成員に殺されかけますが、それを蜂谷が止めます。

蜂谷は矢野と美流を「杉山興行」の組長・杉山に会わせ、死ぬことを恐れていない矢野と美流に、杉山は萩原を殺すように命じます。

蜂谷に連れて行かれ、萩原がいる喫茶店に乗り込んだ矢野と美流は、散弾銃で萩原だけでなく、その場にいたヤクザを皆殺しにします。

萩原が殺されたニュースを安西は受けますが、安西もそれどころではありません。飯島により、安西が元ヤクザであることが、商店街の住人に伝わってしまったのです。

すぐに商店街から出て行くように言われた安西。

安西が「正田屋」に戻ると、飯島が何かを探して「正田屋」を荒らしている現場を目撃します。

実は、飯島は安西達が「杉山興行」の裏金を強奪したことを知っており、最初から「正田屋」に隠した裏金を盗むつもりでした。

頭に血が昇った安西は、飯島を殴り殺します。飯島からの情報で、安西が現金強奪の実行犯であることを掴んだ蜂谷。

蜂谷は過去に、オガタからの情報提供で、手柄欲しさに「杉山興行」が敵対するヤクザを、片っ端から潰したことがありました。

その潰れた組の、元構成員が安西でした。ですが、安西は組のことを思うあまり、精神を病むようになってしまい、舎弟にも暴行を加えるようになっていました。

当時の安西は、組長に見捨てられ、蜂谷も警察組織から厄介者として扱われていました。

「杉山興行」の構成員が安西を探し「正田屋」に向かいますが、安西は姿を消していました。ですが、蜂谷には心当たりがあります。

元政治家の秘書で、帳簿を改ざんし逮捕された過去を持つ、元左翼の浜田でした。安西は、山形県の浜田の所を訪ね、新たな現金襲撃計画に加担していました。

蜂谷は、矢野と美流を安西のところに向かわせ、殺そうと考えます。ですが、逆に矢野と美流に裏切られた蜂谷は、脇腹に刃物を刺され倒れます。

安西は浜田の指示で、浜田が子飼いにしている若者たちと、山形県の知事が賄賂を渡しているガソリンスタンドに乗り込み、現金を奪おうとします。

ですが、若者達に裏切られ、安西は拳銃を向けられます。そこへ現れた、矢野と美流により若者も知事の秘書たちも、次々に射殺されていきます。

隙をついて、美流に銃弾を撃ち込んだ安西は、ガソリンスタンドから逃げ出そうとしますが、矢野と美流の反撃を受けます。

ビルの屋上から、現場となっているガソリンスタンドを眺めていた浜田は、ガソリンスタンドが大爆発したことに驚きます。

ガソリンスタンドに向かう浜田の前に、傷だらけでボロボロになった安西が現れ、浜田を撃ち殺します。

「家に帰る」ことを望んだ安西は、再びみどりと娘の前に現れますが、みどりは怯えたように逃げ出します。

生きていた蜂谷は、自分を撃とうとしたオガタを射殺した後に逃げ出し、橋の上で座り込んでいました。

そこへ現れた安西と「もう疲れた」とお互い笑い合いますが、蜂谷を追いかけて来た「杉山興行」の構成員が、2人の前に現れ、銃声が響きます。

スポンサーリンク

映画『グッバイ・クルエル・ワールド』感想と評価


(C)2022「グッバイ・クルエル・ワールド」製作委員会

一夜の現金強奪計画から、思いもよらない戦いが巻き起こるクライム・エンタテインメント『グッバイ・クルエル・ワールド』

冒頭からソウルミュージックが流れ、5人の男女が水色の「フォード・サンダーバード」に乗り、夜の街を疾走するという、なかなか気分が高揚する場面から始まります

その後、ヤクザの資金洗浄現場となっているラブホテルに乗り込み、現金の強奪に成功し逃げ出すのですが、この時点で、この5人に関して一切の情報がありません

だいたい、こういった犯罪映画は、現金強奪の数日前とかに戻り「この5人が何故集まり、こんな危険な計画を実行したか?」が語られるのですが、『グッバイ・クルエル・ワールド』は、そのような構成ではなく、ヤクザと繋がりのある汚職警官、蜂谷を通して、5人の素性が徐々に明らかになっていきます

そして、浮き彫りになるのは、現代の日本の生きづらさです。

特に主人公の安西を通して「生きづらい日本」という目線は明確になっていきます

安西は元ヤクザでしたが、妻のみどりとの出会いで更生して、普通の人生を送ることを目指します。

ですが、元ヤクザという過去は、安西が考えていた以上に問題で、新たな生活を望んでも、舎弟だった飯島に足を引っ張られ、結局上手くいきません

過ちを犯したり、一度社会から外された者は、二度とやり直せない、特にコンプライアンス(法令遵守)が叫ばれ、潔癖になった今の日本では尚更でしょう。

安西自身も、やり直すことに諦めのような部分を感じており、何かを変える為には、とにかく現金が必要だったのです。

この安西に、裏の仕事をやらせているのが、浜田という元政治家秘書だった男です。

浜田は「政治家を引きずり下ろす」という信念を持っていますが、自分では一切手を出さない汚い男です。

浜田は、常に誰かを使い、自分の目的を果たそうとしますが、この「使う者」と「使われる者」の関係性も、本作の問題定義となっています。

この問題定義を象徴するのが、萩原のセリフ「お前は数に入っていない」です。

宝石強盗に加担させられた後に、分け前を欲しがる美流に、萩原が暴行を加える際に言い放つのですが、「用が済んだらお前は必要ない」ということで、美流は切り捨てられた訳ですね。

ただ『グッバイ・クルエル・ワールド』に登場する、メインのキャラクターは、全員が組織や社会に切り捨てられ、行き場所も居場所も失った人たちです。

その、似たような人間の集まりでも「使う者」と「使われる者」の関係性はあり、その関係性の一番下にいるのが、矢野と美流になります

一度は用済みとなり殺されかけた矢野と美流は、感情を失い、淡々と人を殺し始めますが、これは切り捨てられた者、何も持たざる者の復讐と言えます。

ですが矢野と美流は、復讐のその先を何も考えていなかった為、結局は「杉山興行」に使われただけという、皮肉な結果となっています。

安西が矢野と美流に言う「結局、お前たちも一緒じゃないか、こんなところで血まみれになって」というセリフも、似た者同士の無益な争いを象徴するようで、非常に印象的です。

『グッバイ・クルエル・ワールド』は、現金強奪の場面から始まる、冒頭はエンタメ要素の強い作品ですが、それ以降は、現金強奪計画に関わった、さまざまな人達の群像劇で、全員が社会から「用済み」として切り捨てられながらも、生きる為にもがき苦しんでいる人たちです

クセが強いキャラクター揃いですが、もがき苦しむその姿は、必ず誰かに共感できるのではないでしょうか?

個人的には、自身の望んだ静かな生活をぶち壊した、飯島にとどめの一撃を浴びせる安西の表情から、憎しみと絶望を感じ、かなり心に響きました

まとめ


(C)2022「グッバイ・クルエル・ワールド」製作委員会

居場所を失った者達の、血みどろの戦いを描いた『グッバイ・クルエル・ワールド』

ラストでは、疲れ切った安西と蜂谷が、橋の上で語り合うという感慨深い場面となります。

組の為に全てを注ぎ、最後は厄介者となった安西と、手柄の為にヤクザと繋がりを持ち、警察に居場所が無くなった蜂谷は、最初から通じるものがあったのかもしれません

本作では「使う者」と「使われる者」への問題提起が込められていますが、安西が継いだホテルがある商店街の、それぞれが支え合って生きている住人の姿が、1つの答えのように感じます。

お互いが対等に、輪を大切に支え合っていくことが理想なのでしょうが、安西は最初から、この輪に入ることは出来なかったのです。

橋の上で安西と蜂谷が語る「こういう所に住みたかったよ」「俺もだよ」というやりとりから、お互いを利用し出し抜くのではなく、支え合って生きていくことへの憧れを感じます。

『グッバイ・クルエル・ワールド』は、現在の日本の空気を反映させたことで、他とはひと味違うクライム・エンタテインメント作品になっています。

出演している俳優も全員が実力派なので、演技を見ているだけも面白いですし、特に三浦友和演じる浜田のグダグダした感じは最高です。

本作の冒頭、裏金の強奪場面で、ずっと浜田がブツブツ言っている日本への愚痴は、実は本作のテーマに通じる部分ですので、聞き逃さないで下さいね。








関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画グレイテストショーマンあらすじとキャスト。実話バーナムの評価とは

映画『ラ・ラ・ランド』の音楽スタッフが再び集まったミュージカル映画。 華麗な歌声を披露した映画『レ・ミゼラブル』のヒュー・ジャックマンが主演を務める、2018年見逃せない大作です。 大注目の2月16日 …

ヒューマンドラマ映画

映画『The NET 網に囚われた男』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

韓国のパク・クネ大統領の職務停止に合わせて、北朝鮮が挑発的な軍事演習を行ったニュースが話題ですが、 そんな背景もあって、今回注目したい映画は、南北の問題に揺れた1人の男を見つめる作品。 映画『The …

ヒューマンドラマ映画

映画『タイニー・ファニチャー』あらすじとキャスト。感想レビューも

2017年12月16日より、下北沢トリウッドにて「歳末青春大セール!ティーンムービー傑作選」という特集上映が行われます!  日本未公開映画の紹介、上映を企画・運営するGucchi’s Free Sch …

ヒューマンドラマ映画

映画『サラバ静寂』吉村界人(ミズト役)演技評価と感想

“音楽が禁止された世界で、音楽に出会ってしまった若者たちはどこへ向かうか” 映画『サラバ静寂』の公開日は、2018年1月27日(土)より、渋谷ユーロスペースほか順次全国公開! 静かなるノイズ映画『サラ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ファンファーレが鳴り響く』感想と内容考察。森田和樹監督が描く“青春の危険な叫び”

映画『ファンファーレが鳴り響く』は2020年10月17日からK’scinemaほか全国順次ロードショー 映画『ファンファーレが鳴り響く』は、吃音症の男子高校生と殺人欲求をもつ女子高生の逃避 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学