Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『グッバイ・クルエル・ワールド』あらすじ/キャスト/公開日。斎藤工×西島秀俊ら豪華なキャラクター写真が解禁に!

  • Writer :
  • 星野しげみ

大森立嗣監督作品『グッバイ・クルエル・ワールド』が2022年9月9日(金)に公開!

日日是好日』(2018年)『タロウのバカ』(2019年)『MOTHER マザー』(2020年)『星の子』(2020年)の大森立嗣監督が手がけた映画『グッバイ・クルエル・ワールド』。

本作は、監督・大森立嗣と脚本・高田亮がタッグを組んだオリジナル作品です。

主演に西島秀俊を迎え、共演として、斎藤工、宮沢氷魚、玉城ティナ、宮川大輔、大森南朋、三浦友和などの豪華俳優陣が集結しました。

豪華俳優陣による『グッバイ・クルエル・ワールド』の公開日は、2022年9月9日(金)に決定しました。

エキサイティングでポップな銃撃戦クライム・エンターテインメントを彩るそれぞれのキャラクターたちの情感あふれる写真も解禁となりましたので、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『グッバイ・クルエル・ワールド』の作品情報

【日本公開】
2022年(日本映画)

【監督】
大森立嗣

【脚本】
高田亮

【キャスト】
西島秀俊、斎藤工、宮沢氷魚、玉城ティナ、宮川大輔、大森南朋、三浦友和など

映画『グッバイ・クルエル・ワールド』の俳優陣

西島秀俊

西島秀俊が演じるのは、妻子への愛の陰に凶暴な過去を隠す安西。

一夜限りと決めた裏仕事、銃を構えた⻄島秀俊の危険な色気が炸裂します。

斎藤工

斎藤工が演じるのは、悪だけが恋人のヤミ金業者・萩原。

喫茶店の窓際で入れ墨をした手でタバコをくわえ佇む姿に、ただならぬ殺気を感じさせます。

宮沢氷魚

宮沢氷魚が演じるのは、ラブホテルの従業員・矢野。

銃声鳴り響く狂気の世界で最も危うげな光を放っています。

玉城ティナ

玉城ティナが演じるのは、自由を買い占める大金が欲しい美流。

すさんだ暮らしの中で、一途に自由を求めるキャラクターで、新境地を開拓しています。

宮川大輔

宮川大輔が演じるのは、美流のピュアな本能に魅入られた武藤。

チンピラ感があふれていますが、どこか愛しいキャラクターが光ります。

大森南朋

大森南朋が演じるのは、強盗団を追い詰めるヤクザと警察組織の境界で暗躍する蜂谷刑事。

正義と悪の間に揺れる寂れた男の悲哀を感じさせます。

三浦友和

三浦友和が演じるのは、金持ちどもの転落を画策する浜田。

すべての登場人物の運命を翻弄する強盗団のボスを、納得の存在感で魅せています。

スポンサーリンク

映画『グッバイ・クルエル・ワールド』のあらすじ


(C)2022『グッバイ・クルエル・ワールド』製作委員会

全員互いに素性を明かさない一夜限りの強盗団の5人(⻄島秀俊、斎藤工、玉城ティナ、宮川大輔、三浦友和)。

ある夜、彼らはラブホテルで秘密裏に行われていたヤクザ組織の資金洗浄現場を狙い、大金強奪の大仕事に成功します。

それぞれの生活に戻るメンバーでしたが、警察やヤクザ組織に追われる日々が始まりました。

ラブホテル従業員(宮沢氷魚)、ヤクザと黒い繋がりを持つ刑事(大森南朋)などを巻き込み、大波乱の物語が幕を開けます。

まとめ

『グッバイ・クルエル・ワールド』は、監督・大森立嗣×脚本・高田亮で描いた、豪華俳優陣によるオリジナルのエキサイティングでポップな銃撃戦クライム・エンターテインメントです。

豪華な顔ぶれのキャストをご紹介しました。物語の中で、彼らがどんな絡みを魅せるのかと期待は高まります。

大森立嗣監督作品『グッバイ・クルエル・ワールド』は2022年9月9日(金)に公開!




関連記事

新作映画ニュース

映画『香港画』公開日/上映館。民主化デモを捉えた短編ドキュメンタリーが劇場公開決定!

香港デモの渦中に飛び込み、 生々しくも洗練された撮影と構成によって凝縮された28分間のリアル。 激しさを増していく香港民主化デモに飛び込み、若者たちの姿を克明に記録した日本人がいました。 この度、20 …

新作映画ニュース

河内彰監督新作映画『フィア・オブ・ミッシング・アウト』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。親友を喪失した“空虚に出会う”

日本でもなく韓国でもない、幻影と実景が交差する場所へ。 瀬々敬久、真利子哲也の認めた溢れる才気、国内映画祭が注目する新鋭・河内彰監督。 河内彰監督の新作映画『フィア・オブ・ミッシング・アウト』が、20 …

新作映画ニュース

映画『21世紀の資本』予告編と場面写真紹介。難しい読破不能な原作をわかりやすく映像化!

人はなぜ、働いても豊かになれないのか? フランスの経済学者トマ・ピケティによる300万部の世界的大ベストセラー『21世紀の資本』。 (C)2019 GFC (CAPITAL) Limited &amp …

新作映画ニュース

映画『きみが死んだあとで』あらすじ/公開日/上映館。伝説の学生運動を巨編ドキュメンタリーで捉える!

青春だけが武器だった、あの“異常に発熱した時代”は何だったのか。 1967年の「第一次羽田闘争」において18歳で死んだ山﨑博昭を取り巻く人々を中心に、あの時代の”青春と悔い”を描いたドキュメンタリー映 …

新作映画ニュース

ジョエル・エドガートン監督の映画『ある少年の告白』日本公開日決定!ルーカス・ヘッジズ初主演の作品とは

俳優のジョエル・エドガートンが『ザ・ギフト』(2016)に続き監督し、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2017)で一躍その名を世界に知らしめたルーカス・ヘッジズが初主演を飾る、映画『ある少年の告白 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学