Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

【東京国際映画祭2019TIFF情報】周防正行監督の『カツベン!』がGALAスクリーニング『アイリッシュマン』がクロージング上映作に決定!

  • Writer :
  • 石井夏子

10月28日(月)~11月5日(火)開催の第32回東京国際映画祭。

2019年度の第32回東京国際映画祭GALAスクリーニング作品、クロージング作品が決定しました。

GALAは邦画作品、クロージングが洋画作品と、国際映画祭にふさわしく、話題性に溢れる2作品の上映です。

2018年から始まった、映画祭の中盤の柱となるGALAスクリーニング作品は名匠・周防正行監督の最新作『カツベン!』

今からおよそ100年前の日本を舞台に、「映画(活動写真)」がまだサイレントでモノクロだったころ、活動弁士を夢見る一人の若き青年を主人公に、日本映画の未来を夢見た人々の群像を描きます。

クロージング作品は、ハリウッドの巨匠・マーティン・スコセッシ監督初のNetflixオリジナル映画『アイリッシュマン(原題:The Irishman)』。

全米トラック運転組合のリーダー:ジミー・ホッファの殺人に関与した容疑をかけられた実在の凄腕ヒットマン:フランク“The Irishman”・シーランの半生を描いた物語で、アメリカ裏社会で生きたある殺し屋の壮絶なドラマが重厚で危険な緊張感と共に映し出されており、2018年の『ROMA/ローマ』のように映画賞を席巻するのでは?と早くも世界中で話題沸騰の作品が映画祭の終幕を飾ります。

スポンサーリンク

第32回東京国際映画祭の開催概要

【開催期間】
2019年10月28日(月)~11月5日(火)

【会場】
六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区) 、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)ほか

※詳細につきましては東京国際映画祭公式サイトにてご確認ください。

東京国際映画祭とは

参考動画:第31回東京国際映画祭(2018)開会式

東京国際映画祭(通称 TIFF)は日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の国際映画祭です。

1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生した TIFFは、日本およびアジアの映画産業、文化振興に大きな足跡を残し、アジア最大級の国際映画祭へと成長しました。

いまや最も熱気溢れるアジア映画の最大の拠点である東京に世界中から優れた映画が集まり、国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場を提供しています。

GALAスクリーニング作品『カツベン!』の作品情報

【劇場公開日】
2019年12月13日公開(日本映画)

【監督】
周防正行

【キャスト】
成田凌、黒島結菜、永瀬正敏、高良健吾、井上真央、音尾琢真、竹野内豊、竹中直人、渡辺えり、小日向文世

映画『カツベン!』の見どころ

©2019「カツベン!」製作委員

数々の名作を世に送り出してきた周防正行監督が今回選んだテーマは、しゃべりのスペシャリスト“活動弁士”

七色の声を持つ天才的な活動弁士の主人公には成田凌が抜擢。「声」にまつわる壮絶なオーディションを勝ち抜き、映画初主演に挑戦します。

ヒロインには若手最注目の黒島結菜。さらに永瀬正敏、高良健吾、井上真央、音尾琢真、竹野内豊など周防組初参加の面々に加え、竹中直人、渡辺えり、小日向文世ら周防作品おなじみの実力派キャストたちが集結。

彼らが演じる一癖も二癖もある個性的なキャラクターたちと共に、笑って、泣ける、極上のエンタテインメントの幕が上がります。

アクション×恋×笑いの要素を織り交ぜたノンストップエンターテインメント作品です。

GALAスクリーニングとは

オープニング、クロージング作品に並ぶ上映。

映画祭期間中のハイライトとして、観客および世界に注目してほしい作品をセレクトしてお届けします。

スポンサーリンク

クロージング作品『アイリッシュマン』の作品情報

【配信日】
2019年11月27日Netflixにて配信予定(アメリカ映画)

【原作】
チャールズ・ブラント『I Heard You Paint Houses』

【原題】
The Irishman

【監督】
マーティン・スコセッシ

【キャスト】
ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ぺシ

映画『アイリッシュマン』の見どころ

©Netflix

全米トラック運転手組合のリーダー、ジミー・ホッファの不審な失踪と殺人事件。その容疑は、彼の右腕で友人の凄腕ヒットマン、フランク・シーランにかけられた――。

第2次大戦後のアメリカ裏社会で、ある殺し屋が見た無法者たちの生き様を、巨匠マーティン・スコセッシが描き出します。

フランク・シーランを演じるのは、スコセッシと『カジノ』(1995)以来、9回目のタッグを組む映画史のレジェンド、ロバート・デ・ニーロ

そしてジミー・ホッファを演じるのはアル・パチーノ。さらにフランクが仕える伝説的な裏社会のボス、ラッセル・バッファリーノにはジョー・ペシ。

オスカー俳優3人による超絶豪華共演が実現しました。

まとめ

参考:映画『カツベン!』公式ツイッター

オープニング作品の『男はつらいよ お帰り 寅さん』に続き、映画祭の顔となる3本が揃いました。

GALAスクリーニングには周防正行監督待望の最新作 『カツベン!』クロージング作品にはロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシといオスカー俳優たちの超豪華共演作『アイリッシュマン』

どれも劇場公開より一足早い上映です。ぜひ第32回東京国際映画祭にお運びください。


関連記事

新作映画ニュース

映画『ゲンボとタシの夢見るブータン』あらすじと上映館イベント情報

世界で初めて劇場公開される、ブータン人作家によるドキュメンタリー映画が日本劇場公開されています。 映画『ゲンボとタシの夢見るブータン』は8月18日(土)よりポレポレ東中野にて上映中、ほか全国劇場順次ロ …

新作映画ニュース

【若尾文子映画祭2020情報】日本女優としての代表作から隠れた名作まで劇場公開!鬼才・増村保造監督『刺青』も4K映像にて蘇る

数多の巨匠たちに愛された映画女優・若尾文子の代表作を一挙上映! この度、「若尾文子映画祭」の開催が2020年2月28日(金)より角川シネマ有楽町を皮切りに、全国順次上映を行うことが決定しました。 本映 …

新作映画ニュース

映画『メモリーズ・オブ・サマー』あらすじキャストと特報映像解禁。日本公開は6月に決定

第32回ワルシャワ映画祭インターナショナル・コンペティション部門正式出品 © 2016 Opus Film, Telewizja Polska S.A., Instytucja Filmowa SIL …

新作映画ニュース

ファティ・アキン監督が映画試写会『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のトークイベントに登壇!

ファティ・アキン監督がサプライズ登壇。 今後の展望…観客に明かされる映画の裏側を明かす。 第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品、ファティ・アキン監督最新作『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホ …

新作映画ニュース

大人のラブストーリー映画『エマの瞳』あらすじ。名女優ヴァレリア・ゴリノが熱演して“見えた”ものとは⁈

イタリア映画祭2018で好評を博した『Emma 彼女の見た風景』は、邦題を『エマの瞳』にあらため、2019年3月23日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。 イタリアが誇る名匠シルヴィオ・ソ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学