Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『ファンシー』のキャラクター場面写真が解禁!山本直樹原作の男女3人の三角関係とは

  • Writer :
  • 大塚まき

性愛と暴力の世界に溺れる男女3人のポエジーな三角関係

山本直樹原作の漫画『ファンシー』が国内外の話題作で圧倒的な存在感を放っている名優、永瀬正敏を主演に迎え、このうえなくユニークにして狂おしい実写映画化が実現しました。

映画『ファンシー』は2020年2月7日(金)よりテアトル新宿ほかにて全国順次公開されます。

また、本作のメイン写真と個性的なキャラクターたちを捉えた場面写真が解禁されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

原作:山本直樹について

参考:映画『ファンシー』公式ツイッター

https://twitter.com/fancy20200207/status/1194258221751422978

『あさってDANCE』『BLUE』『ありがとう』などで熱狂的なファンを獲得し、連合赤軍をモデルにした『レッド Red』で文化庁メディア芸術祭漫画部門の優秀賞を受賞した山本直樹

数多くの映像化作品もある、このコミック界の人気作家は、性愛に溺れる人間たちの悲哀や滑稽さを、過激なまでに大胆な官能描写とともにあぶり出す鬼才として名高いんです。

そんな山本のエロス漫画『ファンシー』は、1998年発行の『学校』に収録された異色の短編(2009年発行『夕方のおともだち』再収録)です。

映画『ファンシー』のキャスト紹介

参考:鷹巣明役・永瀬正敏の場面写真


(C)2019「ファンシー」製作委員会

河瀬直美監督と組んだ『あん』(2015)『光』(2017)『Vision ビジョン』(2018)、ジム・ジャームッシュ監督との久々のコンビ作『パターソン』(2016)における名演も記憶に新しく、国内外のフィルムメーカーからの出演オファーが絶えない永瀬正敏が演じるのは、ミステリアスな元彫師の郵便屋

虚無的にして粗暴でありながら、なぜか懐の深い人間味をも感じさせるこの主人公と、ロマンティックな詩を紡ぐペンギンが織りなす摩訶不思議な友情劇に目を奪われずにいられなません。

参考:ペンギン役・窪田正孝の場面写真


(C)2019「ファンシー」製作委員会

山本直樹の原作漫画でペンギンそのものとして描かれる詩人の奇想天外なキャラクターを、映画やドラマに引っ張りだこの実力派、窪田正孝が唯一無二の存在感で体現しているのも必見です。

参考:月夜の星役・小西桜子の場面写真


(C)2019「ファンシー」製作委員会

対照的なふたりの男性の間で少女から女へと艶めかしく変貌を遂げる月夜の星に扮し、体当たりの熱演を披露するのは小西桜子

2019年の第72回カンヌ国際映画祭に出品された三池崇監督、窪田正孝主演のラブ・ストーリー『初恋』のヒロイン役にも抜擢された注目の新人女優です。

また、鷹巣が務める郵便局の所長に田口トモロヲ鷹巣の父親役に宇崎竜童、鷹巣に入れ墨を彫ってもらう殺し屋役に深水元基、鷹巣の元後輩でヤクザの組員に長谷川朝晴ヤクザの若頭役に坂田 聡、鷹巣が働く郵便局の同僚役に吉岡睦雄鷹巣の旧友役に榊 英雄鷹巣の元妻役に佐藤江梨子といった個性豊かなベテラン、中堅俳優たちが脇を固め、泥船のごとき人生を生きる人間たちのおかしみと哀感に満ちた群像ドラマを彩っています。

スポンサーリンク

映画『ファンシー』の作品情報


(C)2019「ファンシー」製作委員会
【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
山本直樹『学校』より

【監督】
廣田正興

【脚本】
今奈良孝行、廣田正興

【キャスト】
永瀬正敏、窪田正孝、小西桜子、深水元基、長谷川朝晴、坂田聡、今奈良孝行、飯島大介、吉岡睦雄、澤真希、阿部英貴、ガンビーノ小林、つぼみ、尚玄、川口貴弘、榊英雄、佐藤江梨子、外波山文明、宇崎竜童、田口トモロヲ

映画『ファンシー』のあらすじ


(C)2019「ファンシー」製作委員会

とある地方の寂れた温泉街。時が止まったように昭和の面影を色濃く残すこの町で彫師稼業を営む鷹巣明(永瀬正敏)は、昼間は郵便配達員として働き、町外れの白い家に住む若き詩人にファンレターを届けています。

一日中サングラスをかけている謎めいた鷹巣と、ペンギン(窪田正孝)と呼ばれる浮世離れしたポエム作家はなぜかウマが合い、毎日たわいない雑談を交わしていました。

そんなある日、ペンギンのもとに彼の熱狂的なファンである月夜の星(小西桜子)という女子が「妻になりたい」と押しかけてきます。

折しも地元の町では、ヤクザの抗争など血生臭い出来事が続発。やがてニヒルで粗暴な鷹巣、ロマンティストで性的不能のペンギン、少女のように夢見がちな月夜の星が陥った奇妙な三角関係は、激しく危うげに捻れていくのでした…。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2019「ファンシー」製作委員会

元彫師の郵便屋、ロマンティストの詩人・ペンギン、詩人のファン・月夜の星の男女3人が織りなす関係がどのような展開を迎えるのでしょうか。

そして、今回解禁されたキャラクター写真からも個性豊かな俳優たちによって彩られた物語に期待が高まりますね。

映画『ファンシー』は2020年2月7日(金)よりテアトル新宿ほかにてロードショーです。




関連記事

新作映画ニュース

父を想う眼差しから家族の愛が溢れる。映画『長いお別れ』新場面写真が解禁

『長いお別れ』新場面写真が解禁 中野量太監督の映画『長いお別れ』が2019年5月31日(金)にロードショーされます 映画『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016)の中野量太監督が、直木賞受賞作家・中島京子 …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャストの後輩の母親・千春役は江本純子【演技力の評価とプロフィール】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

新作映画ニュース

真野恵里菜映画『青の帰り道』あらすじとキャスト。上映館や公開日の情報紹介

2018年12月7日に全国公開される真野恵里菜主演の映画『青の帰り道』。 群馬県前橋市と東京を舞台に、人生が交差する7人の姿を描いた青春群像劇です。 それぞれの⼈⽣が交錯し、過去の思いを胸に抱きながら …

新作映画ニュース

角田光代原作映画『愛がなんだ』 本予告映像&本ビジュアル&主題歌解禁!【岸井ゆきの×成田凌】

好きと言えない、全ての人へ。 直木賞作家、角田光代のみずみずしくも濃密な片思い小説を“正解のない恋の形”を模索し続けてきた恋愛映画の旗手、今泉力哉監督が映画化した『愛がなんだ』。 主演に岸井ゆきのを迎 …

新作映画ニュース

映画『ホムンクルス』伊藤学役は成田凌。演技力の評価とプロフィール紹介

サイコミステリー『ホムンクルス』は2021年4月2日公開 山本英夫原作の国民的カルト漫画を、『呪怨』シリーズ、『犬鳴村』など国内外で活躍する日本ホラー界の巨匠・清水崇監督が綾野剛を主演に迎え実写化した …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学