Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/02/15
Update

ガラスの仮面戦国時代篇!キャストが語る映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』宿命のライバルとは?

  • Writer :
  • 石井夏子

第91回アカデミー賞2部門ノミネートされた映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』

『レディ・バード』(2018)のシアーシャ・ローナンと『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2018)のマーゴット・ロビーというアカデミー賞ノミネート女優たちが、激動の16世紀英国を生きたふたりの女王を演じる映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』。

公開が続いている英国王室ものですが、どうぞ本作は“ガラスの仮面 戦国時代篇”と憶えて頂きたい!

そんな宿命のライバル関係を紐解くキャスト・スタッフのインタビュー映像が到着しました。

映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』は2019年3月15日(金)TOHOシネマズシャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー!

スポンサーリンク

映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』キャスト・スタッフのインタビュー映像

この度到着した動画は、出演者たちと監督、脚本家によるふたりの女王についての証言と共に本編映像が収められています。

エリザベス1世を演じたマーゴット・ロビーが「2人の関係は複雑だった。彼女たちは、唯一お互いを理解し合える立場にいた。でも同時に相手を脅かす存在だったの」と話します。

高い位を持つ女性への反発、王座を巡る内乱、病気に罹れば喜ばれる。

いつ誰に狙われているとも知れない危険な状況に常に立ち続けるメアリーとエリザベスは最もお互いの“女王としての感情”を分かりあえるはずでした。

血の繋がった者同士、いつか笑顔で語り合う日を夢見ていたに違いありません。

しかし、運命の流れはふたりの溝を深めていくのでした。

日本と英国の戦国時代が奇跡のシンクロ


©2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

弱小国イングランドが大国スペインに打ち勝ち(1588年)、ゴールデンエイジを築いたエリザベス1世。

その治世を継いだ(1603年)のはメアリー・スチュアートの息子ジェームズ。

スコットランド王だったジェームズがイングランドの王にもなり、現在の英国王室につながる繁栄を築きました。

イマイチ理解しづらいヨーロッパ史ですが、同時期の日本は戦国時代

これが奇跡的にシンクロしているんです!

ムーブメントを起こした人の後に


©2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

天下統一を目指した織田信長(1573年)。

あと一歩で統一…というところで、志半ばに信長は潰えましたが、豊臣秀吉がその思いを継いで天下を統一(1590年)。

そして、徳川家康が秀吉の死後に日本列島をまとめ上げ、以後徳川家が将軍を世襲していくことになります。

大きなムーブメントを起こした人の後には、その余波をまとめる人物が現れ、その治世が続く点でシンクロ!

同級生ばっかり!?


©2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
エリザベス1世(1533年生まれ)は織田信長(1534年生まれ)の1歳年上メアリー・スチュアート(1542年生まれ)は徳川家康(1543年生まれ)の1歳年上

そして家康が征夷大将軍に任命され江戸に幕府を樹立した江戸時代が始まったのも、イングランド女王エリザベス1世が崩御し、メアリー・スチュアートの息子でスコットランド王ジェームズ6世がイングランド王ジェームズ1世として2つの国を治める史上初めての国王として即位しスチュアート朝が始まったのも、同じ1603年

ちなみに豊臣秀吉と同じ年に生まれたのはエリザベス以前にイングランド王だったエドワード6世と9日間の女王ことジェーン・グレイで3人とも1537年生まれ

まったく同じ時代に日本も英国も天下統一をめぐる戦国時代でした。

スポンサーリンク

『ガラスの仮面』の「二人の王女」のモデルはメアリーとエリザベス


©2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

漫画家・美内すずえの代表作『ガラスの仮面』。

その中に登場する劇中劇「二人の王女」では、北島マヤ演じるまばゆいばかりの微笑みを絶やさない博愛の王女アルディスと、姫川亜弓演じる冷たく復讐心に燃えるオリゲルドが描かれます。

自分の出自を疑うことなく周囲に無償の愛を振りまくアルディスと、自分からすべてを奪った国への復讐と王位継承権を手にすることを目指すオリゲルド

この劇中劇にメアリーとエリザベスを思い出す人は多いでしょう。

生まれながらに高貴な王女として生まれ、蝶よ花よと愛を注がれて育ったメアリー・スチュアートとマヤが演じるアルディス。

王女として生まれたはずが、母が姦通罪(「二人の王女」では反逆罪)で処刑され、自らも幽閉されていたエリザベス1世と亜弓が演じるオリゲルド。

漫画の中でもマヤと亜弓、アルディスとオリゲルドの宿命の対決が描かれましたが、本作『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』でも、ここ数年のアカデミー賞ノミネート常連のシアーシャ・ローナンとマーゴット・ロビーの実力派若手女優ふたりが、生まれながらに王位継承権を争い、演技合戦を繰り広げます。

映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』の作品情報


©2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2019年(イギリス映画)

【監督】
ジョージー・ルーク

【キャスト】
シアーシャ・ローナン、マーゴット・ロビー、ジャック・ロウデン、ジョー・アルウィン、ジェンマ・チャン、マーティン・コムストン、イスマエル・クルス・コルドバ、ブレンダン・コイル、イアン・ハート、エイドリアン・レスター、ジェームズ・マッカードル、デヴィッド・テナント、ガイ・ピアース

【作品概要】
16世紀英国王室に生きるふたりの女王を描いた英国王室のヒューマンドラマ。

メアリー・スチュアート役は『レディ・バード』のシアーシャ・ローナンが演じ、エリザベス1世役には『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』のマーゴット・ロビーが務めます。

ともにアカデミー賞にノミネートされる実力派女優が、同じ時代に生き、同じ立場でありながら対立していく2人の女王を演じます。

2人の脇を固めるのは、ジャック・ロウデン、ジョー・アルウィンなどのイギリスを中心に活躍する注目の舞台俳優から、ガイ・ピアーズやイアン・ハートなど映画でも活躍する実力派俳優などバラエティに富んだ顔ぶれです。

監督は、ロンドンの演劇界で活躍する女性演出家で、映画監督はこれがデビュー作となるジョージー・ルーク。

衣装デザインを担当したアレクサンドラ・バーンと、ヘアメイク担当のジェニー・シャーコアは、第91回アカデミー賞にノミネートされました。

スポンサーリンク

映画『二人の女王 メアリーとエリザベス』のあらすじ


©2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

スコットランド女王メアリー・スチュアートとイングランド女王エリザベス1世の波乱に満ちた人生を描きます。

生後すぐにスコットランド女王、16歳でフランス王妃となったメアリー・スチュアートは、未亡人となった18歳にスコットランドへ帰国し王位に戻りました。

さらに、メアリーは隣国イングランドの王位継承権を主張、エリザベス1世の権力を脅かします。

恋愛、結婚、出産を経験し、若く美しく自信にあふれたメアリーに複雑な想いを抱くエリザベス。

誰よりも理解し合えたはずの孤独な若き女王たちは、従姉妹でありながら恐れ合い、それぞれ陰謀渦巻く宮廷の中で運命に翻弄され戦うのでした…。

まとめ


©2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

日本の戦国時代と「ガラスの仮面」で描かれる宿命の対決。

運命の女神はいつもどちらに微笑むのか分からない

本作は、「ガラスの仮面」のような宿命の対決と、日本の戦国時代とシンクロする歴史を合わせ持つ、“ガラスの仮面 戦国時代篇”と是非憶えて下さいね。

映画『二人の女王 メアリーとエリザベス』は2019年3月15日(金)TOHOシネマズシャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー

関連記事

新作映画ニュース

今週おすすめ映画!上映される最新の洋画邦画の人気ランキング【2018/9/7より公開】

今週9月7日(金)より、劇場公開されるオススメの新作映画を、恒例の映画ライターさんイチオシまとめ! 「映画鑑賞するのに失敗したくない!」 「おすすめの動画配信サイトで何を見たらいいの?」などのお悩みを …

新作映画ニュース

映画『皮膚を売った男』キャスト/上映館。日本劇場公開決定のアカデミー賞話題作は矛盾に満ちた世界の在り様を描く

自身がアート作品になった男が辿る「数奇な運命」とは…。 2020年のヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門で男優賞を受賞し、東京国際映画祭でも正式出品され、さらに第93回アカデミー賞国際長編映画賞にノ …

新作映画ニュース

山田裕貴が始球式登板の画像!父は元プロ野球選手。映画『あの頃、君を追いかけた』

10月5日(金)から全国ロードショーされる映画『あの頃、君を追いかけた』の主演を務める山田裕貴が、本日8月10日にナゴヤドームで行われた中日・ヤクルト戦の始球式に登板しました。 以前から夢だったという …

新作映画ニュース

福山雅治×石田ゆり子映画『マチネの終わりに』あらすじとキャスト。平野啓一郎の小説を映像化!

交錯する想い、あらがうことの出来ない運命 出会ってしまった二人の愛の結末とは。 東京・パリ・ニューヨークを舞台に音楽家とジャーナリストの男女二人が、出会い、悩み、そして愛した6年の歳月。 芥川賞を史上 …

新作映画ニュース

映画『15ミニッツ・ウォー』あらすじとキャスト。実話を描いたアクションの日本公開は10月11日!

前人未聞の人質救出作戦。 壮絶な実話を基に描く“極限の戦場”! 人質は21人の子どもと美人女性教師。5人のスナイパーVSテロリスト © 2019 EMPREINTE CINEMA – SND-GROU …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学