Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

『水の中のつぼみ』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。セリーヌ・シアマ監督が思春期の少女たちの複雑な心身の葛藤を活写

  • Writer :
  • からさわゆみこ

大人の入り口に立った15歳の少女が抱く、心のざわつきを瑞々しく描いた作品

今回ご紹介する映画『水の中のつぼみ』は、『燃ゆる女の肖像』(2020)のセリーヌ・シアマの初監督作品です。

本作はシアマ監督の体験を基に書かれた、少女から女性になる狭間で揺れ動く思春期・・・。少女達の心と体のギャップに戸惑う、みずみずしい姿を描いた青春ドラマです。

また、2007年カンヌ映画祭の“ある視点”部門にて正式上映作品に選出され、若干27歳のシアマ監督の才能に注目を集めました。

シンクロナイズドスイミングクラブの競技発表会に、親友のアンヌの応援に来た15歳のマリーは、ジュニアチームの演技と、キャプテンをしている美少女フロリアーヌに憧れを抱きます。

やがてマリーの気持ちは、フロリアーヌに近づきたい一心一杯になります。そして、同じスイミングスクールに入会する決心をするのですが・・・。

スポンサーリンク

映画『水の中のつぼみ』の作品情報

(C)Les Productions Balthazar 2007

【公開】
2008年(フランス映画)

【原題】
Naissance des Pieuvres

【監督・脚本】
セリーヌ・シアマ

【キャスト】
ポーリーヌ・アキュアール、アデル・エネル、ルイーズ・ブラシェール、ワラン・ジャッカン、クリステル・バラ、マリー・ジリ・ピエール、アリス・ドゥ・ランクザン、クレール・ピエラ

【作品概要】
『水の中のつぼみ』はマリーを中心にフロリアーヌ、アンヌの3人の少女に焦点をあて、それぞれの思春期にありがちな、悩みや不安、初めて知る嫉妬心の苦悩を表しています。

マリー役のポーリーヌ・アキュアールは、公園でスカウトされた演技未経験の少女です。アンヌ役のルイーズ・ブラシェールは、オーディション募集に応募し選出されました。

唯一、すでに女優として活躍していたのが、カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作『BPM ビート・パー・ミニット』(2017)のアデル・エネルがフロリアーヌ役を演じます。

アデルは第72回カンヌ国際映画祭で脚本賞とクィアパルム賞を受賞した『燃ゆる女の肖像』(2020)で、再びセリーヌ・シアマ作品に出演しています。

映画『水の中のつぼみ』のあらすじとネタバレ

(C)Les Productions Balthazar 2007

プールのロッカー室に集まる少女達が、これから始まるシンクロナイズドスイミングのクラス発表会の準備をしています。

クラスの中でも体の発達が早く、他の子達より大きいのがアンヌです。でも、心はまだまだ幼く、緊張しているのをチームメンバーに励まされます。

マリーは親友のアンヌが出場する、この発表会を観にきます。年代別で演技は進み、ジュニアクラスの番が始まると、マリーはチームキャプテンでひときわ美しい少女、フロリアーヌに目を奪われました。

着席するのも忘れ立ちつくし、観客に座るよう促されるほど衝撃をうけたマリーは、食い入るように演技に魅入り、フロリアーヌが憧れの的になりました。

ロッカールームの前でアンヌが出てくるのを待つマリーの前に、憧れのフロリアーヌが現れると、おもわず声をかけようとしますが、勇気が出せず彼女の背をみつめるだけでした。

次々に他の選手が出ていく中、アンヌは水着のままベンチに座っています。同世代の他の選手よりも身体が大きいことを気にして、着替えられなかったからです。

ロッカールームに誰もいなくなったのを見計らい、着替えようと全裸になったとき、誰もいないと誤解した男子が入ってきて、裸姿を見られてしまいます。

出てくるのが遅いアンヌに文句を言うマリーですが、自転車で2人乗りをして帰ります。マリーは自宅のバスタブで、シンクロの真似事をしフロリアーヌのことを思います。

そして、スクールのシンクロクラブに入会することを決意し、マリーは申し込みをしに受付に行きますが、次の申し込みは1ヶ月先の9月からだといわれます。

アンヌの家に遊びに行ったマリーは、洗剤の入った箱をダンベル代わりに筋トレします。マリーは華奢な体型にコンプレックスがありました。

アンヌは少しだけ筋肉がついたと、マリーにメジャーを見せて励まし、自分は太っているのがコンプレックスだといいます。

そして、シンクロのメンバーが主催するパーティがあるから、マリーを誘いました。アンヌは自分の裸を見たフランソワーズが、ファーストキスの相手だと決めていました。

アンヌは薄く口紅を塗り、肌の露出した服を着て、マリーは着るものに迷いながら、普通の服を選んで出かけます。

パーティ会場につくとアンヌは、意中の男子フランソワーズをみつけ、目くばせしながら踊り狂います。

マリーはフロリアーヌを捜すために家の中をうろつき、フロリアーヌが退屈そうにしているのをみつけますが、声はかけられませんでした。

少しすると彼女がレストルームに入っていき、マリーもついて行きます。気分が悪かったのか、フロリアーヌは嘔吐して出てきます。

口元を洗うフロリアーヌにマリーは「シンクロを見た」と声をかけます。彼女は無関心な態度をとりますが、マリーは続けて「きれいだった」と感想を言います。

そして、マリーは練習の見学を許可してほしいと頼みます。フロリアーヌはマリーからガムをもらって嚙むと、マリーの鼻元に口を寄せて臭くないか聞き、見学のことは無視して出ていきます。

パーティールームに戻ったフロリアーヌは、フランソワーズと濃厚なキスをしはじめ、それを見たアンヌはショックをうけ帰ってしまいます。

同じようにそれを目撃したマリーもフロリアーヌに、複雑な気持ちを抱きました。

マリーはスイミングスクールの前で、フロリアーヌを待ちぶせしました。彼女が来ると迷わず声をかけ、練習を見学させてくれればなんでもすると頼み込みます。

フロリアーヌは今は特にないと立ち去りますが、すぐに振り返り“物好きな子”とでも思うように「水着はある?」と聞いて見学を許しました。

華奢な自分に自信がないマリーは、なかなか水着に着替えられません。他の子達が着替えて出て行くと、やっと着替え始めました。

マリーは特にすることもなく、プールサイドで練習を眺めていると、チームメンバーの気が散るからか、フロリアーヌはプールに入るよう勧めます。

プールに入ったマリーは水の中に潜り、フロリアーヌ達が練習に励む姿を見ます。水面上では優雅で美しいシンクロをみせる彼女達は、水中では必死に足で水を掻いていました。

その鍛え上げられた彼女達のしなやかな体型に、マリーは感動すら覚えて至近距離で見学をし、自分との違いを見せつけられ落ち込みます。

以下、『水の中のつぼみ』のネタバレ・結末の記載がございます。『水の中のつぼみ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)Les Productions Balthazar 2007

練習が終わりロッカールームで、フロリアーヌがバナナを丸かじりしていると、それを見ていたチームメイトが、何人もの男性とセックスの経験があるから、そういう食べ方ができると言いがかりをつけます。

フロリアーヌはそのチームメイトを子供扱いするように、「そうよ、大好きだもの」と言ってのけました。

マリーはさらに複雑な心境に陥ります。そんなマリーにフロリアーヌは、頼みごとがあると、夜になったら家に来るよう誘います。

フロリアーヌの家を訪ねたマリーにフロリアーヌは、外を歩こうと誘います。彼女について行くと廃屋に辿り着き、そこにはフランソワーズが待っていました。

フロリアーヌは家族の眼を盗んで、フランソワーズと会うため、マリーを口実に利用しただけでした。

マリーは長時間、そこで待たされる羽目になり、フロリアーヌに不満を言うと、次の日のシンクロの大会に来るかと誘われます。

フロリアーヌはコーチにマリーのことを“従妹”と言って嘘をつきますが、なんの疑いももたれず同行します。彼女はコーチのことを「私の言いなり」だと言います。

会場に着くとコーチはフロリアーヌに、事前のマッサージをしにきます。彼女は一度、断りますがリラックスできるといわれ、応じることにします。

控室を出たマリーは別のチームの選手に「あなたの友だちって娼婦ね」と言われます。マリーはとっさに「友だちじゃない」と言ってしまいます。

マリーは嫌な気持ちを持ったまま、プールサイドに行きますが、彼女達の完璧な演技を観るとすぐに心は晴れました。

チームは優勝し、帰りのバスで選手達は喜びあいます。フロリアーヌはメダルをマリーにあげ、明日の晩も家に来てほしいと頼み、マリーは承諾しました。

地元に帰ったマリーは、アンヌの家に行きます。アンヌはマリーをずっと探していたのに、どこに行っていたのかと問い詰めてきます。

マリーはフロリアーヌの嘘をまねて、急に従姉と出かけることになったといい、フロリアーヌと一緒に大会に行ったことを隠しました。

翌日、アンヌは近所のお婆さんから犬を借り、散歩をしているふりをして、フランソワーズの家の前で待ち伏せをします。

家から出てきたフランソワーズに、偶然を装い声をかけますが、アンヌは彼に無視されてしまいます。

一方、マリーはフランソワーズと逢う口実と知りながら、1時間で戻るというフロリアーヌに、マリーはもう待たないから、好きなだけ男と寝ればいいと言って去ります。

去っていくマリーをフロリアーヌは、意を決したように追いかけ、彼女を引き止めると、彼とも誰とも寝たことはないと言いますが、彼女の素振りや噂を信じるマリーは疑います。

フロリアーヌはマリーの手を握り、本当のことだと涙目で訴えます。2人は見晴らしの良い場所に座り、フロリアーヌは話し始めます。

マッサージをしに来たコーチは、更衣室の隅に追い詰め「好きだ」と言ってきたから、彼女のことを嫌うチームメイトに、見せつけるため1回だけキスしてやったと話します。

また、1人で練習していた時に、クラブの男子が水中で自分の股間を見せてきたと教え、驚くマリーに“よくあること”と言いますが、マリーにはそんな経験は一度もありません。

そんなマリーをフロリアーヌは羨ましいと告げます。そして、彼女は改めてマリーを家に誘い、他愛のない時間をすごします。

マリーは突然、哲学的なことを語り始めます。90パーセントの人は最後にみるのが天井で、人が死ぬときに最後に見たものが、目に焼き付くものだと語ります。

フロリアーヌは天井が違って見えてくると、マリーの手をそっと握りました。

マリーはフロリアーヌと一夜をすごし、明け方と家を出ました。その時、マリーはフロリアーヌが捨てた部屋のゴミをそっと持ち帰り、彼女を感じられるものを愛でます。

このことがきっかけで、マリーは体型が気にならなくなった代わりに、フロリアーヌがフランソワーズとキスをするのを見て、嫉妬するようになっていきます。

そんなフロリアーヌが意外なことをマリーに打ち明けます。フランソワーズからセックスを迫られると、寸前で嫌な気分になると言います。

フロリアーヌはこのままでは、処女であることがバレてしまうと焦っていました。彼女は経験済みであることに、こだわるがあまり見知らぬ男とセックスをしようと考えます。

そして、マリーにディスコで相手を探すから、ついて来てほしいと頼みます。中年の男に誘われたフロリアーヌは、彼についていきますが、マリーが止めに入り失敗します。

それでもフロリアーヌは、止めに来てくれたマリーに感謝します。ただし彼女はマリーに男のように処女を奪ってほしいと言い、マリーは怖気づきフロリアーヌの願いを断ります。

マリーは久し振りにアンヌと遊びます。ところがアンヌはアクセサリーショップで万引きをしたり、ファストフードで幼児用のセットを食べたがり、店員を困らせます。

マリーはアンヌの幼稚な面に嫌気がさし、他の子よりも身体の成長が早いと言ってた彼女に、ただの肥満だと罵倒し、幼稚さをバカにして絶交すると言ってしまいます。

傷心したアンヌはフランソワーズに、万引きしたペンダントをプレゼントしました。

そのころフロリアーヌはマリーに今夜、彼が家に来ると言います。マリーはあの時の頼み事を引き受けると言います。

フロリアーヌはベッドに横になり、マリーは恐る恐る彼女の陰部に手を入れます。フロリアーヌは苦悶の表情をしました。

しばらくするとフランソワーズがフロリアーヌ家に来ます。マリーは入れ違いに家を出て、フロリアーヌの部屋をみつめ、彼女のことを思い涙をながします。

そして家に帰ったマリーは持ち帰った、フロリアーヌを感じられる物を全て捨てました。

その晩、アンヌはフランソワーズの家の前に行き、庭先に穴を掘って、自分の身に着けていたランジェリーを埋める奇行に走ります。

家に戻ったアンヌが手を洗っていると、そのフランソワーズが訪ねてきました。彼はペンダントの礼を言い、家に誰もいないことを知ると、アンヌに迫り彼女の身体を触り始めます。

アンナは彼を受け入れ初体験をしました。次の日、マリーの家に行ったアンナは、フランソワーズとのことを話しました。

しかし、昨夜はフロリアーヌの家で彼は一緒だったと話すと、アンヌはフランソワーズがフロリアーヌから拒絶されたと言っていたと話します。

結局、フロリアーヌは彼とセックスをしませんでした。アンヌは何かふっ切れたかのように、今夜もシンクロのパーティーがあると誘います。

パーティーの家でアンヌは再び、フランソワーズから身体を求められます。彼が「君のことが好きかも」と言ったとたんアンヌは彼の口の中に唾を吐きました。

一方、新しい相手を捜すフロリアーヌに、マリーは今度は自分から頼みたいことがあると、切り出しました。

ところがマリーはなかなか言いだせず、フロリアーヌをみつめるだけです。そんな彼女を見てフロリアーヌは、マリーを蔑むように唇にキスをします。

口紅が落ちるほどの激しいキスをしたあと、フロリアーヌは「どう?簡単でしょ?」と言い放ちマリーの元を離れます。

会場に戻ったフロリアーヌは独りで踊り、マリーはプールの水で口元を洗って、そのまま中に飛び込みます。浮上するとそこにはアンヌもいて、彼女もプールに飛び込みます。

2人は水面に大の字になって浮かび、マリーは何かに目覚めたように夜空を見上げます。

スポンサーリンク

映画『水の中のつぼみ』の感想と評価

(C)Les Productions Balthazar 2007

映画『水の中のつぼみ』は子供と大人の狭間の思春期で、体つきの変化や感情の起伏に困惑する3人の少女が主役でした

思春期のあがきをシンクロナイズドスイミングの演技と重ね、水面上は優雅な笑顔で平静を演じ、水面下の激しい足技から連想させました。

鑑賞後、この少女達に共感する女性は多いはずです。焼きもちは焼いたことはあるけど、それが憎しみに変わる瞬間や性への興味など、誰にでも心当たりのある世代の話です。

ただ1つ稀有だったのは、マリーの性的マイノリティーのほのめかしでした。同性の先輩やアイドルなどへの“憧れ”を抱く人は多くても、恋愛感情に移行し苦悩したことです。

そもそもマリーはアンヌとも仲良しで、アンヌは異性への興味や体つきへのコンプレックスがあり、マリーはプールでフロリアーヌを見てから、自分とのギャップに気づきます。

フロリアーヌの大人びた容姿と妖艶な佇まい、意識していなくても、自然と男性にセックスアピールしているように見られてしまう。彼女にはそれが悩みがでした。

大人ぶりたくて背伸びしてしまうフロリアーヌは、そのことを自分の武器にし、男性を翻弄し利用したりします。

それでも彼女はアンヌのように性交に対し解放的ではなく、むしろ慎重で怯えていたことに、見た目と心は違うと伝えています。

フロリアーヌは他の女の子たちが彼女を嫌う中、必死に自分に近づこうとするマリーに興味を持ち、マリーの思惑を試すかのように、恋人と会う口実に利用したりします。

マリーは利用された苦渋を味わいますが、2度目には「待たない」とキッパリ断ったことで、フロリアーヌはマリーを心を許せる相手と認知し、引き止めたのでしょう。

自分の苦悩をはじめてマリーに話し、フロリアーヌはマリーなら一線を越えてしまいそうな自分を救ってくれると、考えたように思いました。

アンヌも同じでした・・・。フランソワーズと一線を超え、逆に悪い事に走りそうになる自分が怖くなって、マリーに救いを求めました。

フロリアーヌがマリーにキスをしたのは、彼女は自分に告白したコーチと“同様”と本能でわかったからです。

フロリアーヌはマリーが自分を友達としてではなく、恋愛の対象として見ていると感じた時、ガッカリして「一度だけキスをしてやった」のでしょう。

ラストシーンのマリーとアンヌが水の中、フロリアーヌが1人で踊る姿は、3人の未来を示すようでもあります。

マリーは恋愛対象が同性ということを“肯定”しながら成長し、アンヌはそんなマリーの“理解者”として、水に漂うような友人関係が続くでしょう。

一方、フロリアーヌは異性同性どちらからも、性的な対象でしかないことに、孤独を感じながら生きていくのでしょうか?

フロリアーヌの生き方はまさに、シンクロナイズドスイミングの選手そのもの・・・本来優しい面もあり、身持ちも固い女の子です。

見た目の偏見がない理解者を捜すのか、孤独を選んでいくのか・・・寂しさを醸し出すダンスが続きました。

まとめ

(C)Les Productions Balthazar 2007

映画『水の中のつぼみ』はセリーヌ・シアマ監督のデビュー作でしたが、関係者の間では初作品とは思えない完成度と、高い評価を得た作品です。

ロケ地はシアマ監督の生まれ故郷が中心で、脚本の内容には監督自身の見た経験が、盛り込まれているとインタビューで話しています。

監督はどの世代がみても共感を呼ぶ、“普遍的”な作品に仕上げるため、大人の登場を最低限にし、時代(世代)を感じさせるような機器も採用しませんでした。

“思春期”の心の機微は、今も昔も未来永劫に変化しない、みずみずしさがなければ意味が無いからとも語り、フラットな演出にこだわりました。

マリー役のポーリーヌ・アキュアールが、『ラ・ブーム』(1980)のソフィー・マルソーを思いださせます。

『ラ・ブーム』も思春期の青春を描いた作品です。すると『水の中のつぼみ』は時代を問わず、共通したメッセージがある作品だと納得させられました。

また、性的マイノリティーの目覚めをほのめかした物語を、丁寧に描いておりマリーがフロリアーヌとキスをして、口元を洗ったシーンから2通りの見方もできるでしょう。

マリーは同性愛者だと自覚するのか?憧れが一気に覚めるのか?どちらともとれ、「意外と簡単」別に特別なことでもない・・・そんな想像を掻き立てられる映画でした。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

松本穂香映画『わたしは光をにぎっている』あらすじネタバレと感想。光石研らキャストの魅力際立つ“終わり方”の物語

映画『わたしは光をにぎっている』は2019年11月15日(金)より全国順次公開 『四月の永い夢』で国内外の映画賞を賑わした中川龍太郎監督の最新作。 時代と共に消えゆく街並みと人々の切ない「終わり方」を …

ヒューマンドラマ映画

映画『真夜中モラトリアム』あらすじと感想レビュー。大人である事を一時停止させた“真夜中の同窓会”

磯部鉄平監督作品が、アップリンク吉祥寺にてレイトショー公開! 「大阪アジアン映画祭」インディ・フォーラム部門「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」「Kisssh-Kissssssh映画祭」など、さまざま …

ヒューマンドラマ映画

映画『虹色デイズ』あらすじとキャスト紹介。【佐野玲於×中川大志×高杉真宙×横浜流星】

佐野玲於×中川大志×高杉真宙×横浜流星 カルテット主演『虹色デイズ』7月6日(金)全国公開! 別冊マーガレットで連載されていた少女漫画でありながら、男子目線で物語が展開されるという斬新なストーリーが話 …

ヒューマンドラマ映画

映画『チェルノブイリ1986』あらすじ感想と評価解説。現在も原発事故の真実は忘れられない!“対応に従事した消防士たちの活躍”

命を懸けてチェルノブイリ原発事故の危機回避に挑んだ人々の実話! 映画『チェルノブイリ1986』が、2022年5月6日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国ロードショーとなります。 1986年に起こったチ …

ヒューマンドラマ映画

ストーリーオブフィルム映画を学ぶ!ドキュメンタリー番組放送日は?

映画史の裏に隠された物語は、表舞台の華やかさとともに楽しめるエピソードが満載。 当時の映像や関係者へのインタビューなど、『ストーリー・オブ・フィルム』全15話で辿るドキュメンタリー。映画の誕生から今日 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学