Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ニューヨーク 親切なロシア料理店』ネタバレ感想解説と結末までのあらすじ。見知らぬ人との交流を通して“優しさ”にふれる

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

デンマーク出身の女性監督ロネ・シェルフィグが描くヒューマンドラマ『ニューヨーク 親切なロシア料理店』。

『17歳の肖像』『ワン・デイ 23年のラブストーリー』で知られる女性監督ロネ・シェルフィグが、老舗の料理店に集う人たちの交流を描いた作品。

DVの夫から逃れ、息子2人とニューヨーク・マンハッタンにやって来たクララが辿り着いたのは、創業100年を超える老舗ロシア料理店「ウィンター・パレス」でした。

都会の片隅で、それぞれが何かを抱えつつも見知らぬ人に手を差し伸べようとする、ほろ苦くも優しいヒューマンドラマです。

スポンサーリンク

映画『ニューヨーク 親切なロシア料理店』の作品情報


(C)2019 CREATIVE ALLIANCE LIVS/RTR 2016 ONTARIO INC. All rights reserved

【日本公開】
2020年(デンマーク・カナダ・スウェーデン・ドイツ・フランス合作映画)

【原題】
The Kindness of Strangers

【監督・脚本】
ロネ・シェルフィグ

【製作】
マリーヌ・ブレンコフ、サンドラ・カニンガム

【キャスト】
ゾーイ・カザン、アンドレア・ライズボロー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、タハール・ラヒム、ジェイ・バルチェル、ビル・ナイ、ジャック・フルトン、フィンレイ・ボイタク=ヒソン

【作品概要】
監督を務めるのは『17歳の肖像』(2010)、『ワン・デイ 23年のラブストーリー』(2012)などで知られるデンマークの出身のロネ・シェルフィグ。

キャストは主人公クララ役を『ルビー・スパークス』(2012)のゾーイ・カザン、『ナンシー』(2020)、アリス役には『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』(2018)のアンドレア・ライズボロー。

またマーク役『ダゲレオタイプの女』(2016)のタハール・ラヒム、ジェフ役に『スリー・ビルボード』(2018)のケイレブ・ランドリー・ジョーンズらが顔を揃えます。更にロシア料理店のオーナー役にイギリスの名優ビル・ナイも出演しています。

2019年・第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品。

映画『ニューヨーク 親切なロシア料理店』のあらすじとネタバレ

(C)2019 CREATIVE ALLIANCE LIVS/RTR 2016 ONTARIO INC. All rights reserved

ニューヨークのマンハッタンで、創業100年を超える伝統を誇るロシア料理店「ウィンター・パレス」。刑務所を出所したマーク(タハール・ラヒム)は弁護士であり、友人のジョン・ピーター(ジェイ・バルチェル)に連れられ「ウィンター・パレス」に食事に来ていました。

そこでオーナーであるティモフェイ(ビル・ナイ)に出会い、商売下手なティモフェイに代わり店を建て直すためマネージャーとして働くことになりました。

「ウィンター・パレス」の常連客のアリス(アンドレア・ライズボロー)は恋人に裏切られて以来、緊急病棟の激務におわれ、更に教会で〈赦しの会〉というグループセラピー活動やホームレスの方々への炊き出しなどを行い、他人に尽くす日々を送っています。

アリスが行う炊き出しにふらっとやって来たのは、ジェフ(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)でした。

ジェフは不器用が故にどんな仕事をやってもうまくいかず、クビされ続けており、彼をアリスは手伝いに来たボランティアと思い声をかけます。

次の仕事も見つからないまま家も追い出されたジェフは、時折炊き出しの手伝いをしていましたが、ジェフ自身もホームレスとなり、極寒の中凍え死にそうになっていたところを助けられアリスが働く病院に運ばれ、その後、教会の雑用などをするようになります。

マンハッタンの街にクララ(ゾーイ・カザン)は2人の息子アンソニー(ジャック・フルトン)とジュード(フィンレイ・ヴォイタク・ヒソン)と共に警察官である夫のDVから逃れてきます。

息子たちには本当のことを言わず旅行だと伝え、「この街が学校よ」と言います。

マンハッタンにいる義理の父親を尋ねて数日で良いから泊めて欲しいと頼みますが、断られてしまいます。

クレジットカードを使うと居場所がバレてしまうので、使うことは出来ず、わずかな現金もすぐに底をついてしまいます。

困ったクララは寝場所を探し、安いホテルを探しますが、お金がないと知ると泊めてくれず、店員に身なりがみすぼらしいと言われてしまいます。

やむなくクララは高級ブティックに忍びこみ、服を万引きし、その服でパーティに侵入し、鞄に食べ物を詰め込んで息子たちに食べさせたり、ホームレスの炊き出しでご飯を食べたりしていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ニューヨーク 親切なロシア料理店』ネタバレ・結末の記載がございます。『ニューヨーク 親切なロシア料理店』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2019 CREATIVE ALLIANCE LIVS/RTR 2016 ONTARIO INC. All rights reserved

誰にも頼ることの出来ないクララとその息子達は、路上に停めておいた車が違反車として連行されてしまい、車中泊も出来ないどころか、車の名義人である夫にマンハッタンにいることがバレてしまいます。

そして、残り物を食べようと入った中華料理屋でとうとう夫に見つかってしまいます。

許すから帰ってこいと告げる夫に顔面蒼白のクララ。そんな時息子が機転をきかせ、トイレにいくフリをし、何とか中華料理屋を抜け出します。

路頭に迷った母子が訪れたのは教会でした。ちょうど〈赦しの会〉が終わり、アリスは仕事に向かう前でした。

アリスは母子に事務所で泊まっていくよう促します。そんなアリスの優しさにほっと胸を撫で下ろすクララはアリスの厚意に甘え、教会の事務所に泊まることにします。

しかし、その夜弟のジュードが外に抜け出し、そのまま教会に戻れず凍え、瀕死の重体になってしまいます。

警察に連絡すれば、夫にジュードを連れていかれてしまうと狼狽えるクララをアリスが宥め、夫がきても連れて帰ることないようにすると約束します。

居場所もなく、疲労も限界にきていたクララとアンソニーは「ウィンター・パレス」のピアノの下に隠れ、寝ていました。そんな2人に気づいたマークは追い出すことなく、食事を2人に運んであげました。

しかし、疲れ果てていた2人は食事を食べることもなく、眠り続けます。

そしてやっと起きたクララにマークは自分が生活している「ウィンター・パレス」の上の階に住まないかと提案します。

最初は他人の厚意に戸惑うクララでしたが、他に行くあてもなく、「ウィンター・パレス」に身を寄せることにしました。

幼い弟ジュードと違い、アントニーは父親のDVが原因で母クララが家を抜け出し、ホームレスのような状態になっていることを理解していました。

少しでも母の力になろうと、マークのパソコンを使い父のパソコンに侵入しようとしていました。

アントニーは以前父のパソコンに拷問の証拠となる写真があったことを覚えていたのです。そんなアンソニーの話を聞いたクララは、離婚裁判を行うことを決意しました。

マークの紹介で友人のジョン・ピーターに弁護士を担当してもらい、離婚裁判に望むクララ。そんなクララをマークは支え、クララはマークの過去を知り2人は少しずつお互いを信頼し始めます。

一方アリスは回復したジュードをこっそり連れ出し、父親にバレぬよう退院させ、クララの元に帰します。

それを知った父親は怒り、裁判をやめ自身の元に帰って来るよう自分の父親に電話をさせますが、拒否され逆上して殴ってしまいます。

その事件後姿を消し、捕まるまでクララと息子達は警察の保護下に置かれることとなりました。そして無事捕まり、クララとその息子らはやっと自由を得ることが出来たのでした。

やっと家に帰ることが出来たクララ。クララ自身はマークと共に生きることを望んでいましたが、息子達のことを思い、マンハッタンで暮らさず元の家で暮らそうとしていました。

クララにアンソニーは「ママも自分のことを許していい」と言い、ジュードは「引っ越そう」と言います。息子達の言葉をうけ、クララはマンハッタンに引っ越し、マークと共に生きていくことにします。

一方アリスは、身を粉にして働くことに限界を感じ、自身を大切にしてくれる存在を必要としていることに気づき一時仕事を休んでしまいます。

アリスに職場の婦長がアリスの元を訪れ、〈赦しの会〉の支援をするよう病院にかけもってくれることを約束し、アリスは教会ではなく病院で〈赦しの会〉の活動ができるようになりました。

更にアリスに以前から好意を寄せていた〈赦しの会〉のメンバーであり、弁護士のジョン・ピーターはアリスをデートに誘います。

また、アリスの元で雑用をしていたジェフは新たに「ウィンター・パレス」でドアマンの仕事を始めました。不器用さは変わりませんが、そんな彼をも受け入れてくれるのが「ウィンター・パレス」なのです。

スポンサーリンク

映画『ニューヨーク 親切なロシア料理店』の感想と評価


(C)2019 CREATIVE ALLIANCE LIVS/RTR 2016 ONTARIO INC. All rights reserved

本作で描かれているのは原題の「The Kindness of Strangers」の通り、見知らぬ人の“優しさ”です。

それぞれの登場人物は様々なものを抱えています。そのような人々を群像劇として描くことで、現代の都会、人々が抱える問題を描き、感動だけでなく、置かれた状況の厳しさにもきちんと向き合っています

メインとして描かれるクララは普通の主婦です。ある日息子を殴っている夫を目撃し、これが初ではないこと、今まで気づけていなかった自分を責め何とかして息子達を守ろうと必死になります。

しかし、クララが夫から逃げ出しても手を差し伸べてくれる人はほとんどいませんでした。立場の弱い主婦が離婚をすることの難しさ、自立することの難しさを浮き彫りにしています。

クララに手を差し伸べるマークは信頼していた弟が薬物から逃れられず、弟が所持していた薬物が原因で投獄されることになり、裁判で出所したものの弟は既に亡くなり居場所も家族もいない孤独な人です。

それ故人を信頼することに怯え、人との関わりを避けていました。しかし、本来の性格から途方にくれたクララ母子を見捨てることが出来ませんでした。

緊急病棟で看護師として働きながらも〈赦しの会〉の活動も行い、身を粉にして働くアリスですが、病院の同僚から大切な人もいないのだからと言われると複雑な表情を見せます。

働くことで孤独を忘れようとしていますが、やはり彼女自身も誰かのために生きるだけでなく、自分を大切にしてくれる存在を必要としているのです。

また本作でクララはホームレス生活を一時経験し、ジェフは極寒の中野宿をしている際に凍え死にそうになるなど都会が抱えるホームレスの問題も描いています。

2020年公開された『パブリック 図書館の奇跡』でもホームレスが寒さをしのげず、凍え死んでしまう問題やシェルター不足などを取り上げていました。

そのような様々な問題を浮き彫りにしつつ、孤独な人々が身を寄せ合い、手を差し伸べあう、そんな“優しさ”に心が洗われます

孤独な人々をつなぎ合わせる、その中心にある「ウィンター・パレス」。更にビル・ナイ演じるオーナーのティモフェイの距離感、拒絶することなく、誰であっても受け入れてしまう懐の広さがこの映画においても非常に良いスパイスとなっています。

まとめ


(C)2019 CREATIVE ALLIANCE LIVS/RTR 2016 ONTARIO INC. All rights reserved
ニューヨーク・マンハッタンを舞台に様々な事情を抱えた孤独な人々、見知らぬ人々の“優しさ”を描いた『ニューヨーク 親切なロシア料理店』。

その“優しさ”は新型コロナ感染症により、人々の直接会う交流が減ってしまった今だからこそ、沁みるものがあり、現代の人々が忘れかけている大切なものを思い起こさせることでしょう

また、ゾーイ・カザンをはじめとしたキャスト陣の孤独を抱えた人々の切ない演技、ビル・ナイ演じるオーナーの存在感など役者陣の好演も非常に見応えがあります。

どこか寂しさ、孤独を抱える現代社会で、それぞれの心の拠り所となる「ウィンターパレス」のような場所、更に見知らぬ人の“優しさ”があったら…という監督の思いも伝わってくるような優しい映画に心が温まることでしょう。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『影裏』の原作あらすじネタバレ(沼田真佑)。キャストは綾野剛×松田龍平で盛岡を舞台に映像化

物憂げな日々に崩壊の予兆が潜む。 相手の影の部分、裏の顔を知る時。 2017年、デビュー作にして芥川賞受賞となった沼田真佑の小説『影裏』。綾野剛と松田龍平の出演で映画化、いよいよ2020年公開予定です …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ感想】『タロウのバカ』映画ラストで俳優YOSHIの演技力が爆発!

好きってなに?死ぬってなに? すべての意味から解放される世界。 大森立嗣監督の長編映画11作目となる『タロウのバカ』は、長編デビュー作『ゲルマニウムの夜』以前に執筆していたオリジナル脚本をもとに製作さ …

ヒューマンドラマ映画

映画『マイ・プレシャス・リスト』あらすじとキャスト。ベル・パウリーのプロフィール紹介も

映画『マイ・プレシャス・リスト』は、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー。 『マイ・インターン』を手がけたプロデューサー、スザンヌ・ファーウ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ドンテンタウン』感想レビューと内容評価。佐藤玲×笠松将W主演「MOOSIC LAB 2019」長編部門の準グランプリ受賞作

映画『ドンテンタウン』は2020年7月17日(金)アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー 音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB2019」にて、長編部門準グランプリを受賞した映画『ドンテンタウン』 …

ヒューマンドラマ映画

映画『友罪』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【生田斗真&瑛太主演】

映画『友罪』は、5月25日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。 『64ロクヨン』の瀬々敬久監督と瀬々組スタッフが再び集結して放つ犯罪にまつわるストーリー。 偶然出会い、心通わす友人と …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学