Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2021/03/27
Update

まともじゃないのは君も一緒|ネタバレ解説と結末ラストの感想。恋愛ラブストーリーで“普通って何?”コミカルな関係を成田凌と清原果耶が魅せる

  • Writer :
  • もりのちこ

「まとも」って、なに!?
まともじゃないのは「わたし」も一緒!?

まったく噛み合わない2人が繰り広げる「まともじゃない」ラブストーリー『まともじゃないのは君も一緒』を紹介します。

映画『婚前特急』の前田弘二監督と脚本家の高田亮が再びタッグを組んだオリジナルストーリーに、成田凌と清原果耶がダブル主演を務めました。

数学一筋、コミュ力ゼロの予備校講師・大野と、知識ばかりで恋愛経験ゼロのJK・香住が、普通の恋愛を目指し奮闘するドタバタラブコメ。

噛み合わない会話を繰り返しながらも、実は互いを良く理解しあっている大野と香住。2人が見つけ出した普通(まとも)の答えとは?

スポンサーリンク

映画『まともじゃないのは君も一緒』の作品情報


(C)2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会

【公開】
2021年(日本)

【監督】
前田弘二

【キャスト】
成田凌、清原果耶、山谷花純、倉悠貴、大谷麻衣、小泉孝太郎、泉里香

【作品概要】
コミュケーション能力ゼロの大野と、知識ばかりで恋愛経験ゼロの香住が、普通の恋愛を求め繰り広げるラブストーリー。

映画『婚前特急』(2011)『わたしのハワイの歩き方』(2014)を手掛けてきた、監督の前田弘二と脚本の高田亮コンビが、「普通じゃない2人の、まったく噛み合わない会話劇」をコンセプトに作り上げた、全く新しい普通じゃない恋愛ドラマ。

ダブル主演となった成田凌と清原果耶の、まったく嚙み合わないけど、息ぴったりの言葉のラリーに注目です。

映画『まともじゃないのは君も一緒』のあらすじとネタバレ


(C)2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会

森の中で静かに目を閉じ、聞こえてくる音に耳を傾ける男。予備校講師の大野は、数学一筋のコミュケーション能力ゼロ男です。

一方、彼の教え子のJK香住は、自分は普通と思っている意識高い系女子高生。青年実業家・宮本を崇拝し、講演会に足を運んでは近付くチャンスを狙っています。

そんな大野と香住は、顔を合わせれば噛み合わない会話を繰り返していました。埒が明かない大野に苛立つ香住は、「先生、もったいないね。中身がまともだったらモテるのに。このままじゃ、一生結婚出来ないよ」と助言します。

その言葉にかなりのショックを受けた大野。このままずっと一人でいることへ不安を抱えていた大野は、香住に普通の恋愛をするための指南を頼みます。

大野の頼みを引き受けることにした香住は、ある作戦を思いつきます。それは、大野を利用し、憧れの存在である宮本の婚約者・美奈子にアプローチさせ、結婚を阻止しようという魂胆です。

「何で?」と質問ばかりする大野でしたが、香住の小賢しい作戦に乗せられていきます。次第に、美奈子に本気で好意を持ち始めた大野は、自分を変える最後のチャンスだと思って頑張ります。

大野のクセの強さで、作戦が上手く進まないことにキレてばかりの香住は、「もうやめよう」と持ち掛けます。

大野は、「僕には君が必要なんだ。普通の教えてくれるのは、君だけだから」と懇願。これまでの悩みを打ち明けます。

始めて誰かに必要とされた香住は、大野の言葉にときめいていました。「この感情ってなに?」。大野のことが気になって仕方ありません。

香住の想いとは反対に、大野は美奈子に近付くことに成功。会話も噛み合い、心を許し合う仲に進展していました。

2人の後を付けながら作戦の失敗を願う香住。大野と美奈子の距離が縮まる瞬間に「うわぁー」と奇声をあげ邪魔に入ります。

「なんで邪魔するの? どういう感情?」と、大野は香住に詰め寄ります。自分の気持ちに気付いた香住は、周りを巻き込み大騒ぎです。

大野は美奈子との間に特別なものを感じていました。意味のない会話も楽しいのです。ありのままの自分を受け入れてくれる美奈子。大野は勝負にでます。

大野と美奈子が一緒にいることを知り落ち込む香住のもとに、憧れの宮本から連絡があります。待ち合わせ場所に変装して現れた宮本は、香住をホテルに誘い込むのでした。

以下、『まともじゃないのは君も一緒』ネタバレ・結末の記載がございます。『まともじゃないのは君も一緒』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会

香住が憧れていた宮本は、美奈子という婚約者がありながら浮気を平気でするクズ男でした。

あれよあれよと部屋まで連れてこられた香住でしたが、高校生であることを告げると「それはマズイ」と宮本はビビります。

香住は宮本に呆れながらも、美奈子と会っているはずの大野のことが気になっていました。ホテルの前に大野たちを呼び寄せ、宮本との浮気現場を見せる作戦にでます。

まんまとホテルから香住と宮本が一緒に出てくる現場を目撃した美奈子と大野。美奈子は言い訳をする宮本を振り切るように、大野の手を取りホテルへと入っていきます。

美奈子は宮本の悪いクセに気付いていました。それでも別れることの出来ない美奈子は、素朴な大野の存在で変わりつつありました。「彼とちゃんと別れてきます」。そう言い残し美奈子は帰っていきました。

大野は香住の起こした行動の理解に悩んでいました。普通の恋愛をするために香住のアドバイス通りやってきた大野。それは、宮本と美奈子を別れさせる香住の作戦に乗せられていただけでした。

それでも、大野は香住に騙されていたことより、宮本にホテルに連れ込まれた香住のことを心配していました。

珍しく怒りを見せる大野を、香住はたしなめます。「宮本さんは、美奈子さんのお父さんと仕事上の付き合いもあるの。最初から別れるはずないじゃん。それが、普通でしょ」。

「君は傷つかなかったの? 普通に縛られる必要はないだろ」。大野は香住の手を取り、宮本と美奈子の元へ乗り込みます。

香住の予想通り、2人は別れていませんでした。利害関係が一致する宮本と美奈子は、むしろ互いを理解し必要としているようでした。

帰り道、香住は大野を森に誘います。以前大野が、森の中で聴こえる音について語っていたのを思い出します。

どこか男らしくなった大野。2人は森の中に佇み、自然の音に耳を傾けます。「私、先生のこと好きだよ」。香住の告白に「それ、どういう感情?」と、またも理解に苦しむ大野。

「普通に告白してるんだけど」。いつもは噛み合わない会話もなんだか心地よく感じられます。「僕も好きだよ。普通はもういいよ」。

スポンサーリンク

映画『まともじゃないのは君も一緒』の感想と評価


(C)2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会

映画の見どころは、なんと言っても、コミュ力ゼロの予備校講師・大野(成田凌)と、口ばかりで恋愛経験ゼロの女子高生・香住(清原果耶)の噛み合わない言葉のラリー戦にあります。

「何で?どうして?」「質問を質問で返さないで」「それってどういう感情? 定量的に言って」など、キャッチボールとは言えない剛速球の投げ合いが、次第に心地よく感じてくるから不思議
です。

大野は、すべてに納得する答えを求めるあまり聞き返すという癖があり、笑いのツボも独特。「普通な人」になって、恋愛をして結婚したいと考えています。

香住は、意識高い系のやけに大人ぶった女子高校生を装っていますが、中身はピュアで計画通りに進まないとパニックになってしまいます。

物語は、そんな恋愛経験ゼロの香住に、大野が恋愛指南を頼んだことで、予想外な方向へと動き出します

大野は香住に「普通(まとも)じゃない」と指摘され、かなりの衝撃を受けます。この機会を逃したら一生誰とも恋愛も出来ず、女性とまともに話すことさえ出来ないかもしれない。

大野の必死さに若干引くも可愛く見えてしまうのは、大野を演じた成田凌の庇護欲を刺激する容姿にあるように思います。

近所のスーパーで格安で買ったジャケットに、クタクタのズボン。ボサボサの髪で、つまらない冗談を言い、ぐふふっと気持ち悪く笑います。

「ちゃんとすればカッコよくなるのにー」と、はじめの大野を見れば思うはずです。それがどうでしょう。

香住の恋愛指南を受け、髪型を整えスーツに身を包んだ大野は、見違えるほどの成長ぶりを見せます。「自分だけが知っていた彼のかっこよさが露見してしまった」という寂しさ

まさに、成田凌の魅力が全開になる瞬間です。大野は、最終的に普通に疲れ、元の恰好に戻ってしまいますが、経験を積んだ良い顔になります。その変化も上手く演じています。


(C)2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会

一方、香住の魅力は、大野を好きだと気付いた時の戸惑い方に出ています。同級生のカップルに「いつから好きになったの?」と突撃取材したり、オヤジ達に酔っ払いのように絡んだりとクセがすごい。

香住を演じた清原果耶のコメディーな演技に癒されます。成田凌との息もぴったりで、間髪入れず言い返すテンポの良さに、コメディエンヌの可能性を感じさせます。

物語が進むにつれ、「普通じゃないようで普通の大野」「普通のようでいて普通じゃない香住」がそれぞれ現れてきます。

また、大野と香住の他に、青年実業家の宮本とお嬢様の美奈子のカップルも登場しますが、この2人の普通(まとも)じゃない部分にも注目です。

誰もが「普通の部分」と「普通じゃない部分」、どちらも併せ持っていることに気付きます。それこそが個性であり、その人の魅力と言えるのではないでしょうか

まとめ


(C)2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会

全く噛み合わない2人の普通じゃないラブストーリー『まともじゃないのは君も一緒』を紹介しました。

「普通(まとも)」になろうと努力する大野と香住の姿をコミカルに描きながら、「普通(まとも)って何?」と問いかけます。

あなたの普通が他の人には普通じゃないかもしれない。人と人とのコミュニケーションで大事なことは、「普通に囚われ過ぎない」ということなのかもしれません。

「そのままでいい」と言ってくれる人がきっといるはず。「まともじゃないのは誰もが一緒」なのですから


関連記事

ラブストーリー映画

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』あらすじと感想評価。ボーイズラブにジャニーズ大倉忠義と、成田凌が熱演!

『窮鼠はチーズの夢を見る』は2020年9月11日(金)公開。大倉忠義と成田凌がボーイズラブを熱演 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の監督は、『劇場』『リバース・エッジ』などを手掛けた行定勲監督。水城せと …

ラブストーリー映画

吉沢亮映画『あのコの、トリコ。』あらすじとキャスト。公開日はいつ?

キラキラ映画『あのコの、トリコ。』は、10月5日(金)より、全国ロードショー! 主演に吉沢亮を迎え、ヒロインには新木優子、そして最強ライバルを杉野遥亮と、若手俳優たちがそろった、ドキドキの恋とキラキラ …

ラブストーリー映画

映画『先生!』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【広瀬×生田共演】

河原和音の同題ベストセラーコミックを生田斗真と広瀬すずで映画化。 『先生!、、、好きになってもいいですか?』は10月28日より、全国一斉ロードショー! 生まれて初めての恋に戸惑いながらも思いを募らせる …

ラブストーリー映画

映画『15年後のラブソング』ネタバレ考察と評価感想。人生のパートナー選びを間違った“男女が見つけた時間”

20年を失い、15年を無駄にすごした。 映画『15年後のラブソング』が2020年6月12日(金)より、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国公開されています。 『ハイ・フィデリティ』 …

ラブストーリー映画

映画『今宵、212号室で』内容解説とストーリー。夫婦生活とふたりの夜の関係、喧嘩を交えた円満はいつまで続くかを問う

映画『今宵、212号室で』は2020年6月19日(金)より、Bunkamuraル・シネマ、シネマカリテほか全国にて順次公開 クリストフ・オノレ監督が手掛ける大人のためのマジカルなラブストーリー『今宵、 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学