Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ネクスト・ドリーム』あらすじネタバレと感想評価。音楽業界のスター歌手とアシスタントのつながりと信頼を描く!

  • Writer :
  • 西川ちょり

『ネクスト・ドリーム ふたりで叶える夢』は2020年12月11日(金)よりTOHOシネマズシャンテほかにて全国公開!

ハリウッドの音楽業界を舞台に、長年トップに君臨する伝説の歌姫と彼女のパーソナル・アシスタントの心のつながりと信頼を描く音楽ファン必見の映画『ネクスト・ドリーム ふたりで叶える夢』。

歌姫にはダイアナ・ロスの娘で、女優として活躍しているトレイシー・エリス・ロスが扮し、アシスタントを務めながら密かに音楽プロデューサーをめざしている女性をダコタ・ジョンソンが演じています。

『レイトナイト 私の素敵なボス』で知られるニーシャ・ガナトラが監督を務め、ケルヴィン・ハリソン・Jr、アイス・キューブらがガッチリ脇を固めたハートフルな物語です。

スポンサーリンク

映画『ネクスト・ドリーム ふたりで叶える夢』の作品情報


(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS

【日本公開】
2020年公開(アメリカ・イギリス合作映画)

【監督】
ニーシャ・ガナトラ

【原題】
The High Note

【キャスト】
ダコタ・ジョンソン、トレイシー・エリス・ロス、ケルヴィン・ハリソン・Jr.、ビル・プルマン、ゾーイ・チャオ、エディ・イザード、アイス・キューブ

【作品概要】
ハリウッドの音楽業界を舞台に、スター歌手とそのアシスタントのつながりと信頼を描くヒューマンドラマ。

憧れのスター歌手のアシスタントをしながら音楽プロデューサーを夢見る女性・マギーを『サスペリア』などのダコタ・ジョンソンが演じ、伝説の歌姫をダイアナ・ロスの娘であるトレイシー・エリス・ロスが演じている。

ケルヴィン・ハリソン・Jr、アイス・キューブらが共演。『レイトナイト 私の素敵なボス』で知られるニーシャ・ガナトラが監督を務めた。

映画『ネクスト・ドリーム ふたりで叶える夢』あらすじとネタバレ


(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS

ショウビジネスの頂点に君臨し続けている伝説の歌姫、グレース・デイヴィス。40代になった今も全米ツアーは毎回盛況で、ベストアルバムや、ベストライブアルバムなども好調な売れ行きを示していました。

ただ、長年、新曲を出すことはなく、ライブのセットリストも過去のヒット曲で構成されていました。

マネージャーのジャックは、ラスベガス公演を強く勧めてきます。ラスベガス公演の契約を交わすのは、過去の人となったアーティストの常套手段でした。最近はその傾向も幾分変わってきていると諭されますがグレースは気が進みません。

そんなグレースのパーソナル・アシスタントであるマギー・シャーウッドは、歌手だった母とラジオのDJの父という音楽好きの両親の影響を受け、大の音楽ファンです。

気まぐれなグレースに振り回され続ける毎日ですが、もう3年間も仕事を続けているのは彼女のことをリスペクトしているからです。

そんなマギーにはひそかな夢がありました。それはいつか音楽プロデューサーとして自立することです。マギーは、グレースは新作アルバムを出すべきだと考えていました。

マギーはグレースのアルバムを内緒でリミックスしていましたが、そのことがジャックにばれて、自分の夢を叶えるために俺たちを利用するなと言われてしまいます。

ある日、マギーは才能あふれる若きシンガー、デヴィッドに偶然出会い、その歌声に惹かれます。

マギーは自身をプロデューサーと名乗り、彼をデビューさせることを思いつきます。デヴィッドはお金には困っていないようでしたが、マギーの熱意に撃たれて、レコーディングに乗り気になってくれました。2人の仲も急速に進展していきます。

ある日グレースのところに音楽会社の重役たちがやってきました。グレースが「新アルバム」を出したいというとそれまでふざけた調子で話していた彼らは固まってしまいます。

彼らは、誰も新しいアルバムなど期待していないと言い、グレースにラスベガスの話を受けるようにと言って帰っていきました。

その夜、マギーはグレースにアルバムを作るべきですと訴えますが、グレースは「全米ナンバー・ワンになった40歳以上の女性アーティストはたった5人だけ。そのうち黒人は一人だけ」と言い、マギーに噛みつきました。

そんな中、パーティーの席でグレースの前座を務めるアーティストがキャンセルを伝えてきたと連絡が入ります。デヴィッドのレコーディングに気を取られて、アシスタントの仕事が少しおざなりになっていたせいでした。

マギーはダン・ディーキンスを代役に立てますが、あることが頭に浮かび、ダンの付き人を訪ね、代役をキャンセルしてくれと頼みます。デヴィッドをグレースの前座にすれば、彼にとって大きなチャンスになるに違いないと思ったからです。

付き人にそう伝えているといつの間にやって来たのかダンがそれを聞いていました。「デヴィッドというのはそんなにいいのかね」と彼はマギーからデモテープを受け取り、前座を降りることを了承してくれました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ネクスト・ドリーム ふたりで叶える夢』ネタバレ・結末の記載がございます。『ネクスト・ドリーム ふたりで叶える夢』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

当日、グレースから代役は用意できたのねと尋ねられうなずくマギー。デヴィッドがやってきますが彼はいつもと同じダサい服を着ていました。マギーはまだ真の目的を話していなかったのです。

マギーは、自分は実はプロデューサーではないのだと告白し、嘘をついていたことをあやまりました。そして自分はグレースのプライベートアシスタントをしていて、「今日はグレースの前座で歌ってほしい。そうすれば、きっと誰かがあなたの才能に気がついてくれるわ」と話しました。

すると、デヴィッドは「プロデューサーじゃない? グレースの前座だって!?」とかんかんに怒り出し、回れ右して帰ってしまいました。

前座が来れないことをグレースに告げると、グレースはきつい口調でマギーを叱りつけ、マギーはその場でクビを宣告されてしまいます。

傷心のまま故郷のサンタ・カタリナ島に戻ったマギー。母は早くに亡くなりましたが、父は今も地元のローカルラジオでDJをしています。

父にわけを話すと、父は電話して話をしなさいとアドバイスしてくれますが、とてもそんな気にはなれません。

けれど、音楽に囲まれた生活は、徐々にマギーの心を回復させてくれました。マギーはデヴィッドに電話して「まだ怒っている?」と尋ねました。「ああ」と彼は応えましたが、彼もマギーの気持ちを理解し、サンタ・カタリナに訪ねてくることになりました。

ドアのチャイムが鳴ったのでいそいそとドアを開くとなんとそこにはグレースが立っていました。スタッフに調べさせてここまでやって来たと言います。

クビにしたことは間違っていない、それを謝る気はないと彼女は告げたあと、「でもあなたと一緒にいると他の誰よりもリラックスできて居心地が良かったの。そのことに私は甘えていた」と続けました。

「私の歌をリミックスしてくれたわね。あなたは私の声を響かせてくれた」とグレースは感謝の気持ちを込めてマギーに語りかけました。マギーが自分にとってとても大切な人だということに彼女は気がついたのです。

そして一緒にアルバムを作ろうとマギーを誘いました。その時、ドアのチャイムが鳴り、マギーがドアを開けると、デヴィッドが立っていました。

「どういうわけかダンがデビューしないかと連絡してきたんだ」と言いながら入ってきたデヴィッドはグレースを観て「なんで母さんがここに!?」と叫びました。なんと、グレースとデヴィッドは親子だったのです。

結婚もせず、子供も産まず、歌一筋にやってきたと言われていたグレースでしたが、若い頃にデヴィッドを産んだのだそう。でもちょうどその頃、歌手として売れ始め、彼女は家庭よりも仕事を選んだのです。そのため2人の間には複雑な感情がありました。

「よく隠し通せましたね」とマギーが言うと「公表しようとするとデヴィッドが何度も拒んだの。音楽も七光はいやだと言って」とグレースは応えました。

マギーがプロデューサーとなってグレースの新アルバム制作が始まりました。グレースが曲を作っていたことを告白すると「そう思っていました」とマギーは笑顔で応えました。

デヴィッドは歌手としてデビューし、初のソロコンサートは大成功で、観客は大きな拍手を送っていました。楽屋で観ていたマギーもルームメイトのケイティと共に笑顔で拍手を送りました。

するとデヴィッドが「ここに大切な女性が歌いに来てくれます」と言いだしました。マギーは自分のこと?と一瞬勘違いしますが、その彼女の後ろを通り過ぎていったのは、グレースでした。

デヴィッドはグレースが「母」であることを皆に公表していました。「彼女はこの日をずっと待っていたんだ」とジャックは微笑みながら言うのでした。

グレースは振り返り、マギーに向かって「ありがとう」と口を動かしました。

スポンサーリンク

映画『ネクスト・ドリーム ふたりで叶える夢』感想と評価


(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS

監督を務めたるニーシャ・ガナトラには『レイトナイト 私の素敵なボス』(2019/AMAZONにて配信)というとても素敵な作品があります。

テレビ業界を舞台に業界のパイオニアとして長年トークショーの司会を務めてきたエマ・トンプソン扮するキャサリンが、女性なのに女性を嫌っていると批判されたため、一人の業界未経験の若い女性モリー(ミンディ・カリング)を雇います。男ばかりのチームに加わったモリーでしたが、チームからはまったく相手にされません。

しかし、モリーは自身に向けられる偏見を打破し、低視聴率に陥っている番組とキャサリンのために奮起し、やがて二人の女性の間に信頼関係が生まれてくるというお話です。

『ネクスト・ドリーム ふたりで叶える夢』は音楽業界を舞台にしていますが、ショービジネスのスターでキャリアに行き詰まりを感じている女性と若いアシスタントの女性の関係を描くという点などに共通点があります。

どちらの作品も、スターである年長の女性のやや高慢な部分も描かれているのですが、それをエマ・トンプソン、そしてトレイシー・エリス・ロスがそれぞれ、絶妙な塩梅で演じていて、決していやな憎まれ役ではなく、共感を持って観られる役柄にしているのが流石です。

『レイトナイト 私の素敵なボス』ではエマ・トンプソン演じる女性は50代。『ネクスト・ドリーム』のトレイシー・エルス・ロス演じるグレースは40代という年齢で、彼女たちは年齢を経ていくうちに徐々にキャリアが狭まってくるという現実に直面しています。

グレースが、新曲を出したいと思っても聞き入れられず、「出すべきです」とコメントしたマギーに向かって思わず「女性アーティストで40歳を超えてから全米ナンバー・ワンになったのはたった5人だけ、そのうち黒人は1人だけ!」とあたってしまう場面があります。

実際、男性歌手なら、40代、50代といえばまだまだこれからの時期。でも女性アーティストはそろそろ終わりが見える年齢といった扱いを受けてしまう。だからグレース自身も挑戦を恐れてしまうのです。

『ネクスト・ドリーム』では、スター歌手を統括している音楽業界の重役たちは皆、白人男性で、彼らはグレースで稼ぐだけ稼ごうとしています。彼女が何を望んでいるかなんてどうでもいいのです。

また、若いマギーのような女性は軽くあしらわれ、せいぜいアシスタントが身の丈などと思われています。

そうした現状はアメリカのエンタメ業界に限らず、多くの女性が少なからず、日々感じている事柄でしょう。

映画はそうした面に焦点をあてながら、それでも夢を諦めず前向きに生きる主人公たちの姿を生き生きと捉え、女性同士の連帯を描いています。

作風自体はオーソドックスなハートフルコメディと呼べるもので、観ていてとても爽やかになる愛すべき作品に仕上がっています。

まとめ


(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS

本作の最大の魅力はなんといっても音楽です! 冒頭、グレースの全米ツアーの盛況ぶりが描かれていますが、トレイシー・エルス・ロスの歌とダンスのかっこいいことと言ったらありません。

トレイシー・エルス・ロスは普段、女優として活躍していて、作品で歌声を披露したのはこれが初めてということですが、ダイアナ・ロスのDANを引き継いでいるだけに、それはそれは堂々たる歌いっぷりです。

堂々たる歌声といえば、デヴィッドを演じたケルヴィン・ハリソン Jr.にはすっかり驚かされました。『ルース・エドガー』や、『WAVES/ウェイブス』で主演を務め、今、最も力のある若手俳優の一人ですが、こんなに歌える人だったとは! 勿論、吹き替えなしで自力で歌っています。

ダコタ・ジョンソンが演じたマギーはかなりの音楽通。彼女の口から出てくるミュージシャンの名前はブライアン・ウィルソン、ニーナ・シモン、サム・クック等々。「カリフォルニア」がつく曲についてデヴィッドと議論する場面ではイーグルスの「ホテルカリフォルニア」にダメ出しするなど興味深い会話が目白押し。思わず誰かと音楽談義したくなります。

冒頭映し出される円形の特徴あるキャピタルレコードの建物も、音楽好きの人にはたまらないでしょう。

また、グレースと二人三脚のように歩んできたマネージャーに扮しているのはミュージシャン&役者のアイス・キューブです。

厳しい態度を取りながらも、ずっとグレースを見守り、彼女の幸せを願っている人物を好演していて、温かな気分にさせられます。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『お茶漬の味』あらすじネタバレと感想。小津安二郎代表作で夫婦のすれ違いを描く

「夫婦とはお茶漬の味のようなものだ」 小津安二郎の1952年の作品『お茶漬の味』(1952)は、1951年の『麦秋』と1953年の『東京物語』の間の作品で、脚本の野田高梧とともに、小津の円熟味が増した …

ヒューマンドラマ映画

映画『Away』あらすじと感想評価レビュー。宮崎駿アニメなど影響を受けつつも全く異なる方向を見出した意欲作

映画『Away』は2020年12月11日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー! アヌシー国際アニメーション映画祭、ストラスブール・ヨーロッパ・ファンタスティック映画祭、インターナショナル・ア …

ヒューマンドラマ映画

ドキュメンタリー映画『ラ・チャナ』あらすじ。伝説のフラメンコダンサーとは

ドキュメンタリー映画『ラ・チャナ』は、2018年7月21日(土)よりヒューマントラスト有楽町、アップリンク渋谷ほか全国順次公開。 公開されたチャーミングな表情を見せる女性は、現在71歳、伝説のフラメン …

ヒューマンドラマ映画

映画『フォードvsフェラーリ』あらすじネタバレと感想。カーレスシーンで魅せたジェームズマンゴールドの卓越した演出

自動車の知識無しでもレースの醍醐味を味わえる映画『フォードvsフェラーリ』 映画『フォードvsフェラーリ』は1966年のル・マン24時間耐久レースが舞台。 GT40を運転しフォード社を優勝へ導いた伝説 …

ヒューマンドラマ映画

がんちゃん映画Vision(ビジョン)あらすじ。岩田剛典の演技力は?

河瀬直美監督の映画『Vision』は、6月8日より全国ロードショー。 今やフランスをはじめ海外から高い評価を受ける河瀨直美監督。彼女が故郷の奈良を舞台に、『イングリッシュ・ペイシェントで米アカデミー賞 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学