Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/05/29
Update

映画『アパートの鍵貸します』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ビリーワイルダー代表作の小道具の演出を考察

  • Writer :
  • 中西翼

米国アカデミー賞の作品賞・監督賞・脚本賞のビリー・ワイルダー代表作

1960年にアメリカで公開され、同年のアカデミー賞の五部門を受賞した映画『アパートの鍵貸します』

監督、脚本、制作を務めたのは映画『サンセット大通り』や『お熱いのがお好き』のビリーワイルダーです。

ホテル代わりにアパートの部屋を貸し、上司の不倫を手助けすることで出世を図る男バクスターが、想いを寄せていたエレベーターガールと社長が不倫の関係にあることを知ります。

部屋を貸す男バクスターを演じたのは『酒とバラの日々』(1962)のジャック・レモン。エレベーターガールを演じたのは『あなただけ今晩は』(1963)でもビリー・ワイルダーとタッグを組んだシャーリーマクレーン。

他のビリー・ワイルダー作品にも多く出演した二人が、もどかしい片思いとその相手を演じています。

スポンサーリンク

映画『アパートの鍵貸します』の作品情報


(C)Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved

【公開】
1960年(アメリカ映画)

【原題】
The Apartment

【監督・脚本・制作】
ビリー・ワイルダー

【キャスト】
ジャック・レモン、シャーリー・マクレーン、フレッド・マクマレイ、レイ・ウォルストン、ジャック・クルーシェン

【作品概要】
映画『サンセット大通り』(1950)や『お熱いのがお好き』(1959)のビリーワイルダー監督作品。アパートの鍵を貸し、上司のご機嫌を伺って生きるバクスターと、彼が恋したエレベーターガールの恋愛模様を描いたヒューマンドラマ。『お熱いのがお好き』でビリー・ワイルダーとタッグを組んで以来、何度も同監督作品に出演したジャック・レモンが主演をし、『愛と追憶の日々』(1983)でアカデミー主演女優賞を受賞したシャーリー・マクレーン、『宇宙戦争』(1953)のジャック・クルーシェンが共演しています。

映画『アパートの鍵貸します』のあらすじとネタバレ


(C)Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved

1951年、大手の保険会社にC.C.バクスターは勤めていました。バクスターは、ニューヨークのセントラルパーク付近に一人暮らし用のアパートを借り、そこに住んでいました。隣の部屋には、医師のドレフェスが住んでいます。

いつものように残業をした後に帰路につくと、上司の不倫現場を目撃します。バクスターが部屋に帰ると、ドレフェスに空になったワイン瓶を見られます。ドレフェスは、バクスターの酒豪っぷりに驚きます。

バクスターがインスタントの夕飯を食べていると、電話が鳴ります。バクスターの上司は、部屋を貸してくれるよう、頼みます。バクスターは申し出に応じ、部屋を去ります。

朝になり、バクスターは出社しました。そして、エレベーターで働くフラン・キューブリックと会い、髪型を褒めます。

バクスターは、フランに片思いをしていましたが、その思いを告げられずにいました。

部屋を貸し、公園へ避難したせいで風邪を引いたバクスター。上司に貸した鍵を取り返すべく、電話をかけます。

バクスターは上司にアパートを貸すことで、評判を上げていました。19階で働くまでに上り詰めていましたが、上司の逢瀬のスケジュールがバッティングしないよう、うまっく調整します。

27階で仕事をする社長ジェフ・D・シェルドレィクに、バクスターは呼び出されます。バクスターは胸を躍らせ、エレベーターに乗り込みます。

エレベーターでフランに花をもらい、社長室でジェフと会います。

ジェフは、バクスターが上司に部屋を貸していることを指摘します。そして、それを黙っている代わりに鍵を借ります。

バクスターは、ジェフからもらったお芝居のチケットを持って、フランを誘います。フランには別の男性と会う用事がありましたが、バクスターの誘いを断りませんでした。

待ち合わせの時間、バクスターは一人で劇場で待ちます。そこにフランの姿はありませんでした。待てども待てども、フランは現れません。

その頃フランは、不倫相手のジェフと食事をしていました。一度別れを決めたはずでしたが、フランにはまだ未練がありました。

「もう少し待ってくれると、妻との離婚が成立する」そんな甘い言葉にフランは騙されます。そして、バクスターから借りた部屋へと、二人は向かいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『アパートの鍵貸します』ネタバレ・結末の記載がございます。『アパートの鍵貸します』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved

バクスターは社長に部屋を貸したことにより、係長の地位を任されます。バクスターはなんと、6人もの上司に鍵を貸していました。

鍵の行き来が不便になると、ジェフからスペアキーの作成を提案されます。バクスターは頷き、作成を約束します。

その頃フランは、ジェフの秘書であるオルセンと話をしていました。そこで、オルセンもジェフの愛人であることを知り、衝撃を隠せませんでした。

またバクスターは、ジェフの愛人がフランであることを知ります。

クリスマスイブ。ジェフはフランに誕生日プレゼントとして100ドルを渡し「これで好きな物を買え」と言い、家族の元へと帰ります。

ジェフに愛がないことを知ったフランは自暴自棄になり、バクスターの家で大量の睡眠薬を飲んでしまいます。

バクスターもやけになり、バーで女をくどき、家に持ち帰ります。するとそこには、フランが倒れていました。

バクスターは隣に住む医師のドレファスに助けを求め、間一髪のところでフランは一命を取り留めます。しかし意識は戻らず、バクスターは必死に介抱をします。

バクスターのおかげもあって、フランは意識を取りもどします。しかしまだ、完治したとはいえない状態でした。

その間にも上司はバクスターの家を訪ねます。バクスターはフランのために断ると、上司はフランを見て、頑張れと励まします。

優しいバクスターを見て、フランは、バクスターに恋をしていたならば、こんなに苦しまずには済んだと悔やみます。それと同時に、そうはできないもどかしさを抱えていました。

ジェフはフランの自殺未遂をオルセンのせいにし、クビを言い渡します。オルセンは腹いせに、不倫の関係をジェフの妻に密告します。そしてジェフは妻と離婚しました。

バクスターを、フランの姉の夫にあたるカールが訪れます。中々家に帰らないフランにカールは怒り、彼氏だと勘違いされたバクスターは殴られます。

翌日バクスターは、会社で鍵を貸すようジェフに言い寄られます。しかしバクスターは部屋のものではない鍵を手渡します。

バクスターは会社を辞め、フランと新年を祝います。バクスターはフランへの想いを口にします。二人はトランプのゲームをしながら見つめ合い、幸せそうな表情を浮かべました。

スポンサーリンク

映画『アパートの鍵貸します』の感想と評価


(C)Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved

ビリー・ワイルダーが監督を務め、恋愛映画の金字塔として今も多くの観客に愛される映画『アパートの鍵、貸します』

バクスターとフラン、二人の男女のやり取りは、モノクロ作品ながらそれを感じさせないほど退屈せずに楽しめます。

また、リアルな60年代のアメリカの職場や町並みは、当時と現代と比較ができて面白いです。

一度出た小道具を再度別の方法で用いる演出も効いており、テニスでパスタの湯を切るシーンなど、思わず笑みがこぼれてしまいます。

名作に名俳優あり。フランを演じた、若かりしシャーリー・マクレーンが可愛らしい。また、バクスターを演じたジャック・レモンも、自然な哀愁を漂わせながら、わざとらしいいやらしさを感じさせない演技の妙を見せています。

登場人物の一人一人が些細な機微を、表情に浮かべることに秀でており、物語を引っ張っていました。

本筋の物語では、幸せにしてくれる人とそうでない人、魅力的に見える人が必ずしも前者にはならない悲しさが、切実に描かれています。

ヒロインが自殺未遂をするといった、恋愛映画とは思えないほどの衝撃的な物語も、その一つです。フランにとってジェフがどれほど大きな存在であったのかを見せてくれています。

バクスターの片思いが叶わないと感じられるシーンが、ありきたりなものではないことで、ラストシーンのカタルシスが大きくなっています。

まとめ

(C)Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved

手軽な幸福を求める人間の悲しい性と、そこからの脱却を図る尊さをビリー・ワイルダーは恋愛と仕事の両面で描きました。

アカデミー賞では作品賞のみならず、監督賞や脚本賞、そして美術賞と編集賞を受賞しています。また、多くの部門でノミネートもされています。

アパートの鍵を貸すこと。そして、嘘ばかりの愛人に想いを寄せること。フランとバクスターは全く違うことをしているようでその実、似た行動を取っています

楽な手法で利用され、尊厳を失う代わりに金銭等の益を得る。フランもバクスターも、権力者のジェフに利用される人生を歩んでいました。

しかし二人は、恋愛を通して真の自分と見つめ合いました。自分の大事な物が何なのかが分かり、例え難しくともそのために生きる喜びを手にしたのです。

本当の意味で心を満たすための方法。ビリー・ワイルダーの名作は、現代にも通ずる普遍のメッセージを伝えているのです。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家|感想評価とレビュー解説。”パントマイムの神様”マルセル・マルソーの知られざる戦争体験

ユダヤの孤児123人を救った“パントマイムの神様”の実話 映画『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家』が、2021年8月27日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかで全国公開されます。 “パ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ローガンラッキー』ネタバレあらすじと感想!ラスト結末も

スティーブン・ソダーバーグの約4年ぶりとなる監督復帰作。 チャニング・テイタム、アダム・ドライバー、ダニエル・クレイグと豪華俳優陣が集結。 娯楽性とメッセージ性を見事に融合させた力作『ローガン・ラッキ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ガラスの城の約束』ネタバレ感想。ブリー・ラーソンが原作者ジャネット・ウォールズの半生を演じる

映画『ガラスの城の約束』は2019年6月14日(金)より、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA他にて全国順次ロードショー! 『ガラスの城の約束』は、元ニューヨーク・マガジンのコラ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ネクタイを締めた百姓一揆』あらすじと感想レビュー。ロケ地である岩手花巻の“まちづくりの精神”

来るのかな?新幹線!花巻に!? 映画『ネクタイを締めた百姓一揆~新花巻駅設置を巡る14年間の物語』は、東北新幹線の新花巻駅設置を巡り、奮闘した花巻市民たちの14年間に渡る活動を描いた作品です。 当時の …

ヒューマンドラマ映画

映画『みをつくし料理帖』あらすじ感想と内容評価。松本穂香と奈緒に託した角川春樹監督の最後の作品

映画『みをつくし料理帖』は2020年10月16日(金)より全国一斉ロードショー! 作家・高田郁の原作小説を、名匠・角川春樹監督が自身最後の作品として作り上げた時代劇『みをつくし料理帖』。 恵まれない境 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学