Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

『グリーンマイル』ネタバレ結末あらすじと感想考察。感動おすすめ映画ベスト級!名優トム・ハンクスが死刑囚を見送る看守を演じる

  • Writer :
  • 谷川裕美子

看守と死刑囚との絆を描く感動のヒューマンドラマ

大人気作家スティーヴン・キング原作の小説を『ショーシャンクの空に』(1995)のフランク・ダラボン監督が映画化。

フォレスト・ガンプ/一期一会』(1995)の名優トム・ハンクスが主演を務めます。

囚人たちが死刑台へ向かう薄汚れた緑色の道「グリーンマイル」。そこを歩かされる囚人と、刑を執行する看守との間に起こる奇跡の物語です。

彼らが見た奇跡とはどんなものだったのでしょうか。感動の大作の魅力についてご紹介します。

スポンサーリンク

映画『グリーンマイル』の作品情報


(C)1999 Universal Studios. All Rights Reserved.

【公開】
2000年(アメリカ映画)

【原作】
スティーヴン・キング

【監督・脚本】
フランク・ダラボン

【編集】
リチャード・フランシス=ブルース

【出演】
トム・ハンクス、デヴィッド・モース、ボニー・ハント、マイケル・クラーク・ダンカン、バリー・ペッパー、ジェフリー・デマン、ダグ・ハッチソン、マイケル・ジェッター

【作品概要】
ショーシャンクの空に』(1995)でタッグを組んだ大人気作家のスティーヴン・キングとフランク・ダラボン監督が再度手を組んだ感動のヒューマンドラマ。

死刑囚官房の看守が不思議な力を持つ囚人に出会い、さまざまな出来事を経験するさまをファンタジックに描きます。

主演は『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1995)の名優トム・ハンクス。

デヴィッド・モース、ボニー・ハント、マイケル・クラーク・ダンカン、バリー・ペッパー、ジェフリー・デマン、ダグ・ハッチソン、マイケル・ジェッターら豪華俳優が共演します。

映画『グリーンマイル』のあらすじとネタバレ


(C)1999 Universal Studios. All Rights Reserved.

老齢を迎えたポール・エッジコムは、老人ホームで仲のよい女友だちのエレーンに昔のことを語り始めます。

大恐慌の頃、彼は死刑囚棟の看守で、それはグリーンマイルと呼ばれる死刑台への道を歩かせる仕事でした。

ポールは重い尿路感染症に苦しんでおり、そのほかにも、州知事と血縁のため無下にできずにいる無能で冷酷な看守のパーシー、所長のハルの妻・メリンダの病など多くの悩みを抱えていました。

ある日、双子の少女を強姦殺人した罪で大男のジョン・コーフィが送られてきます。彼は見た目とは違い、暗闇を怖がる穏やかで繊細な心の持ち主でした。

一匹のネズミが所内に紛れ込み囚人のドラクロワに懐き、ミスター・ジングルスと名付けられます。

その後、ワイルド・ビルことウィリアム・ホルトンという極悪の問題児が収容されます。彼はクスリを打たれている風を装って看守を油断させ、いきなり彼らに襲いかかります。危ういところをブルータルが殴りつけて取り押さえました。

この騒ぎで病院に行けなくなって痛みに苦しんでいるポールを、コーフィが治してやるといって呼び、檻越しに股間をつかみました。その後、コーフィは苦し気に口から黒いものを吐き出します。不思議なことにポールの感染症はすっかり治っていました。

翌朝、ポールはコーフィの弁護士に会いに行きますが、彼はコーフィが犯人に違いないと話します。

ある日、パーシーがミスター・ジングルスを踏みつぶす事件が起こります。それを見ていたコーフィがジングルスを両手で包み込み生き返らせました。看守たちは呆然とその様子を見ていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『グリーンマイル』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『グリーンマイル』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)1999 Universal Studios. All Rights Reserved.

ドラクロワの処刑が行われる日が来ました。パーシーが翌日には転属届を出すという約束で、処刑の指揮をとることとなります。

しかし、濡らして使うはずのスポンジをパーシーがわざと濡らさなかったために、ドラクロワは焼かれて凄惨な死を遂げます。コーフィーはその苦しさを共有し苦しんでいました。彼に抱かれていたジングルスも悲しみを感じ取り逃げ去っていきます。

ポールは職場の仲間を招いて、メリンダの病気を治すためにコーフィに会わせることを提案。彼らは承知します。

決行の日。ポールたちはビルに睡眠薬を飲ませ、パーシーを拘禁室に閉じ込めてコーフィーをこっそり連れ出しました。途中、半分寝ぼけた状態でビルはコーフィーの腕を握り、なにかを感じたコーフィーは動揺します。

突然自宅前に現れたコーフィーたちを見て驚くハル。コーフィーはメリンダのもとへ近寄り、口づけして悪いものを吸い取ります。メリンダはすっかり治っていました。

コーフィーは病魔を吐き出さずにそのまま戻り、パーシーをつかまえて彼の口にそのまま吹き込みます。もうろうとしながらパーシーはビルの檻の前で立ち止まり、突然ビルを撃ち殺しました。その後、口から黒いものを吐き出したパーシーは精神に異常をきたし、口をきくこともできなくなっていました。

コーフィーはビルに腕をつかまれた時に彼の悪事を見たことを話し、ポールの腕をつかんでその映像を見せます。ビルこそがコーフィーがかけられた双子の少女殺しの罪を犯した犯人でした。ビルしか知りようのない映像が見えてポールは驚き、恐怖しながら涙を流します。

ポールは無実のコーフィーを救えないことに苦悩します。直接コーフィーに逃げたいかと聞きますが、苦しみを感じすぎることに疲れた彼はもう死にたいとこたえました。

コーフィーの最後の願いは活動写真を見てみたいというものでした。美しい音楽と夢のような映像を見てコーフィーは最後に幸せな時を過ごします。

処刑場に着いたコーフィーは自分を憎む人たちからの視線に苦しみますが、看守たちは自分たちは憎んでいないと話しかけます。

暗闇をこわがるコーフィーは顔にマスクをかけないようにポールに頼みます。ポールは願いを受け入れました。

コーフィーの手を握ったポールは、「愛を利用して人を殺した 同じことが世界中で起こってる」という彼の心の内の声を聞いてから、スイッチを入れる指示を出します。

看守たちは皆涙をこらえてコーフィーを見送りました。

コーフィーの処刑を最後に、ポールとブルータルは転属を願い出て職場を離れました。

老ポールはエレーンを連れていつもこっそり訪れていた山小屋へ行きます。そこにはミスター・ジングルスがいました。彼はコーフィーの不思議な力を受け取ったために長生きしていました。

ポールもまたコーフィーから命の一部を注がれたため、108歳という長寿を生きています。愛する人たちを見送らねばならないことが、コーフィーを殺してしまったことの贖いなのだと語るポール。

死を望み続けながら生きるポールは、人は皆自分のグリーン・マイルを歩いているのだと呟き、ネズミにこれほどの長寿を与えたコーフィーは自分をいつまで生かすつもりなのだろうかと思いながら眠れぬ夜を過ごします。

彼にとってはグリーン・マイルはあまりにも長いものでした。

スポンサーリンク

映画『グリーンマイル』の感想と評価


(C)1999 Universal Studios. All Rights Reserved.

ポールとコーフィーとの強い絆

ヒューマンドラマ、サスペンス、ファンタジー、さまざまな要素が組み合わさった珠玉の一作『グリーンマイル』。3時間を超える長尺ながらまったく飽きさせない濃厚なドラマが展開します。

主演は『フィラデルフィア』『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1995)でオスカーを受賞した名優トム・ハンクスが務め、良心と職責の狭間で悩み苦しみ抜く善良な看守を繊細に表現しています。

気高い魂を持つ大男のジョン・コーフィーを演じたマイケル・クラーク・ダンカンは深みある演技でアカデミー助演男優賞にノミネートされました。

死刑囚監房という閉じられた空間の中で物語が展開します。主人公である看守主任のポールはまじめで職務に忠実な男です。何人もの囚人に死刑台までの道「グリーンマイル」を歩かせ、死刑を執行してきました。

この死刑シーンというのがとても原始的で、観る者にえも知れぬ恐怖を抱かせます。椅子は頼りない無骨な木製で、電流が直にかかるようにするために頭に乗せるのはバケツの水で濡らした海綿です。

なんとここでは死刑囚本人も参加して念入りなリハーサルが行われ、当日は大勢の被害家族たちが憎しみの目でみつめる前で刑が執行されるのです。ポールたちの毎日がどれほどストレスフルなものかダイレクトに伝わってきます。

そんな中、天使のように気高い心を持ち、病やけがを治す不思議な力を持つ大男のジョン・コーフィーが収容されます。演じるマイケル・クラーク・ダンカンは196cm、145kgの巨漢で観る者を圧倒しますがその瞳は牛のように穏やかで、まさにコーフィーそのものです。

悲しい出来事をすべて感じ取ってしまうコーフィーは、苦しむ人を見捨てられないやさしさを持っていました。だからこそ、全ての人を救えない現実に疲れ果てていたのです。美しすぎる魂を持つゆえの苦しみに胸が塞がれます。

長年悪人を相手に仕事してきたポールはコーフィーが罪人ではありえないことに気づき、コーフィーもまたポールの誠実さを理解し、深く心を通わせるようになります。そして、本当に罪を犯したワイルド・ビルの犯行映像をポールに見せるのです。

ポールと看守仲間との友情も心を打ちます。病のメリンダのもとにコーフィーを連れ出す際、若く幼い子どもがいるディーンを外して年長者や独り者だけで実行するシーンは彼らの強い絆を感じさせます。

本作のクライマックスは、真実を知りながらコーフィーを死刑台に送らねばならないポールたち看守の心の葛藤です。

無垢な魂を持つ無実の彼を殺すという残酷な任務に苦悩するポール。しかし、コーフィーは心から死によって苦しみから解き放されることを願い、ポールに刑の執行を委ねます。

コーフィーの意志だったにも関わらず、ポールはひとりいつまでも生き続けるという罰ともいえる定めを与えられます。神からのギフトを葬った罪からでしょうか。

大きな謎に包まれたまま、静かに物語の幕は下ろされます。

ミスター・ジングルスが露わに映し出す光と影


(C)1999 Universal Studios. All Rights Reserved.
本作で大きな存在感を見せるのは、ネズミのミスター・ジングルスです。突然刑務所に紛れ込み、囚人のデルに懐いて芸をするようになります。

凶悪犯罪を犯したデルですが、ジングルスを溺愛してかわいがるようになりました。看守らも皆この小さな生き物を大事にします。

ミスター・ジングルスが生み出した温かな空気感と取り巻く人々の優しさ。その一方で、ジングルスを憎々しく思う人間がいました。ダグ・ハッチソン演じる悪人のパーシーです。彼は肝が小さく臆病なくせに、人に危害を与えたり心を傷つけることを異様に好む残酷な男でした。しかし知事にコネがあるため無下にもできず、ポールたちは彼に振り回され続けます。

体つきが貧相な彼は、怖いと足がすくんで動けなくなったり、漏らしてしまったりとどこか憎めない面もあるのですが、えげつないほど残酷なことばかり繰り返します。看守になったのは死刑を見たかったからという彼は、ジングルスをためらわずに踏みつぶしたり、電気椅子に座り死を前にしたデルを打ちのめす言葉をかけたりするのです。

あげくにスポンジを濡らさずにセットしてデルを拷問のように苦しませて死なせることとなりますが、この時ばかりは恐ろしさに顔をこわばらせたまま。根っからのサディストというわけではなかったようですが、あまりに性根が腐っていた彼は、コーフィーに制裁を下されます。

生まれながらのサイコパスとして登場するのが、凶悪犯ワイルド・ビルです。『スリー・ビルボード』で見事オスカーを受賞したサム・ロックウェルが素晴らしく憎々しく演じます。

パーシーとビルという見事な悪役により、コーフィーの美しい魂の気高さが際立ちます。

ジングルスを挟んでその光と影が色濃く浮きあがるのです。

まとめ


(C)1999 Universal Studios. All Rights Reserved.

死刑囚を描く重い内容ながら、感動を呼び起こす傑作『グリーンマイル』。

コーフィーとはいったい何者だったのか、そしてポールが受けた裁きの意味とは何だったのか謎は深まるばかり。ずっと深い余韻に浸れる稀有な一作です。

長い作品を観終えた後は、誠実なポール、神からの贈り物としか思えないコーフィー、心やさしい看守たち、生き生きとした悪役たち、そしてかわいいミスター・ジングルスと共に、まるで実際に一連の奇跡を体験したかのような錯覚を覚えることでしょう。

登場人物のそれぞれに郷愁を感じ、年老いたポールと同じく、昔をしのぶような感覚にとらわれるかもしれません。

どうぞ物語の世界にどっぷりと浸って、コーフィーが起こした奇跡を味わってください。





関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ヒトラー 最期の12日間』ネタバレ解説とあらすじ結末の感想考察。ラストに描く戦争の“気づけなかった真実”

全てを目撃した秘書がヒトラーの最期を語る実録ドラマ。 オリヴァー・ヒルシュビーゲルが監督を務めた、2004年製作のドイツの実録ドラマ映画『ヒトラー~最期の12日間~』。 迫りくるソ連軍の放火から逃れよ …

ヒューマンドラマ映画

Netflix映画『シックス・バルーン』ネタバレ感想考察と結末までのあらすじ。ドラッグが引き起こす家族の苦悩と決断を描く

薬物で人生が崩壊する前にするべきこと「愛する者を手放す講座」1章~10章 薬物中毒になった弟に苦悩する、姉の姿を描いた『シックス・バルーン』をご紹介します。 麻薬は海外では合法的に認められているものも …

ヒューマンドラマ映画

『ミラクルシティコザ』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。桐谷健太が1970年代と2022年をタイムスリップする沖縄エンターテイメント!

伝説のロックンローラーが時代を越えて平和を歌う 日本復帰前の1970年代の沖縄市・コザと現代が交錯するタイムスリップ・ロックンロール・ストーリー。 桐谷健太を主演に迎え、クリエイターの発掘・育成を目的 …

ヒューマンドラマ映画

映画『椿の庭』ネタバレ感想とラスト結末の考察。原作のないストーリーを写真集のような美しい景色と女性たちの生き様で活写

命あるものはやがて朽ちる。だからこそ、儚くも美しい。 数多くの広告写真を手掛け、その卓越した美学で人々を魅了し、国内外で高い評価を得ている写真家・上田義彦の映画初監督作品『椿の庭』。 海を望む高台にあ …

ヒューマンドラマ映画

映画『たまゆらのマリ子』感想レビュー。瀬川浩志監督がオリジナル脚本で挑む現代社会に潜んだ日常

友人や夫に裏切られた主婦、マリ子の暴走を描いた人間ドラマ『たまゆらのマリ子』。 普通に生きる事を強要されているとも言える、現代の日本において、誰もが抱える不満やストレス、隠し持った本音の危うさを、鋭い …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学