Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

『予兆 散歩する侵略者 劇場版』第68回ベルリン国際映画祭に正式出品決定!

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

黒沢清監督ファンのあなたに吉報です!映画『予兆 散歩する侵略者 劇場版』が、2018年2月15日から25日まで開催される第68回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門に正式出品に決まりました。

映画『散歩する侵略者』の第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門正式出品に加え、同作から派生した本作『予兆 散歩する侵略者 劇場版』の関連作品が揃って歴史ある三大国際映画祭へ招待されるという快挙。

これは極めて稀な出来事を成し遂げました!

スポンサーリンク

1.映画『予兆 散歩する侵略者 劇場版』


(C)2017「散歩する侵略者」スピンオフ プロジェクト パートナーズ

本作はWOWOWFILMSの『散歩する侵略者』のスピンオフ作品で、2017年9月にWOWOWのオリジナル番組として制作された各話30分、全5話のドラマを劇場公開用に再編集!

また、音声をドルビーデジタル5.1にアップグレードして11月11日に全国公開した作品です。

映画『散歩する侵略者』は、劇作家・前川知大率いる劇団「イキウメ」の人気舞台を、国内のみならず、海外で注目を集める黒沢清監督が映画化した作品です。

そのスピンオフ作品の『予兆 散歩する侵略者 劇場版』は、同じく黒沢清監督の演出のもと、映画の世界観を活かしながらも新たな設定・キャストによる、より侵略の恐怖にフォーカスした物語が本家以上の黒沢清ワールドが展開されています。

2.映画『予兆 散歩する侵略者』作品情報


(C)2017「散歩する侵略者」スピンオフ プロジェクト パートナーズ

【公開】
2017年(日本映画)

【監督】
黒沢清

【キャスト】
夏帆、染谷将太、東出昌大、中村映里子、岸井ゆきの、安井順平、石橋けい、吉岡睦雄、大塚ヒロタ、千葉哲也、諏訪太朗、渡辺真起子、中村まこと、大杉漣

【作品概要】
黒沢清監督が劇団「イキウメ」の舞台を映画化した『散歩する侵略者』(17)のスピンオフとして制作され、WOWOWで放送&ネット配信された全5話のドラマ『予兆 散歩する侵略者』の劇場版。

悦子のところに後輩が訪ねてくるが、彼女の家には幽霊がいるという。彼女はどうやら「家族」の概念を失ってしまったらしい。そんな折、夫が勤める病院で、悦子は真壁という奇妙な医師と出会う。

スポンサーリンク

3.映画『予兆 散歩する侵略者』のあらすじ


(C)2017「散歩する侵略者」スピンオフ プロジェクト パートナーズ

山際悦子が仕事から帰宅すると、先に帰宅していた夫の辰雄がベランダでぼんやりとたたずんでいました。いつもと何か様子が違うように見えましたが、辰雄はなんでもないと否定します。

それはほんのちょっとした違和感から始まったのです。

悦子は職場の工場で同僚の葉子に何見てるの?と声をかけられます。悦子は空を見ていました。「ちょっと気になって」。

工場長の粕谷がやってきましたが、右手に持った帳簿を二度も落とし、葉子は呆れたような目を悦子に送ってきました。

悦子が倉庫で探し物をしていると、非番のはずの浅川みゆきがそばに立っていました。「今晩泊めてもらっていいですか?」

その理由を聞くと「怖いんです」と彼女は答えました。「何が?」「幽霊が。」

彼女は話し出しました。今家にいるのはそうとしか考えられないと。見た目は普通の人なのに、誰だかわからない。なのに、当たり前のようにそばにいる。これって見てはいけないものを見ているっていうことですよね?

悦子は自宅にみゆきを連れ帰りました。辰雄が帰ってきたのを見て、みゆきは恐怖の表情を浮かべました。「悦子さんは平気なんですか? 今の男の人みたいなああいうの、ここにもいるんですね」

翌日、悦子はみゆきに連れられてみゆきの家にやってきました。インターホンを押すと、彼女の父親らしき人が出てきましたが、みゆきは隠れてしまい、悦子だけが家にあがりました。

男はれっきとしたみゆきの父親のようでした。急によそよそしくなり、最近では見るのもいやだという態度を取る、母親が死んで10年になるが、手塩にかけて育ててきたつもりです、なんでこんなことにと父親は嘆くのでした。

その時、庭の方で音がするので、父親がカーテンを開けると、そこにいたみゆきが激しく悲鳴をあげました…

つづきの詳細なあらすじと映画解説は以下のバナーをクリックしてお読みください!

4.ベルリン国際映画祭に正式出品決定の黒沢清監督とキャストコメント!


(C)2017「散歩する侵略者」スピンオフ プロジェクト パートナーズ
本作『予兆 散歩する侵略者』の演出を務めた黒沢清監督は、この快挙の喜びを次のように語っています。

この会心の一作をベルリンの観客に披露するのが今から楽しみです。彼らはまず、日本映画にこんなものがあるのだということに驚き、そして登場人物たちにのめり込み、最後は震え上がることでしょう。 黒沢清監督

また、この作品に出演したキャストは喜びを次のように語ります。

映画『散歩する侵略者』のスピンオフドラマとして作られたこの作品が、この秋には一本化して劇場公開になり、さらにはベルリン国際映画祭への出品が決まったと聞いて、この作品の持つ力を感じています。じわじわと日常を侵略されていく恐怖、大切なものを守りたいという想いは、国境関係なく伝わるのではないかと思います。黒沢組に参加できたこと、この作品に関わるすべての人に感謝です! 夏帆

黒沢監督のこの静かで強烈な作品がベルリン国際映画祭を侵略するのを楽しみにしています。インターナショナルな場でさらに栄える作品だと思いますのでとても意義のある出品だと感激しております。ベルリンのお客さん方が凍え上がるのを期待しています。 染谷将太

栄誉ある映画祭で上映できることを、 大変嬉しく思います。ホラーなのか、SFなのか、人間ドラマなのか、ジャンル分けが難しい様に思いますが、不穏な空気の奥底にある一種の痛快さを、海外のお客様に楽しんで頂けたら幸いです。 東出昌大

黒沢組に参加された全てのスタッフとキャストの皆さんに、「ベルリン正式出品おめでとうございます!」。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2017「散歩する侵略者」スピンオフ プロジェクト パートナーズ

2017年9月9日公開『散歩する侵略者』のアナザー・ストーリーとして、WOWOWで放送&ネット配信された全5話のドラマを、映画『予兆 散歩する侵略者 劇場版』としてまとめ、待望の劇場公開されています。

黒沢清監督やキャスト、また黒沢組スタッフとともに喜びをわかち合うためにも、本作『予兆 散歩する侵略者 劇場版』をご覧になりませんか。

WOWOWの連続ドラマの方も観たあなたも、続けて劇場で映画としての形で観る方が断然面白いはずですよ。

ぜひ、劇場に足を運びませんか?オススメの作品です!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『かば』あらすじ感想と解説レビュー。実在の中学校教師 蒲益男の大阪西成で今も語り継がれる奮闘記

『かば』は2021年7月24日(土)新宿 K’s cinemaにて全国順次ロードショー。 かつて大阪に差別と偏見、貧困などの様々な問題を抱えた生徒たちに、正面から向き合った1人の中学生教師がいました。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『あのこは貴族』ネタバレ感想と結末解説。原作の世界観を門脇麦と水原希子が魅力的に演じる

映画『あのこは貴族』は、2021年2月26日(金)より全国公開! 本作は、山内マリコの同名小説を原作に、同じ都会で暮らしながら全く異なる生き方をする2人の女性が自分の人生を切り開こうとする姿を描いた人 …

ヒューマンドラマ映画

映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』感想と考察評価レビュー。多感な若者と心理学教授の儚くも尊い交流

青年を導く人生の師フロイトを熱演した名優、ブルーノ・ガンツの遺作 2019年2月に亡くなったドイツを代表する名優ブルーノ・ガンツの遺作となる映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』が、20 …

ヒューマンドラマ映画

オムニバス映画『21世紀の女の子』ネタバレ感想と結末あらすじの評価解説。若き女性監督たちの邦画アンソロジー

21世紀の女の子の、女の子による、女の子のための、とびっきりの映画たち! 山戸結希監督が企画・プロデュース・共同監督を務めた本作。 1980年代後半~90年代生まれの新進女性映画監督15人が演出を務め …

ヒューマンドラマ映画

映画『足りない二人』あらすじと感想。佐藤秋&山口遥が30代の俳優人生を活かした注目のオリジナル作品

新進の30代の俳優である佐藤秋と山口遥が、“俳優としての居場所を作る”ために、5年の歳月を費やして完成させた等身大の一組の男女の物語。 一つの大きなマイルストーンとして、新宿三大映画館(新宿ピカデリー …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学