Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/09/11
Update

実話映画『ソニア ナチスの女スパイ』ネタバレあらすじと感想考察。女優と工作員の顔を持ち極秘に情報を得ていたヒロインの数奇な半生

  • Writer :
  • 松平光冬

第二次世界大戦時、スパイとしてナチスに潜入した女優の数奇な実話ドラマ

映画『ソニア ナチスの女スパイ』が、2020年9月11日(金)より新宿武蔵野館ほかで全国順次公開されています。

第二次世界大戦中のナチス占領下のノルウェーで、スパイとして潜入した女優、ソニア・ヴィーゲットの激動の半生を、ネタバレ有でレビューします。

スポンサーリンク

映画『ソニア ナチスの女スパイ』の作品情報

(C)2019, The Spy AS BR・F, Film i Vast, Scope Pictures, Nordisk Film Danmark -All rights reserved

【日本公開】
2020年(ノルウェー映画)

【原題】
Spionen(英題:The Spy)

【監督】
イェンス・ヨンソン

【脚本】
ハーラル・ローセンローブ=エーグ、ヤン・トリグベ・レイネランド

【音楽】
ラフ・コイネン

【キャスト】
イングリッド・ボルゾ・ベルダル、ロルフ・ラスゴード、アレクサンダー・シェーア、ダミアン・シャペル

【作品概要】
第二次大戦時、スパイとしてナチスに潜入した女優ソニア・ヴィーゲットの実話を描いたヒューマンドラマ。ナチスドイツを題材にした『ヒトラーに屈しなかった国王』(2017)を手がけたハーラル・ローセンローブ=エーグとヤン・トリグベ・レイネランドが脚本を担当。

ハリウッド映画『ヘラクレス』(2014)やテレビドラマシリーズ「ウエストワールド」などにも出演した、ノルウェー出身のイングリッド・ボルゾ・ベルダルがソニア役を熱演。そのほか、『ダウンサイズ』(2018)のロルフ・ラスゴード、『プラネタリウム』(2016)のダミアン・シャペル、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(2017)のアレクサンダー・シェーアらが脇を固めます。


映画『ソニア ナチスの女スパイ』のあらすじとネタバレ


(C)2019, The Spy AS BR・F, Film i Vast, Scope Pictures, Nordisk Film Danmark -All rights reserved

第二次世界大戦中のナチス・ドイツ占領下のノルウェー、オスロで、女優として活躍するソニア・ヴィーゲット。

その美貌と類まれな演技力で人気を博す一方で、ナチス賛美の映画や演劇にも出演を続けており、一部からは「売国奴」と罵られてもいました。

そんななか、ヒトラーの命令でノルウェーに派遣された国家弁務官のヨーゼフ・テアボーフェンは、ソニアの人気に目を付け、ナチスのプロパガンダに本格的に利用しようと画策。

ソニアの夫で映画監督のライフ・シンディングは、以前から地元出身の作家アレクサンダー・ヒェランの「エルサ」をなんとしても映画化したいと考えていました。

ライフはテアボーフェンから、ナチスのプロバガンダ映画製作を統括するヨーゼフ・ゲッベルスが近々開かれる晩餐会に出席するので、その場にソニアも呼ぶよう要請されます。

ゲッベルスに気に入られれば映画が撮れると、ライフはソニアにも参加するよう頼みますが、彼女はその前日にストックホルムで公演に出演するからとそれを固辞。

ソニアは、実父のシーヴァルがレジスタンスに加わっていたこともあり、ナチスに嫌悪感を抱いていたのです。

そしてもう一人、ソニアに接触を図ろうとする男性がいました。

その男トルステン・アクレルは、ノルウェーの隣国スウェーデンで保険会社を経営していましたが、裏ではスウェーデン諜報部として多くのスパイを派遣していました。

戦線を拡大させてヨーロッパ諸国に侵攻していくナチスを警戒し、情報収集に躍起になっていたアクレルは、ナチスに潜入するスパイとして、演技力も語学も堪能なソニアに白羽の矢を立てていたのです。

アクレルは舞台を終えたソニアに接触し、スパイになるよう依頼しますが、彼女はスウェーデン事情は自分には無関係だと拒否。

そして、ライフとの夫婦仲が完全に冷め切っていたこともあり、晩餐会を無視しストックホルムに向かうのでした。

ソニアがストックホルムでカメラマンのパトリックや、フォン・ゴスラー男爵や観光局長のアルベルト・フィンケといった知人と談笑していた一方で、晩餐会はソニア不在で盛り上がりに欠けており、ゲッペルスが早々と席を立ちます。

面子を潰されたテアボーフェンは、部下に命じてソニアの父シーヴァルを無理やり逮捕してしまいます。

母から事情を聞いて急いでアクレルの元に向かったソニアは、彼に父の解放の手助けを求めます。

アクレルはスウェーデン大使館で開かれる祝宴に出席するようソニアに命じます。

ドイツやその同盟国の人間が参加するその祝宴には、テアボーフェンの友人ハルトマンもおり、彼を通してテアボーフェンに晩餐会の欠席理由を告げるようアドバイスしました。

スウェーデン大使館に向かったソニアは、すでに参加していたゴスラーやフィンケの介添えもあり、ハルトマンに接触。

電話でテアボーフェンに欠席を詫び、改めて夕食の約束を取り付けたソニアは、その直後ハルトマンに襲われそうに。

彼女を救ってくれたのは、ハンガリー大使館の外交官アンドル・ゲラートでした。紳士的な性格でピアノでジャズを奏でるアンドルに惹かれ、ソニアは瞬く間に恋に落ちます。

テアボーフェンと接触する機会を得たソニアに、アクレルは「ビル」というコードネームを与え、改めてナチス側のスパイになるよう要請。

さらに、家族ともどもスウェーデンに国外退去させるという条件の代わりに、ナチスにスウェーデンの情報を漏えいしている「マリア」という謎の人物の正体を突き止めるよう、併せて命じました。

国内の政治活動を禁止し、検閲を行うなどの圧政を敷いていたテアボーフェンの寵愛を受けたソニアは、彼が寝静まった隙をついて書斎に忍び込み、書類を盗撮。

さらに、アクレルの助言通りに、「スウェーデンに軍事化の動きがある」というウソ情報を流すなどして、テアボーフェンの信頼を得ていきました。

マリアの正体が一向につかめない状態が続いていたある日、テアボーフェンはソニアにある依頼をします。

それは、父親を解放する代わりに、ナチスのスパイとしてスウェーデンをはじめとする北欧諸国の情報を集めてほしいというものでした。

父シーヴァルが解放された姿を見届けたソニアは、テアボーフェンの命によりスウェーデンに向かいます。

テアボーフェンと通じる人物の電話で、ストックホルムのハーガ公園に呼び出されたソニア。

呼び出したのはフォン・ゴスラー男爵で、彼はドイツ側の高官の中に裏切り者がいるとして、ソニアにその正体を探るよう告げます。

同居しているアンドルの動きを怪しむゴスラー。

さらにアクレルからも「アンドルが時々ストックホルムを離れる理由を知りたい」と言われ、ソニアは動揺するのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ソニア ナチスの女スパイ』のネタバレ・結末の記載がございます。本作をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2019, The Spy AS BR・F, Film i Vast, Scope Pictures, Nordisk Film Danmark -All rights reserved

後日、スウェーデンの海へ船で出かけたソニアとアンドルは、離れ孤島にある小屋で一夜を過ごします。

その夜、アンドルのカバン内の書類が気になったソニアが密かに探ると、出てきたのは海岸や港を撮った写真や、数列が並んだ書類でした。

早朝、先に起きたアンドルがその荷物をボートに乗ってきた人物に渡すのを確認したソニアは、帰り際、彼からプロポーズを受け、戸惑います。

後日、アンドルが持っていた写真が町のオルソン写真店で現像されていたのを思い出し、店の前で張りこむソニアは、カメラマンのパトリックの姿を捉えます。

跡を尾けられたソニアに問いただされたパトリックは、謎の人物から、撮影した海岸や港の写真をハーガ公園のゴミ箱に入れる仕事を請け負っており、間もなく写真を持って公園に行く時間だと答えます。

謎の人物がマリアと推測し、強引にパトリックから写真を奪ったソニアは、その足でアクレルに会って写真を渡します。

しかし、謎の人物は現れなかった上に、パトリックは死体となって発見されました。

写真だけではアンドルがマリアだという確証は掴めないとして、アクレルの手筈でソニアとアンドルが店で会うことに。

店内に仕込んだ隠しマイクで決定的証拠を得ようとしたソニアでしたが、それに気づいたアンドルは逃亡してしまいます。

ドイツ側に自分がスパイとバレるのは時間の問題と悟ったソニアは、ゴスラーに「内通者が分かった」とハッタリを伝えて会う約束を取り付け、待ち合わせの場に警察を配備するようアクレルに依頼。

しかしゴスラーは、約束日前日の夜にソニアの前に姿を現し、マリアを引き合わせます。

マリアの正体は、観光局長のフィンケでした。

前々からアクレルが内通者だと疑っていたというゴズラーとフィンケは、ソニアに孤島の小屋に向かう道案内をさせます。

小屋に隠れていたアンドルを見つけたソニアでしたが、ゴズラーたちにそれを告げることなく、彼を逃亡させることに成功。

ゴズラーとフィンケは逮捕され、ソニアは家族と共にスウェーデンに身を潜めます。

アンドルは行方不明となり、ナチスとの接触によりソニアは女優生命を完全に断たれることに。

後にソニアはアンドルと再会するも、結ばれることなく終わります。

戦後、スウェーデンは彼女の名誉回復を図りましたが、裏切り者の噂が絶えることはありませんでした。

ソニアは1980年にスペインで死去し、2005年の関連文書の公開で、彼女のスパイ任務が公表されることとなります――。

スポンサーリンク

映画『ソニア ナチスの女スパイ』の感想と評価


(C)2019, The Spy AS BR・F, Film i Vast, Scope Pictures, Nordisk Film Danmark -All rights reserved

第二次世界大戦中のナチス占領下のノルウェーで、スウェーデンの諜報部に協力してスパイとなった女優、ソニア・ヴィーゲット。

父親をナチスの強制収容所から解放するために、彼女はナチス高官と親密な関係を築いていきました。

本作『ソニア ナチスの女スパイ』は、そんなソニアの数奇な運命を映画化しています。

映画監督である夫との関係が冷め切っていたソニアは、若きハンガリーの外交官アンドルとナチスの国家弁務官テアボーフェンという2人の男性と出会います。

ジャズ音楽を愛する芸術肌のアンドルへの愛こそ真実で、情報収集のために逢引きを重ねるテアボーフェンとの関係はあくまでも演技と思っていたソニア。

ですが、アンドルもまたスパイでは?という疑惑が生まれ、その心に揺らぎが生じるとともに、怒ると理性を失う性格ながら精神的なもろさを持つテアボーフェンに、次第に慈しみの感情を抱くようになります。

女優でありながら、愛に生きる一人の女性であるソニアの姿を描く本作は、ロマンティック・サスペンスの様相も呈しています。

ただ、その肝心なロマンス要素とサスペンス要素がいずれも薄味なのは否めないところでしょうか。

まとめ

(C)2019, The Spy AS BR・F, Film i Vast, Scope Pictures, Nordisk Film Danmark -All rights reserved

少し前に劇場公開された『ジョーンの秘密』も、第二次大戦時、裏でスパイ活動をすることとなった女性の実話をベースにしています。

スパイ活動をしていた女性が正当に評価されるケースは、男性よりもはるかに少なかったといいます。

劇中、ソニアの父シーヴァルが言います。「自分の立ち位置はしっかりと示さなければならない」

戦乱や男性に翻弄され、戦後も不遇な人生を送ったというソニアでしたが、自我を失うことはなかった彼女を責められる者はいるでしょうか。

映画『ソニア ナチスの女スパイ』は、2020年9月11日(金)より新宿武蔵野館ほかで全国順次公開




関連記事

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ 護られなかった者たちへ】結末ラスト感想と考察解説。本格ミステリーとして佐藤健と瀬々敬久監督が社会保障の落とし穴を暴く

佐藤健が殺人事件の容疑者を熱演する社会派ミステリー 『護られなかった者たちへ』は、作家中山七里の同名小説を『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の主演・佐藤健と瀬々敬久監督のコンビで映画化したものです。 東日 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』レビュー感想【ネタバレあり】夏帆とシム・ウンギョンの悩める女性への応援歌

いつの間にか大人になってしまった、全ての女性に贈る映画 現在CM・MVなどの作品制作の、第一線で活躍している若手映像クリエイター・箱田優子。 彼女が次世代の若手映像作家を生み出すプロジェクト、「TSU …

ヒューマンドラマ映画

映画『浅田家!』ネタバレあらすじと感想評価。実話を基に二宮和也が中野量太作品に挑む

写真は思い出を残すだけでなく 時には、今を生きる力になる。 家族を巻き込みコスプレ写真集を出版した写真家・浅田政志の実話をもとに、中野量太監督が実写映画化。 主人公・政志を二宮和也が演じるほか、物語の …

ヒューマンドラマ映画

『静かな雨』小説あらすじネタバレ。映画化で結末のキャスト仲野太賀と衛藤美彩が選ぶものは

人間ってなんでできてると思う? 人が記憶でできてるだなんて断固として否定する。 宮下奈都の小説『静かな雨』が、仲野太賀と、元乃木坂46で初の映画出演となる衛藤美彩の共演で映画化です。2020年新春に公 …

ヒューマンドラマ映画

映画『散り椿』キャストと原作のあらすじネタバレ。劇場版と小説の違いは何か⁈

時代劇映画『散り椿』は、9月28日(金)より全国公開。 直木賞作家、葉室麟の同名小説が原作。監督はこれまで主に撮影技師として数々の映画製作に参画してきた木村大作。 『剣岳 点の記』では日本アカデミー賞 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学