Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/04/20
Update

映画『僕に、会いたかった』感想と評価レビュー。女優松坂慶子がTAKAHIROを包み込む

  • Writer :
  • 石井夏子

大きな愛が失った時を蘇らせる

2019年5月10日(金)からTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーの映画『僕に、会いたかった』

EXILEのTAKAHIROが初めて映画作品で単独主演を飾ったことでも話題です。

記憶を失った男と、彼を支える周囲の温かさが、穏やかな隠岐の島の風景とともに映し出されます。

スポンサーリンク

映画『僕に、会いたかった』の作品情報


(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
錦織良成

【キャスト】
TAKAHIRO、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生、浦上晟周、小野花梨、宮本裕子、吉野由志子、川村紗也、斉藤陽一郎、清水宏、山下容莉枝、秋山真太郎、黒川芽以、小市慢太郎、松坂慶子

【作品概要】
「EXILE」のヴォーカリストとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIROが満を持して、映画で初めて単独主演。

ドラマを支えるのは、NHK連続テレビ小説『まんぷく』(2019)に出演の松坂慶子、“カメレオン俳優”と呼ばれる名バイプレーヤーの小市慢太郎らベテラン実力派です。

そしてテレビドラマ『コウノドリ』(2015)映画『相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』(2017)の山口まゆ、『ソロモンの偽証』(2015)で準主役を務めたボーカルダンスユニット「M!LK」の板垣瑞生ほか、柴田杏花、浦上晟周、小野花梨など次世代を担う若手が脇を固めます。

何気ない日常をとらえる描写力と柔らかな映像センスに定評がある錦織良成監督が描き出す、家族の絆と再生を描いた感動の人間ドラマ。

映画『僕に、会いたかった』のあらすじ


(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

島の漁師・徹は、12年前に海で事故に遭い、それまでの記憶を失っています。

彼はその時の事故によるトラウマから、船に乗ることが出来ず、港で水揚げの仕事をしていました。

父は遠い昔に亡くなり、徹は母・信子と2人暮らし。

記憶の無い徹にとっては、母でさえも他人のように感じられ、距離を置いていました。

そしてひとりになると思い出すのは事故のこと。

雷鳴。嵐。揺れる船体。沈む身体。

どれもが鮮明に脳裏によみがえり、徹を苦しめます。

母はそんな息子の様子を感じ取りながらも、彼自身の力で乗り越える日を待ち続け、誰も乗らなくなった船を毎日磨いています。

ある日、都会からフェリーに乗って、3人の高校生たちがやってきました。

この島の高校では“島留学”として、都市部にすむ生徒の越境入学を受け入れているんです。

親元から離れたいがため志願した愛美、成績優秀で医者志望の雄一、そして「母が昔来たこの島に来てみたかった」と語るめぐみ。

それぞれの理由と意思を持った3人は、少しづつこの島になじんで行きます。

日課のジョギングをしていた徹を見かけ、彼に興味を抱くめぐみ。

また、雄一の島での世話係“島親”になった徹は、彼とともに過ごすうち、自分に欠けていたものを見つけ出します。

その姿を見守っていた母・信子は、ある決意をし…。

スポンサーリンク

孤独を抱えた親子

(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

TAKAHIRO演じる徹は、事故以来ずっと暗い海の中を漂っています。

自分を慕ってくれる人間がいても、赤の他人にしか思えず、自分が何者なのか、何がしたいのかもわからず、ただ習慣をこなしていくだけの毎日。

そんな徹のことを、松坂慶子が演じる母は、優しく微笑みながら待ち続けています。

北極星のように変わらぬ道しるべとして。

母の過去が語られる場面は決して多くはないものの、その微笑みのなかに全てがにじみ出ています。

仏壇の遺影から、彼女の夫は若くして亡くなったとわかります。

遺されたひとり息子も、記憶を無くし、自分を母としては見てくれていません。

12年間孤独だったのは、徹だけは無く、母も同じ。いえ、それ以上の悲しみと後悔を全て背負っても、彼女は息子を守ると決めたんです。

そして彼女の決意は島の人々をも動かし、徹を守るための優しい嘘の世界を作り出しました。

誰も徹の過去をほじくり出したりせず、彼が帰ってくるのを待っています。

待つというのは忍耐力が必要です。そして相手を信頼しているから出来る事です。

母は、ひたすらに徹を愛し、信じた

だからこそ、徹は深い海から這い出る事が出来たんです。

松坂慶子の包容力

(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

本作は松坂慶子だったからこそ、その豊かな愛で息子を待つ母という図が成立しています。

それもそのはず、錦織良成監督が「母役は松坂慶子以外考えられない」と、自ら手書きの手紙をしたためて、松坂にオファーをしたんだそう。

監督の熱意に松坂が見事に応えました。

無精ひげを生やした記憶喪失の漁師という難役に挑んだTAKAHIROを、先輩女優として支えているのが伝わり、それが親子としてのリアリティに繋がっています。

この松坂慶子の存在感、安心感は一体どこから来るんでしょうか。

松坂慶子は中学時代から劇団に所属し、子役としてテレビに出演していました。

その後、彼女を一躍スターに押し上げたのは、自身が主題歌も担当した『水中花』(1979)。その後もお色気担当女優としてのイメージを強め、妖艶な役どころが増えます。

つかこうへい原作の『蒲田行進曲』(1982)では、小悪魔でありながらも尽くすヒロインを好演。

彼女には、艶っぽさがありながらも、品格と、いつまでも少女のような純粋性があり、その多面性に観る者は惹きつけられるんです。

近年は、年齢と経験を重ねたからこその魅力をふりまき、コミカルな可愛らしさで、新たなファンを増やしています。

いくつになっても変わらぬ笑顔とグラマラスな体型を武器に我々を魅了する松坂慶子の姿を見ていると、前向きな力が貰えます。

ポジティブに目の前にあるものを受け入れる、それが女優松坂慶子の特性で、本作の母役での好演に繋がりました。

多くの人が本作の母のような状況になってしまったら、焦りを覚えて、息子の記憶を無理に思い出させようとすることでしょう。

ですが彼女は12年、自分のことを他人を見る目で接する息子のそばで、彼の本当の帰りを待っていました。

穏やかな微笑みに寂しさと哀しさを隠しながら。

これが松坂慶子以外、誰が出来ましょう

スポンサーリンク

まとめ

(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

隠岐の島とも、母の姿が重なって見えてきます。豊かな自然と穏やかな風。降り注ぐ日光。

そんな彼女が、ともに徹を見守ってきた町医者に、ぽつりと本音を漏らすシーンがあります。

海を見つめながら「明日は晴れますかね」と問う彼女に、力強く頷く町医者。

町医者演じる小市慢太郎と松坂慶子という名俳優ふたりによって、本作屈指の場面となっています。

映画『僕に、会いたかった』は、2019年5月10日(金)からTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーです。

ご期待下さい。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『エヴァの告白』ネタバレ感想と評価。動画無料視聴方法も

マリオン・コティヤール、ホアキン・フェニックス、ジェレミー・レナーのら大物キャストで捉えた悲劇的ドラマ『エヴァの告白』。 希望を抱いて新天地アメリカへと渡った移民の女性が、避けて通ることが出来なかった …

ヒューマンドラマ映画

映画『空飛ぶタイヤ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【長瀬智也×本木克英監督おすすめ代表作】

映画『空飛ぶタイヤ』は、6月15日より公開にてロードショー。 『下町ロケット』『陸王』『半沢直樹』と、テレビドラマで大ヒットを記録し続けたベストセラー作家・池井戸潤の作品を初の映画化。 本作で「人を描 …

ヒューマンドラマ映画

ちはやふる続編結び新キャストとエキストラ情報!

大ヒット映画『ちはやふる』続編をキャストとスタッフ一丸となって、2018年公開に向けて現在撮影中のようです。 タイトルは『ちはやふる-結び-』に決定したようで、前作『下の句』から2年後の様子を描いた作 …

ヒューマンドラマ映画

映画『HERO 2020』あらすじと感想レビュー。舞台版キャストの廣瀬智紀×北原里英が“厄介さと可笑しさ”を演じる

映画『HERO 2020』は、2020年6月19日から、シネ・リーブル池袋他で、全国順次公開予定 「2年限定の交際」を条件に、恋人として付き合っていた広樹と浅美。 約束の2年目を迎え、広樹が浅美との別 …

ヒューマンドラマ映画

映画『パラダイス・ネクスト』あらすじと感想。半野喜弘監督&妻夫木聡が台湾ロケで紡いだ映像美

映画『パラダイス・ネクスト』は、2019年7月27日より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー! これまで、ホウ・シャオシェン監督やジャ・ジャンクー監督などアジア映画を代表する巨匠監督の作品の音楽を手が …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学