Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/09/25
Update

映画『映像研には手を出すな!』ネタバレあらすじと感想。アニメ制作をする女子高生を乃木坂46×英勉で描く

  • Writer :
  • 村松健太郎

『映像研には手を出すな!』がドラマ化に続いて映画にも!

映画『映像研には手を出すな!』は、アニメ制作を志す女子高生3人組の青春を描いた作品。湯浅政明監督によるテレビアニメ版も放送された大童澄瞳の同名コミックを、実写映画化しました。

芝浜高校で結成された「映像研究同好会」。自分たちが思い描く“最強の世界”を描くためアニメーション制作を開始。今回は、予算審議委員会を乗り切った“映像研”にさらなる問題が降りかかります。

主演はドラマから引き続きの「乃木坂46」の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波。小西桜子、福本莉子、桜田ひより、浜辺美波ら人気の若手女優も共演しています。監督は「乃木坂46」とは映画『あさひなぐ』でもタッグを組んだ英勉。

映画『映像研には手を出すな!』は、2020年9月25日(金)よりロードショーです。

スポンサーリンク

映画『映像研には手を出すな!』の作品情報


(C)2020 「映像研」実写映画化作戦会議 (C)2016 大童澄瞳/小学館

【公開】
2020年(日本映画)

【原作】 
大童澄瞳

【脚本・監督】
英勉

【キャスト】
齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波、小西桜子、グレイス・エマ、福本莉子、松崎亮、桜田ひより、板垣端生、赤楚衛二、鈴之助、出合正幸、松本若菜、山中聡、浜辺美波、高嶋政宏

【作品概要】
アニメ化、実写ドラマ化されて大きな話題を呼んでいる『映像研に手を出すな!』が長編映画化。同じスタッフ・キャストで製作されたドラマと連動した構成になっています。

主演はドラマ版から続投の「乃木坂46」の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波。共演に小西桜子、福本莉子、浜辺美波などが脇を固めます。

映画『映像研には手を出すな!』のあらすじとネタバレ

(C)2020 「映像研」実写映画化作戦会議 (C)2016 大童澄瞳/小学館

予算審議員会を乗り越え、研究会としてのスタートを切った“映像研”。

しかし、429の部活と81の倶楽部・同好会がひしめく芝浜高校では部活動の統廃合が大・生徒会の指導の元、推し進められていくことに。

大・生徒会会長の道頓堀透は映像研が動き出してから校内には騒乱が起きることが増えていたこともあって、怒りを募らせていました。

大・生徒会による部活動統廃合を切り抜けるため文系部活・同好会は文化祭に活路を見出します。

そんなことはお構いなく、今日も浅草みどりと水崎ツバメは校内で見つけたロボットのことで盛り上がっていました。

そこに生徒会書記のさかき・ソワンデがやってきて映像研とアニメ研究会の統合を告げます。

アニメ制作を親から禁じられているツバメにとってこれは緊急事態といえます。

この事態を受けて策士の金森さやかはロボット研究部と組んで対抗する方法を取ります。

ロボ研は自身で作ったロボットの展示、映像研はそのロボットを主役にしたアニメーションを製作して独自色をだして、大・生徒会の統廃合に立ち向かいます。

ロボ研とのコラボですが、ロボ研によるロボット・ターロスの姿を見ると、キリンより小さい、トラックで突っ込めば一撃で倒せるなどと、みどりとツバメは言いたい放題で、ロボ研のメンバーは早くも後悔し始めます。

そんなこととは露知らず、みどりとツバメは独自の設定を突き進む巨大怪獣とロボットの激突を描く作品を作り始めますが…。

以下、『映像研には手を出すな!』ネタバレ・結末の記載がございます。『映像研には手を出すな!』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2020 「映像研」実写映画化作戦会議 (C)2016 大童澄瞳/小学館

苦労を重ねた末に文化祭を迎えた映像研。しかし、その場にツバメの両親がやってくることを知ります。

ツバメのことを思い、資料映像の亀の映像を流してごまかそうとするみどりですが、思いなおして、渾身のアニメを発表します。

場内の反応はとても良く、結果としてDVDも相当数売れ、金森もほくほくです。

ツバメの両親もそのクオリティに感心して、ツバメのアニメ制作を許します。DVDの売り上げで製作費を賄うことができた、映像研。

金森は、まだまだこれからだとみどりとツバメに厳しく言いますが、その表情は満足げでもあります。

そこにツバメの両親がやって来て「ツバメの友達?」と問いかけてきます。

それに対してみどりと金森は顔を見合わせて、一拍取った後、「仲間です!!」と答えました。

スポンサーリンク

映画『映像研には手を出すな!』の感想と評価

(C)2020 「映像研」実写映画化作戦会議 (C)2016 大童澄瞳/小学館

『ハンサム★スーツ』で2008年に監督デビューした英勉監督は、『ヒロイン失格』(2015)『あさひなぐ』(2017)から『貞子3D2』(2013)などジャンルを横断的に手掛けてきました。

2020年は『前田建設ファンタジー営業部』『ぐらんぶる』『妖怪人間ベラ』そして本作『映像研には手を出すな!』と4作品が公開され、2021年以降『東京リベンジャーズ』『映画 賭ケグルイ』の続編などが待機中です。

時に力業で勢い任せな部分があって、時に粗も感じることもあるのですが、コメディやホラーなどの勢いがないと成り立たない作品の時には本領を発揮

『映像研には手を出すな!』もまた、勢いに溢れたコメディ映画になっています。

本作は、4月より放送され好評を博したドラマ版に続き、齋藤飛鳥が人並み外れた想像力を持つ極度の人見知りな主人公・浅草みどりを演じています。

山下美月がお嬢様でカリスマ読者モデルでもあるかたわら、アニメーターを目指している天真爛漫な水崎ツバメ、梅澤美波が金儲けの嗅覚と持ち前のビジネスセンスでプロデューサーの役割を果たす金森さやかを演じています。

予告編は、ロボ研の巨大ロボから始まっていますが、この巨大ロボをめぐってロボ研と映像研で起こる一悶着。

他にも巨大な陰謀、謎の組織の存在など、映画版ならではの展開も用意されています。

隅々を見ると違和感のような作品の中でのアンバランスな部分もあるのですが、邦画の中ではあまりない作風でもありますので、このスタイルはキープし続けて欲しいところです。

まとめ

(C)2020 「映像研」実写映画化作戦会議 (C)2016 大童澄瞳/小学館

アイドルという職種については、その存在から活動内容まで賛否両論があるのですが、日本の文化の一端を担っていることは間違いないでしょう。

この映画『映像研には手を出すな!』はそんなアイドルの活かし方が良くわかっている人たちが作った映画です。

我々の生活に繋がるリアルと極端にディフォルメされた部分の両方を併せ持っていると言えば分かりやすいでしょうか?

突飛な等身大ともいえる『映像研には手を出すな!』のキャラクターを演じるには、“アイドル”という職種の人たちがぴったりです。

特に、今回は『あさひなぐ』で乃木坂46と組んでいるスタッフが再集結したこともあって、スタッフとキャスト双方の信頼感と、イメージの共有が感じられる作品となっています。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ちはやふる 結び』あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価解説。広瀬すず×野村周平×新田真剣佑おすすめ代表作

2016年に2部作で公開され大ヒットを記録した青春映画が遂に完結! 主演の広瀬すずを始め、日本映画界のこれからを担う若手俳優が総出演。 日本映画史に残る永遠の輝きを見逃すなかれ。 3月17日(土)より …

ヒューマンドラマ映画

映画『最後の決闘裁判』ネタバレ結末あらすじと感想考察。ラストに出る字幕と黒澤明の羅生門的な構成のアイデアに注目!

中世フランスを舞台に歴史上最後の「決闘裁判」となった実話に基づく衝撃の物語! 「アカデミー賞」脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』のマット・デイモンとベン・アフレックが脚本家として …

ヒューマンドラマ映画

映画『いちごの唄』ネタバレ感想とあらすじ。銀杏BOYZの歌詞のように愛にあふれた温かな世界観

恋に落ちてメタモルフォーゼ。 だいじょばないけど、だいじょうぶだよ。 『雪の華』「ひよっこ」の人気脚本家・岡田惠和と、ロックバンド「銀杏BOYZ」の峯田和伸が共同名義で執筆した小説『いちごの唄』が映画 …

ヒューマンドラマ映画

映画『葬式の名人』あらすじと感想レビュー。キャストの前田敦子が演技力で母と女子高生の二つの時代を自在に飛び交う

映画『葬式の名人』は9月20日(金)より全国ロードショー! ノーベル賞受賞作家・川端康成の作品を原案に、ゆかりの深い大阪府茨木市で撮影された映画『葬式の名人』が2019年9月20日(金)より全国公開さ …

ヒューマンドラマ映画

A24映画『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』あらすじネタバレと感想。タルボットとフェイルズからの地元へのラブストーリー

A24映画『ラスト・ブラック・マン・イン・サンフランシスコ』をいち早く紹介! 映画『ラスト・ブラック・マン・イン・サンフランシスコ(原題:The Last Black Man in San Franc …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学