Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2023/01/20
Update

朝比奈彩映画『レッドシューズ』あらすじ感想と内容評価。肉体改造した初主演作で“崖っぷちシングルマザー”のボクサー役に挑む!

  • Writer :
  • 谷川裕美子

『レッドシューズ』は2022年12月9日(金)に北九州にて先行公開後、2023年2月24日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開!

カノン』(2016)の雑賀俊朗監督による、シングルマザーのボクサーと幼い娘の絆を描いた人間ドラマ『レッドシューズ』が、2023年2月24日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開となります。

映画初主演を務める俳優・モデルの朝比奈彩が肉体改造をおこない、崖っぷちのシングルマザーを演じます。共演には市原隼人、松下由樹、佐々木希、観月ありさ、森崎ウィンら豪華俳優が集結しました。

全編北九州オールロケによる美しい景色も見どころな映画『レッドシューズ』。

義母や世間に奪われた愛する娘を取り戻すためにボクシングチャンピオンを目指す、強き母を描いた本作の魅力についてご紹介します。

映画『レッドシューズ』の作品情報


(C)映画レッドシューズ製作委員会

【公開】
2023年(日本映画)

【監督】
雑賀俊朗

【脚本】
保木本真也、上杉京子

【編集】
石井康裕

【キャスト】
朝比奈彩、市原隼人、佐々木希、森崎ウィン、観月ありさ、松下由樹

【作品概要】
カノン』(2016)で中国のアカデミー賞と呼ばれた金鶏百花映画祭の国際映画部門で最優秀賞作品賞・監督賞・女優賞という3冠を獲得した雑賀俊朗が監督を務めた、崖っぷちのシングルマザーのボクサー・真名美と幼い娘の絆を描くヒューマンドラマ。

映画初主演を務める朝比奈彩が、体を鍛え上げてボクサー役に挑んでいます。

カノン』(2016)でも雑賀監督と組んだ佐々木希、「おいしい給食」シリーズや『喝 風太郎!!』(2019)の市原隼人、松下由樹ら豪華キャストが共演。

映画『レッドシューズ』のあらすじ


(C)映画レッドシューズ製作委員会

幼いころ、事故でボクサーの父と母を亡くし、自身もプロボクサーとなった真名美。夫亡き後、娘と2人で幸せに暮らしていましたが、経済状況が悪いことから娘の養育を義母に任せるべきだと行政に判断されそうになります。

そんななか、正義感の強い真名美は職場で理不尽な仕打ちを店長から受けていた同僚を庇ったことで、クビにされてしまいました。

金に困った真名美は、迷いながらもコンビニの廃棄弁当を娘のために持って帰ります。

力仕事ができるとアピールし、新たに老人介護施設での職を得ましたが、セクハラのひどい老人を相手に事故を起こしてしまいます。そのことが原因で、真名美はついに裁判所の判断によって、義母に娘をとられてしまいました。

親友の弁護士・由佳に励まされた真名美は、愛する娘のためにボクシングチャンピオンを目指して立ち上がり……。

映画『レッドシューズ』の感想と評価


(C)映画レッドシューズ製作委員会

崖っぷちシングルマザーの人生との戦い

娘のために奮い立ち、リングに立つヒロイン・真名美の必死さが胸に迫る一作です。

主人公の真名美が置かれているのは、あまりにも過酷な現実です。ボクサーだった大好きな父と母を事故で亡くし、父の後を追ってボクサーとなった彼女は、娘を生んだ後に夫までを亡くしてしまいます。

ファイトマネーだけでは食べていけず、アルバイトをしながらひとり娘を育てていた真名美は、強い正義感から上司や客に逆らってクビにされた末、娘を義母にとられてしまいました。

支援せずに子どもだけ奪おうとする義母。そこにも悲しい事情が潜んでいるようです。

厳しい現実を前に、何度も倒れては立ち上がる真名美。リングの上だけでなく、彼女はひたすら戦い続けます。

娘を取り返すためにすべてを投げ打って、チャンピオンを目指すヒロインの覚悟が大きなみどころですが、義母との関係の行方からも目が離せません。

本作で映画初主演を務める朝比奈彩の絞り上げた体や、強い拳を繰り出す姿に注目です。

思わず目を奪われる豪華な共演者たち


(C)映画レッドシューズ製作委員会

本作には超豪華共演者たちが顔を揃えています。

ヒロインの義母を演じるのは、数々の話題作で活躍し続けるベテラン実力派の松下由樹です。

一人息子の忘れ形見の孫娘の将来を大切に思い、経済的に苦しいなかでも突っ走り続ける真名美を母親を認めずに奪おうとします。さまざまな葛藤を抱える、実は愛情深い女性の心情を細やかに表現しています。

親友で弁護士として真名美を支える由佳のやさしさ、彼女の兄でトレーナーを勤める情の深さにも胸打たれます。由佳役を、『カノン』(2016)でも雑賀監督と組んだ佐々木希、トレーナー役を大河ドラマ『鎌倉殿の13人』での好演が話題となった、見事な筋肉美を誇る市原隼人が熱く演じています。

真名美が一時期勤める老人介護施設の先輩役で、観月ありさも出演します。

苦しみながら必死に生きる真名美に、手を差し伸べずにはいられない人々を温かく演じる共演者たちにどうぞご注目ください。

まとめ


(C)映画レッドシューズ製作委員会

愛する娘のためにすべてを賭けてリングに上がる母の愛を描くヒューマンドラマ『レッドシューズ』。

過酷な運命に翻弄されながらも、ただひたすら前を向き、大切な娘とボクシングのために命を捧げるヒロインを朝比奈彩が熱演しています。

なにかを手にするためには、倒れても倒れても立ち上がり続けなければ道は開けないことを教えてくれる作品です。

ヒューマンドラマ『レッドシューズ』は2022年12月9日(金)に北九州にて先行公開後、2023年2月24日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開です。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』感想評価と考察。主題歌のオープニング曲が物語の世界観に誘う

グザヴィエ・ドランが母と息子の関係やセクシュアリティーへの根深い問題を描く。 映画『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』が、2020年3月13日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショーされています。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『この世界に残されて』ネタバレあらすじと結末の感想考察。家族を失った者同士の42歳男性と16歳少女の心の交流を描く

ホロコーストを生き延びた者同士の年齢差を超えた触れ合いを描く 映画『この世界に残されて』が、2020年12月18日(金)よりシネスイッチ銀座ほかで全国順次公開されます。 第二次世界大戦後のハンガリーを …

ヒューマンドラマ映画

映画『ポップスター』ネタバレあらすじと感想。実話ではない架空のスターの壮絶な人生が、ネット社会の危険性に警笛を鳴らす

1人のポップスターの壮絶な人生から学ぶネット社会の恐怖 カリスマポップスターとして、スターの階段を駆け上がるセレステの、壮絶な人生を描いた映画『ポップスター』。 2000年と2017年の2部構成で展開 …

ヒューマンドラマ映画

ポール・ダノ初監督映画『ワイルドライフ』あらすじネタバレと感想。ジェイク・ジレンホール&キャリー・マリガン共演の秀作とは

血が繋がった家族という“他人”、両親が変わっていく姿を僕は一番近くで見ていた…。 2018年秋、アメリカで静かなエネルギーに満ちた新たな家族映画の秀作が公開されました。 実力派俳優ポール・ダノの初監督 …

ヒューマンドラマ映画

映画『許された子どもたち』あらすじと感想レビュー。内藤瑛亮監督が手掛ける子どものいじめを取り上げた問題作

映画『許された子どもたち』は2020年6月1日(月)よりユーロスペースほか全国ロードショー 映画『許された子どもたち』は、衝撃的なタイトルと内容により物議を醸した『先生を流産させる会』で長編デビューを …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学