Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/12/06
Update

映画『私のちいさなお葬式』あらすじネタバレと感想。終活を計画する母親をコミカルに描く

  • Writer :
  • 松平光冬

自分のお葬式をプロデュースする母親とその息子が織りなすコメディ

余命宣告を受けた73歳の母が、自らお葬式の準備に取りかかる──その時、息子は!?

ロシアを舞台に、母子の家族愛をユーモアに描いた映画『私のちいさなお葬式』が、2019年12月6日(金)よりシネスイッチ銀座ほかで全国ロードショーされます。

主人公のエレーナを演じるのは、本作が8年ぶりの映画出演となる、ロシアの名女優マリーナ・ネヨーロワです。

スポンサーリンク

映画『私のちいさなお葬式』の作品情報

(C)OOO≪KinoKlaster≫,2017r.

【日本公開】
2019年(ロシア映画)

【原題】
Karp otmorozhennyy

【監督】
ウラジーミル・コット

【キャスト】
マリーナ・ネヨーロワ、アリーサ・フレインドリフ、エブゲーニイ・ミローノフ、ナタリヤ・スルコワ、セルゲイ・プスケパリス、アントン・シピニコフ、タチアナ・トゥゾワ、オリガ・コジェブニコワ

【作品概要】
突然の余命宣告を受けた女性が“終活”をする姿をコミカルに描いた、ロシア製ヒューマンドラマ。

主人公のエレーナを演じるのは、本国ロシアでは名女優との誉れ高いマリーナ・ネヨーロワで、本作が8年ぶりの映画出演となりました。

ほかに、エレーナの隣人リュドミラ(リューダ)役を、『ストーカー』(1979)や『恋愛小説』(1993)などに出演したアリーサ・フレインドリフが演じます。 

本作は、モスクワ国際映画祭観客賞やウラジオストク国際映画祭観客賞といった数々の栄誉に輝くなど、高い評価を得ています。

映画『私のちいさなお葬式』のあらすじとネタバレ


(C)OOO≪KinoKlaster≫,2017r.

ロシアの小さな村で長らく教師を勤め、定年して一人暮らしをする73歳のエレーナは、ある日の病院の診察で、心臓疾患による余命宣告を受けます。

気落ちしながら帰路に就くエレーナは、その道中で会った元教え子のワレーラから、なぜか彼が釣ったばかりの大きな鯉をもらうことに。

家に戻ったエレーナは、とりあえず鯉を冷蔵庫に入れますが、直後に心臓を押さえて苦しみ、倒れてしまいます。

数日後、病院に駆け付けた一人息子のオレクは、モスクワで事業家として多忙な日を送っており、母とは5年ぶりの再会でした。

退院したエレーナは、久々に会った息子をもてなそうと鯉を解凍しはじめますが、オレクは抱えている仕事の都合から、すぐに出てしまいます。

その夜、エレーナは台所からの騒音で目が覚めますが、音の正体は氷が解けて飛び跳ねる鯉でした。

その生命力に驚いたエレーナは鯉をタライで飼うことにし、早朝すぐに自分のお葬式の準備を始めます。

(C)OOO≪KinoKlaster≫,2017r.

最初に自分の埋葬許可証を得ようと、エレーナは戸籍登録所に向かいますが、担当者はまともに取り合ってくれません。

それでも、埋葬されるには死亡診断書がいると告げられ、元教え子のセルゲイが勤める遺体安置所へ。

「息子が忙しくて葬儀やお通夜の準備ができないから、自分でやりたい」という恩師の心情を察したセルゲイは、こっそりと死亡診断書を交付。

意気揚々と戸籍登録所に戻ったエレーナは、戸籍を抹消してもらって埋葬許可証を入手し、その足で葬儀屋で棺桶を購入するのでした。

(C)OOO≪KinoKlaster≫,2017r.

翌日、夫が眠る墓地の隣に自らの埋葬場所を確保したのち、隣りに住む青年パーシャのバイクに乗って食料品店に行くエレーナ。

店内でホームレス同然の暮らしをするアル中女性のナターシャに絡まれるも、エレーナは帰宅してすぐに、お通夜に出す料理の準備を始めます。

ところがそこに、パーシャの祖母リューダをはじめとする友人たちが押し寄せます。

エレーナ宅に棺桶があると孫から聞かされたリューダが、彼女の終活に気づいたのです。

しかしリューダたちはその心情を察し、料理の準備を手伝うのでした。

準備を整えたエレーナは、「恋のバカンス」を聴きながら死化粧を施し、自然死するのを待ちます。

ところが、一向に心臓が止まらないために、外に出て雷に打たれようとしますが、これも上手くいきません。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『私のちいさなお葬式』のネタバレ・結末の記載がございます。本作をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)OOO≪KinoKlaster≫,2017r.

仕方なくエレーナはリューダを叩き起こして、自分が死ぬのを手伝ってくれるよう頼むことに。

嫌々ながらエレーナを窒息死させようとするリューダでしたが、当然ながらできるはずもなく、ついにはウォッカを飲み始め、理想の男について2人で語り合います。

そのうち寝てしまったエレーナを見届けたリューダは、オレクに「母親が死ぬかもしれないよ」とメールを送信。

明け方、慌てて車を走らせてきたオレクは、母の勝手な終活に怒り呆れつつも、設備の良い養護施設への入居手続きをしたから移るよう告げます。

しかし、「お前に世話をかけたくない」と拒否するエレーナと口論したオレクは、興奮のあまり、車の鍵を鯉がいるタライの中に落としてしまいます。

車なしでは戻れないと、オレクは鍵を飲み込んだ鯉をさばこうとしますが、エレーナに止められます。

獣医から、スパイスを飲み込ませればフンと一緒に鍵を出すかもしれないと言われ、2人は食料品店に。

店の前で、オレクは元恋人だったナターシャと久々に再会し、心ときめきますが、エレーナに割って入られるのでした。

(C)OOO≪KinoKlaster≫,2017r.

帰宅した2人は、久々に食卓を囲みます。

「この町には年寄りと酔っぱらいしかいない。だからお前を都会に行かせた」というエレーナの言葉に、複雑な表情を浮かべて「そうじゃなかったらナターシャとの結婚生活を送っていたかも」と答えるオレク。

夜になり、目が覚めたオレクは、タバコを探しているうちに家族アルバムを発見。

生後間もない自分や若かりし頃の母の写真を見たのち、オレクはタバコを吸いに外に出ます。

その姿を、読書をしていたエレーナが微笑ましく見つめます。

オレクは、意を決したかのように鯉を伴って池に向かい、鯉を放してすぐに自分も池に飛び込みます。

びしょ濡れ状態で帰宅したオレクは、明かりの消えたベッドで横になっているエレーナにそっと近寄り、傍らで静かにうずくまるのでした──。

スポンサーリンク

映画『私のちいさなお葬式』の感想と評価

(C)OOO≪KinoKlaster≫,2017r.

ウォッカと「恋のバカンス」を愛する者たちのユーモア終活ドラマ

「余命宣告を受けた老人が自ら終活する」というあらすじだけ聞くと、悲壮感ただよう社会派映画なのかと思いがちですが、本作『私のちいさなお葬式』は、いたってポジティブかつユーモアたっぷりな作品です。

知的で聡明な主人公エレーナを筆頭に、口は悪くも友情に厚い隣人リューダや、仕事中なのにチョコをむさぼる戸籍登録所員といったクセのある人物たちの一挙一動が、観る者を和ませてくれます。

もう一つ、和やかな気持ちにさせてくれる要素として、ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」のロシア語バージョンが効果的に使われているのもあるでしょう。

エレーナの亡き夫との思い出が詰まったこの曲は、実はロシアでは国民的ソングとして親しまれています。

自由を求めてウォッカを嗜み、「恋のバカンス」を愛する──本作は、そんなロシア人気質が詰まった一本でもあります。

鯉を取り巻く母子の情愛

(C)OOO≪KinoKlaster≫,2017r.

本作の原題『Karp otmorozhennyy』には、「解凍される鯉」といった意味があります。

最初こそ厄介に感じるも、次第に愛着が沸いて鯉を可愛がるようになるエレーナ。

この鯉は、息子オレクのメタファーにも見えます。

氷漬けになった鯉は、それまで母への本心を“氷”で閉ざしていたオレクであり、解凍されることで生気を取り戻す鯉は、“氷”を溶かして母と接するオレクです。

終盤、オレクは車の鍵を飲み込んだ鯉を解剖しようとするも、エレーナに止められ苛立ちます。

その姿はまるで、母親が自分よりも鯉に愛情を注いでいるのに嫉妬しているようにも見えるのが、面白いです。

そして、最終的にオレクが取る行動によって、ようやく彼と鯉は同化するのです。

まとめ


(C)OOO≪KinoKlaster≫,2017r.

死んでまで迷惑をかけたくないと自ら終活に勤しむ母と、命あるまで有意義な生活を送ってほしいと願う子。

互いを思いやりすぎてボタンをかけ違える親子間の葛藤と調和を描く本作『私のちいさなお葬式』は、シニア層のみならず、幅広い世代の共感を誘います

親と離れて暮らしている方や、子どもとの会話が減っている方は、本作が親子の会話の一助となることでしょう。

映画『私のちいさなお葬式』は、2019年12月6日(金)よりシネスイッチ銀座ほかで全国ロードショー

関連記事

ヒューマンドラマ映画

【映画ワンハリネタバレ感想と考察】タランティーノが『ワンスアポン・ア・タイムインハリウッド』で見せた魔法とは

クエンティン・タランティーノ監督9作目の新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が、2019年8月30日に公開されました。 1992年『レザボア・ドッグス』で鮮烈デビューしたクエンティン・ …

ヒューマンドラマ映画

映画『英国総督 最後の家』あらすじと感想レビュー。グリンダ・チャーダ監督はなぜこの作品を作ったのか

映画『英国総督 最後の家』は、8月11日(土・祝)より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー! 1947年、英国からの独立前夜。混迷を深める激動のインドで、歴史に翻弄された人々を鮮やかに描いた感動のド …

ヒューマンドラマ映画

Netflix映画『ホース・ガール』ネタバレ感想解説とラスト結末までのあらすじ。統合失調症で現実と夢の世界が入れ替わるヒューマンストーリー

現実と夢の世界が入れ替わる時、彼女は自分をみつけるのか? 今回は主人公が、妄想型統合失調症を患うまでの、ヒューマンドラマ『ホース・ガール』をご紹介します。 主演はテレビドラマ「GLOW ゴージャス・レ …

ヒューマンドラマ映画

映画『マルクス・エンゲルス』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【共産党宣言の誕生】

2018年はカール・マルクス生誕から200年を迎え、映画『マルクス・エンゲルス』は、岩波ホールほか全国順次公開。 19世紀を代表する革命的な名著『資本論』を著したカール・マルクス。 フリードリッヒ・エ …

ヒューマンドラマ映画

オリエント急行殺人事件リメイク版キャスト一覧!日本公開はいつ?

推理作家の女王であるアガサ・クリスティの人気小説『オリエント急行殺人事件』の映画リメイク版は2017年12月公開。 あの名探偵エルキュール・ポワロを演じるのはケネス・ブラナー。一体どんなリメイクとなる …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP