Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/10/22
Update

映画『アワー フレンド』ネタバレ感想評価と結末考察。実話を原作に描く“愛”という一言では片付けられない友情

  • Writer :
  • 山田あゆみ

余命宣告を受けた妻を支える夫とその親友の絆を描く、哀しくも温かなヒューマンドラマ!

2015年に『Esquire』誌で掲載され反響を呼んだエッセイを、リドリー・スコットをはじめとしたアカデミー賞ノミネートスタッフが映画化した『Our Friend/アワー・フレンド』。

妻役にダコタ・ジョンソン、夫役にケイシー・アフレック、その親友役にジェイソン・シーゲルが出演し、愛する人を失う悲しみと、愛を支え続けた友情を丁寧に描いています。

スポンサーリンク

映画『Our Friend/アワー・フレンド』の作品情報


(C)BBP Friend, LLC – 2020

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【監督】
ガブリエラ・カウパースウェイト

【エグゼクティブ・プロデューサー】
リドリー・スコット

【原作】
マシュー(マット)・ティーグ

【キャスト】
ケイシー・アフレック、ダコタ・ジョンソン、ジェイソン・シーゲル、イザベラ・カイ・ライス、ヴァイオレット・マグロウ、チェリー・ジョーンズ、ジェイク・オーウェン、グウェンドリン・クリスティー

【作品概要】
2015年に「Esquire」誌に掲載された、ベテランジャーナリストのマシュー(マット)・ティ―グによるエッセイが話題になり、スコット・フリー・プロダクションズのプロデューサーであるマイケル・プルスのオファーによって映画化された作品です。

ガンを患うニコル役を演じたのは、「フィフティ・シェイズ」シリーズやルカ・グァダニーノ監督によるリメイク版『サスペリア』(2019)、『ザ・ピーナツ・バター・ファルコン』(2019)など出演作が絶えない人気女優のダコタ・ジョンソン。

夫のマット役を演じたのは、ベン・アフレックの弟で『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2016)でアカデミー賞・ゴールデングローブ賞・英国アカデミー賞を獲得した実力派俳優のケイシー・アフレック。友人のデイン役を演じたのはコメディ俳優として活躍し、『マペッツ』(2011)や『人生はローリングストーン』(2015)で知られるジェイソン・シーゲルです。

監督は、ブラジル系アメリカ人の映画監督ガブリエラ・カウパースウェイト。サンダンス映画祭で上映されたシャチのドキュメンタリー映画『BLACKFISH』(2013)で英国アカデミー賞にノミネートして注目を集めた監督であり、彼女は本作の監督オファーが届く以前、原作となったエッセイに感動し自身のSNSで投稿したことが抜擢の決め手になりました。

作中ではレッド・ツェッぺリンの「Ramble On」と「Going to California」の2曲が使われていますが、リードシンガーのロバート・プラントが映像に心を打たれて使用を許可。ダコタ・ジョンソン演じるニコルにとって思い入れの深いバンドだったため、スタッフ一丸となって交渉した結果が実を結んだのです。

映画『Our Friend/アワー・フレンド』のあらすじとネタバレ


(C)BBP Friend, LLC – 2020

2013年秋、アラバマ州のフェアホープ。マット(ケイシー・アフレック)とニコル(ダコタ・ジョンソン)は自宅の寝室で、2人の娘たちに母の余命が残りわずかだと伝えました。

ポーチでは、娘たちの泣き声を悲痛な表情を浮かべた親友のデイン(ジェイソン・シーゲル)が肩を落として座っていました。

マットとニコル、デインが出会ったのは13年前のニューオーリンズ。舞台女優のニコルが出演していた舞台でデインがスタッフをしていたことで仲良くなり、ニコルはマットとデインに仲良くなってほしいと思い、彼を紹介しました。

デインは、以前ニコルが既婚者であるのを知らずにデートへ誘ったことをマットに謝り、今後彼女に近寄ってくる男は自分が追い払うと約束します。

そのことを聞いたマットは、いつか世の中を変えるような記事を書きたいとデインに語り、デインもまたスタンダップコメディアンになるという自身の夢を明かし、打ち解けました。

2012年、ニコルはがんの宣告を受けます。入院して化学療法を受けることになったニコルへの介護と、娘たちの世話に追われて身体ともに限界になっていたマットを手伝うために、デインはニューオーリンズからフェアホープにやってきました。

2~3週間の滞在予定でしたが、家の荒れ果てた状況、長女モリーの不安と不満が爆発しそうな様子を見て心配になり、そのまま当分マットの手伝いをしようと決めました。

2008年(がん告知の4年前)、マットはジャーナリストとして世界中を飛び回り、娘とニコルの待つ家ではほとんど過ごせていませんでした。

ニコルと大喧嘩し、デインからも家にいるべきだと忠告を受けたものの、マットはコメディアンの夢を諦めて家電量販店で働いているデインに対し、傷つけるような言葉を浴びせてしまいます。

告知から1年後の2013年の春、デインが来てから3ヶ月が経っていました。デインは恋人のキャットと喧嘩をしてしまいます。早くニューオーリンズに帰ってきてほしいキャットの想いは分かりながらも、デインは決して帰ろうとしなかったからです。

その喧嘩の後に家に帰り、落ち込んだ様子のデインに、ニコルは「大人になりなさいよ」と強い口調で話しかけます。恋愛や人間関係において自分をさらけ出せないデインの性格を知っていたからです。

その夜、突然倒れたニコルは病院で緊急手術を受けるも、がんの転移が見つかり余命半年だと宣告されました。

自宅に戻ってから、ニコルは「やりたいことリスト」をデインとマットに話します。謝肉祭のパレードに出たい、ケイティ―・ペリーとデュエットしたい、噴水に入りたい……彼女の「やりたいこと」を聞いたデインとマットは、ケイティー・ペリーの件以外の全ての「やりたいこと」を、全力でアポイントを取って叶えたのでした。

しかし、来客が来ると張りきってもてなすニコル。体を心配するマットでしたが、ほどほどにと声をかけてもニコルは反発して取り合いません。

病気の進行とともに精神的に不安定になっていくニコル。やがて彼女は、マットとデインに心無い言葉を浴びせ、家の物を投げるなど暴れてしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『Our Friend/アワー・フレンド』ネタバレ・結末の記載がございます。『Our Friend/アワー・フレンド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

がん告知以前、まだ舞台女優として活動していたニコルが舞台スタッフの男性と不倫関係にあったことを、マットはメールのやりとりから知ってしまいます。

激怒してニコルを問い詰めたのち、家を飛び出してしまうマット。しかしモーテルでひとり居たところ、心配したデインがドアを押し破って入ってきました。

マットとデインはテレビを見ながら2人で過ごし、後日マットはニコルの元へ戻ります。仕事で家を空けてばかりだった自分の行動が、ニコルに寂しい想いをさせていたのだと改めて自覚したのです。

映画は、デインの過去も描き出します。

実家暮らしでスタンダップコメディアンの夢も叶わず、憤っていたデインは、ひとりでクライミングに出かけました。そこで同じ目的地だという女性に出会います。

その日の夜、それぞれのテントで過ごしていると、女性が夕飯を持ってデインの元に現れます。自身も死ぬつもりでクライミングに来た過去があるため、デインもそうではないかと心配したという女性は、今では子どもと夫が居て幸せにしているのだと自身の身の上を明かします。

翌朝、車の中でマットと娘たち2人からの留守電を聞いたデインは涙を流します。3人の声を繰り返し聞いて笑顔を取り戻したデインは、そのまま車を発進させたのでした。

ハロウィンの時期、マットは家で友人らを呼んで仮装をしてパーティをしました。ニコルの親友の夫であるアーロンは、デインがマットの家に居候していることを話題に、甘えさせてるんじゃないかと漏らしますが、マットは「お前がニコルの親友と別れたら殴ってやる」と言いました。

ニコルの病状が末期になった時、ベテラン看護師に家に来てもらい看護を行っていました。病気の影響で精神病にもかかってしまったニコルのためにさらに薬を増やすことになりました。

薬が安定し、まともに話ができる状態になったニコル。マットと相談して娘たちに余命の話をすることに決めます。そして場面は、映画の冒頭へとつながっていきます。

マットがニコルの介護疲れでうつ状態になってしまったときには、ニコルの世話をその両親や友人らに頼み、デインはマットを連れて山にハイキングへ行きます。

自然の中でリフレッシュする2人。川の近くで休憩していると、若い女性グループが服を脱ぎ、楽しそうに川に飛び込んで遊んでいるのが見えます。彼女らのところへ行き、見ずに飛び込んだデインを見守りながらマットは笑顔を浮かべます。

自宅でニコルの看病をマットとデインで交代しながら行っているとき、看護師から声をかけられて、彼女が息を引き取ったことを告げられます。

ニコルの胸の上に突っ伏すマット。デインはただ寄り添っていました。

ニコルの葬儀が終わった後、デインは部屋にこもって無気力状態になっていました。日々娘たちの世話をしながら、マットはデインのことを心配していました。そして「友へ」というタイトルで書いた原稿を、そっとデインの部屋にドアの隙間から差し込みました。

その原稿を読み終えると、部屋を片づけ始めたデイン。以前働いていた家電量販店の制服も捨てました。そして、そっと家を出て車に荷物を積み始めます。

電話中だったマットは、電話を一度切ってデインに話しかけます。「ニューオーリンズにやり残してきたことがあるから」と語るデインと抱き合うと、彼を見送りました。

デインが乗った車が行ってしまった後、家の中で再び仕事の電話をするマット。ですが、デインへの感情がこみ上げて言葉を詰まらせてしまいます。

やがて長い沈黙の後、マットは「友達と別れたところで……」と電話相手に告げました。

スポンサーリンク

映画『Our Friend/アワー・フレンド』の感想と評価


(C)BBP Friend, LLC – 2020

実話をもとにした愛と友情の物語であり、パートナー以外に人生を捧げられる友がいる素晴らしさと、失う悲しみまでを丁寧に描いた作品でした。

本編の展開に沿って、本作の優れた点を解説していきます。鑑賞前の方はご注意ください。

冒頭とラストシーンの秀逸さ


(C)BBP Friend, LLC – 2020

まず、余命がわずかであることを娘たちにどうやって伝えようかニコルとマットが話し合う場面から本作は始まります。互いの意思を尊重しつつ、冷静でありながら少し緊張も見られる2人の様子が伺えます。

そして、ポーチで待っていたデインが娘たちの悲嘆の声を聞いて肩を落とします。この場面は本作後半で、ポーチで過ごすデインの視点からも描かれています。

この悲しい夜の記憶を、ニコルとマット、そしてデインも同様に受け止めたことが象徴した場面といえるのではないでしょうか。それは同時に、デインもまた家族の一員であるということも意味しています。デインはマットとニコルのために共に苦難を乗り越えてきたのです。

また、本作の前半部分では、時間軸が余命告知の前後へと何度も場面が変わります。その回数が多いので複雑に感じられますが、このことで単純に悲しい結末に向かう悲壮感だけでなく、人生における様々な思い出を振り返る形になっています。

そこには、デインも自身の人生で行き詰っていたときにマットと子どもたちに救われたこと、ニコルとマットの夫婦関係が決してずっと円満だったとはいえないことも描かれ、さまざまな思い出があったからこそ、ラストの感動が増すのでしょう。

そしてラストでは、友情を確かめ合う2人という場面ではなく、デインが去ってしまった寂しさから言葉を詰まらせるマットの姿で締めくくられます。

この時のことを、原作エッセイでは以下のように書かれていました。

デインが出て行った日はニコルが亡くなった時よりもショックだった。あまりにも唐突だった。家を出ていくことをどう伝えようかと散々悩んだのだろう、何も言わずにある日突然荷物をまとめ始めた。
娘たちが学校にいる間に出ていくことにしたようだ。車へ向かう彼は一瞬立ち止まり、僕にこう言った。「数週間したら帰ってくる。その頃には君は再婚しているだろうから、変な感じになるだろう」
ふたりとも笑った。彼は車をドライブウェイから出し、走り去った。僕は長いこと庭につったったまま、この先どうしようかと思案した。目は涙に濡れていた。しばらくしてから僕はくるりと踵を返し家の中へ戻っていった。
(マシュー(マット)・ティーグ『私の友人:「愛」という一言では片づけられない(The Friend:Love Is Not a Big Enough Word)』(「Esquire」誌/2015年5月10日初出)より)

今回の映画化にあたって、原作者のマットと脚本を務めたブラッド・イングルスビーは、1年半もの間ほぼ毎日連絡を取り合って脚本を完成させました。つまり、当人であるマットが納得していることを第一優先に作られた脚本となっています。

マットのデインへの感謝の気持ち、そしてエッセイのタイトルにもなっている「愛」という一言では片づけられない想いがこのラストシーンには集約されていました。

実話をもとに多くの人に届く本質的なメッセージ


(C)BBP Friend, LLC – 2020

本作は実話をもとにしていますが、ドキュメンタリー映画ではありません。原作エッセイにはなかった内容が、映画には含まれています。

具体的にはニコルの浮気が発覚する場面、デインが気を病んでクライミングに出かける場面です。それは夫婦の複雑な関係性や、デインがなぜマットらに献身的であり続けたのかという理由づけになる場面だといいえます。

これらの出来事が実際にはなかったことだとしても、本作のもつ本質的なメッセージをより多くの人に伝えるための場面として効果を発揮しています。

そして、現実には苦しく厳しい闘病生活を映像化するにあたって、全てを忠実に視覚化するのではなく理想を表すような美しい場面を混ぜることで、妻の死を乗り越えたマットが感じた「人生の美しさ」を表現したのです。

まとめ


(C)BBP Friend, LLC – 2020

本作は余命宣告を受けた妻を看取るというストーリーの作品ではありますが、一番のテーマは愛を超える深い友情となっています。

人それぞれ一筋縄ではいかない人生の悲喜こもごもがあるということや、病気を患う者だけでなく、看取る側の苦労や現実も描いています。だからこそ、観客に共感と感動を呼ぶのでしょう。

また、本作のパンフレットには原作となったエッセイの全文が掲載されているので、そちらを読んでみるとよりこの3人の絆を感じることができると思います。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『30年後の同窓会』あらすじとキャスト。上映する劇場情報も

映画『30年後の同窓会』は、6月8日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー! 主人公を演じる3人は、いずれもオスカー賞にノミネートされた実力派俳優である、スティーブ・カレル、ブライ …

ヒューマンドラマ映画

映画『コーヒーが冷めないうちに』あらすじネタバレと感想。ラストと結末も【有村架純おすすめ代表作】

有村架純の映画『コーヒーが冷めないうちに』。 2017年に本屋大賞にノミネートされて以来、話題のベストセラー小説を有村架純主演で実写化。 監督はドラマ『アンナチュラル』で注目された塚原あゆ子が映画初監 …

ヒューマンドラマ映画

映画『シカゴ』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

2003年に公開されたミュージカル映画『シカゴ』は、米アカデミー賞で最多12部門13ノミネートされ、作品賞、助演女優賞ほか最多6部門受賞! 1920年代のシカゴを舞台に、ミュージカルのスターを夢見るロ …

ヒューマンドラマ映画

ちはやふる続編結び新キャストとエキストラ情報!

大ヒット映画『ちはやふる』続編をキャストとスタッフ一丸となって、2018年公開に向けて現在撮影中のようです。 タイトルは『ちはやふる-結び-』に決定したようで、前作『下の句』から2年後の様子を描いた作 …

ヒューマンドラマ映画

映画ボストン ストロング|あらすじと感想。実話キャストにジェイクの演技力は

実話映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』は5月11日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー。 2013年、実際に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件。その被害に …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学