Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/08/24
Update

映画『滑走路』あらすじ/キャスト/公開日。原作の歌集を大庭功睦が人生賛歌として紡ぎあげる!

  • Writer :
  • 石井夏子

夭折の歌人、遺作となった唯一の歌集が完全映画化。

夭折の歌人・萩原慎一郎の遺作となった「歌集 滑走路」。

「歌集 滑走路」を原作とした映画『滑走路』の公開日が2020年11月20日(金)に決定しました。

この度、本作の場面写真10点が一挙解禁。水川あさみ・浅香航大・寄川歌太演じる、登場人物たちの心の叫びをご覧ください。

スポンサーリンク

映画『滑走路』について

(C)2020 「滑走路」製作委員会

あふれる才能を遺し、突然この世を去った歌人・萩原慎一郎による「歌集 滑走路」。

あとがきを入稿した翌月、32歳の若さで命を絶ち、萩原慎一郎のデビュー作にして遺作となった一冊の歌集が映画化されました。

(C)2020 「滑走路」製作委員会

いじめや非正規雇用を経験しながら、それでも生きる希望を託した歌は、苦悩を抱える人へのエールとして多くの共感を集め話題に。

新聞やTVなどでも次々と取り上げられ、歌集にしては異例のベストセラーを記録しました。

(C)2020 「滑走路」製作委員会

映画『滑走路』は、原作歌集をモチーフにオリジナルストーリーとして紡がれます。

数々の話題作に出演する水川あさみが扮する翠(みどり)実力派俳優として活躍目覚ましい浅香航大扮する若手官僚・鷹野(たかの)、そして新人・寄川歌太が扮する中学二年生の学級委員長

それぞれ“心の叫び”を抱えて生きる3人の人生が、やがて交錯していく―。

非正規、いじめ、過労、キャリア、自死、家族―現代を生きる若い世代が抱える不安や葛藤、それでもなお希望を求めてもがき生きる姿を鮮烈に描き出します。

(C)2020 「滑走路」製作委員会

監督を務めたのは、『キュクロプス』(2019)でゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018にてシネガーアワードと北海道知事賞のW受賞するという快挙を達成した大庭功睦です。

映画『滑走路』の場面写真

(C)2020 「滑走路」製作委員会

この度、本作の場面写真10点を一挙解禁

子供を持つことに憧れを持つ翠が男の子の姿を見て微笑むシーンや、夫と食卓を囲むシーン、官僚として日々奮闘する鷹野が思いつめた表情を浮かべる様子、いじめを受ける学級委員長が唯一心を許せる女子生徒と図書館で勉強するシーンなど、悩みを抱えながらも懸命に生きる彼らの人生のほんの束の間を切り取っています。

(C)2020 「滑走路」製作委員会

脇を固める坂井真紀、水橋研二、吉村界人、染谷将太、木下渓、池田優斗といった個性溢れる面々が3人の主人公たちにどのように関わってくるのかも想像できる写真となっています。

(C)2020 「滑走路」製作委員会

スポンサーリンク

映画『滑走路』の作品情報

(C)2020 「滑走路」製作委員会

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
萩原慎一郎「歌集 滑走路」(角川文化振興財団/KADOKAWA刊)

【監督】
大庭功睦

【脚本】
桑村さや香

【主題歌】
Sano ibuki「紙飛行機」(EMI Records / UNIVERSAL MUSIC)

【キャスト】
水川あさみ、浅香航大、寄川歌太、木下渓、池田優斗、吉村界人、染谷将太、水橋研二、坂井真紀


映画『滑走路』のあらすじ

(C)2020 「滑走路」製作委員会

厚生労働省で働く若手官僚の鷹野は、激務の中で仕事への理想も失い無力な自分に思い悩んでいました。

ある日、陳情に来たNPO団体から非正規雇用が原因で自死したとされる人々のリストを持ち込まれ追及を受けた鷹野は、そのリストの中から自分と同じ 25歳で自死した青年に関心を抱き、その死の理由を調べ始めますが…。

(C)2020 「滑走路」製作委員会

スポンサーリンク

まとめ

(C)2020 「滑走路」製作委員会

夭折の歌人が遺した魂の叫びを映画化し、現代をもがき生きる人々の姿と希望を描いた人生賛歌が誕生しました。

『キュクロプス』(2019)で大きな注目を集めた大庭功睦監督が、原作とどう向き合い紡ぎあげたのか、期待が高まりますね。

映画『滑走路』は2020年11月20日(金)より全国公開です。

(C)2020 「滑走路」製作委員会






関連記事

ヒューマンドラマ映画

『土を喰らう十二ヵ月』映画原作ネタバレとあらすじ感想。水上勉の精進レシピは“食することの奥深さ”

水上勉の『土を喰らう日々-わが精進十二ヵ月-』を原案とする 映画『土を喰らう十二ヵ月』が2022年11月11日(金)から新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国公開! 昭和36年(1961)に『雁の寺 …

ヒューマンドラマ映画

映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche」より新春2022年のご挨拶!編集長の河合のびです

謹賀新年2022年 新年あけましておめでとうございます。 本年もどうぞ、日本映画、洋画、アジア映画、インディーズ映画などのお供に、 「Cinemarche」をご贔屓いただけましたら幸いです。 編集部と …

ヒューマンドラマ映画

アリーキャットのあらすじとキャスト!KJ降谷建志の演技力は?

(C)2017「アリーキャット」製作委員会 野良猫(alley cat)のように街の片隅でひっそり生きる男たちの再生の物語…。 「窪塚洋介 × 降谷建志(Dragon Ash)」が初タッグを組んだ記念 …

ヒューマンドラマ映画

映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』あらすじネタバレと感想。評価されるべきジャーナリズムの在り方をロブ・ライナーが魅せる

真実は誰のためにあるのか?! 政府は大量破壊兵器を持つイラクを攻撃しなくてはならないというが、本当に大量破壊兵器は存在するのか? 国民に真実を伝えるために、アメリカ政府の巨大な噓に立ち向かった新聞記者 …

ヒューマンドラマ映画

映画『きらきら眼鏡』の犬童一利監督インタビューとあらすじ。上映館情報も

映画『きらきら眼鏡』は、9月7日(金)TOHOシネマズららぽーと船橋にて先行上映。 また、9月15日(土)より有楽町スバル座、9月29日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開。 映画『きらきら眼鏡』 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学