Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/01/07
Update

映画『ある人質 生還までの398日』感想解説と考察評価。写真家ダニエル・リューの救出劇の実話を描く

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『ある人質 生還までの398日』は2021年2月19日(金)より全国順次ロードショー!

2013年に実際にシリアで起きた人質の拉致事件を描いた原作書籍を、映像化した映画『ある人質 生還までの398日』。

本作は実話をもとに、内乱の現場に足を踏み入れた一人のカメラマンが遭遇した恐怖の体験と、彼を救うべく奔走する家族の迷える姿を描いた物語。『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のニールス・アルデン・オプレヴ監督が作品を手掛けました。

2020年にはデンマーク映画批評家協会賞(ボディル賞)で助演女優賞、デンマーク・アカデミー賞(ロバート賞)で観客賞、脚色賞、主演男優賞、助演女優賞、Zulu賞で作品賞と国内で高い評価を得ています。

スポンサーリンク

映画『ある人質 生還までの398日』の作品情報


(C) TOOLBOX FILM / FILM I VAST / CINENIC FILM / HUMMELFILM 2019

【日本公開】
2021年(デンマーク・スウェーデン・ノルウェー合作映画)

【原題】
SER DU MANEN,DANIEL

【監督】
ニールス・アルデン・オプレヴ、アナス・W・ベアテルセン

【脚本】
アナス・トマス・イェンセン

【原作】
プク・ダムスゴー「ISの人質 13か月の拘束、そして生還」

【キャスト】
エスベン・スメド、トビー・ケベル、アナス・W・ベアテルセン、ソフィー・トルプ、クリスティアン・ギェレルプ・コッホ

【作品概要】
ジャーナリストのプク・ダムスゴー著による原作書籍「ISの人質 13か月の拘束、そして生還」をもとに作られた映像作品。2013~2014年に398日間にわたって渡航先のシリアでIS(イスラム国)の人質となるも奇跡的に生還を果たしたデンマーク人カメラマンのダニエル・リューの恐怖の体験を描きます。

作品を手掛けたのは、『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のニールス・アルデン・オプレヴ監督。監督は映画のみならず『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査』、パイロット版『アンダー・ザ・ドーム』などの人気海外ドラマでも手腕を発揮してきました。

主演は『92年の夏』で2017年ベルリン国際映画祭シューティング・スター賞を受賞したデンマークの俳優、エスベン・スメド。元体操選手で、かつ捕虜生活により激やせするという人物像に合わせて増量、減量過酷な肉体改造を成功させ見事に役柄を演じきりました。

映画『ある人質 生還までの398日』のあらすじ


(C) TOOLBOX FILM / FILM I VAST / CINENIC FILM / HUMMELFILM 2019

学校で体操の代表選手として活躍していたデンマークのダニエル・リューは、ある日大会のデモンストレーションを行っていた際のトラブルで大きなけがをしてしまい、選手生命を絶たれてしまいます。

その経過に失望しながらも、自身の道を切り替えこれを機に昔からなりたかったというカメラマンへの道を志す決意をします。

仕事を探しに首都・コペンハーゲンの恋人の家へ転がり込み、自身のポートフォリオを持ってカメラマンの事務所を回るダニエル。

彼はある事務所で作品を見初められ、突然内戦中のシリアに出向くカメラマンのアシスタント役を依頼されます。

見たことのない風景に大きな刺激を受け、興奮にあちこちでシャッターを切っていたダニエルでしたが、案内人とともに訪れたある町で彼は不穏な男たちと遭遇、無断で足を踏み入れたと憤慨する男たちに案内人は正式に取材の申請を出していると主張します。

男たちはそれを突っぱねダニエルを拉致してしまいます。こうしてダニエルとその家族たちの、予想もしなかった恐怖と不安の一年が始まったのですが…。

スポンサーリンク

映画『ある人質 生還までの398日』の感想と評価

「保守派の危険性」に視点を置いた物語


(C) TOOLBOX FILM / FILM I VAST / CINENIC FILM / HUMMELFILM 2019

本作は実話がベースの作品だけに、作品としては特にISに拉致されたダニエルの過酷な経験、そしてシリアのような内政が不安定な国に出向くという状況における危険性などという点に注意が行くことでしょう。

実際主演を務めたスメドの不安にさいなまれる表情や様子、そして拉致現場の緊迫した状況などは非常にリアルかつ説得力のある画作りが成されており、その現実に起きた事件の一端を深く印象付けてきます。

しかし反面、この物語の視点には認識として注意すべき点があります。

この物語はデンマークに住むダニエル・リューという青年の視点で物語が展開しており、そこに起きた事実をデンマークという国の立場に立って描いています。

ISの者たちに拷問、凌辱されるさまからは、近年メディアなどでも報じられる、国交の常識など完全に無視した彼らのさまが脳裏に焼き付けられます。

一方で2019年に行われたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019にて、デンマークのウラー・サリム監督が手掛けた『陰謀のデンマーク』という作品では、これとは対照的にイスラム圏内からデンマークに移住してきた人たちが、デンマークの保守派の人間たちに傷つけられるというさまを、移住者たちの視点で描いています。

細かい設定は別として、この二つの作品にはそれぞれ人の視点、立場をまったく逆にしながらも「他を寄せ付けない保守的な存在を十分理解できていない人たちが、その領域に入り込む危険性」を描いている、という観点がうかがえます。


(C) TOOLBOX FILM / FILM I VAST / CINENIC FILM / HUMMELFILM 2019

『ある人質 生還までの398日』は人質解放の交渉に応じようとしないIS、『陰謀のデンマーク』では移民を密かに排除しようとするデンマークの保守派というそれぞれ保守的な存在があり、その思想の非情さを物語っています。

この二作品からはその凄惨な情景だけでなく「保守派の存在があったから」という明確な理由がそこに描かれています。

保守的な思想、リベラルな思想のどちらが正しいかという命題を結論付けることはできませんが、本作ではその上で「保守派」という存在が引き起こす危険性を描いているといえるでしょう。

また交渉にまったく応じようとしないISと、捕虜のダニエル、そしてダニエルを取り巻く家族たちという関係は、一般に言われているいじめの構図を思わせる点があります。劇中ではISの兵士たちが“人質”という相手の痛いところを盾にまったく交渉に応じようとしません。

その相手を支配しようとする心理はまさしくいじめの構図であり、ISより「いじめを受ける」家族たちは、法外な身の代金に絶望すら見せています。

こういった人間関係の作り方は、たとえ海を越えた世界の話でも意外に身近な物語と感じられ、現在世界のあちこちで起きている人同士の問題に共通する普遍性すら見えてきます。

志を通す難しさ


(C) TOOLBOX FILM / FILM I VAST / CINENIC FILM / HUMMELFILM 2019
またもう一つの注目すべきポイントとして、本作ではダニエルという人物の描き方にも大きな特徴があるといえます。

物語ではダニエルの「元体操選手」というバックグラウンドと、カメラマンという道をスタートさせるというエピソードをうまく掛け合わせています。

物語の主題としてはISという集団に男性が拉致される話であり、彼がカメラマンを志し始めたという点から物語をスタートするという方向性もドキュメント的な視点としてはあったかもしれません。

しかし物語の前段として彼が体操の道で挫折をしたという物語を織り込むことで、物語の彼の立ち位置というものがさらに鮮明に描かれます。

体操という道を志しながらトラブルで道を閉ざされ、さらにカメラマンという道を見つけながら、ISの拉致というトラブルに巻き込まれる。この流れは、志を貫くことの難しさというものを重複して印象付けているものであります。

こういった点を先述の「いじめ的構図」とうまく絡ませて、局所的なエピソードでありながらも身近さを感じさせるものとしており、普遍性を醸して強い問題意識を提起する作品となっています。

まとめ


(C) TOOLBOX FILM / FILM I VAST / CINENIC FILM / HUMMELFILM 2019
人同士が傷つけ合う戦場という場所において、中立であるという特殊な条件ながら敢えて危険を冒してその現地に出向くという戦場カメラマンの立場はかなり異質にも見え人々の興味をとらえるところでもあります。

2020年9月にはノルウェーの国際平和研究所のウーダル所長が、10月9日に発表される今年の平和賞予想の1位として報道の自由を擁護する国際非営利団体、ジャーナリスト保護委員会(CPJ)を挙げるなど、戦場カメラマンという立場が世界的に注目を集めています。

映画でも2019年の東京国際映画祭出品の『戦場を探す旅』、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020の『南スーダンの闇と光』、『戦場カメラマン ヤン・グラルップの記録』と、世界的にその存在意義を大きく問われているところでもあります。

しかし鮮烈な印象を情景としてとらえ、人々の心を引き付けるというその行為の裏側にどんなことがあるのか、本作はその一端として悲惨な運命に会う人々の姿を、身近に受け止められる作品として描いています。

本作は原作となった事実より、さらに「争いはなぜ起きるのか」という深い本質から問題を見つめ直させてくれるような作品といえるでしょう

映画『ある人質 生還までの398日』は2021年2月19日(金)より全国順次ロードショーされます!




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『放課後ソーダ日和 特別版』ネタバレ感想。枝優花監督が描く“17歳が愛おしいもの”を巡る冒険譚

2019年3月22日より公開の映画『放課後ソーダ日和 特別版』 ソーダの泡みたいに一瞬。だけど、ずっと消えない。 森田想、田中芽衣、蒼波純が演じる三人の女子高生の、美味しいクリームソーダを探す放課後の …

ヒューマンドラマ映画

映画『団地』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

大阪出身の骨太映画監督・阪本順治が、全く「らしくない」と言われそうなSF分野に進出? 昭和の名残を引きずる大阪の団地。そこで繰り広げられる、まるでお好み焼ソースのように濃い濃い人間模様。 藤山直美のお …

ヒューマンドラマ映画

【総理の夫ネタバレ】結末あらすじとラスト感想。原作どおりのキャストが映画の最後を見事に変えたエンディングは必見!

未来を諦めない。 こんなリーダーを待っていた! 原田マハの小説「総理の夫First Gentleman」を、田中圭と中谷美紀の共演で実写映画化。奇しくも時は、日本のリーダーを決める自民党総裁選の最中。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『デンジャー・クロース 極限着弾』感想とレビュー評価。ベトコン2000人との“ロングタンの戦い”に挑む108人のオーストラリア軍

映画『デンジャー・クロース 極限着弾』 ベトナム戦争の「ロングタンの戦い」を描く オーストラリアのクリフ・ステンダース監督が、ベトナム戦争の実話を描いた映画『デンジャー・クロース 極限着弾』。オースト …

ヒューマンドラマ映画

Netflix映画『ワインは期待と現実の味』あらすじネタバレと感想評価。知識と価値を熟成させた深みのあるストーリー

Netflix映画『ワインは期待と現実の味』は、父の息子への期待と息子が見つけた道の現実を描く! 跡継ぎ問題は日本でもよく聞かれる話。親たちの苦労はわかっていても、自分に成し遂げたい夢ができたら、その …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学