Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/04/08
Update

映画『グリード』感想解説と評価考察。ファストファッション帝国の真実をブラックユーモアと共に暴いた問題作

  • Writer :
  • 山田あゆみ

映画『グリード ファストファッション帝国の真実』は2021年6月18日(金)より全国順次ロードショー

映画『グリード ファストファッション帝国の真実』は、アパレル業界の裏側を痛烈に描いた問題作です。

人気ファッションブランドTOPSHOPを擁しながら2020年に経営破綻したフィリップ・グリーン卿をモデルにした一作ですが、ドキュメンタリーではなくギリシャ悲劇の引用や資本主義社会の闇に鋭く切り込んだ内容になっています。

マイケル・ウィンターボトム監督による皮肉が利いたストーリーに、スティーヴ・クーガンをはじめ『グランドイリュージョン』のアイラ・フィッシャーや、『24アワー・パーティ・ピープル』のシャーリー・ヘンダーソンなど実力派が揃ったキャスティングです。

映画『グリード ファストファッション帝国の真実』の作品情報

(C)2019 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION

【日本公開】
2021年(イギリス映画)

【監督】
マイケル・ウィンターボトム

【キャスト】
スティーヴ・クーガン、アイラ・フィッシャー、シャーリー・ヘンダーソン、エイサ・バターフィールド、デヴィッド・ミッチェル

【作品概要】
監督のマイケル・ウィンターボトムはイギリス出身の映画監督です。過去には、アフガン難民の少年によるロードムービー『イン・ディス・ワールド』(2003)でベルリン映画祭にて金熊賞を受賞。

他には、『日陰のふたり』(1996)、『ひかりのまち』(1999)、『めぐり逢う大地』(2000)など数々の作品を監督して数々の映画祭で評価されている人物です。

本作の主演のスティーヴ・クーガンとは『24アワー・パーティ・ピープル』(2003)ほか、『スティーヴとロブのグルメトリップ』(2010)、『イタリアは呼んでいる』(2014)、『スペインは呼んでいる』(2017)のグルメ取材シリーズなどでタッグを組み、本作で7作目の出演作となります。

スティーヴ・クーガンはBBCラジオのコメディ番組で人気に火をつけ、英国アカデミー賞やブリティッシュ・コメディ・アワードを受賞している実力者です。

テレビ番組や映画作品で幅広くその実力を評価され、共同脚本と製作に関わった『あなたを抱きしめる日まで』(2013)は英国アカデミー賞の脚本賞を受賞。米アカデミー賞では、作品賞にノミネートしています。

リチャードの元妻サマンサ役を演じたアイラ・フィッシャーは、俳優のサシャ・バロン・コーエンの妻であり、ガイ・ピアースやナオミ・ワッツ、ヒース・レジャーらが出演したテレビドラマ「HOME&AWAY」で知名度をあげました。

他出演作はマーク・ラファロやジェシー・アイゼンバーグと共演した『グランドイリュージョン』(2014)、レオナルド・ディカプリオ主演の『華麗なるギャツビー』(2012)、エイミー・アダムスとジェイク・ギレンホール主演の『ノクターナル・アニマルズ』(2016)など多数の出演作を誇る人気女優のひとりです。

他にも、母役のシャーリー・ヘンダーソンは「ブリジット・ジョーンズの日記」(2001-2016)シリーズや『ハリーポッターと秘密の部屋』(2002)、「トレインスポッティング」2作品など、大作に出演する人気女優として活躍中の人物です。

息子のフィン役を演じた、エイサ・バターフィールドはアカデミー賞5部門受賞の快挙を成し遂げた『ヒューゴの不思議な発明』やNetflixの人気ドラマ「セックス・エデュケーション」に出演している注目の俳優です。

映画『グリード ファストファッション帝国の真実』のあらすじ


(C)2019 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION

ギリシャのリゾート地であるミコノス島でリチャード・マクリディ卿(スティーヴ・クーガン)の60歳の誕生日を祝う盛大なパーティの準備が行われていました。

リチャードはファストファッションブランドの経営者として成功をおさめた人物でしたが、脱税や金融取引、労働搾取などの問題で世間からの信頼やイメージが急落のピンチに立たされています。

イメージアップのために古代ローマ帝国風の闘技場のセットを作らせたり、豪華セレブを招待するなどして必死になっていたリチャードでしたが、なかなか上手くは行きません。

元妻のサマンサ(アイラ・フィッシャー)は、思春期の息子フィン(エイサ・バターフィールド)とリアリティショーに出演中の娘リリー(ソフィ・クックソン)を連れてミコノス島にやってきたものの、リチャードは家族とコミュニケーションを取るのも束の間パーティの準備に追われていきます。

リチャードの強気な母親マーガレット(シャ―リー・ヘンダーソン)はリチャードの自伝執筆のために雇われた作家ニック(デヴィッド・ミッチェル)に必ず良い物を書き上げるよう圧力を掛けていました。

ニックはリチャードの過去を知る人物らのインタビューや彼の商品が作られるスリランカの縫製工場に取材を行う中で、リチャードの知られざる横暴なビジネススタイルを目の当たりにしていきます。

そして、パーティスタッフであるスリランカ出身のアマンダ(ディニタ・ゴーヒル)から、彼女の母親の過去について知ったニックはさらなる憤りを抱えるようになり……。

映画『グリード ファストファッション帝国の真実』感想と評価

(C)2019 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION

本作はファストファッション業界の闇をひとりの男の人生から暴くという物語ですが、ギリシャ悲劇の引用や、予想だにしないクライマックスからは、まさにブラック・エンタテイメントとしての毒気を感じられる映画になっています。

リチャードを通して描かれるアパレル業界の闇

本作は前半こそ、型破りながらもビジネスで大成した男の武勇伝を描くようなドキュメンタリータッチなものの、自伝執筆のために雇われた作家の視点が入ることで、アパレル業界や資本主義国家が抱える大きな問題が次々に明るみになっていきます。

そういう意味でいうと主人公はリチャードではなく、彼の自伝を書いていたニックだと言うこともできるのかもしれません。そして、この物語に欠かせないのはスリランカ出身のサマンサという女性のキャラクターです。

サマンサの母は、縫製工場で働いていた過去を持ち、その実情についてサマンサはニックに伝えることになります。そしてニックは、そのあまりに過酷な生活環境や不当労働について知っていく中でリチャードへの不信感を募らせていきます。

しかし、このニックのキャラクターが決して正義感に溢れるキャラクターではないというのが本作の持ち味だと感じました。彼は正すべき問題に直面していながらそれを変えようと行動に出るわけではありません。

それは、無知で無関心な消費者の姿を映しているようにも感じられます。ニックの視点でこの物語を観ることで、これは他人事ではないと改めて考えさせられるでしょう。

本作を観るときっと買い物をするのがおっくうになるかもしれません。しかし物が溢れるこの時代に、誰もが知っておくべき内容であり、気づきを与えてくれる映画だと言えます。

演技を引き出すための特殊な撮影方法

(C)2019 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION

本作のキャストたちは、撮影方法について口々にその斬新さについて称賛しています。

アドリブ歓迎で、台本にあるセリフが終わってもカメラを回し続けるスタイルなので役者の自由な発想やその場の空気をそのまま映像に納めることを可能にしました。

ニック役のデヴィッド・ミッチェルは、唯一無二の体験をしたと語っています。

「もちろん必要なシーンを撮りながら撮影は進んでいくんだけど、同時に現場に入ると、いつも自分が何かのシーンに写りこんでいる。だから、常にアドリブで演技をしないといけないし、自分の役として過ごさなくちゃいけない。それって、役者にとってすごく楽しいことだし、開放感がある。そのシーンのセリフが終わってもカメラを止めずに、役者がアドリブするまで余白を残してくれる。」

この言葉を感じさせるシーンは本作を鑑賞していて、いくつかありました。朝食会場のシーンの、ある意味での狙っていないような写り込みや、映画全体を通して感じられるいい意味での「ゆるさ」がこういった撮影方法からくるものだと考えられます。

また、サマンサ役のアイラ・フィッシャーは、キャスト毎の控室がなく全員同じ部屋で着替えやヘアメイクを行っていたことについて、「まるでアドリブ強化合宿に参加しているみたいだった」と語っています。

このことからも、監督の撮影へのリアリティと自然体を映し出すこだわりを感じることが出来るでしょう。

そしてぜひ注目してもらいたいのが、リチャードの誕生日パーティにビデオメッセージを送った豪華セレブたちの登場です。お金のために自分の魂を売るセレブという立ち位置で自分自身を演じています。

しかし、実際は彼らは監督の作品のファンだという理由から、わずかな出演料で出演してくれたのだそうです。このビッグな顔ぶれから監督の人望の熱さが伺えます。

彼らの出演シーンはほんの数分ですが、ぜひ注目してみてください。

まとめ

(C)2019 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION

本作にとって必要不可欠な登場人物だと言えるのがシリアの難民たちですが、実際の難民が出演しています。また、スリランカの縫製工場や従業員たちの住居も実際のものを撮影しており、あきれるほどの豪華絢爛なパーティ会場とのギャップを大いに感じられるはずです。

ストーリーは創造性に富んだ内容ですが、観る人に他人事と感じさせないリアルな現実を映した作品となっています。

映画『グリード ファストファッション帝国の真実』は2021年6月18日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国順次公開です。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『旅猫リポート』あらすじネタバレと感想。福士蒼汰が原作有川浩作品に挑戦!

「図書館戦争」シリーズ『空飛ぶ広報室』などで知られる有川浩が、一生のうちで一本しか書けないと自負する物語『旅猫リポート』を映画化。 主演は今をときめく福士蒼汰。彼と共に旅をする猫のナナの声に高畑充希。 …

ヒューマンドラマ映画

【クイーン映画ネタバレ考察】ボヘミアンラプソディほか歌詞から物語の見どころを解説

伝説のバンドQUEENが、史上最高のエンターテイナー、フレディ・マーキュリーがスクリーンに蘇る! 完成までに8年を費やし、ついに誕生した音楽伝記映画の傑作。数々の名曲、見た目だけでなく動きや癖までフレ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ガンジスに還る』ネタバレ感想レビュー。死期を悟った父と息子の向き合う幸福の時間とは

母なるガンジス河の畔の聖地バラナシ。そこは幸福で安らかな死を迎えられる心のやすらぎの郷でした。 死期を悟った父と、それを見守る家族たちのかけがえのない日々を綴った珠玉の感動作。 誰にでも訪れる「死」と …

ヒューマンドラマ映画

映画『はるヲうるひと』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。タイトルの意味がラストで清々しい人間ドラマを佐藤二朗が描く

閉塞感の溢れる島を舞台に「明日を生きる為の希望」を得る、人々の群像劇。 日本のどこかに存在する架空の島を舞台に、壮絶な過去を背負った兄妹と、その周囲の人達の人間ドラマを描いた映画『はるヲうるひと』。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ウォール街』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【マイケルダグラス×チャーリーシーンおすすめ代表作】

1987年公開の名匠オリバー・ストーン監督のアメリカ映画『ウォール街』。 世界の金融市場の聖地として知られるアメリカ・ニューヨークのマンハッタンの南端部に位置する細い通りの俗称こそが、このウォール街と …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学