Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】イングリッシュ・ペイシェント|あらすじ感想考察と結末の評価解説。音楽と共にレイフ・ファインズ代表作品が描く“国境線が引き裂く人の愛”

  • Writer :
  • 谷川裕美子

過去と現在を行き来して描かれる
壮大な愛と絶望の物語……

第二次大戦時代の北アフリカを舞台に、壮大なスケールで悲しき恋の物語を綴るヒューマンドラマ『イングリッシュ・ペイシェント』。

ブッカー賞を受賞したマイケル・オンダーチェの小説『イギリス人の患者』を原作に、アンソニー・ミンゲラが監督・脚本を手がけた本作は、第69回アカデミー賞で作品賞を含む9部門を受賞しました。

キャストは『シンドラーのリスト』(1994)のレイフ・ファインズ、『ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男』(2018)のクリスティン・スコット・トーマス、『ショコラ』(2000)のジュリエット・ビノシュなど錚々たる顔ぶれ。

記憶喪失に陥った主人公アルマシーの過去に潜む「謎」に迫るミステリー要素にハラハラするとともに、あまりにも悲しい不倫愛の結末に涙する一作です。

映画『イングリッシュ・ペイシェント』の作品情報


(C)1996 Tiger Moth Productions, Inc.

【公開】
1996年(アメリカ映画)

【原作】
マイケル・オンダーチェ

【監督・脚本】
アンソニー・ミンゲラ

【キャスト】
レイフ・ファインズ、クリスティン・スコット・トーマス、ジュリエット・ビノシュ、ウィレム・デフォー、コリン・ファース、ナヴィーン・アンドリュース、ジュリアン・ワダム、ユルゲン・プロホノフ、ケヴィン・ウェイトリー

【作品概要】
ブッカー賞を受賞したマイケル・オンダーチェの小説『イギリス人の患者』を原作に、アンソニー・ミンゲラが監督・脚本を手がけました。

第二次大戦時代の北アフリカの壮大な砂漠を舞台に、戦争の愚かさとともに濃密な人間ドラマが映し出されます。第69回アカデミー賞で作品賞を含む9部門を受賞しました。

アルマシーを『シンドラーのリスト』(1994)のレイフ・ファインズ、キャサリンを『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(2018)のクリスティン・スコット・トーマス、ハナを『ショコラ』(2000)のジュリエット・ビノシュが演じます。

さらにウィレム・デフォー、コリン・ファースら名優も出演しています。

映画『イングリッシュ・ペイシェント』のあらすじとネタバレ


(C)1996 Tiger Moth Productions, Inc.

1944年、イタリア。砂漠の飛行機事故で全身に火傷を負い、記憶を失ったハンガリー人のアルマシーが野戦病院に担ぎ込まれました。

その後部隊は移動しましたが、カナダ人看護師のハナは瀕死のアルマシーの世話をするために、空襲で破壊された修道院に残ります。ハナは愛する人を何人も戦争で亡くして傷ついていました。

事故に遭う前、ハンガリーの伯爵家に生まれた冒険家のアルマシーは、アフリカのサハラ砂漠で地図製作に没頭していました。

1938年、彼は調査に加わったイギリス人の人妻キャサリンと出会います。彼らは「泳ぐ人」が描かれた洞窟を発見しました。

砂嵐の中で苦労を分かち合ったアルマシーとキャサリンは、激しい恋に落ちます。

またある日、ハナのもとに同郷カナダ出身のカラヴァッジョが訪れ、任務のためにしばらく滞在することになります。

カナダのスパイだったカラヴァッジョは、自身を特定し得る写真の存在によって身元が割れ、ドイツ軍に拷問され親指を失いました。そのため、その写真をドイツ軍に渡したアルマシーを恨んでいました。

地雷除去の任務についているシーク教徒のキップも、ハナの修道院にとどまるようになります。やがてふたりは恋に落ちました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)1996 Tiger Moth Productions, Inc.

ドイツが降伏し戦争は終結しますが、仕事仲間のハーディーが爆死して彼の婚約者が嘆く姿を見たキップは、ハナを遠ざけるようになります。

またキャサリンから一方的に別れを告げられたアルマシーは、傷心のまま調査から引き揚げの準備をしていました。

するとアルマシーに向かって、キャサリンの夫ジェフリーの乗った飛行機が突っ込んできます。飛行機は大破してジェフリーは死に、前席に乗っていたキャサリンも大けがを負いました。

キャサリンを抱き上げ、アルマシーは泳ぐ人の描かれた洞窟へ運びました。彼女が自分を変わらず愛し続けていたことを知ったアルマシーは涙を流します。必ず戻ってくると約束し、アルマシーはひとりで助けを呼びに行きました。

砂漠を3日間歩き続けた末に英国占領下の町にたどり着きましたが、「アルマシー」というハンガリー名を怪しまれ、ドイツ人スパイと間違われて囚われてしまいます。

必死で脱出したアルマシーは、自分を敵扱いしたイギリスを恨み、ドイツ軍に自分の地図を渡して協力を求めました。

彼はマドックスの残していった飛行機に、ドイツのガソリンを入れてキャサリンのもとへ向かいましたが、彼女はすでに死んでいました。

その後、遺体を乗せて飛行機で飛び立ったアルマシーは、ドイツ軍の砲撃で撃ち落とされ大やけどを負います。

ベドウィンに助けられ、イタリアに運ばれた彼のカルテには「イギリス人の患者」と書かれていました。皮肉にも、彼は結局イギリス人として扱われました。話をすべて聞き終えたカルヴァッジョは、アルマシーへの憎しみを失います。

荷物をまとめて出ていくキップを、いつか会えると言ってハナは笑顔で見送りました。

アルマシーはモルヒネで安楽死させてほしいとハナに頼み、彼女は泣きながら聞き入れます。キャサリンが洞窟で書いた日記を読むハナの声を聞きながら、アルマシーは静かに息を引き取りました。

その後、ハナはカラヴァッジョらと一緒にフィレンツェへと向かいました。

映画『イングリッシュ・ペイシェント』の感想と評価


(C)1996 Tiger Moth Productions, Inc.

容赦なく突きつけられる戦争の愚かさ

過去と現在を行き来しながら、壮大な砂漠を舞台に愛の軌跡を描き出す大作です。

飛行機が砲撃され、全身に火傷を負って記憶を失った男アルマシーが野戦病院に担ぎ込まれた場面から物語は始まります。そして映画前半では、アルマシーの過去に何があったのかを探る「ミステリー」としての展開が続きます。

重傷のアルマシーの世話を引き受けたのは、心やさしいカナダ人看護師のハナでした。戦争で愛する人を次々に亡くし深く傷つく彼女の目の前で、間髪を入れず、友人の乗ったジープが地雷を踏んで爆発します。

やがてハナは、アルマシーを静かな場所で看取るために、廃墟となった修道院に彼とふたりで留まる選択をしました。その修道院にはいくつも敵に爆弾を仕掛けられており、どこまでも残酷な戦争の真実が浮かび上がります。

その後、アルマシーの過去を知るカナダ出身の諜報員カラヴァッジョが現れたことから、アルマシーは記憶を徐々に取り戻し始め、さまざまな謎が明かされていきます

アルマシーがドイツ側に流した情報によってスパイだとバレたカルヴァッジョは、拷問により親指を失っていました。

それゆえに深くアルマシーを恨み、復讐のために追ってきたカルヴァッジョでしたが、アルマシーの抱えていた事情は彼の想像をはるかに超える残酷なものでした。

死にかけた恋人を救うため、助けを呼ぼうとひとり砂漠を3日間歩き通したアルマシーは、やっとの思いで英国占領下の町にたどり着いたものの、ハンガリー名を怪しまれドイツ軍のスパイとして捕らえられてしまいました。

必死の思いで脱走したアルマシーは、自分を締め出したイギリスではなく、ドイツ軍に自分の作成した地図を渡して協力を求めました。そこにあったのは、ただただ恋人を助けに行かねばという強い思いだけでした。

しかし願いは空しく、恋人はすでに息を引き取っていました。愛する人の遺体を乗せて飛び立った彼の飛行機は、その後ドイツ軍に撃ち落とされます。

記憶を失い、名前を失った彼に与えられたのは「イギリス人の患者」と書かれたカルテでした。人と人の心のつながりを国境で線引きする戦争の愚かさ、そしてその線引きの恐ろしいほどの曖昧さが浮き彫りとなります。

アルマシーを捕らえたイギリス軍だけを責めることはできません。全世界の人々すべてが、恐怖のあまりに正気を失い、簡単に人の心を踏みにじれるようになるのが戦争というものなのです。

アルマシーが、名を失って初めて「イギリス人」として認められるという滑稽さ。幾重にも重なった人間の愚かさが映し出されます。

戦時下の砂漠に咲いた許されぬ恋


(C)1996 Tiger Moth Productions, Inc.

どこまでも広がる砂の大地に、激しい砂嵐など、緊迫感あふれる厳しい自然の映像に圧倒される本作。水があるのかと心配する声や、雨が恋しいという人々の言葉にはとてつもない重みがあります。

そんな厳しい環境下で、主人公のアルマシーと人妻のキャサリンは出会いました。砂嵐の苦難を乗り越えたことからふたりの距離は急速に縮まり、やがて道ならぬ恋に落ちてしまいます

禁じられた関係だからこそ、不倫の恋は燃え上がるものです。しかしそれ以上に、第二次大戦の戦時下という重苦しい空気の中で、お互いがオアシスのような存在を必要としていたに違いありません。

そんな必死の思いで互いを抱きしめ合ったふたりでしたが、その代償はあまりにも重いものでした。

キャサリンの夫ジェフリーは嫉妬のあまり、妻を乗せた飛行機で砂漠に立つアルマシーに突っ込もうとして自爆します。ジェフリーだけが死に、キャサリンは重傷を負い、アルマシーは無傷で助かりました。そして洞窟に残されたキャサリンは、アルマシーを待ちながらひとりこの世を去ったのです。

「自分はもう死人だ」と何度もアルマシーは周囲に語りますが、それこそが彼の本心でした。恋人を失ったときに、彼の魂も死んだのです。飛行機が砲撃されても体が生き長らえてしまったと知って、彼はどれほど悲しかったことでしょうか。

実力派俳優のレイフ・ファインズとクリスティン・スコット・トーマスが、やるせない恋に落ちる大人の男女を切なく演じています

また看護師ハナ役のジュリエット・ビノシュも、本作でアカデミー助演賞を受賞する名演をみせています。アルマシーに献身的に尽くすハナと、シーク教徒のインド人キップとの恋もまた苦く甘く、心に残るエピソードとして描かれます。

まとめ


(C)1996 Tiger Moth Productions, Inc.

燃え上がる許されぬ恋を通して、戦争の愚かさと恐ろしさを描き出した名作『イングリッシュ・ペイシェント』

そのタイトルに隠された真実の全容を知った時、どうにもならないほどやるせない思いに打ちのめされる一作です。

今もなお世界の各地で絶え間なく続く紛争を思い、人間らしい普通の生活を送ることのできる幸せを改めて噛みしめずにはいられません。

どこまでも広がる砂漠の上を、亡くなった恋人を乗せて飛ぶアルマシーの飛行機。そこに映し出されているのは、底のない悲しみと絶望なのです



関連記事

ヒューマンドラマ映画

『英雄の証明』ネタバレ感想と結末あらすじ解説。イラン映画の名匠が一瞬の油断や判断の過ちで起こる人間の運命を描く

まっとうな正義感と小さな嘘。彼は本物の英雄なのか、それとも詐欺師か!? 『別離』(2011)、『ある過去の行方』(2013)などの作品で知られ、国際的にも高い評価を受けているイランの名匠アスガー・ファ …

ヒューマンドラマ映画

映画『鈴木家の嘘』ネタバレ感想レビュー。無力さを感じながらも支え合う家族の姿とは

野尻克己監督が長編デビュー作として選んだテーマは家族。 どこにでもある家庭に巻き起こった激流を、包み込むようなユーモアと冷静な筆致で描き出しました。 嘘によって再出発するヒューマンドラマ『鈴木家の嘘』 …

ヒューマンドラマ映画

映画『チア男子!!』高城さつき役は伊藤歩(あゆみ)。プロフィールと演技力の評価

『桐島、部活やめるってよ』『何者』で知られる直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアリーディングングチームをモデルに書き上げた『チア男子!!』がついに待望の実写映画化。 監督を務めるのは、期待の新鋭 …

ヒューマンドラマ映画

映画『修道士は沈黙する』あらすじと感想レビュー。監督ロベルト・アンドーはヒッチの名作からヒントを得た

映画『修道士は沈黙する』は3月17日(土)より、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー。 ドイツの北部にあるハイリゲンダムの空港に、イタリア人の修道士ロベルト・サルスが降り立ちます。彼は …

ヒューマンドラマ映画

映画『シュシュシュの娘』あらすじネタバレと結末感想。入江悠監督が福田沙紀をスーパーヒロインにする

映画『シュシュシュの娘』は2021年8月21日(土)より渋谷ユーロスペース他にて順次公開! 映画『シュシュシュの娘』は、『22年目の告白 私が殺人犯です』『AI崩壊』(2020)などで成功を収めている …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学