Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ビューティフル・デイ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 馬渕一平

カンヌ国際映画祭、男優賞&脚本賞受賞!!

監督・脚本:リン・ラムジー×主演:ホアキン・フェニックス。

“21世紀版タクシードライバー”と評される傑作ノワール、『ビューティフル・デイ』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ビューティフル・デイ』の作品情報


(C)Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved.
(C)Alison Cohen Rosa / Why Not Productions

【公開】
2018年(イギリス映画)

【原題】
You Were Never Really Here

【監督・製作・脚本】
リン・ラムジー

【キャスト】
ホアキン・フェニックス、ジュディス・ロバーツ、エカテリーナ・サムソノフ、ジョン・ドーマン、アレックス・マネット、ダンテ・ペレイラ=オルソン、アレッサンドロ・ニボラ

【作品概要】
主人公・ジョーに扮したのは確かな演技力の持ち主であるホアキン・フェニックス。この演技で2017年のカンヌ国際映画祭男優賞を獲得。

また、『少年は残酷な弓を射る』で世界を騒然とさせたリン・ラムジー監督の6年ぶりの作品は、説明的な描写を排し、ニューヨークを舞台にスタイリッシュな映像美で映し出されます。

思いもよらないラストに連れて行かれる鮮やかなストーリーは、2017年のカンヌ国際映画祭脚本賞を受賞。

さらに『ファントム・スレッド』でオスカーノミネートも果たしたジョニー・グリーンウッド(レディオヘッド)が手掛けたそのソリッドな音楽と相まって、観る者の視聴覚を刺激し続けます。

映画『ビューティフル・デイ』のあらすじとネタバレ


(C)Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved.
(C)Alison Cohen Rosa / Why Not Productions

元軍人のジョーは行方不明の捜索を請け負うスペシャリスト。

いつものように仕事を終えて自宅に戻ると、部屋に入るところを仲介役のエンジェルの息子にたまたま目撃されてしまいました。

ジョーは唯一の家族である母と共にニューヨークで暮らしています。過去の多くのトラウマ経験からPTSDを患っているジョーは常に幻覚や幻聴を感じ、自殺願望を持ちながら過ごしてきました。

仕事の元締めであるジョンに呼び出されたジョーは、新しい仕事を頼まれます。

その仕事の依頼主は上院議員のアルバート・ヴォット。失踪した娘ニーナを発見したら5万ドルを支払うことを約束されました。

ニーナが少女専門の売春宿にいることを突き止めたジョーは、いつものようにハンマーを手に手際よくボディガードを始末していきました。

ニーナを発見したジョーは彼女を連れてとあるモーテルにて待機しています。

性的な虐待を受け続けてきたニーナはすでに心神喪失の状態で、自分を閉じ込めていました。

(C)Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved.
(C)Alison Cohen Rosa / Why Not Productions

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ビューティフル・デイ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ビューティフル・デイ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

何気なく付けたテレビからニーナの父親であるヴォット上院議員がビルから飛び降りて死亡したニュースが流れています。

すると、二人がいるモーテルの部屋に来訪者が訪れました。

ジョーがドアを開けると、目の前で旅館の宿主が頭を吹き飛ばされます。

侵入してきた男たちにニーナは連れ去られ、ジョーを始末するために男が一人残りました。

なんとか逆襲して、逃げ出したジョーでしたが状況が掴めずに混乱。

(C)Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved.
(C)Alison Cohen Rosa / Why Not Productions

仕事を請け負ったジョンの自宅を訪れましたが、彼はすでに何者かに始末された後。

ジョーはエンジェルの息子に見られたことを思い出し、慌てて自宅に戻りますが、時すでに遅く最愛の母は亡くなっていました。

殺害犯がまだ家にいることを察知したジョーは、手際よく一人を射殺し、息も絶え絶えのもう一人に真相を問い詰めます。

ウィリアムズ州知事が黒幕にいること、ヴォット上院議員自らが少女専門の売春宿に関わっていたことが判明。

ジョーは鎮痛剤をその男に飲ませ、手を繋いで一緒に「I’ve Never Been to Me(愛はかげろうのように)」を口ずさみます。

黒いスーツに身を包んだジョーは母の遺体を布で包み、湖に沈めて葬いました。

スーツのポケットに石を入れ、母と一緒に沈んでいこうとするジョーの前に、ニーナの幻覚が見えます。

彼は仕事をやり遂げることを決意し、湖面に向かって浮上していきます。

ウィリアムズ州知事の別荘を見つけ出したジョーは、家に侵入すると次々とボディーガードを始末。

2階の寝室に辿り着いたジョーが目にしたのは、喉が切られすでに亡くなっているウィリアムズ州知事の姿でした。

ジョーは全てを理解し、頭を抱えひたすらに泣きじゃくります。

落ち着きを取り戻したジョーがダイニングに降りていくと、そこには血だらけの手で食べ物を食べているニーナがいます。

ジョーはニーナを外の店へ食事に連れていきました。

生きることに疲れ切ったジョーは自殺することを思い浮かべています。

トイレから戻ったニーナは、「It’s a beautiful day」とジョーに話しかけ、二人は店を出て行きました。

スポンサーリンク

映画『ビューティフル・デイ』の感想と評価


(C)Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved.
(C)Alison Cohen Rosa / Why Not Productions

本作は、外側だけ見るといわゆるジャンル映画に分類されるバイオレンス描写の激しい作品だと思いますが、その内実では主人公のジョーと同じく内面に物凄く繊細な心を秘めた切なくて胸が苦しくなる物語が語られています。

マーティン・スコセッシの『タクシードライバー』やニコラス・ウィンディング・レフンの『ドライヴ』などと比較されますが、私自身が最も近いフィーリングを感じたのはアカデミー賞を受賞したバリー・ジェンキンスの『ムーンライト』でした。

重いPTSDを抱えたジョーは、常に自殺願望を持ちながら日々を生きています。虐待を振るう父親からいつも言われていたのは「猫背を直せ」という言葉。大人になった今は平気で人を殺す(本当は平気じゃない)冷徹で力強い闇社会の男になっています。

同じく『ムーンライト』の主人公のシャロンは、本当の自分との解離に苦しみながらも、結果として筋肉という鎧を身に付け、ドラッグディーラーとして働いていました。

そのどちらもが屈強な身体の中に本来は繊細なはずの自分を閉じ込め、暴力と死の世界に身を置いて自らを騙し続ける。

自分すらも騙すことの辛さは想像を絶するでしょう。

その体躯、目つき、佇まいなど全てを見事に表現してみせた主演のホアキン・フェニックスは本当に素晴らしいです。

まるで限界を迎えたコップのフチから水が溢れだすようにジョーが泣きじゃくる場面は、彼の気持ちを思うと何とも切ない。

また、彼にとっては母の存在も非常に重要です。

劇中でアルフレッド・ヒッチコックの『サイコ』を引用するシーンが出てきますが、そのシーンが暗示するようにジョーにとって母親は煩わしさと同時にこの世に止まるための重しのような存在。

その重しが文字通り沈んでいく時に果たしてジョーは何を選択するのか?

そして、深いところで共鳴し合っている二人はラストシーンの後に何を見るのか?

紋切り型の映画では決して味わえない、不思議な余韻を残すラストです。

原作小説と同じく原題は「You Were Never Really Here(あなたは本当はここにはいない)」。幻覚ばかり見る全く信用できないタイプの主人公なので、これはこれでさらに深い考察の余韻を残してくれます。

ただ邦題は『ビューティフル・デイ』。こちらの方がより寄り添うような解釈になっていますね。

タイトル一つを取ってみても色々と読み解きが変わる。改めて映画は面白いなと思わされる素晴らしい作品でした。

まとめ


(C)Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved.
(C)Alison Cohen Rosa / Why Not Productions

監督のリン・ラムジーは、長編映画をまだ4本しか撮っていないというから驚きです。

音楽を手掛けたのはレディオヘッドのギタリスト、ジョニー・グリーンウッド。心を不安に陥れる劇伴の数々はこの映画の一部としてなくてはならないものになっています。

こちらも傑作、ポール・トーマス・アンダーソンの『ファントム・スレッド』でも恐ろしく美しい旋律を手掛けていましたが、今後の活躍にも要注目です。

今の時期は本当に素晴らしい作品ばかりが映画館にかかっているので優先順位は低くなってしまうかもしれませんが、暴力描写に耐性のある方はぜひ一度ご覧になってみてください。

時間はなんと、90分。この短さも素晴らしいですね!

思いもよらないラストの余韻にきっと心を震わされてしまうこと請け合いです。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『洗骨』ネタバレ感想。奥田瑛二・大島蓉子・水崎綾女の演技力が光るユーモアと優しさに溢れた作品

ガレッジセールのゴリが本名の「照屋年之」名義で監督・脚本を手がけた長編作品。 最愛の人を失い、数年後その人にもう一度会える神秘的な沖縄の離島に今も残る風習、“洗骨”。 死者の骨を洗い、祖先から受け継が …

ヒューマンドラマ映画

映画賭ケグルイ2|ネタバレあらすじ感想とラスト結末の解説。キャスト浜辺美波×藤井流星が絶対絶命ロシアンルーレットで魅せた狂気

大人気実写化シリーズの劇場版第2弾! 河本ほむらと尚村透による大人気漫画『賭ケグルイ』。 2018年に浜辺美波主演で実写ドラマ化した本作は2019年には劇場版第1作が公開され、人気キャラクター早乙女芽 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ヒトラー 最期の12日間』ネタバレ解説とあらすじ結末の感想考察。ラストに描く戦争の“気づけなかった真実”

全てを目撃した秘書がヒトラーの最期を語る実録ドラマ。 オリヴァー・ヒルシュビーゲルが監督を務めた、2004年製作のドイツの実録ドラマ映画『ヒトラー~最期の12日間~』。 迫りくるソ連軍の放火から逃れよ …

ヒューマンドラマ映画

ネタバレ『ハウス・オブ・グッチ』結末ラスト考察と評価解説。実話と共に高級ブランドに隠された“一族の闇”を暴き出す!

高級ブランド「GUCCI」に隠された衝撃的な真実とは? 現代のファッションブランドの元祖と呼ばれ、誰もが知る世界的な高級ブランド「GUCCI」。 そんな「GUCCI」に隠された、30年に渡る一族の確執 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。歌手Siaが楽曲の音楽にのせておくる“愛と感動の調べ”

“顔なきポップスター”として活動する歌手Siaが初監督をつとめ、Siaならではのポップでカラフルな世界観を作り上げました 世界的注目を集める歌手Siaが監督をつとめ、自身の半生を投影させて描き、12曲 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学