Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/05/06
Update

映画『エミリー・ディキンソン静かなる情熱』あらすじネタバレと感想。詩人の生涯をシンシア・ニクソン主演で描く

  • Writer :
  • こたきもえか

映画『エミリー・ディキンソン静かなる情熱』の内容解説

エミリー・ディキンソンという詩人をご存知でしょうか。

画家のゴッホと同じく、生前は無名に等しかったものの、今では19世紀最高の天才詩人と称される女性です。

今回ご紹介するのはそんなエミリーの人生をユニークにユーモアたっぷりに描いた作品『Wild Nights with Emily』です。

スポンサーリンク

映画『エミリー・ディキンソン静かなる情熱』の作品情報

【公開】
2018年 アメリカ映画

【原題】
Wild Nights with Emily

【監督】
マデリーン・オルネック

【キャスト】
モリー・シャノン、キャスパー・アンドレアス、エイミー・サイメッツ、スーザン・ジーグラー、ジャッキー・モナハン、ブレット・ゲルマン、ケビン・シール、ダーリック・T・タグル、リサ・ハイス、セレステ・ペックハス、 ロバート・マカスキル、

【作品概要】
監督を務めるのはインディペンデント映画の監督、プロデューサー、脚本家、劇作家として活躍するマデリーン・オルネック。『Codependent lesbian space alien seeks same』(2011)はゴッサム・インディペンデント映画賞にノミネート、また書籍『俳優のためのハンドブック: 明日、舞台に立つあなたに必要なこと』の作者でもあります。

エミリー・ディキンソンを演じる主演女優は『マリー・アントワネット』(2006)や『モンスター・ホテル』(2012)、『ぼくとアールと彼女のさよなら』(2015)に出演するモリー・シャノン。

共演はリメイクされたスティーヴン・キング原作のホラー『ペット・セメタリー2』のエイミー・サイメッツ、オルネック監督の過去作にも出演するスーザン・ジーグラーとインディペンデント映画を中心に活躍する俳優たちが集います。

映画『エミリー・ディキンソン静かなる情熱』のあらすじとネタバレ

エミリー・ディキンソンは10代の頃から、スーザン・ギルバートという女性と仲良くなり、友人以上の関係を築いていました。

エミリーの両親が旅行で長らく家を空けている間も、スーザンはエミリーの家にとどまり、ロマンティックな時間を2人だけで過ごしていました。

やがてスーザンは、教師の職を得て西に旅立ちますが、エミリーとスーザンはラブレターを交換し続けました。

しかしスーザンは、エミリーの兄オースティンと結婚することが決まります。

ショックを受けるエミリー。スーザンは経済的に結婚が必要であること、またオースティンとの結婚によって隣に家を建てることができるので、これからも二人は一緒に入れるとエミリーを説得します。

20年後…。スーザンは今もエミリーの家の隣に住み続け、2人はこっそりと情事を重ねていました。

エミリーは自室にこもり、レシピの裏などどんなものにも詩を書いてスーザンに見せるのを日課としていました。

そんなある時、未亡人のケイト・スコット・ターナーがスーザンの家に止まるため訪ねてきました。

しかしエミリーの方に興味を抱いたケイトは彼女の家の方に泊まります。ケイトは翌朝、突然、出て行ってしまいました。

スーザンはエミリーがケイトのためガーターを縫っていたと知って嫉妬します。

以下、『Wild Nights with Emily』ネタバレ・結末の記載がございます。『Wild Nights with Emily』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

エミリーは詩をたくさん書いていましたが、出版をしたことはありませんでした。

そんなある日、作家のトーマス・ウェントワース・ヒギンソンがエミリーの出版について話を聞くために家を訪れます。

話し合いの途中にトーマスはエミリーの詩の意味について何度も尋ね校正を行い、また女性の詩が男性の詩とどのように違うのかについて説明し、エミリーの詩はまだ出版に値しないと伝えました。

映画の語り部マーベル・トッドがエミリーの家を訪れたのはそれから間もなくのことでした。

メイドに応接間に通され、エミリーが2階で書いている間、1人ピアノを弾いていても良いと言われたマーベルは驚きます。

それからマーベルはエミリーの兄でスーザンと結婚しているオースティンと関係を持つようになり、それは多くの人の知るところとなりました。

マーベルはオースティンに、自分たちのラブレターを出版しないかと提案しますが、オースティンはあまりにスキャンダラスすぎると拒否します。

一方のエミリーは、突然、病気になり亡くなってしまいました。

エミリーの死後、マーベルはある引き出しに大量に保管されている詩や手紙を発見します。

その多くのものがスーザンに向けられていることに気づいたマーベルはオースティンの力を借り、スーザンの箇所を男性の名前に置き換えてしまいました。

エミリーの詩が出版され評価を得た後、編集者であるマーベルは大勢の女性の前で講演を行います。

エミリーが隠遁者であったことや、彼女の顔は棺の中で一度見たきりなどと話すマーベル。またマーベルはエミリーの詩や手紙は裁判官オーティス・フィリップス・ロードに向けたもので間違い無いだろうと説明し、詩にタイトルも追加しました。

後にエミリーの姪、スーザンの娘は自身の母親と叔母の本当の関係について説明しようと講演を開きます。

しかし集まったのはたったの3人だけでした。

スポンサーリンク

『エミリー・ディキンソン静かなる情熱』の感想と評価

エミリー・ディキンソンは、たいへん変わった詩人であり、変わった女性だったそうです。

人生の長い時間を隠遁者として過ごし、1800もの詩を残したにも関わらず、生前出版されたのはわずか11編ほどでした。

エミリーの詩は韻も見られず独特な描写を特徴としており、また本編でも語られている通りエミリーが編集者たちからの校正を拒んだからと言われています

本作の大きなテーマは、“女性らしさとは何か”という、古き“ジェンダーロール”の刷新が望まれ、行なわれている現代に通じるものです。

劇中男性たちに何度も“女性らしさ”や“女性の詩”について述べられるエミリー。

ある時は「男性は自分よりも賢い女性とは結婚したいとは思わない」と言われ、ある時は「君の詩は女性らしくない」と否定され、ペンをいれられて強制的に訂正される時もあります

“男性の詩”や“女性の詩”と言うけれど、それに何の意味があるのか」と問い、自らのスタイルを変えなかったエミリー。

後に別の女性によって、言葉やミューズの存在を変えられ日の目を浴びることになってしまったとは何とも皮肉です。

また本作に登場するのはほぼ女性ばかり。

サリエリとモーツァルトを描いた『アマデウス』(1984)や、ランボーとポール・ヴェルレーヌの『太陽と月に背いて』(1995)。

老いた音楽家と目の前に現れた“美”を体現する青年を描く『ベニスに死す』(1971)、作家の男と恋人の激情の恋の物語『ベティ・ブルー』(1986)や同じく作家の男性と恋人の愛憎を描く『赤い航路』(1994)。

男性芸術家とそのミューズ、ミューズのような人物を描く作品は多々ありますが、本作『Wild Nights with Emily』の芸術家は女性であり、またミューズも女性です。

そして描かれているエミリーもスーザンも“とっても儚げな雰囲気を湛えた美女”としてでは無く、“親近感が湧く普通の女性”や“ちょっと一癖か二癖あるような女性”として描かれています。

参考映像:『ある女流作家の罪と罰』(2018)

2018年にアメリカで公開された『ある女流作家の罪と罰』

この作品主人公も作家であり、問題をたくさん抱え、罪を犯してしまうという“手放しには褒められないような女性”でした。

このように様々なスタイルを持った女性像が映画の中で徐々に増えていることは、喜ばしい変化であるといえます。

まとめ

“女性詩人”でありながら性の相違ばかりでなく、内側から湧き出る個性によってユニークな作品を生み出し、“ワイルドな夜”を過ごし続けたエミリー・ディキンソン。

全編コミカルな本作はみずみずしく斬新に感じられ、今日に続くテーマがセリフを通して明確に投げかけられている作品です。

これを機会に奔放な言葉遣いと奇想天外、時にグロテスクな想像力が魅力の彼女の詩にも是非触れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

北村匠海映画『アンダードッグ』期待の若手ボクサー龍太役を熱演【演技評価とプロフィール】

東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」オープニング作品『アンダードッグ』。 『銃』『全裸監督』『ホテルローヤル』の武正晴監督が、『百円の恋』以来6年ぶりにボクシングをモチーフに、森山未來、北村匠 …

ヒューマンドラマ映画

映画『明日の食卓』ネタバレ感想と結末解説。あすみと怖い子役は文庫本とは違う最後を迎える

映画『明日の食卓』は、2021年5月28日(金)より全国ロードショー。 椰月美智子による小説『明日の食卓』が、瀬々敬久監督によって映画化されました。 「どこにでもいる」母親が起こしてしまった、「だれで …

ヒューマンドラマ映画

映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』あらすじ感想と評価解説。歌手Siaが映画音楽にて“人生の再起”の喜びを託す

映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』は、2022年2月25日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国順次ロードショー。 映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』は、ソウルフルな歌声と独創的なミュージックビデオ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ビーチ・バム』あらすじネタバレと感想。マコノヒー主演にハーモニー・コリン監督が描く愛と芸術とは【原題:The beach bum】

ハーモニー・コリン監督『ザ・ビーチ・バム(原題:The beach bum)』 今回ご紹介するのは作家、映画監督、俳優とマルチな才能を持つ独創的な芸術家、ハーモニー・コリンの映画『ザ・ビーチ・バム(原 …

ヒューマンドラマ映画

映画『冬時間のパリ』あらすじネタバレと感想。オリヴィエ・アサイヤス監督が新作で描いたのは大人たちの会話劇

オリヴィエ・アサイヤス監督が新境地に挑んだ映画『冬時間のパリ』。 二組の男女の不倫が絡む恋なんてよく聞く話。 どうにもならないことが多いのが恋愛だけれど、それでも恋することの喜びや、可笑しさを魅力的に …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学