Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

【詩人エミリー・ディキンソン映画】あらすじネタバレと感想『Wild Nights with Emily』(2018)

  • Writer :
  • Moeka Kotaki

映画『Wild Nights with Emily』の内容解説

エミリー・ディキンソンという詩人をご存知でしょうか。

画家のゴッホと同じく、生前は無名に等しかったものの、今では19世紀最高の天才詩人と称される女性です。

今回ご紹介するのはそんなエミリーの人生をユニークにユーモアたっぷりに描いた作品『Wild Nights with Emily』です。

スポンサーリンク

映画『Wild Nights with Emily』の作品情報

【公開】
2018年 アメリカ映画

【原題】
Wild Nights with Emily

【監督】
マデリーン・オルネック

【キャスト】
モリー・シャノン、キャスパー・アンドレアス、エイミー・サイメッツ、スーザン・ジーグラー、ジャッキー・モナハン、ブレット・ゲルマン、ケビン・シール、ダーリック・T・タグル、リサ・ハイス、セレステ・ペックハス、 ロバート・マカスキル、

【作品概要】
監督を務めるのはインディペンデント映画の監督、プロデューサー、脚本家、劇作家として活躍するマデリーン・オルネック。『Codependent lesbian space alien seeks same』(2011)はゴッサム・インディペンデント映画賞にノミネート、また書籍『俳優のためのハンドブック: 明日、舞台に立つあなたに必要なこと』の作者でもあります。

エミリー・ディキンソンを演じる主演女優は『マリー・アントワネット』(2006)や『モンスター・ホテル』(2012)、『ぼくとアールと彼女のさよなら』(2015)に出演するモリー・シャノン。

共演はリメイクされたスティーヴン・キング原作のホラー『ペット・セメタリー2』のエイミー・サイメッツ、オルネック監督の過去作にも出演するスーザン・ジーグラーとインディペンデント映画を中心に活躍する俳優たちが集います。

映画『Wild Nights with Emily』のあらすじとネタバレ

エミリー・ディキンソンは10代の頃から、スーザン・ギルバートという女性と仲良くなり、友人以上の関係を築いていました。

エミリーの両親が旅行で長らく家を空けている間も、スーザンはエミリーの家にとどまり、ロマンティックな時間を2人だけで過ごしていました。

やがてスーザンは、教師の職を得て西に旅立ちますが、エミリーとスーザンはラブレターを交換し続けました。

しかしスーザンは、エミリーの兄オースティンと結婚することが決まります。

ショックを受けるエミリー。スーザンは経済的に結婚が必要であること、またオースティンとの結婚によって隣に家を建てることができるので、これからも二人は一緒に入れるとエミリーを説得します。

20年後…。スーザンは今もエミリーの家の隣に住み続け、2人はこっそりと情事を重ねていました。

エミリーは自室にこもり、レシピの裏などどんなものにも詩を書いてスーザンに見せるのを日課としていました。

そんなある時、未亡人のケイト・スコット・ターナーがスーザンの家に止まるため訪ねてきました。

しかしエミリーの方に興味を抱いたケイトは彼女の家の方に泊まります。ケイトは翌朝、突然、出て行ってしまいました。

スーザンはエミリーがケイトのためガーターを縫っていたと知って嫉妬します。

以下、『Wild Nights with Emily』ネタバレ・結末の記載がございます。『Wild Nights with Emily』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

エミリーは詩をたくさん書いていましたが、出版をしたことはありませんでした。

そんなある日、作家のトーマス・ウェントワース・ヒギンソンがエミリーの出版について話を聞くために家を訪れます。

話し合いの途中にトーマスはエミリーの詩の意味について何度も尋ね校正を行い、また女性の詩が男性の詩とどのように違うのかについて説明し、エミリーの詩はまだ出版に値しないと伝えました。

映画の語り部マーベル・トッドがエミリーの家を訪れたのはそれから間もなくのことでした。

メイドに応接間に通され、エミリーが2階で書いている間、1人ピアノを弾いていても良いと言われたマーベルは驚きます。

それからマーベルはエミリーの兄でスーザンと結婚しているオースティンと関係を持つようになり、それは多くの人の知るところとなりました。

マーベルはオースティンに、自分たちのラブレターを出版しないかと提案しますが、オースティンはあまりにスキャンダラスすぎると拒否します。

一方のエミリーは、突然、病気になり亡くなってしまいました。

エミリーの死後、マーベルはある引き出しに大量に保管されている詩や手紙を発見します。

その多くのものがスーザンに向けられていることに気づいたマーベルはオースティンの力を借り、スーザンの箇所を男性の名前に置き換えてしまいました。

エミリーの詩が出版され評価を得た後、編集者であるマーベルは大勢の女性の前で講演を行います。

エミリーが隠遁者であったことや、彼女の顔は棺の中で一度見たきりなどと話すマーベル。またマーベルはエミリーの詩や手紙は裁判官オーティス・フィリップス・ロードに向けたもので間違い無いだろうと説明し、詩にタイトルも追加しました。

後にエミリーの姪、スーザンの娘は自身の母親と叔母の本当の関係について説明しようと講演を開きます。

しかし集まったのはたったの3人だけでした。

スポンサーリンク

『Wild Nights with Emily』の感想と評価

エミリー・ディキンソンは、たいへん変わった詩人であり、変わった女性だったそうです。

人生の長い時間を隠遁者として過ごし、1800もの詩を残したにも関わらず、生前出版されたのはわずか11編ほどでした。

エミリーの詩は韻も見られず独特な描写を特徴としており、また本編でも語られている通りエミリーが編集者たちからの校正を拒んだからと言われています

本作の大きなテーマは、“女性らしさとは何か”という、古き“ジェンダーロール”の刷新が望まれ、行なわれている現代に通じるものです。

劇中男性たちに何度も“女性らしさ”や“女性の詩”について述べられるエミリー。

ある時は「男性は自分よりも賢い女性とは結婚したいとは思わない」と言われ、ある時は「君の詩は女性らしくない」と否定され、ペンをいれられて強制的に訂正される時もあります

“男性の詩”や“女性の詩”と言うけれど、それに何の意味があるのか」と問い、自らのスタイルを変えなかったエミリー。

後に別の女性によって、言葉やミューズの存在を変えられ日の目を浴びることになってしまったとは何とも皮肉です。

また本作に登場するのはほぼ女性ばかり。

サリエリとモーツァルトを描いた『アマデウス』(1984)や、ランボーとポール・ヴェルレーヌの『太陽と月に背いて』(1995)。

老いた音楽家と目の前に現れた“美”を体現する青年を描く『ベニスに死す』(1971)、作家の男と恋人の激情の恋の物語『ベティ・ブルー』(1986)や同じく作家の男性と恋人の愛憎を描く『赤い航路』(1994)。

男性芸術家とそのミューズ、ミューズのような人物を描く作品は多々ありますが、本作『Wild Nights with Emily』の芸術家は女性であり、またミューズも女性です。

そして描かれているエミリーもスーザンも“とっても儚げな雰囲気を湛えた美女”としてでは無く、“親近感が湧く普通の女性”や“ちょっと一癖か二癖あるような女性”として描かれています。

参考映像:『ある女流作家の罪と罰』(2018)

2018年にアメリカで公開された『ある女流作家の罪と罰』

この作品主人公も作家であり、問題をたくさん抱え、罪を犯してしまうという“手放しには褒められないような女性”でした。

このように様々なスタイルを持った女性像が映画の中で徐々に増えていることは、喜ばしい変化であるといえます。

まとめ

“女性詩人”でありながら性の相違ばかりでなく、内側から湧き出る個性によってユニークな作品を生み出し、“ワイルドな夜”を過ごし続けたエミリー・ディキンソン。

全編コミカルな本作はみずみずしく斬新に感じられ、今日に続くテーマがセリフを通して明確に投げかけられている作品です。

これを機会に奔放な言葉遣いと奇想天外、時にグロテスクな想像力が魅力の彼女の詩にも是非触れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『あいあい傘』あらすじネタバレと感想。親子の絆を倉科カナ&立川談春の共演で描く

夫婦で歩くということは「あいあい傘」で歩くのと一緒。肩を寄せ合い、一歩一歩、歩いて行くのです。 25年前に姿を消した父を探しにやってきた娘は、新しい家族を築き幸せそうに暮らす父の姿を目の当たりにします …

ヒューマンドラマ映画

『映画 賭ケグルイ』ネタバレ感想。実写版の結末は浜辺美波と福原遥のすごい演技に大注目!

血がタギル!胸がザワツク! 天国か地獄か!?さぁ、賭ケグルイましょう! 劇場版は、原作者の河本ほむらが原案・監修を手がけた、オリジナルストーリーとなっています。 リスクを負うことに快感を覚えるギャンブ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ムーンライト』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

アカデミー賞史上最も稀にみる珍事に見舞われた末、見事作品賞を受賞! “映画史に刻まれる、最も純粋で美しい、愛の物語”とも称された『ムーンライト』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画 …

ヒューマンドラマ映画

映画『リバーズ・エッジ』あらすじとキャスト。小沢健二の主題歌発売日も

岡崎京子の原作漫画が行定勲監督の手によって映画化! 二階堂ふみ、吉沢亮、森川葵ら若手実力派が岡崎ワールドを体現。 主題歌を担当するのは岡崎京子の盟友である小沢健二。 2月16日(金)より公開の『リバー …

ヒューマンドラマ映画

映画『凪待ち』感想と内容解説。キャストや白石和彌監督は“香取慎吾の真実”の魅力をどのように述べたか⁉︎

映画『凪待ち』は、2019年6月28日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー! 『彼女がその名を知らない鳥たち』『虎狼の血』で知られる白石和彌監督と俳優にしてアーティストの香取慎吾が初の …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP