Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2022/12/24
Update

映画『ショコラ』ネタバレあらすじ結末と感想考察。フランス女優ジュリエット・ビノシュがチョコレートの魔法で人々の“かたくなな心”を溶かす

  • Writer :
  • 谷川裕美子

小さな村に起きた、奇跡の愛の物語!

ギルバート・グレイプ』(1993)、『僕のワンダフル・ライフ』(2017)の名匠ラッセ・ハルストレム監督が描く、ファンタジックな映画『ショコラ』。

幸せを呼ぶ不思議なチョコレートを売る母娘と、母娘が来訪した村の人々との心の交流が温かく描かれます。

イングリッシュ・ペイシェント』(1997)のフランスの名女優ジュリエット・ビノシュが主演を務め、『ギルバート・グレイプ』(1993)でハルストレム監督と組んだジョニー・デップが出演。また娘役を『ポネット』(1997)で注目された子役のビクトワール・ディビゾルが演じます。

人間愛に満ち溢れた作品を生み出す“魔術師”であるハルストレム監督ならではの、味わい深く美しい物語です。

スポンサーリンク

映画『ショコラ』の作品情報


(C)2000 Miramax, LLC. All Rights Reserved.

【公開】
2000年(アメリカ映画)

【原作】
ジョアン・ハリス

【監督】
ラッセ・ハルストレム

【脚本】
ロバート・ネルソン・ジェイコブス

【編集】
アンドリュー・モンドシェイン

【キャスト】
ジュリエット・ビノシュ、ジョニー・デップ、ジュディ・デンチ、アルフレッド・モリーナ、レナ・オリン、キャリー=アン・モス、ジョン・ウッド

【作品概要】
ジョアン・ハリスの同名小説を、『ギルバート・グレイプ』(1993)、『僕のワンダフル・ライフ』(2017)の名匠ラッセ・ハルストレム監督が映画化。フランスの片田舎で小さなチョコレート店を開いた女性が、閉鎖的な村を少しずつ変えていく様を描くファンタジックな物語です。

主人公のヴィアンヌを演じるのは『イングリッシュ・ペイシェント』(1997)のフランスの名女優ジュリエット・ビノシュ。

ヒロインと恋に落ちるルーを、『ギルバート・グレイプ』(1993)でハルストレム監督と組んだジョニー・デップが演じます。

ヴィアンヌの娘を演じるのは、『ポネット』(1997)で注目された天才子役のビクトワール・ディビゾル。さらに「007」シリーズの「M」役で知られる名優ジュディ・デンチ、ハルストレム監督の妻で『存在の耐えられない軽さ』(1988)でビノシュと共演したレナ・オリンなど、実力派が個性あふれる村人を演じます。

映画『ショコラ』のあらすじとネタバレ


(C)2000 Miramax, LLC. All Rights Reserved.

伝統を重んじる古くからのしきたりに縛られたフランスの小さな村に、冷たい北風とともにこの土地にやって来たヴィアンヌとその娘アヌーク。ふたりは孤独な老女アルマンドを訪ねて店舗を借ります。

掃除をしていた彼らのもとに村長のレノ伯爵が現れて日曜のミサに招きますが、ヴィアンヌは断ります。彼女に結婚歴がないことを知って驚く伯爵。

すぐに噂は広まり、人々の注目を集める中、ヴィアンヌは小さなチョコレート店を開きました。

店の前を通りかかったアルマンドの娘・カロリーヌと息子のリュックをヴィアンヌは招き入れ、ホットチョコをふるまいますが、カロリーヌは断食期を理由に断ります。

客に合うチョコをチョイスするヴィアンヌ。試食した女性客に、ヴィアンヌはご主人の情熱を呼び覚ますからといってグアテマラのカカオをおまけに渡します。

帰宅した女性は余計なお世話だといって捨ててしまいましたが、酔っぱらった夫がみつけて食べたことでふたりの愛の情熱がよみがえりました。

ある日、気狂いだといわれているジョゼフィーヌが来て、チョコを万引きします。知らずにヴィアンヌはひと箱プレゼントしようとしますが、受け取らずにそのまま彼女は出ていきました。

犬を連れた老人のギヨームに、友人のオデルへの贈り物にとヴィアンヌはチョコを進めますが、オデルは1917年に夫を亡くして以来喪中だからと言って彼は断ります。

断食期にチョコレート屋を開いた未婚の母であるヴィアンヌをレノ伯爵は敵視し、町中に悪口を言いふらしてまわります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『ショコラ』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『ショコラ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2000 Miramax, LLC. All Rights Reserved.

ヴィアンヌからチリペッパー入りのホットチョコを振る舞われたアルマンドは、仲たがいしている娘のカロリーヌが孫と会わせてくれないとことを嘆きます。

暗い絵ばかり描いているリュックにヴィアンヌは声をかけ、50フランで肖像画を描いてくれるように頼みます。村長に止められていると彼が言うのを聞いた彼女はレノのもとに怒鳴りこみますが、彼はイースターまでに追い出すと言い返しました。

ヴィアンヌはアルマンドとリュックを店に呼びます。リュックが自分の肖像画を描きにきたと知ったアルマンドは喜び、人生を楽しんでと孫に言いました。

ある晩、額を殴られてケガしたジョゼフィーヌがヴィアンヌの店にやって来ます。夫のセルジュから逃げてきた彼女をヴィアンヌは抱きしめました。

セルジュに泣きつかれたレノがジョゼフィーヌを迎えに来ますが、彼女の額の傷を見て驚きます。その後、暴力的なセルジュを改心させるためにレノは奮闘します。

ある日、川の流れに乗ってジプシーたちが船でやって来ました。流れ者の精悍な男性・ルーに話しかけるヴィアンヌをレノが見ていました。

スーツを着たセルジュが花束を持ってジョゼフィーヌに謝りに来ました。ジョゼフィーヌは花と謝罪だけを受け取り、セルジュをひとりで帰します。

その夜、酔ったセルジュが怒って店に乱入。ヴィアンヌに襲いかかった夫の頭を、ジョゼフィーヌがフライパンで殴りつけました。

こっそり祖母に会いに来たリュックでしたが、カロリーヌに見つかってしまいます。実はアルマンドは糖尿で甘い物を食べてはいけない身であることを、みんなに隠していました。ヴィアンヌらに心配されたアルマンドは、自分の人生だと言って店を出ていきます。

一方、あちこちの店でボイコットされていたルーがヴィアンヌのもとにやってきます。あなたの好みの味だといってチョコを渡したヴィアンヌに、残念だが外れだと言うルー。彼はお礼にセルジュに壊されたドアの修理をしてやります。

レノが神父にチョコは罪悪だと教会で言わせたことから、ヴィアンヌ母娘はつまはじきにされてしまいました。村中から嫌われている悲しみを、ヴィアンヌはアルマンドに泣きながら吐き出します。

アルマンドは自分の誕生パーティーを開くようヴィアンヌに頼み、引き換えにその翌日老人ホームに入ると言いました。

パーティーで人々はおいしい料理をうっとりと頬張り、その後ルーの船に行って楽しく踊りました。カロリーヌは楽しそうな母と息子を遠くから見て、そのまま立ち去りました。

船に駆け付けたレノは、もう見過ごすことはできないと言って怒りながら去っていきます。

楽しくルーと踊るヴィアンヌに、疲れたアルマンドは感謝を伝えてからリュックと帰っていきました。

ルーとヴィアンヌはふたりで船に乗りこみました。移り住む暮らしを娘が嫌がっていることを打ち明け、ヴィアンヌは涙を流します。そんな彼女をルーは熱くキスして抱きしめました。

ふたりの乗った船が川に出ていった後、陸につけていた船に何者かが火をつけます。燃え上がる火を見て、娘の身を案じるヴィアンヌは半狂乱になりますが、アヌークは無事でした。

一方、アルマンドは静かに部屋で息を引き取りました。

ルーはその後、ヴィアンヌに最後の別れを告げに来ました。

アルマンドの葬儀で、彼女の罪を責める神父。たまらずヴィアンヌは途中でその場を離れ、何もなくなった船着き場に向かいました。風が強く吹いていました。

帰宅したヴィアンヌは荷造りをし、明日の朝いちばんに発つとジョゼフィーヌに告げます。

妻に去られたレノに、カロリーヌは誰もあなたをバカにしたりしないとやさしく話します。表に出た彼女にジョゼフィーヌが頼みごとをしました。

船に火をつけたセルジュは怯えてレノを訪れます。レノは自身が指示を出しておきながら、セルジュに追放を言い渡しました。

朝になり、村を出て行こうとヴィアンヌが階下に降りると、厨房では人々が集まってチョコを作っていました。アーモンドを見てほしいと話しかけるジョゼフィーヌに、思わずヴィアンヌは微笑みます。

愛するカロリーヌまでがヴィアンヌとにこやかに話すのを見てショックを受けたレノは、ナイフを手にしてチョコレート店へと忍び込みました。

ショーウィンドウに飾られたチョコを彼は怒りで切り刻んみますが、口に飛んできたチョコを食べてあまりのおいしさに驚きます。その後、むさぼるように食べ始めました。

翌朝、チョコまみれで眠っていたレノは神父とヴィアンヌに発見され、謝罪します。その日のイースターミサで、神父は人間の価値は何を受け入れるかで決まるのではないかと人々に語り掛け、その後人々は笑顔で広場でチョコを食べながらイースターを祝いました。

レノ伯爵はカロリーヌをその6カ月後に食事に誘い、ジョゼフィーヌは夫から引き継いだ店を「カフェ・アルマンド」と名づけて繁盛させます。

やがてまた北風が吹き、ヴィアンヌをまだ見ぬ友が呼んでいると誘いました。しかし、北風は弱くなり去っていき、夏になるとやわらかな南風とともにルーが再びやって来ました。

好みはホットチョコだと話す彼に、ヴィアンヌは「知ってた」と笑顔でこたえました。

スポンサーリンク

映画『ショコラ』の感想と評価


(C)2000 Miramax, LLC. All Rights Reserved.

宝石のようなチョコレートの魔法

豊かな自然の中で人間の愛を映し出す“魔術師”ラッセ・ハルストレム監督が描き出す、とびきり素敵な物語『ショコラ』。ひとりひとりの人生に寄り添う、温かなドラマが丁寧に紡がれます。

素晴らしく美しい小さな村で流れていく愛おしい時間。風景、人々の表情、美しいチョコレート。そして、流れ着いた男と女。

「北風」とともに訪れた、魔法使いのような「赤いマント」を着たヴィアンヌとアヌークの母子は、この小さな村にたどり着きました。ファンタジーの主人公のような姿です。

その村では、根は善良ながらも、堅苦しい慣習にがんじがらめになっている人たちが肩を寄せ合うようにして暮らしていました。彼らはよそ者には冷たく接し、自分たちの小さなコミュニティを必死で守ろうとします。

そんな村で彼女が開いたのは、素晴らしくおいしいチョコレートのお店でした。まさに童話『北風と太陽』に出てくる太陽かのように、彼女のとびきり美味なチョコレートはかたくなだった人々の心の鎧を脱がせ、温かく溶かしていきます

チョコレートの持つ魔力は、映画を観ている私たちも皆よく知っています。たった一粒に詰まった、ウットリとするおいしさ。さまざまなチョコレートに出会えるバレンタインの時期を、自分のために楽しみに待っている方もきっと多いことでしょう。

禁欲的に生きていた村人たちは、たちまちチョコレートの虜に。しかも、ヴィアンヌは本当の魔法使いかのように、それぞれにぴったりなチョコを選んで贈り、彼らの心の内に眠っていた、何より人生には不可欠な愛と情熱を呼び覚ますのです。

村の人たちの心がやさしくほどけていく中で、最後までヴィアンヌを受け入れようとしなかった村長のレノが、ナイフを握りしめて店に忍び込む場面は古典サスペンスを思わせるようなスリル感があります。

しかし、口にとんできたチョコをなめた途端、たちまち我を忘れてむさぼって食べてしまうレノ。本作で一番コミカルなタッチによって描かれる、単純明快で素敵な解決の場面です。

その姿を見てしまったら、誰もがさすがに彼を許さずにはいられません。チョコを受け入れてくれたレノを、ヴィアンヌもまた受け入れるのでした。

大人だって恋をする


(C)2000 Miramax, LLC. All Rights Reserved.

村に娘を連れて流れ着いたヴィアンヌは、同じく“流れ者”であるジプシーのルーと出会います。

ルーを演じているのがなにしろジョニー・デップですから、ヒロインが恋に落ちないはずがありません。この上なく魅力的な男性として描かれています。

どこに行ってもつまはじきにされながらも、“自由”を選んで生きてきた彼は、同じように旅をせずにはいられないヴィアンヌに共鳴し、心惹かれていきます。

ふたりがパーティーで踊る場面は、大人の恋がはじまる瞬間の濃密な空気感に満たされています。身を寄せ合って揺れるふたりの心と体の距離が近づいていくさまに、ときめきが止まりません。

娘が流浪の生活を嫌がっていることを告白して涙するヴィアンヌ。自由を何より重んじて生きてきたルーにだけは、自分の思いを理解してもらえると信じられたからこそ吐き出せたのでしょう。

その後、一度はヴィアンヌのもとを去ったルーでしたが、やがて「南風」とともに戻ってきます。彼の好みのチョコレートがホットチョコであることがとうとう判明。最高のチョコレートの魔法にかかったルーは、もう彼女のそばを離れないに違いありません。

この小さな村では、大勢の大人たちが恋をしています。

堅物すぎて妻に逃げられてしまったレノ村長と、未亡人・カロリーヌの恋。そして、老人ギヨームと、1917年に戦死した夫の喪に服し続けてきた老嬢オデルの恋。若いアンリ神父はあからさまに「その歳で!」と驚きますが、「年を重ねてこその恋もあるのですよ」と諭したくなります。

どの恋も、あまりにも純粋すぎて胸が締め付けられるほどです。痛みを知った大人たちの恋ほどピュアで繊細なものはないのかもしれません。

そして本作は、“自分の人生を愛し楽しむこと”を何より大切にする糖尿病持ちのアルマンドと、自分の人生を取り戻すために勇気を出したジョゼフィーヌらの、“本来の自己への愛”にも心揺さぶられる作品でもあるのです。

まとめ


(C)2000 Miramax, LLC. All Rights Reserved.

頑なだった人々の心に息づく溢れんばかりの愛を解き放った、とびきりおいしい素敵なチョコレートの魔法を描く作品『ショコラ』

誰もが心の中に悲しみや寂しさ、悩みを抱いて毎日を過ごしていることでしょう。そんな苦しみをほどいてくれるのは、一粒のチョコレートであったり、やさしくかけてもらえるひと言であったりするのかもしれません。

そのことを、ジュリエット・ビノシュ演じるさすらいのチョコレート職人のヴィアンヌがやさしく教えてくれます。

日々に疲れたと感じたら、おいしいチョコレートをひとかけ、口に入れてみませんか?きっと、素敵な魔法をかけてもらえるかもしれません。





関連記事

ヒューマンドラマ映画

ある人質 生還までの398日|ネタバレ結末とラスト解説。 実話で描くISに囚われた写真家を救出する家族たちの思い

人質となった写真家と彼を救うために奔走した家族の実話を元に描く奇跡の生還劇 シリアで人質となり、奇跡的に生還したデンマーク人写真家ダニエル・リューの実話を元に描いたヒューマンドラマ。 映画『ある人質 …

ヒューマンドラマ映画

A24映画『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』あらすじネタバレと感想。タルボットとフェイルズからの地元へのラブストーリー

A24映画『ラスト・ブラック・マン・イン・サンフランシスコ』をいち早く紹介! 映画『ラスト・ブラック・マン・イン・サンフランシスコ(原題:The Last Black Man in San Franc …

ヒューマンドラマ映画

映画『AK-47』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価。最強の銃誕生の秘密を実話伝記ドラマで明かす

独学で銃器を開発するソ連軍の兵士が、「AK-47」を開発する伝記ドラマ コンスタンティン・ブスロフが監督を務めた、2020年製作のロシアの伝記ドラマ映画『AK-47 最強の銃 誕生の秘密』。 独ソ戦争 …

ヒューマンドラマ映画

ママ虫(マムチュン)の意味と真相。原作者の体験談から映画『82年生まれ、キム・ジヨン』は完成した

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』は2020年10月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開。 チョ・ナムジュによる小説『82年生まれ、キム・ジヨン』は、韓国の1982年生まれの女性で最も多い名前“ジ …

ヒューマンドラマ映画

映画『このまちで暮らせば』感想レビュー。考察【仕事と家族を超えた活動的次元】

映画『このまちで暮らせば』は、2018年7月14日(土)より、新宿K’scinemaにて1週間限定ロードショー。 熊本県にある林業の町・南小国町を舞台に、親子の絆と人々が未来に向かって歩む姿を、たくま …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学