Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレあらすじと感想。結末でビノシュが新たな始まりを予感させる

  • Writer :
  • こたきもえか

映画『私の知らないわたしの素顔』は2020年1月17日より全国順次ロードショー。

人間は誰でも様々な顔を持つ生き物です。

会社での自分、家庭での自分、友人に対しての自分、恋人といる時の自分、そして“意識的に演じている役割”とは別に潜んでいる“もう一つの顔”…。

今回は衝突するアイデンティティをサスペンスフルに描いたフランス映画『私の知らないわたしの素顔』をご紹介します。

SNSの世界でバーチャル恋愛にはまっていく主人公のクレール役をジュリエット・ビノシュが演じました。

スポンサーリンク

映画『私の知らないわたしの素顔』の作品情報


(C)2018 DIAPHANA FILMS-FRANCE 3 CINEMA-SCOPE PICTURES

【日本公開】
2020年(フランス映画)

【原題】
Celle que vous croyez

【監督】
サフィ・ネブー

【キャスト】
ジュリエット・ビノシュ、ニコール・ガルシア、フランソワ・シビル、ギョーム・グイ、シャルル・ベルリング、クロード・ペロン、マリー=アンジュ・カスタ



【作品概要】
主演は『トリコロール/青の愛』(1993)でヴェネツィア国際映画祭 女優賞とセザール賞主演女優賞、『イングリッシュ・ペイシェント』(1996)でベルリン国際映画祭銀熊賞とアカデミー助演女優賞、『トスカーナの贋作』(2010)で第63回カンヌ国際映画祭の女優賞を受賞と世界三大映画祭を制した国際的な女優ジュリエット・ビノシュ。

共演は『愛と哀しみのボレロ』(1981)『男と女II 』(1986)のニコール・ガルシア、『FRANK フランク』(2014)のフランソワ・シビルや『アナーキスト 愛と革命の時代』(2016)のギョーム・グイ。物語のキーとなる女性を演じるのはスーパーモデルとして活躍するマリー=アンジュ・カスタです。

映画『私の知らないわたしの素顔』のあらすじとネタバレ


(C)2018 DIAPHANA FILMS-FRANCE 3 CINEMA-SCOPE PICTURES

ある部屋の一室で二人の女性が机を挟んで対峙しています。ひとりは患者のクレール、ひとりは心理療法士のボーマン医師。

クレールはもともとの主治医がいなくなったことを嘆きながらもボーマン医師に話し始めます。

クレールは50代のフランス文学教授。長年連れ添った夫と別れ、現在は年下の恋人リュドと交際中ですがなかなかうまくいっていません。

少しの諍いがあった後、クレールはリュドの家に電話をかけますが、ルームメイトのカメラマンの青年アレックスにリュドはいないと言われ電話を切られてしまいます。

クレールはリュドに近づき近況を探るためにFacebookに登録することにしました。

彼女が使った名前はクララ、年齢は24歳。そうしてリュドではなく、友人のアレックスに友達申請をしました。

アレックスはすぐに反応し、アレックスとクレールのペルソナ“クララ”は急速に進行を深めていきます。

彼らは次第に電話もするようになり、アレックスに写真を見たいと言われたクレールは若い女性の顔をアイコンに設定しました。

ボーマン医師に誰の写真か聞かれたクレールは、ネットで適当に拾ったものだと答えます。

一日に何度も電話するほど親密になり恋心を抱き始めたアレックスとクレール/クレア。

アレックスは会いたい旨を伝えますが当然クレールは断ります。彼らは何度も何度も接近しますがアレックスがクレールに目を向けることはなく、彼は訝しみます。

これ以上続けられないと思ったクレールは実は同棲している恋人がおり、彼にプロポーズされたためブラジルに行くといってアレックスとの関係を打ち切ります。

しばらく経ってからFacebookを開くも、彼はアカウントを既に削除していました。

クレールはアレックスの手がかりを掴む唯一の方法として元恋人のリュドに連絡をとります。

彼から聞いたのは、「アレックスはSNSで出会った女に夢中になったが失恋し、自殺した」ということでした。

以下、『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・結末の記載がございます。『私の知らないわたしの素顔』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ボーマン医師がもう一度クレールがクララとして使った写真の女性は誰なのか尋ねると、彼女はクレールの亡くなった兄の娘であるカティアだと明らかにしました。

クレールと元夫のジルが親代わりに育てていましたが、今はもう連絡も取っていないと言います。

ボーマン医師はその後クレールが書いたという小説を受け取りました。

物語はクララに出会えなかったアレックスにクレール自身が接近するというもの。小説の中のクレールは、バスでリュドの名前を出し、彼に話しかけます。

自分の本の宣材写真の撮影を頼むクレール。小説の中のアレックスとクレールは親交を深め交際に発展し、一緒に住むようになります。

しかしある時、アレックスはクレールの最も好きなところは声だといい、クレールはアレックスがまだクララを想っていることを実感します。

そこでクレールはクララとして連絡を取っていた時の携帯を取り出し、「夫と別れたからもう一度会ってほしい、このカフェで待っている」とアレックスにメールします。

二人でカフェにいる時にメールに気がついたアレックスは動揺して家にセーターを取りに行くと良い出て行きます。

家に着いたアレックスはクララの携帯に電話をかけました。そうすると家の中で着信音が。アレックスはその携帯とクレールのパソコンを見、すべてを理解します。

アレックスはカフェに戻りクレールと対峙しますが、後ずさりで路上へ出たクレールは車にはねられて死んでしまいました。

そんなクレールの小説を読み終えたボーマン医師は、なぜフィクションの中でも自分を傷つけるのか尋ねます。

若さと美貌にこだわることを指摘されたクレールは、クララの顔に姪のカティアの写真を使った本当の理由は、育てたカティアと夫のジルが自分を捨てて一緒になることを決めたからだと言います。

その後ボーマン医師はリュドを訪ねました。

リュドはアレックスがクララと連絡を取っている時から、声で正体がクレールだと気付いたけれどアレックスには隠していたと言います。

そしてアレックスは実は生きており、現在では子どももいることを明かします。

ボーマン医師は入院中のクレールに、罪悪感で苦しまなくて良いと伝えました。

クレールは退院する時、小説をボーマン医師の言う通り少し書き換えてみようと思っていること、どんな可能性も存在していることを考えたと言います。

ボーマン医師と別れてクレールはクララの携帯を取り出しました。そうして誰かに電話をかけ…。

スポンサーリンク

映画『私の知らないわたしの素顔』の感想と評価

参考:『私の知らないわたしの素顔』公式ツイッター

本作の主演はジュリエット・ビノシュ。『冬時間のパリ』(2019)『ハイ・ライフ』(2019)『ゴースト・イン・ザ・シェル』(2017)と成熟した女性、ミステリアスな女性を近年も肉体的な魅力を活かし、妖艶な存在感を発揮している彼女ですが、本作『私の知らないわたしの素顔』では、そんな彼女の官能的魅力が痛々しい形で作用するように撮られています。

50代、まだ“女である”ということを実感したい、若く美しくありたい、そして愛されたいという孤独な女教授を演じるビノシュは本作では美しくも、ブルーライトに照らされて不恰好に表情を露呈することも。

脆く今にも崩れ落ちそうなビノシュの姿は今までの作品には見られない、『欲望という名の列車』のブランチのように哀れで悲しいと世間から視線を向けられる女性です。

ビノシュが演じるクレールはフランス文学の大学教授であり、マルグリット・デュラスなど革命的だった女性作家の話を語ります。その姿、語る内容とは反対に私生活は求められない寂しさと焦燥を抱えており、“力強くひとりで立っている女性像”とは離れたところにいる矛盾。

自分が生み出した虚像のクララと現実のクレール、ふたりの人格が存在している衝突。そんな矛盾が重なりに重なって、SNSの中での出来事がクレール自身が執筆するフィクションの中で人格が浮遊し続けて…彼女が広げる終わりのない内在的な葛藤と衝突の旅に暗澹とした思いにさせられます。

『私の知らないわたしの素顔』は、SNSや小説という“異世界”の中でペルソナを漂わせるというテーマを持ちながら、クレールがそのような行動に至った動機が予想できてしまうような捻りのないものであるのが残念な所。

クレール自身も自覚していない人格、一人でに歩き出すような人格の“クララ”ではなく、夫と姪に裏切られたから、人肌や愛情に飢えており美と若さをまだ求めているから生み出したものであるという、そんな“明かされる事実”に少々拍子抜けしてしまいます。

しかし最後クレールが再びクララの携帯を使って電話をかけるシーンは新しい混沌の始まりを予感させ、観客を宙吊りのままで終わらせる秀逸なものです。

まとめ

今までになかなか見たことがないようなジュリエット・ビノシュの“顔”が現れている『私の知らないわたしの素顔』。

恋に盲目になる姿、抗えないものに必死にすがろうとする姿、周囲に滑稽に晒される姿に痛々しさを感じながら奇妙に曖昧な恐ろしさに心を蝕まれていくような作品です。

映画『私の知らないわたしの素顔』は2020年1月17日より全国順次ロードショーです。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

フィフティ・シェイズ・ダーカーあらすじとキャスト!試写会情報も

世界的な大ヒットを記録した前作『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の待望の続編が登場! よりゴージャスに、よりドラマティックに“深化”した『フィフティ・シェイズ・ダーカー』をご紹介します。 スポンサ …

ヒューマンドラマ映画

映画『猿(Monos)』あらすじネタバレと感想。少年兵役は800人から選ばれた演技経験の殆どない7人

2019年度サンダンス映画祭の審査員特別賞『Monos(邦題;猿)』 映画『猿 (原題:Monos)』は、南米の山頂にキャンプを張る少年兵を描いた物語。 上官から猿と呼ばれる彼等の仕事は、人質として拘 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ポリーナ、私を踊る』あらすじとキャスト! 原作漫画紹介も

ひとりの天才バレエ少女が数奇な運命に翻弄されながらも、成長していく姿を描いた映画『ポリーナ、私を踊る』。 10月28日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロー …

ヒューマンドラマ映画

映画『世界は今日から君のもの』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

『アットホーム・ダッド』や『結婚できない男』、NHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』など数々のTVドラマの脚本を手掛けてきた尾崎将也監督。 監督第2作目となる本作では、主演に門脇麦をむかえ“引きこもりの …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『ワンステップ~君と僕のメロディ~』あらすじとキャスト!

事故にあったことで音が色で見えるという色聴を患い、心に傷を抱える少女シヒョン。 彼女の愛と再生を描いた爽やかな感動作『ワンステップ~君と僕のメロディ~』10月29日(日)より、10月29日(日)よりシ …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP