Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/10/03
Update

映画『南スーダンの闇と光』感想と考察評価。戦場カメラマンという存在の意義|2020SKIPシティ映画祭2

  • Writer :
  • 桂伸也

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020エントリー・ベン・ローレンス監督作品『南スーダンの闇と光』がオンラインにて映画祭上映

埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにて行われるデジタルシネマの祭典が、2020年も開幕。今年はオンラインによる開催で、第17回を迎えました。

そこで上映された作品の一つが、オーストラリアのベン・ローレンス監督が手掛けた長編映画『南スーダンの闇と光』

戦場カメラマンという職業にスポットを当て、心に傷を抱える一人の戦場カメラマンと難民として戦火から逃れてきた一人のタクシー運転手が、戦場の写真をめぐって出会い、お互いの人生に複雑に絡んでゆく姿を描いた作品です。

【連載コラム】『2020SKIPシティ映画祭』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『南スーダンの闇と光』の作品情報


(c)2019 Hearts and Bones Films Pty Ltd, Spectrum Films Pty Ltd, Lemac Films (Australia) Pty Ltd, Create NSW and Screen Australia /(c)2020 SKIP CITY NTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee.All right reserved.

【上映】
2020年(オーストラリア映画)

【英題】
Hearts and Bones

【監督】
ベン・ローレンス

【キャスト】
ヒューゴ・ウィーヴィング、アンドリュー・ルリ、ヘイリー・マケルヒニー、ボルード・ワトソン

【作品概要】
今年は戦場カメラマンを主人公とする作品が2本並びました。ドラマとドキュメンタリーというジャンルの異なる2作品を見比べることで、映画の多様性も感じられるのではないでしょうか。

『南スーダンの闇と光』は、戦場カメラマンと紛争から生き延びた一人のタクシー運転手という2人の男性が、戦争と対峙するそれぞれの立場において、カメラマンの撮影したある一枚の写真をきっかけに交わっていく様を描いたヒューマンドラマ。

作品は第44回トロント国際映画祭や第24回釜山国際映画祭でも上映され高い評価を得ました。作品を手掛けたベン・ローレンス監督はこれまで多くのドキュメンタリーを手掛けています。長編デビュー作となった『Ghosthunter』は、世界で行われた数々のドキュメンタリー映画祭でも上映され高い評価を呼びました。一方で写真家としての面も持ち、アメリカやイギリスで賞も受賞している実力者でもあります。

主演を務めたのは、「マトリックス」シリーズのエージェント・スミス、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのエルロンドなどで有名なヒューゴ・ウィーヴィング。

ベン・ローレンス監督のプロフィール


(c)2020 SKIP CITY NTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee.All right reserved.

1973年生まれ、オーストラリア出身。映画製作者レイ・ローレンスの息子としてロンドンで生まれた彼は、これまでさまざまな短編映画を手掛け、エディンバラ、クレルモン=フェラン、ロサンゼルス、サンジオ、サンパウロなどの映画祭で上映。一方で写真はニューヨークの国際写真賞、オーストラリアの全国ポートレート写真賞、ヘッド・オン・ポートレート写真祭、そしてロンドンのフォトジャーナリズムのスパイダー賞で高い評価を得ました。

2018年に発表し高い評価を受けた長編デビュー作『Ghosthunter』は、シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭のイルミネート賞にノミネート、さらにAACTAアワードの最優秀ドキュメンタリー作品賞にもノミネートされ、シドニー映画祭では最優秀国内ドキュメンタリー賞を受賞しました。

スポンサーリンク

映画『南スーダンの闇と光』のあらすじ


(c)2019 Hearts and Bones Films Pty Ltd, Spectrum Films Pty Ltd, Lemac Films (Australia) Pty Ltd, Create NSW and Screen Australia /(c)2020 SKIP CITY NTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee.All right reserved.

PTSD(心的外傷後ストレス障害)を抱え生きてきた戦場カメラマンのダン。普段の生活でその症状に悩まされてきた彼は、ある日サプライズで聞いたパートナーの妊娠のニュースを素直に喜ぶことができませんでした。

心の病に加え、父となることへの不安がのしかかるダン。

またある日、そんなダンのもとを、南スーダンからの難民だという一人のタクシー運転手・セバスチャンが訪ねてきました。

ダンはまもなく開催される自身の写真展を控えていましたが、セバスチャンは自身が同じ難民同士で結成したコミュニティーのコーラスグループを撮り、南スーダンの虐殺を捉えた写真を外してほしいとダンに懇願しました。

困惑するダンでしたが、故郷から逃れ、自身の過去を秘密にしながら今の妻と結婚し家庭を築き上げたというセバスチャンの人柄に、いつしか気持ちを寄せていきます。

ところがセバスチャンには、人には知られてはいけないもう一つの秘密がありました……。

映画『南スーダンの闇と光』の感想と評価

戦場カメラマンというポイントを、主点からずらした視点

著名な戦場カメラマンが撮影したという写真はあまた発表され、戦争という現場の凄惨な事実、一方でそんな中にやはり人は生きているという事実が描かれます。

それに対して、戦場カメラマンはどのような思いで現場に向かうのか、そんな心理を引き出します。

戦場という仕事場に向かう一方で「PTSDを抱え、家族との関係にも不安をのぞかせている」という、いわば“普通の人間”であります。そんな彼が写真として描き出すものとは何か。

報道という面で、作品はどのようなモチベーションで発表されるのかが問われる中、このポイントは非常に注目すべきものでもあります。

特に主人公・ダンは自身の安否すら完全な補償も受けられない中、ある意味さまざまな犠牲を払いながら生きている人間です。

主人公が実際に戦争の現場で撮影に出向くシーンは、オープニングからのわずかな時間のみ描かれ、本編の中では一切登場しません。

つまり映画での視点は、戦場カメラマンという立場から、ある意味その仕事を取り払った姿を描いたものといえます。

ベン・ローレンス監督インタビュー

「有名なものやあまり知られていないものなど、様々な戦場写真を見ているなかで、シドニーの展覧会で1枚の写真を見つけました。それはとても恐ろしい表情をする男のクローズアップ写真でした。それを見てから、頭の中にたくさんの疑問が浮かびました。

写真家は誰だろうか?その男とはどのぐらい離れていたのだろうか?そして、写真家はどの程度危険な状況だったのだろうか?そういう物語と写真、そしてそのひらめきがきっかけで、私はこの映画のストーリーを書き始めました。」

人間模様を交えて描いた「伝えること」への意味

そしてそんな彼のもとに突然現れたセバスチャンという男性。彼は自分の忘れたい過去が世にさらけ出されることを恐れ、ダンに詰め寄ります。

そのことに困惑するダン。この場面をクローズアップすると、さらに戦場カメラマンの撮影した写真、その発表という行為に対してカメラマン自身がどのような思いを寄せているか?そんな質問を提起しているようにも見えます。

セバスチャンとの出会いで、その写真のあるべき姿には、さまざまな思惑が生じてきます。物語を辿る中で、映画を見る側としてはダンの心理と同調し、映画を見進めていくに従い「戦場カメラマンの役割とは?」「彼らは果たして、何のために戦場を撮ってきたのだろう?」「戦場の写真を、どう発表していくべきなのだろう?」と考え始めることでしょう。

その物語の筋道の作り方は秀逸で、一見何気なく登場するものやハプニングが映像から湧き出る感情を増幅させる部分も多く、伏線の張り方も細かく巧みに作り上げられています。

また手持ちのカメラを用いて、フィルムカメラの大きな筐体ではなかなか撮れないような視点で人々の表情を繊細に追っているのは、“Dシネマ”の利点でもあるハンディーさを生かした画ともいえるでしょう。

微妙に手ブレで揺れる画像が、逆にドキュメンタリーチックな印象ももたらし、リアリティーを挙げているという点では、カメラマンとして活動しているキャリアで培ったセンスが、存分に生かされている印象もあります。

スポンサーリンク

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020 「観客賞」受賞コメント

本作はSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020の国際コンペティション部門にて「観客賞」を受賞。ローレンス監督の授賞式への来場はかないませんでしたが、その喜びのコメントを寄せました。

「『南スーダンの闇と光』が観客賞をいただき、映画祭、そして、観客の皆さんに感謝いたします。滞在していたロンドンから発つ直前の、早朝の空港でこのニュースを聞き、とても驚いています。できれば実際に映画祭に参加したかったのですが……。いつかそれが叶うことを願っています」

まとめ


(c)2019 Hearts and Bones Films Pty Ltd, Spectrum Films Pty Ltd, Lemac Films (Australia) Pty Ltd, Create NSW and Screen Australia /(c)2019 SKIP CITY NTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee.All right reserved.

戦場カメラマンというテーマは、報道というテーマがさまざまな面で注目を浴びる現在、特に注目されるものの一つでもあります。

映画では2019年の東京国際映画祭でも出品されたオーレリアン・ヴェルネ=レルミュジオー監督の『戦場を探す旅』などが、戦場カメラマンという視点を取り上げた作品として発表されました。

また9月28日にはノルウェーの国際平和研究所のウーダル所長が、10月9日に発表される今年の平和賞予想の1位に、米ニューヨークに本部を置き、報道の自由を擁護する国際非営利団体、ジャーナリスト保護委員会(CPJ)を挙げています。

ジャーナリズムというものに大きく注目が集まる中、戦場カメラマンという立場はさらに関心の高い職業であります。

同様に戦場カメラマンが登場する本作ですが、先述の作が「戦場カメラマン」という点にクローズアップされていた印象があるのに対し、本作ではカメラマンとしての仕事、キャリアというよりはその人間自体にクローズアップして描かれたという点で、こういった関心に対し一石を投じることでしょう。

戦場カメラマンたちが自身の危険も顧みず命がけで撮影した写真。その成果物はどういった意図で作られ、世界としてどう扱い解釈すべきものなのか、本作はそういったことを改めて深く考えさせてくれるような作品です。

【連載コラム】『2020SKIPシティ映画祭』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

トルコ映画『ブラック・ウォリアーズ 』あらすじネタバレと感想。“デリラ”の意味と時代背景を解説|未体験ゾーンの映画たち2020見破録8

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第8回 様々な映画が大集合して紹介される「未体験ゾーンの映画たち2020」が、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催。2月7日(金)からはシネ・リー …

連載コラム

『凪待ち』ロケ地リポ⑤。香取慎吾と白石和彌監督が女川町・竹浦港で出会った海と生きる人々|凪待つ地をたずね5

連載コラム『凪待つ地をたずね』第5回 映画『凪待ち』の背景、そして白石和彌監督と香取慎吾が映画を通して描こうとしたものを探るため、本作のロケ地である宮城県の各地を巡り、その地に生きる人々を取材。 ロケ …

連載コラム

【イカゲーム6話ネタバレ】結末あらすじ感想と考察評価。218番サンウが失ったものとは何か?| イカゲーム攻略読本6

【連載コラム】全世界視聴No.1デスゲームを目撃せよ 6 2021年9月17日(金)よりファーストシーズン全9話が一挙配信されたNetflixドラマシリーズ『イカゲーム』。 生活に困窮した人々が賞金4 …

連載コラム

『ワーニング その映画を観るな』感想評価と考察。“観たら死ぬ映画”の類似作の紹介も|SF恐怖映画という名の観覧車113

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile113 連日雨が続き、梅雨の気配が消えないまま8月に入ろうとしている異様な空気の2020年の夏。 新型コロナウイルスの騒動もあり、様々なイベント …

連載コラム

映画『ゲヘナ』ネタバレ感想。結末まで片桐裕司ホラー作品を徹底解説|未体験ゾーンの映画たち2019見破録1

様々な理由から日本公開が見送られてしまう、傑作・怪作映画をスクリーンで体験できる劇場発の映画祭、「未体験ゾーンの映画たち」も2019年で第8回目となりました。 ヒューマントラストシネマ渋谷で1月4日よ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学